502 【パヨク悲報】記者「記者は国民の代表」→世論調査の結果「記者は国民の代表ではない」78%
1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [DK] 2019/05/18(土) 20:57:54.61 ID:dKRL2Hk+0
記者会見の態度が批判されることも多い新聞記者 「国民の代表」だと思うか聞くとシビアな答えが
しらべぇでも既報の通り、滋賀県大津市で保育園児に衝突事故を起こした車が保育園児の列に突っ込み2人が亡くなる事件が発生。その件について記者会見を開き、泣きじゃくる保育園の園長に対して記者が質問攻めにしたことに、批判が集まった。

■「新聞記者は国民の代表」との主張も
新聞記者については、一部の人物が菅義偉官房長官から「事実に基づかない質問は厳に慎んでほしい」と注意を受けた際に「記者は国民の代表として質問している。答えるべきだ」という趣旨の発言をし、物議を醸した。「記者は国民の代表」という論理について同調する声もあったが、「勘違いしている」「驕りだ」との批判も。今回の園長に対する記者の対応についても「立場を勘違いしているのではないか?」という意見が多くあがっている。

■「記者は国民の代表」だと思う?
しらべぇ編集部では全国の10代~60代の男女1,755名に「新聞記者は国民の代表だと思うか」調査を実施。


結果「そう思う」と答えた人は4.0%。「理解はできる」は17.6%で、肯定的な考えを持つ人は21.7%と低い割合に。一方「違和感がある」は41.9%、「おかしいと思う」が36.5%で、否定的な人はじつに78.3%となった。やはり大多数の日本国民は、新聞記者が代表だとは思っていないのだ。

(略)
https://www.excite.co.jp/news/article/Sirabee_20162078181/
続きを読む
495 【無慈悲な田植え】北朝鮮「田植えで敵に恐ろしい鉄槌を下し穀物増産で社会主義の必勝不敗を誇示せよ」
1: レバニラ炒め ★ 2019/05/19(日) 18:47:01.47 ID:chq7AZ+79
◆ 北朝鮮紙「敵対勢力が食糧難で屈服させようと…」
北朝鮮が18日、穀類増産は体制の死活問題だとし、食糧難を乗り越えるために総力を挙げてほしいと住民に促した。労働党機関紙の労働新聞はこの日、「すべての力量を総集中し、田植えを適期にうまく終えよう」と題した社説で「我々が強盛に向かって良く暮らしをすることを望まない敵対勢力は、わが人民を食糧難に直面させ、彼らの胸中で社会主義に対する信念を崩壊させ、さらに我々を屈服させようとしている」と主張した。

続いて「我々は田植えを適時にうまくし、穀類増産の突破口を開くことで、敵対勢力に恐ろしい鉄槌を下さなければいけない」と強調した。特に「穀類増産を画期的に増やすのは、わが党の社会主義強国建設構想の実現と結びつく非常に重要な事業」と主張した。



中央日報 2019年05月18日 11時20分
https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253492
続きを読む
929 長崎新聞「19XX年、韓国は武力を背景に日本を併合した。日本人を強制的に徴用し、韓国内の工場などで働かせた。あなたは日本人としてどう感じる?」
1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [FR] 2019/05/19(日) 17:32:22.69 ID:iGKg1qOw0
次のような話が仮にあったとする。あなたは、日本人として、どう感じるだろうか。
-19XX年、韓国は武力を背景に日本を併合した。韓国は、日本の内政外交の全ての権限を握った。それから30年ほどたって、韓国はA国との戦争を始めた。A国の圧倒的な戦力の前に劣勢となった韓国は、労働力不足の埋め合わせのため、日本人を強制的に徴用し、韓国内の工場などで働かせた。

しかし、韓国は結局A国に敗北した。それまで日本人は国籍上は「韓国人」とされていたが、ある日突然、韓国籍を放棄するよう迫られた。韓国企業に徴用されていた日本人は、未払い賃金を支給されることなく、放逐された。

韓国の敗戦から20年たって、かつての植民地宗主国であった韓国は日本と新たな協定を結ぶことになった。韓国の過去の行為が違法であったかどうかについては問わないまま、韓国が日本に対して一定の経済協力を行う玉虫色の解決だった。日本人が過去の韓国の行いに対する損害賠償の請求権を持つかどうかは、あいまいなままだった。当時の日本は民主主義国ではなかったため、被害を受けた日本人が政府間交渉への意見を述べることは一切できなかった。

さらに数十年がたち、存命中の元日本人徴用工のほとんどは90歳を超えた。彼らは、最後の力を振り絞り、かつて勤めた韓国企業に対する損害賠償請求の裁判を日本国内で始めた。幸い、裁判に勝つことは勝ったが、韓国企業は「問題は過去の協定で解決済み」との立場を取り、賠償金支払いに応じようとしない。韓国政府も同じ立場だ。これに業を煮やした日本人の原告側は、日本国内にあるそれら韓国企業の資産差し押さえを日本の裁判所に請求した。
no title

以下ソースで。
https://this.kiji.is/500468475798815841
続きを読む
749 鳩山由紀夫「議員の身分が重いにも拘らず余りにも軽い発言が多過ぎる」
1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [DK] 2019/05/19(日) 13:02:16.36 ID:pgNXVWiD0
鳩山由紀夫@hatoyamayukio
北方領土を戦争で取り返すしかないと発言した丸山穂高議員の議員辞職勧告決議案に自民党は反対するようだ。その理由は議員の身分は重いとの由。議員の身分が重いにも拘らず余りにも軽い発言が多過ぎるのではないか。歴史を知らない世代の右傾化がこの国を動かすとしたらとても恐ろしいことだ。
10:13 – 2019年5月19日


鳩山由紀夫氏、「戦争発言」の丸山穂高議員への辞職勧告決議案に「自民党は反対するようだ。余りにも軽い発言が多過ぎる」
https://hochi.news/articles/20190519-OHT1T50080.html

鳩山由紀夫元首相が19日、自身のツイッターを更新した。ツイッターで鳩山氏は「北方領土を戦争で取り返すしかないと発言した丸山穂高議員の議員辞職勧告決議案に自民党は反対するようだ」とした上で「その理由は議員の身分は重いとの由。議員の身分が重いにも拘らず余りにも軽い発言が多過ぎるのではないか。歴史を知らない世代の右傾化がこの国を動かすとしたらとても恐ろしいことだ」とつづっていた。
続きを読む
500 ファーウェイCEO「わが社の進出を反対する国にはサービス提供しない」
1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2019/05/19(日) 12:11:34.36 ID:neDjFa980●
中国の通信機器大手ファーウェイの製品をアメリカ政府が事実上締め出したことにからんで、中国の王毅外相は、「断固反対する」と強く抗議した。王毅国務委員兼外相は18日、アメリカのポンペオ国務長官と電話で会談し、「アメリカは政治的な手段で中国企業の正常な経営を抑圧しており、断固反対する」と抗議した。

そのうえで、あらためて両国の関係を悪化させないよう促した。こうした中、ファーウェイの任正非CEO(最高経営責任者)は18日、FNNの取材に応じ、アメリカ市場から撤退する可能性に言及した。

ファーウェイの任正非CEOは、「(アメリカ市場からの撤退は)あり得る。将来的には、アメリカのほか、われわれの進出に反対する国にはサービスを提供しないこともあり得る」と話した。さらに、アメリカが主張するファーウェイ製品を介した情報流出について強く否定し、圧力に屈しない姿勢を示した。

no title

https://www.fnn.jp/posts/00417871CX/201905190618_CX_CX
続きを読む
593 【悲報】反アベ界隈、アベを憎むあまり潰瘍性大腸炎の患者会にメール攻撃をしてしまう
1: 名無しさん@涙目です。(茸) [ニダ] 2019/05/19(日) 00:22:46.13 ID:AuWV1ZdG0●
はぁ疲れた。 講演のプログラムと当日配布用のチラシを何とか0時までに入稿できたが、ちゃんとできてるんかなぁ。ギリギリで直し入ったり、三井生命に講演会当日に保険相談コーナーの打合せ行ってたり、 安倍晋三シンパは許さない人々から電話かかってきたり、メールいっぱい来たり。面倒くせえなぁ。
no title

https://twitter.com/ibd_uc_cd/status/1129043421954486272

参考サイト
潰瘍性大腸炎は、国が定めた「指定難病」の1つです。 発症原因は未だわかっていませんが、「免疫異常」が関係していると考えられています。現在、日本には、約18万人の潰瘍性大腸炎の患者さんがおり、その数は年々増加しています。
  http://www.mochida.co.jp/believeucan/learn/
続きを読む
382 【韓国】元徴用工側が「被害救済案」検討 日韓の政府や企業が基金や財団を創設する案
1: 荒波φ ★ 2019/05/19(日) 08:45:09.77 ID:CAP_USER
韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工らの訴訟を巡り、原告や原告側の弁護団、支援団体は18日、南西部の光州で会合を開き、元徴用工の被害救済の具体的な方法を独自に検討し、日韓両政府に提示する方針を決めた。原告側関係者が明らかにした。日韓の政府や企業が基金や財団を創設する案などが考えられるとしている。

原告側は今月1日に、被告の日本製鉄(旧新日鉄住金)と不二越の資産売却命令を出すよう韓国の裁判所に申請している。この資産売却の手続きと並行して、救済方法の内容を検討し年内にまとめる方針という。



2019/5/18 21:46
https://this.kiji.is/502462489024693345
続きを読む
0 【PR】世界が変わる。あなたのライフスタイルを変える。手のひらに乗るプロジェクター登場!今なら最大15%OFF!


・手のひらサイズの超小型モバイルプロジェクター プロジェクターと言うと、会議室に置いてある 3~4 kgもので大きな筐体をイメージすると思います。ところが最近のプロジェクターは、手のひらに乗り、ポケットに入るほどのコンパクトサイズにまでなっています。

PicoCube は、その中でも超小型で手のひらサイズ。形は立方体 ( キューブ型 ) で、高さ・幅・奥行きがそれぞれ 5.5cm ほどで、重さは 172g と超軽量。 350ml のドリンク缶と比べても小さくて軽い。どこにでも手軽に持ち運べてスグに使える優れものになっています。


今ならAmazonで10%引きキャンペーン中(商品ページにクーポンが表示されている)、保守速報からのお客様ならさらにクーポンコードで5%(あわせて15%引き!) クーポンコード 「hosyusoku5」






続きを読む
1,247 岩屋防衛相「韓国と元の良好な関係に戻りたい」
1: 名無しさん@涙目です。(禿) [US] 2019/05/18(土) 19:15:14.62 ID:v0+Zyrkr0
岩屋毅防衛相は18日、大分県別府市で開かれた国政報告会で、31日からシンガポールで開かれるアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)の場で韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相と会談する意向を表明した。実現すれば、 韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題の発生後、初めてとなる。

シャングリラ・ダイアローグでは、日米韓や日米豪による防衛相会談を行う方向で調整が進んでいる。岩屋氏は「韓国とは防衛的にきちんとつながっていないといけない。元の良好な関係をつくることが日本の安全保障のためになる」と強調。「できれば今年中に中国にも行きたい」とし、訪中にも意欲を示した。

また、防衛省は陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備を目指す山口、秋田両県で地質や電波など4項目の適地調査を進めており、早ければ5月中に地元へ結果を説明する。岩屋氏は「最終的には私が出向いて、しっかり説明させていただきたい」と語った。(山下龍一)

no title

https://www.asahi.com/articles/ASM5L54NMM5LUTFK004.html
朝日新聞デジタル 2019年5月18日17時19分
続きを読む
1,031 【毎日新聞】若い人は親韓が多い 嫌韓は高齢者に多い
1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [DZ] 2019/05/18(土) 12:10:13.99 ID:5YDWhoMm0●
「嫌韓は高齢者に多い」というのは専門家たちが話題にしていたことなのですが、それを裏付けるような数字です。ヘイトスピーチ対策に取り組んでいる***弁護士は「ヘイトスピーチは若者が憂さばらしでやっているというのは勘違いだ。むしろ、ある程度の社会的地位を持つ50代以上というケースが多い」と指摘しています。直接的なヘイトスピーチというほどではないものの、冒頭に紹介した男性のケースも同じでしょう。

◇「昔の韓国」イメージが嫌韓を生んでいる?
では、どうしてなのか。これは、なかなか難しいところです。まだまだ検証が必要なのですが、1980年代末から韓国にかかわってきた私の感覚では、「昔の韓国」のイメージが作用しているのではないかと感じています。80年代までの日本で韓国に持たれていたイメージは「軍事政権」というネガティブなものでした。

それに対して90年代後半以降に成人した世代には、K-POPに代表されるような発展した国という明るいイメージしかありません。90年代末に慶応大の小此木政夫教授から「最近の学生はソウル五輪以降のイメージしか持っていない。我々の時代とは全く感覚が違う」と聞いたことがあるのですが、まさにそうした違いでしょう。

そして「昔の韓国」は、経済的にも、政治的にも、日本とは比べものにならない小さく、弱い存在でした。それなのに、バブル崩壊後に日本がもたついている間に追いついてきて生意気なことを言うようになった。そうした意識が嫌韓につながっているのではないか。そう考えるのが自然なように思えます。67年生まれの私と同世代だという**弁護士も、同じような感覚を持っているそうです。

この男性は定年退職後に、ネットサーフィンをする中で嫌韓的なブログを読むようになったといいます。男性はブログを書いている人物を「保守右翼の大物」だと感じるようになり、「信者」としてブログの指示通りに懲戒請求などを送り続けました。「自分なりの正義感と、日本のためによいことをしているという一種の高揚感もあった」そうです。当時の心境については、「それまで多かった友人や、仕事の仲間、取引先というものが、65歳をすぎて一切なくなってしまった。社会に参加していない、疎外されているようなところがあった。しかし、(ブログに従う行動を取ることで)自分は社会とつながっているんだという自己承認を新たにしたというような意識が働いて、一線を越えてしまったのではないか」と振り返りました。

なかなか難しいところです。**弁護士は「社会から疎外されたという感覚を持ったとしても、嫌韓以外にもはけ口はある。やはり『昔の韓国』のイメージを持っている世代ということが大きいのではないか」と言います。

私も同感ではあるのですが、一方で、九州選出の自民党国会議員から「現役時代には常識的だった県庁職員が定年退職してから激しい嫌韓発言をするようになって驚いた」という話を聞いてもいます。それ以外にも、さまざまな要因があるのでしょう。もう少し取材を続けてみたいと思います。【毎日新聞外信部長・澤田克己】



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000003-mai-soci
続きを読む