0 【PR】日本人が知らない太平洋戦争の大嘘【書籍】
no title

<国際政治学者の講演録>
ついに解禁:
47年非公開にされた元米国大統領の告発
史上最大の戦争を仕掛けた真犯人は誰か?


1946年(昭和21年)5月3日、東京。  


元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと
連合国軍最高司令官マッカーサーは


「太平洋戦争とはいったい何だったのか」
を3日間にも渡って話し合った。


そのとき、
日本人なら誰も思いもしないようなことを
フーヴァーは口にした…


「太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。
あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、
日米戦争を起こさせた。


気が狂っていると言っても
精神異常なんかじゃない、
ほんとうに戦争をやりたくてしょうがなかった…


その欲望の結果が日米戦争になったんだ」


その言葉を聞いて、
マッカーサーははっきりと同意した…


私たち日本人は、小さい頃から 

「日本が真珠湾を宣戦布告もなしに攻めて戦争を起こした」
 
「日本は残虐な悪い国だ」


ということを新聞でも、
テレビでも繰り返し教わってきました。


しかし今から数年前、
我々が耳にしてきた太平洋戦争の常識とは
真逆とも言える証言が、


47年公開を禁じられた
フーヴァー元大統領の回顧録から
次々と浮かび上がりました・・

***********


アメリカではこの証言をもとに、
歴史の見方が、世界の見方が、
少しずつ変わり始めているようです。


しかし、日本人にとって
こんなに重要な内容なのに、
日本の大手メディアは全く取り上げてくれません。


日本人が知らない太平洋戦争の
本当の筋書きとはどのようなものだったのか?


その真実を日本に広めたい思いから
今なら通常¥1,980のところ・・
特別価格¥550で本をお届けします。



詳しくはこちらから、
ご確認ください。

no title
続きを読む
210 【中国】子どもが発熱し搭乗拒否 →子どもをおいて両親だけ飛行機に乗る →係員ぼう然 →先頭座席を工面して発熱した子どもを乗せる
1: 豆次郎 ★ 2020/01/25(土) 13:39:28.66 ID:flpcoKHj9.net
2022年1月23日、揚子晩報網によると、江蘇省南京市の空港で、発熱により搭乗を拒否された子どもを置き去りにして父母だけが飛行機に乗り込むトラブルがあった。

記事は、複数のネットユーザーがSNS上で23日に明かした情報として、同市の禄口空港で22日夜、2人の子を連れた夫婦が飛行機に乗り込もうとした際、子どもの1人が発熱していたため係員が搭乗を拒否したと紹介。夫婦は子ども2人を空港に残し、自分たちだけ搭乗してしまい、係員はぼう然としながら2人の子どもの面倒を見ることになったという。

ある乗客の話によると、親子が乗ろうとしたのは現地時間22日午後10時発予定だった長沙行きの便。子どもの一人は当時38.5度の高熱を出していたという。

騒ぎは空港の警察官が駆け付けるほどとなり、結局、航空会社側が先頭座席を工面して発熱した子どもを乗せることで一家全員の搭乗を許可。子どもが乗り終えるとすぐに出発したものの、約2時間の遅延が発生したという。

乗客からは「驚いた。子どもだけ空港に残したらどうなるか分からないのに」「最前席に座ったとはいえ、隔離されていなかったのでちょっと心配だった」といった声が聞かれた。

記事によると、現在、同空港と新型コロナウイルスが発生した湖北省武漢市を結ぶ航空便はないとのこと。また、親子が搭乗した便の運航会社である中国南方航空はこの件についてコメントしていないという。(翻訳・編集/川尻)


https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=776158&ph=0&d=0135
no title
続きを読む
357 【朝日新聞】ウイルスに効果があるのは手洗い、マスク着用など日常の風邪対策。中国人を排除するより、ともに手を洗おう
1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/25(土) 14:18:44.27 ID:Cqe4UfyM9.net
これぞ首相のお友達優遇。参院選で河井案里氏側に1・5億円の巨額支援。同じ選挙区の現職の10倍の突出ぶり。

「黒塗り」はよくないが、記述があった事実は消せぬ。「白塗り」は記述があった事実さえ消す。さらに悪質だ。

ウイルスに効果があるのは手洗い、マスク着用など日常の風邪対策。中国人を排除するより、ともに手を洗おう。

no title

2020年1月24日 16時30分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14339808.html
続きを読む
473 【速報】新型肺炎、国内3人目の感染確認。武漢から旅行で来日中の女性
1: 記憶たどり。 ★ 2020/01/25(土) 15:58:13.49 ID:zfY0Endf9.net
新型肺炎 国内3人目の感染者確認 武漢から旅行で来日中の女性
厚生労働省によりますと、今月18日に旅行で日本にやってきた中国・湖北省武漢に住む30代の女性が、 発熱などの症状を訴え、検査の結果、25日、新型のコロナウイルスに感染していることが確認されました。 国内で感染が確認されたのは武漢に渡航していた神奈川県に住む30代の中国人男性と、 旅行で東京を訪れた武漢に住む40代の中国人男性に続いて3人目です。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200125/k10012258831000.html
続きを読む
319 【速報】中国政府、全て旅行会社に対し国内外のツアー禁止を通達
1: ボルネオヤマネコ(茸) [IT] 2020/01/25(土) 10:14:07.73 ID:5i2u371p0
中国、旅行会社にパッケージツアー販売の一時停止を指示
中国は全ての旅行会社に対し、国内外のツアー販売の一時停止を指示した。新型コロナウイルスの感染封じ込めを狙い、政府は対策を強化しているが、これまでに死亡者は25人に上り、確認された感染者数も800人を超えている。

文化観光省は旅行代理店や旅行会社に24日付で、パッケージツアー販売の停止を命じた。ブルームバーグが文書を確認した。

中国では春節(旧正月)の連休に入ったばかりで、期間中は膨大な数の人が国内外へ移動する。中国旅遊研究院によると中国から国外への旅行者のうち、2018年は55%がパッケージツアーを利用していた。

今回の措置を受け、旅行会社だけでなく航空会社も打撃を受けるとみられる。ウイルス感染の拡大が明らかになって以来、中国国際航空や中国南方航空、中国東方航空の株価は下落している。



https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-24/Q4LU76DWRGG301
続きを読む
186 【中国】新型肺炎で対応にあたっていた医師が死亡
1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/25(土) 11:41:37.52 ID:mrsVSYEj9.net
中国 新型肺炎で医師が死亡
中国の国営メディアによりますと、新型のコロナウイルスの対応にあたっていた湖北省・武漢の病院に勤務する62歳の医師が死亡したということです。この医師について別の共産党系のネットメディアは、耳鼻いんこう科の医師で、今月16日に症状が出て、25日朝、亡くなったと伝えています。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200125/k10012258771000.html
続きを読む
180 【中国】SARS治療の第一人者で香港大学の教授が武漢から逃亡「もう制御不能(ヾノ・∀・`)ムリムリ」
1: ガーディス ★ 2020/01/25(土) 10:58:36.16 ID:CU6ujoTM9.net
「新型肺炎の感染規模はSARSの10倍」香港の専門家、「武漢はすでに制御不能」と絶望
新型コロナウイルスによる肺炎患者が500人以上確認された中国・武漢で1月21日から22日にかけて調査を行った重症急性呼吸器症候群(SARS)専門家で香港大学教授の管軼(グアン・イー)氏は、現地メディアの「財新」の取材に対して、「保守的に見積もっても、今回の感染規模はSARSの10倍以上だろう。武漢は既に制御不能だ」と語った。

管氏は2003年にSARSが爆発的に流行したとき、感染源を市場の野生動物と突き止めて政府に対策を進言、一層の感染拡大を防いだことで知られる。

今回の新型肺炎では1月15日に香港メディアに対し、「あと数日新規患者が出なければ、封じ込めに成功したと判断できる」と述べ、楽観的な姿勢を見せていた。当時、患者は武漢市内だけで確認され、患者数は41人で止まっていた。

管氏は患者が一気に増え、感染が他都市にも飛び火した21日に調査のため武漢入り。最初に野菜市場を視察した。

管氏は「市場は年越しの買い物をする多くの人でにぎわっており、私はまずその光景に驚いた。市場の地面は湿っており、風通しも良くなかった。それなのにマスクをしている人は1割もいなかった」と述べた。

その後、市内を見回った管氏は、武漢の新型肺炎が既に制御不能な状態だと判断、22日の航空券を買った。

「SARS、鳥インフルエンザの現場を数多く経験した百戦錬磨の私でも、逃亡兵になるしかなかった」



https://www.businessinsider.jp/post-206340
続きを読む
146 【新型肺炎】中国の患者数は新たに444人増え1287人、死者は41人に。中国のほぼ全土にわたる29の省や市などで患者が確認される
1: 記憶たどり。 ★ 2020/01/25(土) 09:30:45.70 ID:zfY0Endf9.net
新型肺炎 中国の患者数1287人 死者は41人に
感染の拡大が続く新型のコロナウイルスによる肺炎の患者について、中国の保健当局は、新たに患者が444人増え、1287人となったと発表しました。また、死亡した人の数も41人となり、感染が一層広がりを増しています。

中国の保健当局、国家衛生健康委員会は、新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が、24日、新たに444人確認され、患者の数は、中国のほぼ全土にわたる全国29の省や市などで1287人になったと発表しました。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200125/k10012258711000.html
続きを読む
279 箕面市長、玉川徹発言に激怒「正式に抗議と訂正を求める」 テレビ朝日、謝罪訂正を女子アナ任せでまた批判殺到
1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/01/24(金) 16:21:08.55 ID:CAP_USER.net
箕面市長、玉川徹氏発言に激怒「正式に抗議と訂正を求める」 謝罪訂正を女子アナ任せでまた批判
23日夜、大阪府箕面市が21日に放送された『モーニングショー』(テレビ朝日系)内で、玉川徹氏の発言に「事実誤認」があったとして、抗議と訂正を求める要請を行ったと発表。番組と玉川氏に批判が集まっている。

事の発端は「中国人観光客に人気がある観光スポット」という特集。19位に入った箕面市の箕面大滝を見た玉川氏が「取材しましたよ箕面。トンネル掘ったら水が涸れちゃって、少なくなって、滝の水が少なくなったと確か取材した。回復したのかな」とコメントしたのだ。

この件について、箕面市の倉田哲郎市長は自身のツイッターで「14年間かけて、少しずつ風評や誤解を解いてきた努力を、一瞬で踏みにじる報道。許しがたい。テレビ朝日に対し、箕面市として正式に抗議と訂正を求めることにした」と、箕面市としてテレビ朝日に抗議と訂正を求める動きを起こしたことを明かす。

箕面市が公式サイトに掲載した抗議文によると、2006年に一部メディアが「トンネル工事により箕面の滝の水が涸れた」と報道したが、これは事実無根の「デマ」で、水量のデータなどを見ても、そのような事実はなかったのだという。玉川氏はこのデマを番組内で拡散したことになる。

サイト上で、箕面市は「10数年をかけて、ようやく事実誤認であることが少しずつ認知されてきたところであるにもかかわらず、再び全国放送により時を超えて風評被害を拡大する貴社の軽率な報道姿勢は、断じて容認できるものではない」と憤りを表明。箕面市として、テレビ朝日に抗議と訂正を求めた。
さらに、倉田市長は自身のツイッターでも、「枯れた事実もなければ、ましてや人工の滝なんてことはこれっぽっちもありえません。バイパス工事なんかも一切してません」と訴え理解を呼びかけ。これを見たネットユーザーからは「玉川はデマを拡散した」「いい加減な記憶で『取材した』と言えば信用できる情報だと思っている。問題だ」「降板するべきだ」など、玉川氏への批判が殺到。そして、「市長を信じる」「箕面市に頑張ってほしい」と、応援する言葉が相次いだ。

抗議を受けた『モーニングショー』は、24日の放送最終盤で、斎藤ちはるアナが謝罪文を読み上げ、謝罪する。しかし、この件について、玉川氏がコメントをすることはなかった。

与党政治家の失言を厳しく糾弾する事の多い玉川氏が、自身の失言をアナウンサーに謝罪させたことに、「人に厳しく自分に甘い」「説明責任という言葉を都合よく使っている」など批判が殺到している。玉川氏がこの批判を黙殺するなら、政府与党関係者などに対し説明責任を追及するような発言は、今後一切説得力を持たなくなるだろう。



https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17711445/
続きを読む
0 【PR】iPhoneケース 「新デザイン入荷!」ハード、ソフト、ハイブリッドもあり!
no title

★素材・成分:TPU、ソフト素材(側面)とポリカーボネイト、ハード素材(背面)を使用した最新のハイブリッドケース
★本体にピッタリフィットし、ふち部分を高く設計してあるのでカメラレンズ・液晶画面の傷を防ぎます。
★ボタン保護設計と便利なストラップホール付き。


続きを読む