367 自民・石破茂、「桜触れぬ」首相演説に「私なら違う」といつも通り後ろからマシンガン
1: パンパスネコ(神奈川県) [US] 2020/01/20(月) 19:26:43.03 ID:O8Yx4o620.net
石破氏、「桜触れぬ」首相演説、「私なら違う」
自民党の石破茂元幹事長は20日、安倍晋三首相が施政方針演説で首相主催の「桜を見る会」に言及しなったことについて「あえて触れないという首相の判断だろう。自分であれば違う判断をすると思う」と述べた。国会内で記者団に語った。

また、石破氏は桜を見る会の疑惑をめぐり、首相への野党の追及が強まるとの見方を示し「質問をかわす答弁をしたときには国民の批判は高くなる。首相が説明責任を果たしたと思っても、各種世論調査の数字はそうなっておらず、あらゆる機会で説明していくことが大事だ」と注文をつけた。



https://www.sankei.com/politics/news/200120/plt2001200029-n1.html
続きを読む
546 自民・安倍総理、国会で「韓国は、元来、基本的価値と戦略的利益を共有する最も重要な隣国。であればこそ、国と国との約束を守り、未来志向の両国関係を築き上げることを、切に期待する」
1: エジプシャン・マウ(SB-Android) [GE] 2020/01/20(月) 14:57:08.61 ID:P/ML6nH70.net
安倍首相、韓国「最も重要な隣国」との文言3年ぶり復活=施政方針演説
(略) 外交では、韓国について「最も重要な隣国」との表現を3年ぶりに復活させた。関係改善の意思を示した。一方、昨年10月の所信表明演説で触れていた中国の習近平主席の国賓としての来日や、沖縄県普天間基地返還・辺野古移設に関する文言は削られた。

安倍首相は韓国との関係について、「北東アジアの安全保障環境が厳しさを増す中で、近隣諸国との外交は、極めて重要となっている。韓国は、元来、基本的価値と戦略的利益を共有する最も重要な隣国。であればこそ、国と国との約束を守り、未来志向の両国関係を築き上げることを、切に期待する」と強調した。

no title

全文はソース
https://jp.reuters.com/article/abe-idJPKBN1ZJ0D8
続きを読む
610 河野大臣「中国が世論コントロールを要求してきた」
続きを読む
461 自民・河村建夫「東京五輪に文大統領に来てほしい」
1: 動物園φ ★ 2020/01/17(金) 11:54:21.61 ID:CAP_USER.net
「平昌五輪に安倍首相が行ったので東京五輪には文大統領に来てほしい」
河村建夫日韓議員連盟幹事長=写真=は16日、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今夏の東京五輪に出席すれば、両国関係改善のきっかけになるかもしれない。特に五輪・パラリンピックを一つの出発点として首脳会談を開き、交流・協力問題を話し合うのが望ましい」と述べた。同日、ソウルを訪問して本紙とのインタビューに応じた河村幹事長は「日本側からは(2018年の)平昌冬季五輪に安倍晋三首相が出席しただけに、当然、今回は文在寅大統領が出席してくれることを期待している」と語った。

河村幹事長は文喜相(ムン・ヒサン)国会議長や李洛淵(イ・ナクヨン)前首相などに頻繁に会い、両国関係の改善策を話し合ってきた。文喜相議長が昨年11月、韓日企業と両国国民の寄付で財団を作り、徴用被害者に慰謝料を支給するという案を出すと、これを積極的に支持した。文喜相議長はこれを基に、先月「記憶・和解・未来財団」の設立に関する法案を発議した。

河村幹事長は「文喜相議長に会って関連法案の進捗状況や苦情を聞くために来た。韓国の総選挙が目前なのでそれに対する気がかりもあるが、文喜相議長は非常に努力している」と述べた。この日、文喜相議長と非公開で面談した河村幹事長は「徴用被害者を支援する人々や団体の90%くらいから(法案の)賛成を得た。残りの10%の賛成も得るために説得していこうとしていると聞いた」と語った。また、「日本企業の資産が売却されれば、両国関係を元に戻すのが難しいので、急いで解決しようと努力している」と言った。

河村幹事長は「徴用賠償問題は1965年の請求権協定で解決したというのが日本政府の基本的な立場だ。日本も過去のことを忘れてはならないと考えるが、徴用問題でも未来志向的な韓国政府の姿勢が必要だ」「文喜相案が国会を通過し、そうした対話が行われれば、安倍首相も両国関係を戻すのに何の問題もないだろう」「ホワイトリスト問題(輸出規制問題)はかなり協議が進んでおり、協議がなされれば復元はそう難しくない」とも語った。



http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/17/2020011780003.html
続きを読む