0 【PR】支那人はお金のために何でもするというのは本当?

支那には、

妻を借りると書いて、

借妻(しゃくさい)

という言葉があります。

お金の貸し借りであれば、

借金ですが、、、

これは妻の貸し借り。

自分の妻をいくらかのお金で

1年間や半年間、他人に貸し与えることです。

逆に出稼ぎに行った夫の留守中に、

妻が臨時の居候を住まわせることもあり、、、

日本であれば、こんなことを

出稼ぎに行った夫が知れば、離婚もの。

ですが、支那では

全く違った結果になります。

日本人には想像もつかない、

目先の利益を一番に考える、

支那人の金銭欲、、、

戦前の日本人には分かっていて、

今の日本人が知らない支那人の正体。

詳しくは

「裏から見た支那人 復刻版」

の、84ページ目で解説しています



この書籍では・・・

中国は東アジアのガンだ!

85年前の日本人が見抜いた正体

美化された歴史の裏側

日本人は理解できない

歴史記述の目的

三国志に憧れてはいけないワケ

中国人は孔子が大嫌い?

ホントは存在しない

仁義の道

などなど……

戦後アメリカ政府により禁書となり、80年間も封印されていた

「裏から見た支那人」では

戦前の日本が中国に対してあげた功績や、

当時の日本人は中国人に対してどう向き合っていたのか、

など今の日本人が知らない

歴史の真実が書き記されています。

これらを知ることで、

私達が受けてきた戦後教育がいかに歪められたものだったのか

はっきりと分かります。

この本を読み終わった頃には、

アメリカがどのような意図で、

何を戦後の日本人から隠そうとしたのか、

その思惑も見えてきます。

日本の先人たちの尊厳を守るためにも、

中国人の本質を見抜き、

中国人との付き合い方を間違えないためにも、

ぜひ多くの人に手に取ってもらいたい新刊書籍です。

戦前の日本人による、実際の体験に基づく意見に触れることで、、

戦後に作られた、戦勝国に都合の良い歴史認識から抜け出し、

ありのままの、実際に存在した過去の景色を眺めることができる。

そんな、刺激的でエキサイティングな体験を、

ぜひこの一冊で味わってみてください。

「裏から見た支那人 復刻版」

まずは「目次を見る」をクリックして

詳細をご確認ください。

続きは次のページをご覧ください。

このページへチップを贈る

新着記事

「PR」カテゴリの最新記事

コメントランキング