176 韓国ムン大統領、米国防長官の面前でGSOMIAを拒否
1: 荒波φ ★ 2019/11/16(土) 09:01:02.78 ID:CAP_USER.net
米国のエスパー国防長官は15日、ソウル竜山の韓国国防部(省に相当)庁舎で開催された第15回韓米安保協議会(SCM)に出席し、韓国側に防衛費分担金の増額と韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄の撤回を改めて強く求めた。

エスパー氏はこの日、大統領府で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した席でも同じ考えを伝えた。これに対して文大統領はエスパー氏に対し「安全保障上、信頼できないという理由で輸出規制を行っている日本と軍事情報を共有するのは難しい」として明確に拒否した。

これまで米国は様々な方面からGSOMIAを維持するよう韓国側に圧力を加えてきたが、今回は文大統領自ら「GSOMIA破棄」を明言した形だ。

防衛費分担金の引き上げについても韓国政府は「米国の要求を受け入れるのは難しい」との考えを伝えたという。

最大の懸案であるGSOMIAと防衛費分担金問題で韓米両国の主張の食い違いが明確になった結果、今後の交渉で一層の困難が予想されるのはもちろん、韓米同盟そのものが大きく揺らぐ可能性も出てきた。

ある外交筋は「同盟国である米国が強い意志を持ってGSOMIAの維持を求めたにもかかわらず、韓国政府ではなく文大統領自らこれを明確に拒否してしまった」と指摘した。

エスパー氏は見直し期限まで一週間と迫ったGSOMIAについて「もし完全に終了すれば、これによって利益を得るのは中国と北朝鮮だ」「有事を想定した場合、韓米日が効果的かつ適時に情報を共有するためGSOMIAは非常に重要だ」などと説明した。

しかし文大統領は「日本の姿勢に変化がみられない限り、GSOMIAの延長は難しい」との考えを直接伝えた。韓米両国が同盟国としての大きな懸案をめぐってこのように意見が対立し、それがメディアによって伝えられるのは過去に例がない。

これに先立ちエスパー氏はSCMが終了した直後に行った記者会見で「大韓民国は富裕な国のため、もう少し負担できる余裕があり、また負担をしなければならない」と述べた。しかし文大統領とエスパー氏との対話で防衛費分担金問題は一切取り上げられなかったという。
no title

2019/11/16 08:20/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/16/2019111680005.html
続きを読む
371 【韓国】鄭景斗国防相「日韓が共に努力をすべきだ」
1: 鴉 ★ 2019/11/15(金) 20:59:44.06 ID:CAP_USER.net
韓国の文在寅大統領は15日、ソウルの大統領府でエスパー米国防長官と会談した。エスパー氏は、23日に失効する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の必要性を訴えたが、文氏は安全保障上の懸念を理由に輸出管理強化措置を取った日本とは「軍事情報を共有することは難しい」と主張。日本の措置撤回なしには協定維持は困難との見解を改めて示し、米側の説得は不発に終わったもようだ。

●軍事情報協定「失効させるな」 米軍トップ、韓国に要求
韓国側の説明によると、会談は約50分間行われ、双方は日米韓3カ国の安保協力へ引き続き努力する方針で一致。エスパー氏は協定をめぐる問題の「円満な解決」に向け、日本にも努力を求める考えを示したという。

エスパー氏はこれに先立ち、鄭景斗国防相と定例の米韓安保協議を行った。その後の共同記者会見でエスパー氏は、協定が日米韓3カ国の連携にとり「重要な手段だ」と強調。協定失効は3カ国連携に影響を与えるとして、日韓双方に協定維持に向けた努力を促した。さらに、こうした対立で利益を得るのは北朝鮮と中国だと指摘し、日米韓が連携して対処すべきだと訴えた。

鄭氏は会見で日韓が共に「努力をすべきだ」と主張。協定維持には日本の措置撤回が必要との認識を示した上で、対話の進展に伴って「協定が維持されることが望ましい」と述べた。

no title

(2019/11/15-20:36) 時事通信社
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111500822&g=int
続きを読む
401 韓国国防省「GSOMIAの維持には日本側の歩み寄りが必要」菅「韓国側に賢明な対応強く求める」
1: ジャンピングエルボーアタック(東京都) [ニダ] 2019/11/15(金) 19:19:30.00 ID:1C+TQlKh0.net
今月23日に失効する日韓のGSOMIAについて、韓国の鄭景斗国防相は、「まだ時間が残されているので、日韓の政府がよい方向で協議を行い、GSOMIAが維持されたらよい」と述べ、韓国向けの輸出管理を強化した日本に対して、改めて歩み寄りを求めました。
no title

アメリカのエスパー国防長官と韓国の鄭景斗国防相は15日、ソウルで会談し、終了後、共同記者会見に臨みました。この中で、エスパー長官は、今月23日に失効する日韓のGSOMIAについて、「日米韓が効果的かつタイムリーに機密情報を共有するための重要な手段だ」と指摘したうえで、「日韓の摩擦の恩恵を受けるのは中国と北朝鮮だけだ」と述べ、韓国に対してGSOMIA破棄の決定を見直すよう求めたことを明らかにしました。

一方、鄭国防相は「これまでも私はGSOMIAの重要性を強調してきた。まだ時間が残されているので、日韓の政府がよい方向で協議を行い、GSOMIAが維持されたらよいというのが私たちの考えだ」と述べ、GSOMIAは維持されるのが望ましいという考えを示しました。ただ、「日本が輸出管理を強化したことを受けて、韓国政府は熟慮の結果、破棄を決定した」とも述べ、GSOMIAの維持には、日本側の歩み寄りが必要だという認識を改めて強調しました。

エスパー長官は会見で、北朝鮮が中止を求めている米韓両軍の合同軍事訓練について「敵を抑止し、必要であれば打ち負かすためにアメリカ軍と韓国軍の即応体制を確実にすることが目的であり、鄭国防相ともその考えを共有した」と述べ、訓練の意義を強調しました。

その一方で、「外交面での進展を可能にするどのような扉も閉ざされることがないように、常に柔軟でなければならない」とも述べ、今後、米朝の外交交渉を支援するため、近く実施する予定の訓練について計画を変更する可能性もあるとの認識を改めて示しました。

菅官房長官は、午後の記者会見で「これまでも日韓の外交当局間で、意思疎通を継続することを確認してきており、きょう行われた日韓の協議も、そのような文脈において実施されるものだ。今後も、わが国としては旧朝鮮半島出身労働者をめぐる問題や日韓GSOMIAといったさまざまな問題に関するわが国の一貫した立場に基づき、韓国側に賢明な対応を強く求めていきたい」と述べました。

no title

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191115/k10012178721000.html
続きを読む
151 【閲覧注意】韓国が豚コレラに感染した豚5万匹を殺処分 川が血で赤く染まりホラー
1: グロリア(大阪府) [US] 2019/11/13(水) 10:19:24.24 ID:ZEsYnYvu0.net
A river near the inter-Korean border has turned red after being polluted with blood from pig carcasses.

South Korean authorities had culled 47,000 pigs in an attempt to halt the spread of African swine fever (ASF).

Heavy rains caused blood to flow from a border burial site into a tributary of the Imjin River.

African swine fever is highly contagious and incurable, with a near zero survival rate for
infected pigs, but it is not dangerous to humans.

Local authorities dismissed concerns that the blood could cause the spread of African swine
fever to other at-risk animals, saying the pigs had already been disinfected before being slaughtered.
It also said emergency steps had been taken to prevent further pollution.

閲覧注意

https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/393C/production/_109625641_28c703e7-68fd-4639-b4b5-b2ceaedb36db.jpg

https://www.bbc.com/news/world-asia-50384953
続きを読む
750 【速報】韓国外交官「旭日旗の掲揚を辞めてくれれば、GSOMIA破棄を見直すことが可能」
1: フライングニールキック(茸) [US] 2019/11/15(金) 11:50:53.48 ID:x/FozUbY0.net
GSOMIA破棄撤回へのシナリオ
韓国側のGSOMIA破棄を撤回させるために日米韓が舞台裏で交渉しているようだが、最終当事国は韓国だ。「止める」と世界に向かって表明した手前、韓国側は米国側の「止めるな」という圧力に屈して、「分かりました、協定は今後とも守ります」とはメンツもあって言い出せない。日本側から何らかの譲歩があった後、「日本側の要望もあって、考え直した」と説明して、協定に留まりたい、というのがソウルの本音ではないか。

「即位礼正殿の儀」に参加するために李洛淵首相が先月訪日し、その後、 文喜相国会議長が今月5日、東京入りし、日本側にそれとなく打診したのだろう。日本側の立場は明確だ。安倍晋三首相は、「韓国側はまず国際法を守っていただきたい」と繰り返し、それから対話が始まるという姿勢だ。具体的には、元「徴用工」問題で日韓請求権協定の堅持だ。それを一方的に違反した韓国大法院(最高裁)の判決は明らかに国際法違反だ。だから、ソウルは先ず、同問題の判決を破棄してから対話の戸を叩いてください、というのが日本側の一貫した立場だ。(略)

先日、韓国外交官と会食しながら同協定の行く末を話し合った。外交官は、「予想はできないが、協定が維持されることを願っている」という。同外交官は自分は保守派だと言っているように、軍事、情報分野での日韓協力が重要だという立場だ。(略) それでは重要な軍事情報包括保護協定をどうしたら死守できるかだ。同外交官は、「あくまでも個人の考えだが、日本側が旭日旗の掲揚を辞めてくれれば、韓国民も納得できるのではないか。日章旗は問題ないが、旭日旗は韓国民に過去の出来事を思い出させ、辛くなるからだ」と説明した。

ちなみに、韓国議会は9月30日、東京五輪での競技場内に旭日旗搬入禁止措置を要求する案を決議した 。(略) すなわち、日本側が今後、公式の場で旭日旗の掲揚を可能な限り抑制してくれれば、韓国政府も国民に向かって、「日本側の対応を評価し、GSOMIAの破棄を見直したい」と表明できる。日本側は東京五輪の時、旭日旗問題で日韓間の対立が生じることを避けることが出来る一方、韓国側は自国のメンツを守れるというわけだ。(略)

no title

https://vpoint.jp/world/korea/147520.html
続きを読む
176 【速報】韓国政府、GSOMIA終了撤回は「日本の変化がない限り、ない」と明言
1: 荒波φ ★ 2019/11/15(金) 11:53:56.54 ID:CAP_USER.net
韓国大統領府(青瓦台)が来る23日0時(22日いっぱい)での公式終了を前にしている日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)と関連し、「日本側に立場の変化がない限り、終了決定を取り消すことはない」と立場を再確認した。

青瓦台(大統領府)のコ・ミンジョン報道官は15日午前、MBCラジオ「キム・ジョンベの視線集中」に出演し、「(日本の)輸出規規制問題の立場などで変化がない状況で我々がGSOMIA終了を覆したとしたら、当時(8月)の決定は慎重に成されなかったことを意味する」とし、このように述べた。

米国高官らが相次いで訪韓し、韓国のGSOMIA終了決定を再考するようプレッシャーを与えている状況で、韓国政府の終了決定は「揺るがない」と強調する意図があるとみられる。
no title

2019/11/15 09:40配信
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2019/1115/10245463.html

関連スレ
【国際】米国防長官「GSOMIAは絶対に維持しろ」
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573781101/
続きを読む
120 韓国国防相「GSOMIA破棄撤回は日本が輸出規制強化を撤回しないとダメ 米韓関係と切り離して考えるべき」
1: シャイニングウィザード(東京都) [CN] 2019/11/15(金) 15:08:19.19 ID:9YR0i+e60.net
米国のエスパー国防長官は15日、訪問先のソウルで鄭景斗国防相らと米韓定例安保協議(SCM)を開催した。両氏は協議後の共同記者会見で、23日午前0時に失効する日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)は安全保障上、重要だとの認識で一致。ただ鄭氏は、韓国側が破棄決定を見直すには、日本の輸出規制強化の撤回が前提となるとの従来からの姿勢を改めて示した。

米国は協定を維持すべきだとの意向を示していた。韓国政府は、日本が韓国向け輸出規制強化を撤回しない限り決定の見直しは難しいとの立場を示し、米韓関係とは切り離して考えるべきだと説明してきた。

no title

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019111501001615.html
続きを読む
335 韓国外相「GSOMIA終了は不可避」 再度説明へ
1: 荒波φ ★ 2019/11/14(木) 13:28:31.08 ID:CAP_USER.net
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が来週に訪米する方向で調整を行っていることが14日、分かった。韓国の外交消息筋が明らかにした。日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効期限(23日午前0時)が迫る中、米国に協定の終了は避けられない判断であり、韓米関係とは無関係であることを改めて説明するとみられる。

同筋は「韓米関係にいろいろな懸案があり、米国の高官と会う必要性がある」と説明した。康氏の訪米はポンペオ米国務長官との会談が決まり次第、発表されるとみられる。韓国が8月22日、日本とのGSOMIAを終了すると発表して以来、両氏は個別会談を行っていない。康氏は終了発表後、ポンペオ氏との電話会談で韓国の立場を説明したが、ポンペオ氏は「失望した」との反応を示した。

康氏が予定になかった訪米を推進しているのは、GSOMIA終了を巡り、米国が韓国への圧力を強めているためとみられる。先週、スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)とナッパー副次官補が訪韓し、GSOMIAの延長を求めたのに続き、今週は米軍の首脳部が相次いで協定の延長を促している。

13日に訪韓した米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は日本で安倍晋三首相との会談後、「(われわれは協定の)期限が切れるまでに問題を解決したい」と表明。韓米連合軍司令部のエイブラムス司令官(在韓米軍司令官兼務)は12日に行った記者懇談会で「GSOMIAがなければ、われわれが強くないかもしれないという誤ったメッセージを送る危険がある」と強調した。

韓米定例安保協議(SCM)に出席するため14日に訪韓するエスパー米国防長官は13日、記者団に対し、韓国側にGSOMIA終了への懸念を伝えるとして、協定の終了は北朝鮮や中国を利することになるとの認識を示した。米国は韓国と日本のGSOMIAを北朝鮮や中国などをけん制するための韓米日3カ国の安保協力の象徴とみなしている。GSOMIAの終了は自国の安保利益を損ねる決定と判断しており、韓米関係にも少なくない影響を与えるとの見方もある。

一方、康氏は22~23日に名古屋で開かれる主要20カ国・地域(G20)外相会合への出席も前向きに検討している。出席する場合、茂木敏充外相と会談し、GSOMIAを巡って最終的な意見交換を行う可能性がある。突破口を開くことに失敗しても、両国の外交チャンネルは正常に稼働しているとのメッセージを発することができる。
no title

2019.11.14 11:50
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191114001600882?section=news
続きを読む
422 ラサール石井「総理の一存で中止とか私物化の証拠」 有本香「総理主催なんだから当然でしょ。アホなの?」
1: キドクラッチ(栃木県) [ニダ] 2019/11/14(木) 13:28:18.48 ID:OZjOebCx0.net


桜を見る会 民主党政権でも議員「推薦枠」 国民・玉木代表明かす
https://www.sankei.com/politics/news/191113/plt1911130020-n1.html

続きを読む
473 【吉報】韓国政府「米当局者が何人来ようともGSOMIA終了が撤回されることはない!(キリッ」 
1: ミドルキック(岐阜県) [GB] 2019/11/14(木) 09:43:41.06 ID:XBOwtPVx0.net
大統領府「米当局者が来てもGSOMIA終了が撤回されることはない」
十日後に近付いた韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了について、米国の安保分野の中心人物たちが相次いで憂慮の発言をする中、大統領府は、日本の輸出規制撤回などの措置がなければ予定通り協定を終了する方針だと明らかにした。大統領府の高位関係者は13日、「GSOMIAは米国の外交安保当局者が来て話したからといって(終了方針が撤回に)なる事はない。GSOMIAを終了すると発表する前に、すでに米国側と話がついた状況」と述べた。この関係者は「日本や私たちも(共に)満足するに値する解決策はすぐにはない。それならばGSOMIAも終了するしかない」と付け加えた。 これに先立ち大統領府は10日、大統領秘書室長・国家安保室長・政策室長の記者懇談会でも、GSOMIAを延長する意向がないことをはっきりと明らかにした。(略)

大統領府はただし、この問題が「同盟亀裂」の議論に広がることに困惑している。GSOMIA終了に関連して米国側と十分に対話を交わしていることを強調するのもそのためだ。6日、キム・ヒョンジョン国家安保室2次長が、デービッド・スティルウェル米国務省東アジア太平洋次官補とロバート・エイブラムス韓米連合軍司令官に会った時にも、予定より長い70分余りの間意見を交わし、政府の立場を十分に伝達したというのが大統領府の説明だ。当時大統領府は、「両国間の同盟の懸案について、具体的かつ建設的で未来志向的な協議を
行った」と明らかにしている。 

大統領府は、米国務省関係者がGSOMIAの話を継続するのには、別の狙いがあると見ている。韓国政府の防衛費分担金を高めるための交渉のテコとして、GSOMIA問題を活用しているということだ。大統領府の高位関係者は、「今回の訪韓の期間中、私たちが分担しなければならない防衛費の規模を明示的に話さなかった。しかし、訪韓の主な目的が防衛費を上げることにあったのは明らかだ」と述べた。

no title

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/34953.html
続きを読む