290 【ワロタw】安倍前総理「野党にとって衆院選挙は政権を奪う最大チャンスなのに解散批判する野党の気持ちがわからなかった」
続きを読む
0 【PR】9月26日 高池勝彦先生講演会「つくる会のこれから」千葉 参加費:無料
■自由社版「検定不合格 新しい歴史教科書」
no title

■高池克彦先生
no title

新しい歴史教科書をつくる会千葉県支部主催  高池克彦先生講演会  「つくる会のこれから」    
講師:高池克彦先生 [プロフィール]  昭和17年8月7日生まれ(78歳)、早稲田大学法学部卒業、弁護士 新しい歴史教科書をつくる会会長 國語問題協議會会員(監事) 国家基本問題研究所理事 南京事件の真実を検証する会委員 東史郎の南京大虐殺関連の書籍に関する名誉棄損訴訟の原告弁護人 百人斬り訴訟の原告側弁護団長 夏淑琴裁判の被告(=松村俊夫、展転社)側代理人 朝日新聞を糺す国民会議弁護団 NPO法人「昭和の日ネットワーク」副理事長 「明治の日推進協議会」事務総長、他多方面で活躍中。

--------   

日時:令和2年9月26日(土)15時15分~16時15分
会場:船橋市海神公民館    
[所在]:〒273-0021 千葉県船橋市海神6-3-36
[交通]:京成本線海神駅から徒歩1分

参加費:無料 (カンパ、会員以外の方大歓迎)    
主催:新しい歴史教科書をつくる会千葉県支部


詳細はこちら

https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12624209268.html

【参加される皆様へお願い事項】
発熱などの症状がある方は来場をご遠慮ください。予防的な観点を熟慮し、マスクの正しい着用、手指消毒・衛生的手洗いなど十分な対策を各自で行って下さい。また、強圧的言辞、不規則発言、罵倒、妨害行為、長時間の発言独占などはご遠慮願います。
続きを読む
306 韓国政府「安倍前首相の靖国参拝に遺憾を表する」
1: 新種のホケモン ★ 2020/09/20(日) 08:07:55.95 ID:CAP_USER.net
安倍晋三前首相の靖国神社参拝について、韓国外務省は19日、「日本の侵略戦争を美化する象徴的な施設である靖国神社を(首相)退任直後に参拝したことに対し深い憂慮と遺憾を表する」とする報道官の論評を発表した。
no title

産経新聞 9/19(土) 18:08
https://news.yahoo.co.jp/articles/80fb686c60b819a225426b964b1eebc513f1f1fb
続きを読む
407 【TBS】 田中裕二「女性入閣が少ないと言われてるけど?」 田中みな実「毎回女性が少ないとかコメントさせられるんですけど、それ自体違和感。女性として何とも思わない」(動画)
1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/09/20(日) 10:33:32.25 ID:CAP_USER9.net
no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5624c19fe952b4fd4906550abebd870d61625b7
続きを読む
203 「菅首相、反対する官僚は異動に」報道はデタラメ 朝日新聞には私が話したコメントのごく一部しか掲載されていない 元経産省官僚・原英史
1: Felis silvestris catus ★ 2020/09/20(日) 09:06:02.79 ID:CAP_USER9.net
「菅首相、反対する官僚は異動に」報道はデタラメ
(政策コンサルタント:原 英史)
官僚人事を巡って、「安倍政権では官邸が霞が関人事を掌握して、官僚の忖度が蔓延」、「菅首相は“反対する官僚は異動”の方針」などの報道が続いている。前提知識を欠いたデタラメ記事が多い。

――とネットメディアで批判していたら、朝日新聞から取材があり、9月17日付朝刊で私のコメントを掲載してもらった。

<政策工房社長の原英史さんは・・・「(官僚が)反対するのであれば異動してもらう」との発言は少し気になるという。「必要な指摘をするのは官僚の職責。方針が決まる前の異論は大歓迎とのメッセージも出すべきだ」と注文をつけた。>

有難いことだが、紙面制約で、私が話したコメントのごく一部しか掲載されていない。そこで、取材で話した内容を補足し、フルバージョンでコメントを公開したい。

■ 「政権の方針に従わない官僚の異動」は当然

まず、「政権の方針が決定した後、従わない官僚は異動してもらう」のは当然だ。役所に限らず、どんな組織でもそうだろう。

菅首相が総裁選中に発言したのは、この当たり前のことだ。当たり前のことがわざわざ論点になるのは、日本国政府では伝統的に、官僚が政権の方針に従わないことがよくあったからだ。

典型的には、省庁の「縦割り利権」を巡る対立だ。各省庁にはそれぞれの縄張りで、所管業界や族議員とともに長年築きあげてきた利権構造がある。端的にいえば国民一般の利益を犠牲にして(例えば過度な高価格など)、既得権者が利益を得る仕組みだから、時の政権が国民目線でこれに切り込もうとすることは古くから時々あった。そうした局面では、官僚機構が業界・族議員とともに徹底抗戦するのが伝統的な構図だった。今も残る「岩盤規制」の利権構造はたいてい、そうした徹底抗戦によって守られてきた。

徹底抗戦を可能にしたのは、「政治は官僚人事に介入しない」という不文律だ。官僚の人事権は法律上は大臣にあるが、官僚たちの作った人事案をそのまま丸のみするのが伝統的な慣例だった。

不文律のもとで何が起きていたかというと、官僚たちは、大臣よりも、実質的な人事権のある官僚機構のボスをみて仕事をしがちになる。「政権の方針」より「省庁の論理」が優先されるわけだ。しかも、ボスは必ずしも現職の官僚トップではなく、OBたちが実権を握っていたりする。OBたちは所管の利権団体に天下りしているのだから、「縦割り利権」護持が至上命題になるのは当然だった。
no title

(略)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c76591851da3b2cabadda6eabd72bbd4b7d44357
続きを読む
196 【速報】自民・ヒゲの隊長が中国に激怒「全く受け入れられない。コロナ禍で挑発行為のレベルを上げてきたのは中国だ!!」
続きを読む
388 自民・小野田紀美「法務省のヘイトスピーチ解消法ページ、「日本人差別も許されない」を記載追加して貰いました」
続きを読む
208 【速報】中国政府、信頼欠く企業や国、個人「エンティティーリスト」の制裁対象に、19日から即日実施!! 在留許可の制限や制裁金を科す

続きを読む