228 【沖タイ】菅官房長官の「あなたに答える必要ない」発言は望月記者への人格攻撃で差別だ
1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2019/03/18(月) 08:31:15.62 ID:qRYwurWE0
菅義偉官房長官は、2月26日の定例記者会見で、東京新聞の望月衣塑子記者の「この記者会見は一体何のための場だと思っていらっしゃるんでしょうか」との質問に、「あなたに答える必要はありません」と述べた。

長官発言が批判される一方で、望月記者への非難の声も上がった。望月記者の当日、あるいはそれ以前の質問が不適切であり、「長官も記者もどっちもどっちだ」とするような論評だ。しかし、記者個人へのこうした非難は、お門違いではないか。

憲法14条は、平等原則を定めており、当然ながら、官房長官はこれに拘束される。メディアの取材には平等に対応せねばならず、また、差別を誘発しないよう配慮する義務がある。

もちろん、平等原則があるからと言って、長官があらゆるメディアに、全く同じように対応すべきだということではない。合理的な理由があれば、メディアによって異なる扱いをすることもできる。例えば、スクープ記事についての記者の質問に特別の回答をしたり、暴力をふるう記者から逃げたりしても、不合理な区別ではない。

しかし、今回の官房長官の発言は、「あなたに」答える必要がないと、記者の人格を攻撃する性質を持っていた。記者会見は、記者の「質問に」答える場であって、「記者を」論評する場ではない。記者の質問が虚偽事実に基づいているなら、「その質問は事実に反する」と回答すればよく、同じことを何度も聞かれたのなら、「その質問には先ほど答えました」などと対応すればよかったはずだ。人格攻撃をするのは、平等な対応とは言えない。

また、公的機関による人格攻撃的発言は、「差別」という深刻な問題を招く点にも注意が必要だ。公的機関の発言は、一般に、国民への権威を持つ。そのうえ、官房長官は、記者たちとの関係で強い立場にいる。もしも長官が特定記者の人格を非難すれば、国民や記者会の中でいじめのごとき差別的な攻撃が誘発される危険がある。

no title

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/397444
4: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2019/03/18(月) 08:33:01.86 ID:qRYwurWE0
>>1続き
今回の「あなた」発言は、平等原則に反するし、差別感情をあおり、扇動する行為でもあるというべきだろう。

だとすれば、「長官発言をきっかけに」、ことさらに望月記者の言動の欠点を指摘して「どっちもどっち」と論評するのは、長官の発言に扇動された恥ずべき行為というべきだろう。

もちろん、望月記者に批判的見解を持ったり、記者クラブの閉鎖性を嫌悪したりする人々もいるだろう。それを表明するのは、表現の自由だ。しかし、それは「長官発言」とは切り離された時・場所で行うべきだ。公権力による扇動に棹(さお)差して行えば、主張の正統性が失われてしまう。

長官自身は、2月27日の記者会見で、会見の性質は何度も説明してきたので、「繰り返す必要はない」との趣旨だったと説明した。だとすれば、望月記者への人格攻撃を撤回し、質問への答えに差し替えるべきはずだが、それはしていない。

結局のところ、今回の事態は、到底「どっちもどっち」と言えるものではない。批判されるべきは、不当に人格非難をして差別を誘発した長官のみではないか。(首都大学東京教授、憲法学者)
続きを読む
388 【サンデーモーニング】 青木理 「日本でも在日に対するヘイトスピーチがありNZとある意味同じ構造」
1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2019/03/17(日) 12:09:39.07 ID:ltundwtO
佐藤こうへい@kou_antiwar
NZでの白人至上主義者によるヘイトクライムについて、青木理さん。日本でも在日コリアンに対するヘイトスピーチがあり、相模原での障害者刺殺事件もある意味同じ構造だと指摘。私たちの足元にもそういう“芽”があると。

差別や排外主義を許さない。政治にその責任が問われている。


※佐藤こうへいは日本共産党
続きを読む
289 【悲報】テレビ朝日のインタビューを受けた現役東大生、発言を捏造される
1: (^ェ^) ★ 2019/03/16(土) 13:52:19.52 ID:ct+9+Awr9
2019年3月13日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日)で発言を捏造されたと一人の東大生が声をあげた。どうやらテレビ局は結論ありきでインタビューを行っていたようだ。今どきの東大生は官僚になりたがらない。お金がほしい(?)

モーニングショーでは東大生の価値観が変化していると紹介。具体的には、より稼げる職に流れているとして現役、OB東大生の生々しい声をフリップで見せた。

no title


http://netgeek.biz/archives/137751
続きを読む
228 【動画あり】菅長官、東京新聞記者に対しブチ切れ「事実に基づかない質問を平気で言い放つ、絶対に許されない」
1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2019/03/15(金) 22:35:52.96 ID:vzFd45fF0

菅義偉官房長官は15日の記者会見で、東京新聞記者の質問に対し、「事実に基づかない質問を平気で言い放つことは絶対に許されないことだ」と述べた。この記者の質問を念頭に質問制限につながりかねない発言で、改めて会見に対する姿勢が問われる。

菅氏は、会見の内容が生中継されていることから、「事実に基づかない質問をすることや、質問に入る前に個人的意見、主張を述べることが繰り返された場合、官房長官会見の本来の趣旨が損なわれる」と改めて主張した。菅氏はこの記者の質問について「取材じゃない。決め打ち」などと発言している。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASM3H5K55M3HUTFK020.html
続きを読む
312 時事通信社、「誤植記事」に注意喚起 SNSで「ピエール使用の疑いでコカイン瀧容疑者逮捕」画像拡散
1: 豆次郎 ★ 2019/03/13(水) 12:14:41.69 ID:NvkJWEW79
時事通信社、ピエール瀧容疑者めぐる「誤植記事」に注意喚起 SNSで「ピエール使用の疑いでコカイン瀧容疑者逮捕」画像拡散
時事通信社は13日、俳優でテクノユニット「電気グルーヴ」メンバーのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)がコカイン若干量を使用したとして、麻薬取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された問題に関し、「『時事通信社が誤植記事を配信した』との情報が出回っていますが、そうした事実はありません」と公式ツイッターで注意を促した。

同社は「【お知らせ】」とし、「ピエール瀧容疑者逮捕の報道に関連して「時事通信社が誤植記事を配信した」との情報が出回っていますが、そうした事実はありません。時事通信社編集局」とツイートした。

SNS上では「@jijicomさんからの画像」としたピエール容疑者の写真を使い、「ピエール使用の疑いでコカイン瀧容疑者逮捕」と見出しの付いたネット記事風のコラージュ画像が出回っている。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000081-sph-ent
続きを読む
319 【琉球新報】世界最大の軍事的脅威である「日米安保」が朝鮮半島の統一と独立を妨害している
1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2019/03/12(火) 09:38:39.52 ID:xD5CQEu90
【24】 3・1運動100年と沖縄 脱植民地阻む軍事同盟
より抜粋

この3月は、朝鮮全土で200万人がデモに参加した「3・1独立運動」の100周年であると同時に、1879年3月27日、明治政府が武力を伴い、約5世紀にわたり続いた琉球王国を滅ぼし、「沖縄県」として強制併合した140周年に当たる。朝鮮と同様に、琉球の言葉、信仰、文化、誇りが奪われた。「3・1」の100年と、「3・27」の140年はつながっており、共に日本人が心に深く刻まなければいけない歴史だ。

そして現在も両地域に対する植民地主義は続いている。その根幹にあるのが世界最大の軍事的脅威である米国との軍事同盟であり、「日米安保」によって、朝鮮半島の統一と独立を阻み、沖縄に基地を集中させている。



全文は以下ソース
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-887483.html
続きを読む
297 【大阪発砲事件】朝日新聞、指名手配されてる韓国籍、姜真一容疑者の国籍を隠す 報道はもちろん通名 
1: Toy Soldiers ★ 2019/03/12(火) 11:13:49.77 ID:j3DsxI5m9
男を指名手配 大阪のカジノ店発砲 1人重体、客重傷 – 産経ニュース
11日午前1時ごろ、大阪市中央区宗右衛門町のビル内のインターネットカジノ店で「男性が意識のない状態で倒れている」と119番があった。大阪府警によると、男が店に押し入り、店内にいた男性客(32)と男性従業員(42)を拳銃で撃ち、逃走した。従業員は意識不明の重体で、客は重傷。府警捜査4課は同日、殺人未遂容疑などで、韓国籍で住所、職業不詳の姜(きょう)真一容疑者(34)の逮捕状を取り、全国に指名手配した。

同課は南署に捜査本部を設置。姜容疑者は、この店の常連客だったといい、捜査本部は店側とのトラブルの有無などを調べている。府警によると、姜容疑者は身長159センチ。逃走時は、黒い短髪にいずれもグレーのTシャツとズボン姿だった。現場には回転式拳銃1丁が残されていた。

同店は、ネットカジノに使うパソコンなどが置かれたフロアと監視用のモニター室に分かれた構造。当時、フロアには撃たれた2人が、モニター室には別の30代の従業員1人がいた。

同店は会員制で、従業員がモニターで顔を確認しないと入れないが、30代の従業員は「(姜容疑者が)常連客だったので入店させた」と説明。姜容疑者は11日午前0時40分ごろに入店した直後、フロアの2人に発砲した。従業員は頭部、客は胸部付近を撃たれた。

無事だった従業員は撃たれた客とともにタクシーで大阪市内の病院に向かい、客はそこで「拳銃で腹を撃たれた」と説明。一方、店には別の関係者が駆けつけ、撃たれた従業員を発見して119番したという。現場は大阪・ミナミの繁華街の一角。店舗は飲食店などが入るビルの3階にある。


https://www.sankei.com/smp/west/news/190311/wst1903110038-s1.html

大阪の発砲、34歳の男を指名手配 殺人未遂などの疑い:朝日新聞デジタル

大阪市中央区宗右衛門(そうえもん)町の店舗「バーファイブ」で11日午前0時40分ごろ、男が従業員と客を拳銃のようなもので撃った。従業員は意識不明の重体。大阪府警は、この店の常連客とみられる住居、職業不詳の井川真一容疑者(34)を殺人未遂と銃刀法違反容疑で指名手配し、発表した。

南署によると、従業員の男性(42)は頭部を、男性客(32)は左胸を撃たれた。いずれも意識不明の状態で搬送されたが、男性客はその後意識が回復。店には別の30代の男性従業員もいたが、けがはなかった。

捜査関係者によると、店内にはインターネットカジノ用とみられるパソコンが複数置かれ、入店には事前に連絡が必要だった。井川容疑者は事前に電話で来店を伝え、従業員2人とも面識があったという。

無事だった従業員の府警への説明などによると、井川容疑者は入店直後に応対した従業員に発砲。その後男性客ともみ合いになり、さらに発砲した。従業員らが取り押さえようとしたが、北方向に逃走したという。店のテーブルには回転式拳銃のようなものが残されていた。


https://www.asahi.com/sp/articles/ASM3C5H2BM3CPTIL01K.html
続きを読む
360 【総務省】NHKのネット同時配信、受信料「PC・スマホからも請求」は間違い
1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/03/08(金) 19:49:46.61 ID:n/M58U7k0
NHKのネット同時配信、受信料「PC・スマホからも請求」は間違い
NHKのネット常時同時配信を可能とする「放送法改正案」が3月5日に閣議決定されたことを受け、ネットでは一部、「ネット環境があるだけで受信料を請求される」などの情報が飛び交っている。しかし、少なくとも現時点では誤りだ。

放送行政を所轄する総務省の担当者は、「改正法が成立したとしても、ネット端末は(受信契約の)対象にならない」と否定する。

放送法64条1項は、NHKの「放送を受信することのできる」設備があれば、受信契約を結ばなければならないとしているが、ネットにつながる端末を持っているだけでは対象にはならないという。

法案が可決されれば、すでに受信契約を結んでいるユーザーは認証をへて、追加料金なくネットでの放送を視聴できる仕組みがつくられる。一方、契約がなければ、画面上にメッセージが出る想定だ。ただし、今後、NHKがネットからも受信料を徴収したい、と主張する可能性もある。この点については、受信料制度の趣旨や民業圧迫にならないかなどの観点から慎重に検討される必要があるだろう。

no title

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16129389/
続きを読む
402 【国境なき記者団】「日本政府は記者の質問を評価するべきでなはい」 東京新聞・望月衣塑子記者を支持する声明を発表
1: ばーど ★ 2019/03/07(木) 13:54:49.54 ID:qfQMb7K19
Japan government must not judge the relevance of press questions???

Reporters Without Borders (RSF) calls on Prime Minister Shinzo Abe to respect the Japanese public’s right to information by requiring his team to respond to all journalists’ questions, without exception.

During a press conference on February 26, 2019, Yoshihide Suga, the Chief Cabinet Secretary to Japanese Prime Minister Shinzo Abe, has publicly refused to answer questions from a Tokyo Shimbun reporter, Isoko Mochizuki, on the grounds that he was “not required to”. This incident triggered a wave of protests from journalists’ unions, the media and opposition parties, and prompted the launch of a petition that gathered more than 17,000 signatures.

no title
https://rsf.org/en/news/japan-government-must-not-judge-relevance-press-questions
続きを読む
603 望月イソ子講演会「産経がいると、望月記者が話したいことを話しづらくなる」と産経新聞を排除(2017.10)
1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 07:10:50.09 ID:CAP_USER
「やっぱり産経さんはお引き取りください」。一瞬、何を言われたのか分からなかった。新潟市のホテルで、9月23日に開かれた新潟県平和運動センター主催の講演会。ゲストスピーカーは、東京新聞社会部の望月衣塑子記者で、テーマは「武器輸出と日本企業-安倍政権の危険なねらい」。
no title

県政記者クラブで告知され、取材に訪れた本紙記者は、主催者につまみ出される形で会場を退席した。その顛末(てんまつ)は…。

本紙記者が、この講演を知ったのは開催前日の夕方のことだった。新潟県政記者クラブに告知されたリリースが県政担当の記者から支局にファクスされ、記者が取材に行くことになった。

望月記者は、同じ大学の出身ということで個人的に親近感があった。産経新聞と東京新聞とでは論調は異なるが、取材現場の第一線で働く先輩記者の話を生で聞けるチャンスでもある。北朝鮮など国際社会の情勢や問題をどうとらえているのか、純粋な気持ちでぜひ、お聞きしたかった。

当日、記者が会場に着くと、参加者とおぼしき何人かがロビーにいた。受付の女性に名刺を手渡すと、心なしか表情が曇ったように見えた。

「…担当者が来るまでお待ちください」と言われ、ロビーのソファに腰を下ろして待った。すると、15分ほどして廊下の奥から、キャリーバックを引いた女性が現れた。スタッフが頭をしきりに下げており、望月記者らしいことが分かった。

あいさつを兼ねて、名刺交換をしようと思ったが、2~3分ほどスタッフと話をすると、すぐに会場に入ってしまったので、「講演を聞いた後にチャンスはあるだろう…」と、再び開演を待つことにした。

それから5分ほどして、主催者である県平和運動センターの有田純也事務局長が現れた。席には着かず、最後方のスペースで、立って取材をするなら許可する、と伝えられた。写真撮影についても許可をもらい、ようやく会場に入ることができた。

会場内は年配層が多く、若い人は少ない印象だったが、望月記者の講演とあってか席はほぼ埋まりかけていた。指定された後方のスペースに荷物を置き、一息ついてから記者はトイレに行った。手を拭きつつ会場の入り口に戻ったときだった。事務局長の有田氏から言われたのだ。「やっぱり産経さんはお引き取りください」と。開演まで、あと10分だった。

予想外の展開に、記者は内心慌てた。「報道陣の取材は全てシャットアウトになったのか」と問うと、「他の社は大丈夫ですが、産経は駄目です」との返答。「なぜ、弊社だけが?」と繰り返し問うと、「産経がいると、望月記者が話したいことを話しづらくなるからです」と、強い口調で返ってきた。

弊社の何が恐ろしいか、理解しかねたが、「圧迫感を感じるというなら記者腕章も外しますし、質問も控えます。講演だけでも聞かせてください」と交渉したが、シャットアウトされた。開始直前になって、詳しい理由も聞けずに退去するのは納得できない。

「この講演はオープンなはずでしょう。報道の自由は憲法でも保障されている。そもそも講演のリリースを記者クラブに流しておきながら、弊社のみ取材を拒否されるのは解せない。理由をお聞かせ願いたい」

記者は説明を求めたが、「解せないっていわれても…。とにかく、そう決まったんで引き取ってください」とかたくなに拒否された。どうにも話にならないと思いつつ、最後に聞いた。

「貴会は主義や論調の違いだけで、報道機関をえり好みする団体という理解でよろしいか」と。返答は「そうです。そのように解釈していただいて結構です」というものだった。

帰りがけに、講演の受付の写真を撮って帰ろうと、カメラを向けてシャッターを切ると、今度は、小太りの男性が「何勝手に撮ってるんだ!」と叫びながら、会場から飛び出してきて、目の前に立ちふさがった。

「講演会からは退去するよう言われましたが、『外の写真を撮るな』とはいわれておりません」と返答したが、「それがあんたの会社の言う取材なのか!」とまくし立て、「あんたらがやっていることはテロリストと同じだ!」と叫んだ。


http://www.sankei.com/premium/news/171006/prm1710060006-n1.html

関連
望月氏の質問を遮るなと署名活動する中2女子、どう見ても中2じゃないだろと思わせる証拠が続々発覚
https://hosyusokuhou.jp/archives/48844840.html
【ブーメラン】望月イソコ氏の質問を遮るなと署名活動する女子中学生、15歳以下の利用は規約違反ではという声を速攻で遮る
https://hosyusokuhou.jp/archives/48844905.html
続きを読む