598 【訃報】拉致被害者・横田めぐみさんの父、滋さんが死去 87歳
1: 首都圏の虎 ★ 2020/06/05(金) 18:50:44.31 ID:3Fya5NEz9.net


拉致被害者・横田めぐみさんの父、滋さんが亡くなったことがわかりました。体調を崩し、川崎市内の病院に入院していました。拉致被害者家族会の前の代表をつとめ、拉致問題の解決に力を尽くしてきました。

https://twitter.com/tbs_news/status/1268841987332902917
続きを読む
677 麻生「国民の民度が違う」→中国「賛成」 「彼は正しい」「これは事実」 「日本国民の民度は世界最高」 「納得。これは文句の言いようがない」
1: (京都府) [CN] 2020/06/05(金) 11:58:07.01.net
麻生太郎財務相が日本の新型コロナウイルスによる死者が少ない理由について「民度が違うから」と発言したことが中国でも報じられ、反響が寄せられている。

日本のメディアの報道では、「波紋を呼びそうな発言」などと報じられているが、中国のネットユーザーは「賛成」 「日本人の民度は確かに高い」 「これは事実」 「彼は正しいことを言っていると思う」 「日本国民の民度は世界最高」 「納得。これは文句の言いようがない」など、多くが麻生氏の見解を支持している。

また、「ウイルス対策においては、国民個人の団結と協力が最も重要な要素」「日本人はほとんどがきちんとした教育を受けてきているから民度は高い」「日本人は他人に迷惑をかけたがらないし、清潔だから」といった声も上がった。


続きは以下ソース
https://www.recordchina.co.jp/b805745-s0-c10-d0035.html
続きを読む
191 【悲報】世界的メガバンクのHSBC、「国家安全法」の支持を表明。イギリス人に衝撃
1: レグルス(茸) [ニダ] 2020/06/05(金) 11:39:21.65 ID:Ogg/uCh+0.net
HSBCとスタンチャートに批判相次ぐ、香港安全法支持巡り
中国が制定方針を採択した「香港国家安全法」に対し、英金融大手のHSBCホールディングス(HSBA.L)とスタンダード・チャータード(スタンチャート)(STAN.L)が支持を表明したことを受け、両行を批判する声が相次いでいる。

英下院・外交委員会のトム・タジェンダット委員長(保守党)はツイッターで「独裁国家による自由の弾圧と法規範の弱体化に対し、HSBCとスタンチャートはなぜ支持することを選んだのだろうか」と非難。

米フロリダ州選出のリック・スコット上院議員はツイッターで、HSBCは「人権よりも利益を選んだ」と述べた。また、HSBCの顧客という人々もソーシャルメディアで口座を閉鎖すると投稿した。HSBCとスタンチャートはコメントを控えた。



続きは以下ソース
https://jp.reuters.com/article/hongkong-protests-hsbc-hldg-stanchart-idJPKBN23B2LJ
続きを読む
111 【速報】ポンペオ米国務長官、世界の証券取引所に中国企業の上場規則厳格化呼び掛けへ
1: ごまカンパチ ★ 2020/06/05(金) 08:40:48.26 ID:nEk3FNTJ9.net
ポンペオ米国務長官は、中国企業の「詐欺的な」会計慣行について米投資家に警告するとともに、そうした企業の上場規則を厳格化する米ナスダックの最近の決定をモデルにするよう世界の取引所に促す計画だ。記者会見で予定される長官の発言内容をロイターが確認した。

長官の発言は、一部の中国企業の海外上場を制限したいトランプ政権の意向を反映するもので、貿易や新型コロナウイルス、香港を巡り緊張が高まっている両国関係の新たな火種となるとみられる。

no title

続きは以下ソース
https://jp.reuters.com/article/usa-china-pompeo-stocks-idJPL4N2DH46M
続きを読む
143 【韓国】韓国の慰安婦集会で韓国人同士が激しい衝突!! 誹謗中傷飛び交う
1: 荒波φ ★ 2020/06/04(木) 22:59:58.02 ID:CAP_USER.net
2020年6月4日、韓国・マネートゥデイは、韓国の元慰安婦支援団体「正義記憶連帯(正義連)」の会計不正疑惑を告発した元慰安婦の李容洙(イヨンス)さんの懸念が「現実のものになりつつある」とし、「日本政府に公式謝罪を要求する場だった水曜集会が政治の激戦地に変化している」と報じた。

記事によると、ソウルの日本大使館前では3日、慰安婦問題解決のため毎週水曜日に行われている正義連主催の水曜集会が行われた。しかし集会が始まる1時間ほど前から、現場に集まった保守団体と正義連支持者の間で激しい衝突が起きた。互いに誹謗中傷を浴びせるだけでなく、体を押したりする物理的衝突も見られたという。

集会開始30分前になり取材陣が集まると衝突はさらに激しさを増した。保守団体が車に設置された大型スピーカーで「尹美香(ユン・ミヒャン共に民主党議員、正義連前理事長)は(元慰安婦の)おばあさんたちにすがるな」などと叫ぶと、正義連支持者らはブブゼラを鳴らして対抗したという。

また、水曜集会自体を妨害する行為も続いている。保守団体は6月24日と7月6日、水曜集会が行われてきた日本大使館前にある慰安婦像の前で集会を行うための申請を正義連より先に提出したという。こうした現状に関し、専門家は「保守団体の妨害行為も1つの世論であることを認め、約30年続いた『慰安婦像前での集会』の歴史に縛られない柔軟な態度が必要だ」と指摘しているという。

続きは以下ソース
https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=805089&ph=0&d=0058

no title
no title
続きを読む
73 【韓国】自称徴用工遺族「徴用被害補償のムンヒサン案、慰安婦団体元代表のユンミヒャンが反対して白紙に追い込んだ」
1: 荒波φ ★ 2020/06/05(金) 08:54:11.81 ID:CAP_USER.net
日帝強制動員被害者の遺族が4日、「強制徴用解決のための文喜相(ムン・ヒサン)案を尹美香(ユン・ミヒャン)氏が反対して白紙に追い込んだ」として与党「共に民主党」所属の尹美香(ユン・ミヒャン)議員の辞任を求めた。

日帝強制動員犠牲者遺族協同組合のイ・ジュソン理事長はこの日、国会疎通館で開かれた記者会見で「文喜相案が通過して韓日関係が(うまく)いけば自分たちの金儲けの手段がなくなるから尹美香がそれを一番先頭に立って反対した。慰安婦おばあさんに(日本が出した和解・癒やし財団の支援金)1億ウォン(現レートで約897万円)を受け取らないよう言ったのと相通じる脈絡」と主張した。

文喜相元国会議長は昨年末、韓日企業と両国国民の基金で記憶人権財団を設立して両国政府は直間接的に関与する「2プラス2+α」方案で徴用被害補償問題を解決しようと提案した。当時、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯理事長だった尹氏は「とても恥ずかしい案」と批判した。

日帝被害者補償連合のキム・インソン会長は「尹美香らは国会議長室に訪ねて行って、この法が日本に免罪符を与えるものだとして法案通過を邪魔した。尹美香が文喜相法と何の関連があるか」とし「尹美香を直ちに国会から追放し、政府と国会は文喜相法を再発議してわれわれ祖先の生命と血の汗のお金を返してほしい」と要求した。

これに先立ち文元議長は、先月中央日報のインタビューで「(文喜相案を)切実に望む人々は数万人になるが、市民団体代表や訴訟を引き受けた弁護士だけ反対している」と話した。
no title

中央日報/中央日報日本語版2020.06.05 06:36
https://japanese.joins.com/JArticle/266692?servcode=A00§code=A10
続きを読む
125 ジョンソン英首相、香港300万人に「英国の市民権取得に道を開く」
1: オクタヴィアス5世 ★ 2020/06/04(木) 06:10:32.60 ID:2PUF9bK/9.net
香港300万人に市民権も 中国が安全法導入なら―英首相
ジョンソン英首相は3日付のタイムズ紙に寄稿し、中国が香港への統制を強める「国家安全法」を導入した場合、香港住民の約300万人に対して「英国の市民権取得に道を開く」と表明した。中国をけん制する狙いがあり、香港情勢をめぐる国際的な対立が激化しそうだ。<下へ続く>
no title

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060300927&g=int
続きを読む
703 桜井誠、都知事選に出馬表明「都知事になったら記者クラブを潰します」「メディアはテロリスト(ANTIFA)との濃厚接触者」
続きを読む
0 【PR】余命三年時事漫画
no title

このままでは日本は奴らに乗っ取られる!!
余命三年を宣告された男が残された時間を反日勢力との闘いと
〝日本再生計画〟に捧げることを決意!! 

アマゾン総合1位のベストセラー 『余命三年時事日記』を漫画化!! 

第1話 「余命」と出会った夏の日
第2話 末期癌「余命三年」の宣告
第3話 初代余命と「余命ブログ」
第4話 「戦勝国民」と「朝鮮進駐軍」
第5話 「戦勝国民」から「強制連行被害者」に
第6話 民主党大躍進と在日の暗躍
第7話 余命プロジェクトチーム結成
第8話 民主党政権崩壊と余命ブログ
最終話 巨星墜つ時、星を継ぐ者たち



続きを読む