266 【福井新聞】韓国大統領罷免 日韓関係は前途多難、次期政権とのパイプづくりを強めるためにも大使の帰任を
1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/03/13(月) 10:03:29.59 ID:CAP_USER
韓国大統領罷免 民主化30年、真価問われる
【論説】韓国憲法裁判所は国会で弾劾訴追された朴槿恵(パククネ)大統領を罷免する決定を言い渡し、朴氏は即時失職した。韓国憲政史上初めての異例の事態となった。出直し大統領選は60日以内に行われ、5月初めの実施が有力視される。名乗りを上げる大統領選候補者らは「国民の統合」を公約に掲げるとみられるが、保守、革新の理念対立は根深く、国民が望む政治の安定は大統領選後も容易ではない。民主化30年の成熟ぶりと真価が問われる。

朴氏は親友である崔順実(チェスンシル)被告を中心に個人的な人脈を使い国家システムを私物化した。国民は民主主義体制が傷つけられたことに憤り、憲法裁判所は「国民の信任を裏切った。憲法を守る上で重大な違反行為」と断罪、朴氏の任期全うを許さなかった。不起訴特権を失い逮捕、起訴される可能性がある。有罪なら懲役10年以上の重刑もあり得る。

韓国では昨秋来、週末ごとに大規模な市民による退陣要求デモが開かれてきた。北朝鮮が背後で操っているかのように受け止めた朴氏は民意を完全に読み誤った。法治国家の指導者として致命的だった。韓国の憲法裁は一般の裁判所とは別に設置され、国家の崩壊につながるような事態を防止するのが最大の目的だ。今回の罷免判断にも混乱する政治や社会を回復させる意図が含まれる。

政経癒着や縁故人事、政権中枢の利権享受などの悪弊は過去の政権でも常に付きまとってきた。罷免とともに今回はサムスングループのトップ逮捕という劇的なプロセスもあり、社会の変革に国民の期待が高まっているのは確かだ。だが、朴氏支持派の保守層からは罷免に反対する声が高かった。財界もサムスントップの逮捕に不満を募らせており、国論分裂の危険性は残されている。

次期大統領選は韓国の政治風土をあらためて問い直す契機となる。先鋭化している保守・革新の対立緩和は候補者に重くのし掛かってくるだろう。多くの国民が抱える格差社会への不満をどう是正するか、政治的資質も問われる。

今のところ野党に有利な状況で、革新系の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)前代表が支持率トップだが、従軍慰安婦問題について日韓合意に否定的な立場の候補者である。日本政府は次期政権の動向を注視しする必要があろう。

米国、中国にとっても韓国民の選択は今後の地域情勢を左右する重みを持つ。核とミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応、地域秩序の迷走を効果的に食い止める協調的なリーダーシップの登場が望まれる。慰安婦問題の合意履行を巡り、駐韓大使が一時帰国して2カ月が経過した。約束が守られなければ日韓関係は前途多難だが、次期政権とのパイプづくりを強めるためにも大使の帰任を検討する時期ではないか。

no title

ソース:福井新聞 2017年3月13日午前7時30分
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/117009.html

関連:【毎日新聞】重要な隣国が激動に見舞われている 日本の駐韓大使をソウルに帰任させるべきではないか
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787315.html
【北海道新聞】韓国大統領罷免、政治空白の解消を急ぐ時だ。新政権発足に備え、大使を帰任させるべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787327.html
【京都新聞】韓国は重要なパートナー。日韓関係の再構築へ踏み出すためにも大使を帰任すべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787341.html
【朝日新聞】朴大統領罷免 国政の安定化が急務だ! 大使らを早く戻し、対話のパイプづくりに万全を期すべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787384.html
【山陰中央新報】 韓国大統領罷免 社会の亀裂修復が課題だ! パイプづくりのため駐韓大使を帰任する時期
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787392.html
【河北新報】韓国大統領罷免 新政権との対話を見据え、駐韓大使の帰任を急ぐべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787400.html
【西日本新聞】朴大統領罷免 日韓関係をうまく制御し日韓合意を維持せよ 司令塔となる駐韓大使の帰任を
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787441.html
続きを読む
281 【西日本新聞】朴大統領罷免 日韓関係をうまく制御し日韓合意を維持せよ 司令塔となる駐韓大使の帰任を
1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/03/13(月) 09:55:11.19 ID:CAP_USER
朴大統領罷免 韓国は混乱に終止符打て
韓国憲法裁判所が、国会で弾劾訴追された朴槿恵(パククネ)大統領を罷免する決定を言い渡し、朴氏は即時失職した。60日以内に新たな大統領を決める選挙が行われる。

4年前「韓国初の女性大統領」の期待を背負って登場した朴氏は、今度は韓国憲政史上初めて「罷免された大統領」として退場することになった。その落差はあまりに大きく、期待を裏切られた国民の怒りもまた強い。韓国社会は、今回の衝撃的な政変を教訓に、韓国政界に巣くう悪弊と決別し、停滞する国政を立て直す契機としてほしい。

●縁故主義と決別を
憲法裁は、国会が訴追していた複数の弾劾理由のうち、朴氏の親友である崔順実(チェスンシル)被告に関係した国政介入や利益供与について「憲法違反」と認定した。決定理由の中で、朴氏が大統領権限を乱用し、崔被告による私的な利益追求に手を貸したと指摘した。

さらに国政介入の事実隠蔽(いんぺい)を図った朴氏を「順法精神がない」と厳しく指弾した。韓国では、多くの大統領が任期終盤に親族などの疑惑が表面化し、影響力を失う事態に見舞われている。権力者の周辺が立場を利用して利得にあずかる「縁故主義」が背景にあるとみられている。

崔被告との関係が浮上するまで、朴氏の政治体質は比較的清廉だと思われてきた。それが一転、今回の罷免劇で、韓国政界における縁故主義の根深さを印象づけた。朴氏が失職したことで、贈収賄疑惑などを巡る検察の捜査も本格化する。これを機に徹底的にウミを出し、社会の長年の因習から脱却を図るべきである。

●北朝鮮の脅威増す
朴氏を巡る疑惑が浮上した昨秋以降、韓国政治の停滞は著しい。朴氏が11月末に条件付きで辞意を表明したものの、その後も居座りを続けたため、韓国は誰が政策決定のトップなのか判然とせず、混乱の収拾時期も見通せない異常事態に陥っていた。

この間、国際情勢は激動している。米国ではトランプ政権が発足し、アジア外交の見直しを始めた。そして何より、韓国にとって最も危険な隣国である北朝鮮の動きは、不穏さを増すばかりだ。北朝鮮は今年に入り2回弾道ミサイルを発射し、金正男(キムジョンナム)氏殺害事件への関与も疑われている。

韓国政府の対応は受け身で、事態打開への主体性が見られない。高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を巡って中国との関係も悪化する一方である。

罷免決定を受けて朴氏支持者のデモは激しさを増し、警察との衝突で死者も出た。反朴氏派との対立激化による混乱も心配だ。韓国社会は憲法裁の決定を受け入れ、ルールに沿った新たな大統領の選出に精力を注ぐべきだ。北朝鮮の脅威が増大する今、韓国にはこれ以上政治の混乱を長期化させる余裕などないはずである。

●日韓合意維持せよ
朴氏は任期の前半、歴史認識を巡って日本に厳しい態度を取り続けたが、2015年末には従軍慰安婦問題について、日本政府との間で「最終的かつ不可逆的な解決」で合意した。日韓関係改善にとって大きな前進とみられた。

しかしその後、朴氏が影響力を失うにつれ、日韓合意を否定する動きが勢いを増している。ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像の撤去の見通しが立たないばかりか、釜山の日本領事館前にも同じ像が置かれる事態となった。

罷免を受けて実施される大統領選では、革新系の野党候補が世論調査で大きくリードしており、保守系の与党は劣勢だ。野党側は朴氏の業績の全否定を訴える構えで、野党の有力候補はすでに日韓合意の破棄にも言及している。

日本側としては、大統領選で日韓合意の是非があらためて争点になり、野党勢力が韓国国民の反日感情をあおる事態は避けたい。韓国の政争の中で、日韓関係をうまく制御し、日韓合意を維持することが重要課題だ。この時期に司令塔となる駐韓大使を一時帰国させたままで大丈夫か。帰任を検討してもいいのではないか。

日本政府は、2カ月以内に誕生する新たな大統領との間で、東アジアの情勢を見据えた日韓関係を早期に再構築する必要がある

no title

ソース:西日本新聞 2017/03/12
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/314031

関連:【毎日新聞】重要な隣国が激動に見舞われている 日本の駐韓大使をソウルに帰任させるべきではないか
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787315.html
【北海道新聞】韓国大統領罷免、政治空白の解消を急ぐ時だ。新政権発足に備え、大使を帰任させるべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787327.html
【京都新聞】韓国は重要なパートナー。日韓関係の再構築へ踏み出すためにも大使を帰任すべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787341.html
【朝日新聞】朴大統領罷免 国政の安定化が急務だ! 大使らを早く戻し、対話のパイプづくりに万全を期すべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787384.html
【山陰中央新報】 韓国大統領罷免 社会の亀裂修復が課題だ! パイプづくりのため駐韓大使を帰任する時期
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787392.html
【河北新報】韓国大統領罷免 新政権との対話を見据え、駐韓大使の帰任を急ぐべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787400.html
続きを読む
519 【世論調査】安倍内閣支持率55.7%
1: ひろし ★ 2017/03/12(日) 16:49:05.52 ID:CAP_USER9
共同通信社が11、12両日実施した全国電話世論調査によると、大阪市の学校法人「森友学園」に国有地が土地評価額より格安で売却された問題について、86.5%が「適切だとは思わない」と回答し、「適切だと思う」の6.6%を大きく上回った。理事長退任の意向を表明した籠池泰典氏を国会に呼んで説明を求めることに「賛成」との回答が74.6%に上った。

内閣支持率は前回2月より6.0ポイント減って55.7%となった。不支持率は30.7%だった。 共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案については、反対が45.5%で賛成の33.0%を上回った。

no title

https://this.kiji.is/213563105557857787?c=39546741839462401
続きを読む
321 【河北新報】韓国大統領罷免 新政権との対話を見据え、駐韓大使の帰任を急ぐべき
1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/03/12(日) 12:27:35.83 ID:CAP_USER
韓国大統領罷免/「社会変革」への礎とせねば
この国の民主主義が傷つけられ、混迷と分断が深まる国政、国情をこれ以上、放置することはできない。そんな強い危機感の表れだったと言えるのではないか。韓国の憲法裁判所が、国会で弾劾訴追された朴槿恵(パククネ)大統領の罷免を決定したことである。朴氏は失職。60日以内に出直し大統領選が行われる。朴氏について憲法裁は、親友の崔順実(チェスンシル)被告による国政介入を許し「国民の信任を裏切った」と、国民主権をないがしろにしたことを指弾した。

さらに、大統領権限を乱用し崔被告による利益追求に手を貸したと指摘。国政介入の徹底的な隠蔽(いんぺい)を図ったなどとし「憲法を守る意志がなかった」とまで言い切った。法治国家の大原理を大統領自らが踏みにじったと断罪した。罷免に値するとしても、選挙で選ばれた国家元首を解任するという未曽有の決定は重かったに違いない。その高い壁を乗り越えられたのは、8割近い国民が弾劾を支持した世論の後押しがあったからであり、国内の混乱を早く修復せねばとの切迫感があったからではないか。

「今回の決定が国論分裂の終息や和解の道への契機となることを期待する」。この決定文のくだりがその証しだ。朴氏支持派と罷免賛成派、保守と革新の対立が激化する事態は避けたい。冷静な対応こそが、国を揺るがしたこの混沌(こんとん)から抜け出す道だ。「隣人」にそう呼び掛けたい。

国政介入事件のうち、崔被告が支配する2財団に対する資金提供を巡っては、朴氏と崔被告が共謀し韓国最大の企業グループ・サムスングループから多額の賄賂を受け取った疑いが強まり、同グループトップが起訴され、追起訴された崔被告と共に、朴氏は「収賄容疑者」と認定された。

大統領罷免が決まり、朴氏が不起訴特権を失ったことで逮捕、起訴が可能となる。大統領の犯罪と、この大型疑獄がどこまで解明されるのか、捜査の進展を待ちたい。それにしても、韓国の歴代政権はなぜスキャンダルを引き起こすのか。そこには権限が集中する「強い大統領」制度があるとの指摘は多い。

縁故人事に加え肉親や側近らが権勢を振るいがちで、便宜と利権を介し経済界と癒着する。大統領罷免の背景に国民世論があるのだとすれば、このかつてない劇的な結末を礎に、そうしたあしき政治と社会を変革せねばなるまい。出直し選挙では、縮小を含め大統領権限の在り方を巡る改憲をも論点の一つとすべきだ。その上で、政治の安定を取り戻したい。民主化30年の真価が問われる局面だ。

日本にとって韓国政治の安定は、北朝鮮の核・ミサイル問題に連携して対処する上で不可欠だ。慰安婦少女像を巡る対応に反発し、一時帰国させた駐韓大使の帰任についても、新政権との対話を見据え検討を急ぐべきではないか。

no title

ソース:河北新報 2017年03月12日
http://www.kahoku.co.jp/editorial/20170312_01.html

関連:【毎日新聞】重要な隣国が激動に見舞われている 日本の駐韓大使をソウルに帰任させるべきではないか
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787315.html
【北海道新聞】韓国大統領罷免、政治空白の解消を急ぐ時だ。新政権発足に備え、大使を帰任させるべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787327.html
【京都新聞】韓国は重要なパートナー。日韓関係の再構築へ踏み出すためにも大使を帰任すべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787341.html
【朝日新聞】朴大統領罷免 国政の安定化が急務だ! 大使らを早く戻し、対話のパイプづくりに万全を期すべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787384.html
【山陰中央新報】 韓国大統領罷免 社会の亀裂修復が課題だ! パイプづくりのため駐韓大使を帰任する時期
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787392.html
続きを読む
246 【山陰中央新報】 韓国大統領罷免 社会の亀裂修復が課題だ! パイプづくりのため駐韓大使を帰任する時期
1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/03/12(日) 12:38:24.44 ID:CAP_USER
■ 論説 : 韓国大統領罷免/社会の亀裂修復が課題だ
韓国の朴槿恵大統領に対する弾劾訴追を審理していた憲法裁判所は弾劾理由を妥当と認定、朴大統領は罷免された。韓国憲政史上、初めてとなる異例の事態だ。韓国政治は民主化30年を迎えたが、成熟したとは言えない。今回の混乱は日本や米国、中国などにとっても不安要素だ。核とミサイルの開発を進める北朝鮮への対応など、地域秩序の迷走を加速させる恐れもある。協調的なリーダーシップが韓国に登場することを望みたい。

今後は、60日以内に繰り上げ実施される次期大統領選を通じ、保守と革新の間で深まった韓国社会の亀裂を誰がどう修復するのかという課題に直面する。朴氏は国家システムを長年の友人、崔順実被告を中心とする個人的な人脈を重用することで私物化した。韓国憲法の目指す政治秩序とはおよそかけ離れたこうした朴氏の振る舞いは、何回かの謝罪会見では免罪されなかった。

また、朴氏は昨年11月から週末ごとにソウルで開催されている退陣を求める数万人規模の市民集会を、北朝鮮が背後で操っていると受け止めていた。民意をくみ取る努力を怠っていたのではないか。罷免決定から数時間後、朴氏は大統領府の秘書官らに「特に申し上げることはない」と話したという。側近に射殺された父、朴正熙大統領に続き、任期を全うできなかった無念さは相当なものだろう。しかし、朴氏を「悲運の大統領」とはできないところに、問題の深刻さがある。

朴氏が与党国会議員として政界入りし、大統領まで登り詰めた政治環境は、朴正熙大統領の時代に展開された民主化闘争を基盤に生み出されたものだ。しかし、民主化された環境で政界入りした朴氏の今回のスキャンダルで明らかになった権力を私物化するような統治スタイルは、朴正熙大統領の時代に酷似している。30年の民主化の蓄積が、かつての強権政治にノーを突き付けたといえる。

今後、5月初めにも繰り上げ実施される次期大統領選は、韓国の政治風土をあらためて問い直す契機となるだろう。何よりも、朴氏に対する罷免の是非を巡り、対立が先鋭化した保守勢力と革新勢力の対立をいかに緩和するかという課題が、大統領選に出馬しようとする候補予定者に重くのしかかる。

さらに、朴氏に退陣を求める国民の多くが抱えている格差社会への不満を、どのように是正するかという政治的資質が候補予定者には問われることにもなるだろう。韓国民の選択は、今後の地域情勢を左右する重みを持つ。朴氏は任期中、首脳として日本の地を踏むことはなかったが、罷免された初の大統領であると同時に、民主化以降の韓国大統領で、来日しなかった初めての大統領となってしまった。

日本側は韓国の次期政権とは、首脳間の意思疎通を回復し、歴史問題など摩擦の火種が外交問題に拡大しないようコントロールする必要がある。従軍慰安婦の合意履行を巡り、長嶺安政駐韓大使が一時帰国して2カ月以上が経過した。韓国の次期政権とのパイプづくりのためにも、帰任に向けての条件整備を検討する時期に来ている。
no title

ソース:山陰中央新報 ’17/03/11
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=564104033

関連:【毎日新聞】重要な隣国が激動に見舞われている 日本の駐韓大使をソウルに帰任させるべきではないか
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787315.html
【北海道新聞】韓国大統領罷免、政治空白の解消を急ぐ時だ。新政権発足に備え、大使を帰任させるべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787327.html
【京都新聞】韓国は重要なパートナー。日韓関係の再構築へ踏み出すためにも大使を帰任すべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787341.html
【朝日新聞】朴大統領罷免 国政の安定化が急務だ! 大使らを早く戻し、対話のパイプづくりに万全を期すべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787384.html
続きを読む
314 【朝日新聞】朴大統領罷免 国政の安定化が急務だ! 大使らを早く戻し、対話のパイプづくりに万全を期すべき
1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/03/12(日) 12:16:36.66 ID:CAP_USER
(社説)朴大統領罷免 国政の安定化が急務だ
大多数の国民から「ノー」をつきつけられた韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が、その座を追われた。韓国の憲政史上初めて弾劾(だんがい)が成立し、罷免(ひめん)された。この間、韓国政界は最高権力の長期間の空白という異常事態に陥った。北朝鮮への対処など多くの懸案への対応が滞った。

何より急ぐべきは国政の安定化である。政府と与野党は大統領選挙のプロセスを遅滞なく進め、一日も早く統治機構を落ち着かせねばならない。朴氏が追及された問題は、古くからの知人であるチェ・スンシル被告との癒着である。この知人のために大統領の地位権限を乱用したり、公務上の秘密を含む資料をチェ被告に渡したりしたと認定された。

チェ被告にも、娘が名門大学に不正入学した疑いなどが相次いで浮上した。大統領の権勢をかさに着た行動が明らかになるにつれ、市民の抗議のうねりが拡大した。それは、朴政権下にとどまらず、長年、韓国社会に広がった不平等の問題が露呈したからだ。

急速な経済成長をとげた韓国だが、今では「ヘル(地獄)朝鮮」という言葉が飛び交う。極端な貧富の格差や過熱する受験戦争、若い世代の失業率の高さなど、希望が見いだせない社会を嘆いた表現だ。かつての軍事独裁を脱却し、韓国が民主化を勝ち取って今年で30年。民衆の圧倒的な行動が「絶対権力」といわれた大統領の交代をもたらしたのは、韓国型民主主義のひとつの到達点として歴史に残ることだろう。

新大統領を決める選挙は5月初めまでに実施される。

日本政府は、いわゆる少女像が釜山の日本総領事館前に設置されたことの対抗措置として、2カ月以上も駐韓大使らを一時帰国させている。だが、韓国ではこれから政治論議が一気に活発化する。大使らを早く任地に戻し、新政権ができるまでの情報収集や対話のパイプづくりに万全を期すべきである。

韓国はこの弾劾を、統治システムの見直しの機会ととらえるべきだろう。これまでも歴代大統領は、金銭絡みの事件で親族に逮捕者を出してきた。大統領に権限が集中しすぎるため、親族ら周辺の関係者に、利権を求める人々が群がる病弊が指摘されてきた。次期大統領選では、一部権限の首相への分担も含めた改憲が争点になる可能性がある。同じ混乱を繰り返さないためにはどうすべきなのか。権力のあり方を根本的に見つめ直す契機としてほしい。


ソース:朝日新聞 2017年3月12日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S12837584.html?ref=editorial_backnumber

関連:【毎日新聞】重要な隣国が激動に見舞われている 日本の駐韓大使をソウルに帰任させるべきではないか
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787315.html
【北海道新聞】韓国大統領罷免、政治空白の解消を急ぐ時だ。新政権発足に備え、大使を帰任させるべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787327.html
【京都新聞】韓国は重要なパートナー。日韓関係の再構築へ踏み出すためにも大使を帰任すべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787341.html
続きを読む
598 【悲報】森友学園・籠池理事長記者会見 質疑応答で朝日記者がゴミカス扱いされていた
1: リキラリアット(愛媛県) [EU] 2017/03/11(土) 21:19:48.56 ID:m7xY2zIP0


動画

https://www.youtube.com/watch?v=POIv1wj9qrg


48:37~
記者(朝日放送) すみません朝日放送、朝日放送なんですけど……
記者(読売新聞) すみません読売新聞なんですけど
籠池 もうそろそろ、時間でしょ。
記者(朝日放送) すみません、まだ質問してないので、朝日放送なんですけど……
記者(読売新聞) 読売新聞のウラノと言います。
籠池 朝日さん、ほんまはあかんのですよ。ほんまはこたえたないんですよ。

55:45~

記者 あの。
佳茂 先ほど質問された方。その、どなたでした?
記者(朝日放送) 朝日放送なんですけど
佳茂 あの朝日、朝日ばっかりもういい。
記者(共同) いいですか?
佳茂 あい、どうぞ。あの、お名前と社名とお願いします。

1:15:30~

記者(朝日新聞) 理事長に伺いたい。理事長にお答えいただけますか?
佳茂 とりあえずね、もう今日はこれで終わりにしませんか。
記者(朝日新聞) 理事長すみません。誤ったものが。
佳茂 いや、すみません、すみませんじゃなくてね。いや、あなた、ちょっとまってください。
記者(朝日新聞) 朝日新聞のヤマグチです。
佳茂 でしょ?
籠池 朝日さん?
佳茂 もうええのよ、もうええんですわ!
籠池 朝日さんはもうわかるから。朝日は、いいの。朝日は嘘を書くの。
佳茂 もう、もう。
籠池 朝日テレビも、嘘を、書くの。朝日はだめ!


【文字起こし】森友学園・籠池泰典理事長&長男の佳茂氏~3月10日(金)記者会見での質疑応答【音声配信】
http://www.tbsradio.jp/127497

関連:【悲報】元しばき隊の菅野完さん、森友学園籠池氏の会見で公開処刑される
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787239.html
続きを読む
517 【京都新聞】韓国は重要なパートナー。日韓関係の再構築へ踏み出すためにも大使を帰任すべき
1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/03/11(土) 13:37:17.34 ID:CAP_USER
朴大統領罷免  国政混乱の責任は重い
国家を代表する現職の大統領が断罪され、失職に追い込まれるとは、驚くばかりである。韓国憲法裁判所は、12月に国会で弾劾訴追されて職務停止中だった朴槿恵(パククネ)大統領の罷免を裁判官8人の全員一致で決定し、朴氏は即日失職した。韓国で前例のない不名誉な事態である。

朴氏は今後、検察による捜査を受ける。これまで記者会見などでは疑惑を否定し、弁明に終始してきたが、真実を明らかにする義務がある。

憲法裁の決定は韓国民の怒りの代弁とも言えよう。昨年10月、朴氏が友人の崔順実(チェスンシル)被告に政府の機密資料を渡していた疑惑が報じられて以来、崔氏や大統領府高官、韓国を代表する大手企業サムスン電子の副会長らが逮捕され、政治不信は頂点に達していた。

憲法裁は人事案や閣議の資料、外遊予定など大統領の公務上の機密が、秘書官を通じて崔被告に渡っていたと指摘。崔被告がその内容を修正したり朴氏の日程を調整するなど「職務活動に関与した」と介入を認定した。そして、朴氏は「崔被告の私益のために地位と権限を乱用した」「大統領の違憲・違法行為は国民の信頼を裏切った」と厳しく断じた。

「国民幸福・希望の新時代」を掲げ、初の女性大統領という期待を集めてスタートした朴政権だったが、大きな政治的混乱を残して4年余りで終わりを迎えた。その間、国内ではセウォル号沈没という惨事があった。外交では当初、中国に急接近した。しかし、対北朝鮮で強硬路線に転換し、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を決めたことで対中関係は冷却化。日本とは慰安婦問題をめぐる合意にこぎつけた。

日本にとって気になるのは、今後60日以内に行われる大統領選の行方である。釜山での慰安婦像設置に抗議し、日本は駐韓大使を一時帰国させたままで、両国関係は暗礁に乗り上げている。

日本に批判的な世論の歓心を買う狙いもあって、立候補予定者はこぞって対日強硬論を打ち出している。しかし、国際的な約束である日韓合意を一方的に破るなら、韓国は国際的信用を失うばかりだ。韓国の政治家も国民も、いま一度冷静さを取り戻してほしい。

核開発を進め、弾道ミサイルの発射実験を繰り返す北朝鮮をにらめば、韓国は重要なパートナーである。朴氏失職のタイミングをとらえ、日韓関係の再構築へ踏み出すためにも大使の帰任を検討すべきときではないか。
no title

ソース:京都新聞 2017年03月11日
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20170311_3.html

関連:【毎日新聞】重要な隣国が激動に見舞われている 日本の駐韓大使をソウルに帰任させるべきではないか
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787315.html
【北海道新聞】韓国大統領罷免、政治空白の解消を急ぐ時だ。新政権発足に備え、大使を帰任させるべき
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787327.html
続きを読む
335 【北海道新聞】韓国大統領罷免、政治空白の解消を急ぐ時だ。新政権発足に備え、大使を帰任させるべき
1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/03/11(土) 11:41:23.10 ID:CAP_USER
韓国大統領罷免 政治空白、解消急ぐ時だ
韓国憲法裁判所は、国会で弾劾訴追された朴槿恵(パククネ)大統領を罷免する決定を言い渡した。朴氏は即時失職した。韓国で大統領が罷免されるのは1948年の建国以来初のことである。大統領が任期途中で辞任するのも、87年の民主化以降では例がない。

憲法裁は、親友の崔順実(チェスンシル)被告の国政介入事件をめぐり、朴氏に罷免に値する重大な違反があったと判断した。朴氏は不逮捕特権を失い、逮捕、起訴される可能性がある。60日以内に行われる出直し大統領選に向けて、与野党の動きが活発化している。混乱を最小限にとどめ、政治的空白が早期に解消されることを望みたい。

憲法裁は、朴氏が大統領権限を乱用し、崔被告による私的な利益追求に手を貸したと認定した。そのうえで「国民の信認を裏切った」「憲法を守る意志がなかった」などと厳しく断罪した。8人の裁判官全員が罷免に賛成した。決定は重く受け止めなければならない。

世論調査では7割以上が弾劾を支持したが、賛成、反対両派が大規模集会を開くなど世論の対立も激しさを増していた。大統領選をへてどう融和を進めていくかも大きな課題だ。北朝鮮の弾道ミサイル攻撃への対応を含めて、韓国が安全保障面で果たす役割は大きい。

米軍が韓国内に「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を開始したことに対して、中国が強く反発している。北朝鮮包囲網を再構築しなければならないときに、関係国の足並みの乱れを露呈した形だ。本来であれば、韓国に各国の調整を図る役割が求められる。リーダー不在の政治的空白は許されない状況だ。

大統領選は5月にも予定される。革新系の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)前代表が支持率トップで、政権交代の可能性がある。文氏は慰安婦問題をめぐる日韓合意について「日本の法的責任と謝罪をより明らかにする交渉が必要」と主張する。

日本政府は引き続き合意履行を求める方針だが、韓国側により丁寧な働きかけが必要になろう。釜山に慰安婦少女像が設置されたことへの対抗措置として、日本政府が駐韓大使を一時帰国させてから2カ月が経過した。新政権発足に備え、まずは大使を帰任させるべきではないか。

no title

ソース:北海道新聞 03/11 08:50
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0110835.html

関連:【毎日新聞】重要な隣国が激動に見舞われている 日本の駐韓大使をソウルに帰任させるべきではないか
http://hosyusokuhou.jp/archives/48787315.html
続きを読む
410 【毎日新聞】重要な隣国が激動に見舞われている 日本の駐韓大使をソウルに帰任させるべきではないか
1: 鴉 ★ 2017/03/11(土) 11:48:34.02 ID:CAP_USER
朴大統領罷免 挫折乗り越え安定望む

前略)

■日韓合意の維持が重要
特に、外交や安全保障政策については継続性が重要である。韓国を取り巻く国際情勢は厳しさを増すばかりだ。北朝鮮は弾道ミサイルの発射を繰り返しており、6回目となる核実験を行う可能性も否定できない。

金正男(キムジョンナム)氏殺害事件も北朝鮮の国家犯罪である疑いが強い。友好国だったマレーシアとの外交関係まで危うくさせる金正恩(キムジョンウン)政権の行動は常軌を逸している。

北朝鮮への対応では日米韓の連携が基本である。ところが、共に民主党で最有力候補とされる文在寅(ムンジェイン)氏は、在韓米軍への「終末高高度防衛(THAAD=サード)ミサイル」配備や慰安婦問題に関する一昨年の日韓合意を疑問視する発言をしている。

日韓合意は、両国関係を改善の流れに戻すのに大きく寄与した。必ず守られねばならないものだ。日韓では、北朝鮮に関する情報共有を進めるための軍事情報包括保護協定(GSOMIA)も重要だ。これがなければ、米国を含めた防衛協力にも影響が出かねない。

米軍は、THAAD配備を急いでいる。韓国の大統領選前に既成事実を作っておこうという意図は容易に読み取れる。韓国はいまや北東アジアの地域情勢に影響を与えうる有力な国家である。次期政権をうかがう政治指導者には、外交の基本路線踏襲を明確にするよう求めたい。

重要な隣国が激動に見舞われている中、日本の長嶺安政駐韓大使は現場に不在である。慰安婦問題を象徴する少女像の問題で政府が一時帰国させたものだが、ソウルに帰任させる時期ではないか。

次期大統領には、深く分断された韓国社会を再びまとめる取り組みが求められる。大きな挫折を乗り越え安定した社会を再建してほしい。
no title

毎日新聞・社説
http://mainichi.jp/articles/20170311/ddm/005/070/055000c
続きを読む