0 【PR】『春を想ふころ』〜携帯電話もない昭和時代の物語〜
――日本人が忘れてしまった、日本人らしさって何だったろう――

40代以上の方に是非読んで頂きたい青春小説です


『恋にもぞ 人は死にする水無瀬川 下ゆ我痩す 月に日に日に』――恋のためにだって人は死んでしまう。目には見えぬ、秘めたる想いで私は痩せてゆく。日毎に、月毎に――万葉集の一句です。千年以上も前から、恋する人は皆似たような感覚を抱いていたようですな(六十七より)


『春を想ふころ』雨宮 去所 著(Kindle版/810ページ/¥358税込)

https://amzn.to/39nbaIU
※Kindle(電子書籍)でご覧頂けます。読み方は最下部をご覧ください。


no title


Kindle本の読み方(パソコンでもスマホでもOK!とっても簡単!)

1,「Kindle」アプリを以下より無料ダウンロード、インストールしてください

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/fd/kcp

2, Amazonで「春を想ふころ」をお買い求めください

https://amzn.to/39nbaIU

3,「Kindle」アプリにAmazonアカウントでログインするだけでお読みいただけます

春を想ふころ
雨宮 去所
2021-01-02

このページへチップを贈る

新着記事

「PR」カテゴリの最新記事

RTランキング