284 ニセ難民を強制送還できるようにする入管法改正案 立憲・枝野「廃案に」
1: オリンピック予選スラム(愛媛県) [JP] 2021/05/12(水) 10:29:01.83 ID:bQSTXGyZ0.net
(略)不法滞在などで国外退去処分を受けた外国人が出国を拒否し、施設での収容が長期化するケースが相次いでいることを受けて、政府が提出した収容の在り方を見直すための出入国管理法などの改正案が衆議院法務委員会で審議されています。

(略)また、立憲民主党の枝野代表は「法案を廃案にし、事実解明を進めるよう強く求めていきたい」と述べる一方、野党側からは、改正案について、難民として保護すべき人まで強制送還される可能性もはらんでいるという指摘も出ています。



全文は以下ソース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210512/k10013025221000.html
続きを読む
269 「タケヤリで戦えというのか」立憲民主党の総支部長の兄が担当した意見広告、日の丸をコロナウイルスに見立てる
1: ナガタロックII(やわらか銀行) [US] 2021/05/12(水) 07:17:48.40 ID:r48GZZgl0.net
(岩波新書)「薙刀の訓練(1941年)の写真を利用し

「タケヤリで戦えというのか」の見出しで宝島社が意見広告 → ツイッターが炎上 (タケヤリじゃねーよ等)

no title
no title
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2021/05/12/kiji/20210512s00042000129000c.html

ふーん… この広告、立憲民主党埼玉県第13区総支部長・三角そうた氏のお兄さんが担当したんだ?
何でツイートを削除したのかな?w

https://twitter.com/CHIBAREI_DURGA/status/1392009911245033472

no title
no title

立憲民主党「このままじゃ、政治に殺される。政治の役割は、国民の暮らしと命を守ることです。」



三角創太(みすみ・そうた)

立憲民主党埼玉県第13区総支部長
選挙区(春日部市、久喜市、蓮田市、白岡市、宮代町、越谷市大袋地区)

2017年、衆院選に挑戦
立憲民主党埼玉県第13区総支部長として国政に再挑戦すべく活動中
資格:公認会計士試験合格、証券アナリスト協会検定会員、TOEIC895点、TOEFL(ibt)83点、そろばん3級
趣味:ヒップホップダンス、スノーボード、バスケットボール、オンラインゲーム(GTA5、RDR2によくいます)、韓国ドラマ(愛の不時着、梨泰院クラスに激ハマり)
http://misumisota.net/profile
続きを読む
276 立憲民主党「このままじゃ、政治に殺される。政治の役割は、国民の暮らしと命を守ることです。」



続きを読む
251 【悲報】立憲・枝野「内閣不信任案は提出できない。衆院解散総選挙を誘発してしまう」
1: エルボードロップ(愛媛県) [JP] 2021/05/10(月) 12:03:26.42 ID:jbcGD4b70.net
不信任案「提出できない」 枝野氏、解散誘発警戒
立憲民主党の枝野幸男代表は10日、菅内閣に対する不信任決議案について、新型コロナウイルス感染が拡大する中での衆院解散・総選挙を誘発しかねないとして、現状では提出できないと記者団に述べた。「提出したら解散すると(菅義偉首相は)明言しているので、提出できないと思う。現状で解散できる状況ではない」と指摘した。


https://this.kiji.is/764319190249750528
続きを読む
248 立憲民主党、難民保護のために入管法改正には応じない姿勢 議員ら「廃案に追い込む」
1: ドラゴンスクリュー(やわらか銀行) [US] 2021/05/10(月) 07:22:36.02 ID:SfXI4Dac.net
立憲・枝野代表「12日の採決は応じるつもりない」入管法改正案 |
立憲民主党の枝野幸男代表は9日、国会で審議中の出入国管理及び難民認定法改正案について、自身のユーチューブの番組で「12日の(衆院法務委員会での)採決に応じるつもりはない」と述べた。

野党は名古屋出入国在留管理局で収容中のスリランカ人女性、**さん(当時33歳)が亡くなった問題を巡り、入管側の対応を問題視し、死亡の真相究明と慎重な審議を要求している。改正案は在留資格がない外国人の帰国を徹底させる内容。

枝野氏は「私たちはまず、死亡事案についての実態解明、情報提供をしっかりとすることが議論と採決の前提だということで、採決には応じられないという姿勢だ。他の野党と連携、協力をして、何とか実態解明をさせること、問題点について十分な議論をすることを徹底して求めていきたい」と述べた。その上で「与党は12日に採決をしたいという空気は伝わってきているが、これに応じるつもりはない。これは私の考え方だし、党の公式見解だ」と断言した。 


毎日新聞 2021/5/9 21:49
https://mainichi.jp/articles/20210509/k00/00m/040/230000c

no title
no title
no title
続きを読む