359 沖縄のデニー知事「ジュゴンが死んだのに政府が辺野古工事を中止しないので訴えました」
1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [GB] 2019/03/23(土) 08:02:25.46 ID:zUAZmlMm0
沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄県は22日、埋め立て承認撤回の効力を停止した国土交通相の決定を違法とし、取り消しを求め福岡高裁那覇支部に提訴した。辺野古を巡る県と国の裁判は6度目で玉城デニー知事の就任後、初めて。

玉城知事は19日に会談した安倍晋三首相に工事の中止を求め、政府の対応を見極め提訴を判断するとしていた。国が25日に新たな区域への土砂投入を県に連絡したことを受け、提訴した。ハワイに出張中の玉城知事はコメントを発表し、首相に辺野古反対の意志思が示された県民投票や県民大会、ジュゴンの死骸発見などを踏まえ工事中止と県との集中協議を求めていたとし「対話での解決を求めていたが政府の対応は極めて遺憾で、提訴を判断した」と新基地阻止の考えを強調した。

no title

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/399798
続きを読む
411 【大阪都構想】大阪市長選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”
1: ばーど ★ 2019/03/21(木) 14:13:50.44 ID:QkPcGeQJ9
4月7日に行われる「大阪ダブル選挙」。ダブル選を仕掛けた大阪維新が真っ青になっている。もともと、松井一郎知事(55)と吉村洋文市長(43)が揃って辞職し、知事と市長の立場を入れ替えて出馬することに、「政治の私物化だ」「党利党略だ」と批判が殺到していたが、予想以上に評判が悪く、市長選に出馬する松井一郎氏の“落選”の可能性が高まっているのだ。

大阪維新に激震を走らせているのが、自民党が行ったとされる世論調査の結果だ。<松井一郎41.8、柳本顕45.5>と、自民候補の柳本顕氏(45)にリードを許しているのだ。

「自民党がリードしている理由は3つあります。1つはタマがいいこと。大阪市議だった柳本さんは、前回の市長選に出馬したこともあって一定の知名度がある。しかも、橋下徹さんとディベートしても互角でした。2つ目は、大阪維新のやり方に対する批判が予想以上に強いこと。任期を半年以上も残してなぜ、いま2人揃って辞めるのか、なぜ市長と知事で入れ替わるのか、党利党略に映っているようです。3つ目は、同じ日に行われる大阪市議選との相乗効果です。市議選の候補者が一緒に戦っているので、反維新の動きが広がっています」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

■最後は“橋下徹氏頼み”か
自民から共産まで、主要政党が“反維新”でまとまっていることも大きいという。とくに、密約をバクロされた公明党は、本気で“維新潰し”に動いている。

「大阪都構想」は住民投票で一度否定されたのに、「信を問う」などと、再び「都構想」を持ち出していることに大阪市民がウンザリしていることや、松井知事は大阪市出身ではなく、八尾市出身だということも、支持が広がらない理由だ。

早くも大阪維新の中からは、「最後は橋下さんに応援に入ってもらうしかない」「橋下さんがマイクを握れば圧勝できる」という声が上がっている。はたして橋下氏は応援に入るのか。

「やはり、橋下徹さんあっての大阪維新なのだと思います。とくに無党派層は、政策の中身というより橋下維新の改革の姿勢を支持していたように思います。でも、橋下さんは政界から距離を置いている。応援に入ることはないと思います」(政治評論家・有馬晴海氏)

松井知事が落選すれば、維新は壊滅する可能性がある。


2019/03/21 06:00  日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/250123
no title
続きを読む
245 熊本の女性市議(43)、シッター旅費を政務活動費で「若い女性議員を増やしていく環境作りのため、あえて支出した」
1: ガーディス ★ 2019/03/19(火) 08:20:03.79 ID:DMbwpU/x9
熊本市の女性市議(43)が2016、17年度に2回の出張でベビーシッターを同行させ、旅費を政務活動費(政活費)から支出していたことがわかった。支出を禁じる規定はないが、議会事務局は「議員本人以外の旅費は想定していない」と疑問視。専門家は「女性の政治参加を巡って一石を投じる問題で、今後議論が必要」としている。

熊本市議会の政活費は1人当たり年240万円が支給される。収支報告書によると、市議は17年1月、東京や埼玉で開かれた「障害者の自立と政治参加をすすめるネットワーク総会」に長女(当時3歳)と3泊4日で参加。長男を妊娠中で「議員をサポートするため」としてベビーシッターを同行させ、シッターの航空券代や宿泊費など少なくとも4万7900円を政活費から支出した。

同年12月には8か月の長男とベビーシッターを連れ、東京で開かれた「議会における『働き方改革』を進め、社会を変える会」に1泊2日で出席。シッターの航空券代と宿泊費計5万3600円を支出した。

市の政活費使途基準では「議員が研修会や講演会に参加するために要する経費」の支出が認められ、同行者に関する規定はない。議会事務局は「議員本人の政務活動に対する費用であり、同行者の旅費を支出するのは不適切」とした上で、「最後は議員の判断」と指摘したという。

全国市議会議長会によると、身体に障害のある議員の同行者に政活費支出を認める議会はあるものの、「シッターの旅費を出した例は聞いたことがない」としている。

市議は読売新聞の取材に対し、「2回とも授乳期間だったので子どもを置いていけなかった。賛否両論あると思うが、若い女性議員を増やしていく環境作りのため、あえて支出した」と説明した。熊本市議会に育休制度はなく、議員活動に関心のある大学生らにシッターを依頼して子どもの世話などをしてもらったという。

総務省によると、全地方議員に占める女性の割合(2017年末)は13%にとどまる。一方、昨年5月に「政治分野における男女共同参画推進法」が施行され、女性の政治参加を進める機運は高まっている。

昨年8月には地方議員約30人が「子育て議員連盟」を設立。在職中に2児を出産し、授乳中は遠出の視察を控えたという共同代表の永野裕子・東京都豊島区議(46)は熊本市議の支出について、「許容されていいと思うが、環境整備が必要だ」と語る。

約20年前から子連れ出勤を認めている授乳服メーカー・モーハウス(茨城県つくば市)の光畑由佳代表は「議員にしかできない仕事であれば、シッターの同行費を認めていいのでは」と理解を示す。

シッター利用料の一部を補助する企業は増えている。サントリーホールディングス(大阪市)は社員の急な出張の際にも補助。一方でシッターの同行旅費に関する規定はなく、全国保育サービス協会(東京)もシッターの旅費まで出す企業は把握していないという。

全国市民オンブズマン連絡会議(名古屋市)事務局長の新海聡弁護士は「政活費は税金で、使途が限定されるのは当然だ。子どもを同伴する働き方はあっていいと思うが、政務活動とは無関係であり、私費で出すべきだった」と話す。

no title

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190319-OYT1T50149/
続きを読む
352 【大阪知事選】辰巳琢郎擁立へ 自民、他党と連携探る
1: 孤高の旅人 ★ 2019/03/10(日) 05:06:29.18 ID:dme3xon69
大阪知事選 辰巳琢郎氏擁立へ 自民、他党と連携探る 
大阪都構想を巡って大阪維新の会の松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長が辞職し、入れ替わりで出馬する4月7日投開票の知事・市長のダブル選に、自民党が俳優の辰巳琢郎氏(60)を知事選候補として擁立する最終調整に入った。自民関係者が明らかにした。自民は、維新に対抗できる候補としてテレビ出演などでも知名度の高い辰巳氏に白羽の矢を立て、他党にも連携を呼びかける方針。

辰巳氏「光栄な話。真剣に聞く」
関係者によると、自民党本部の幹部らは8日に辰巳氏と面会して出馬を要請。政策面での意見交換も始めており、数日内にも表明する方向で詰めの協議を行っている。

松井氏や吉村氏は大阪市を廃止し、特別区に再編する大阪都構想を進めるため、「もう一度、民意を問う」として異例のダブル選に踏み切る。これに対し、自民は「選挙の私物化だ」と批判し、ダブル選を「維新に終止符を打つ選挙」と位置づける。公明や立憲民主、国民民主、共産の各党も都構想に反対し、維新の手法に反発している。

維新は党勢が低迷しているとはいえ、2017年衆院選での府内比例代表の票は自民と拮抗(きっこう)。自民は、政党色が薄く、幅広い支援を得られる著名人らを念頭に、候補者の選定作業を進めていた。市長選候補についても擁立を急いでいる。今月7日、毎日新聞の取材に応じた辰巳氏は打診を認め、「光栄な話で、真剣に聞くつもりだ」と話した。

吉村氏や松井氏は、過去2回のダブル選で、自民が国政では対決姿勢にある他党の支援・協力を受けたことを「野合・談合」と批判。辰巳氏はNHK連続テレビ小説や、頭脳派のタレントとしてクイズ番組などに多数出演しており、自民は識見、知名度ともに高い辰巳氏に期待を寄せた。政界関係者にも幅広い人脈があることから、出馬要請してきたという。

自民府連は、前回15年のダブル選でも辰巳氏に知事、市長のいずれかで出馬を打診したが、その際は番組出演との兼ね合いから実現しなかった。辰巳氏は大阪市出身で京都大卒。フジテレビ「辰巳琢郎のくいしん坊!万才」(1991~93年)や、TBS系ドラマ「浅見光彦シリーズ」に出演。娘の真理恵さんはソプラノ歌手。



毎日新聞2019年3月10日 02時53分(最終更新 3月10日 03時31分)
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190309/k00/00m/010/255000c
続きを読む
396 沖縄の辺野古県民投票に重大な不正が発覚 投票所に「反対に○」の掲示板が堂々設置されてたと問題に
1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2019/03/09(土) 12:20:55.46 ID:01tVK51T0
ボギーてどこん(再起動宣言おきなわ)@fm21wannuumui
五億四千万という県民の税金を費やした、基地反対派による、基地反対派のための住民投票でしたが、公選法が適用されないという事で反対派はやりたい放題でした。知人が投票所に行ったらこの有様だったと憤っていました。法に触れなければ何をしてもいいのかな?
no title

https://twitter.com/fm21wannuumui/status/1104169092116766720

沖縄県民投票、各所で「自由」な運動 伝統の隊列も登場
https://www.asahi.com/sp/articles/ASM2J6Q7LM2JTPOB00B.html
続きを読む
634 【兵庫】宝塚市長「土俵の女人禁制は差別。女性として人権が侵害されている」→相撲協会「そういうことを言う方が人権侵害。何で分からないのか」
1: Hikaru ★ 2019/03/08(金) 22:49:18.64 ID:RN4rao2L9
大相撲の土俵に女性が上がれない「女人禁制」について、日本相撲協会に見直しを求めている兵庫県宝塚市の中川智子市長(71)が8日、大阪市内で同協会広報部長の芝田山親方と面会した。中川市長は昨年4月、男女で区別しない対応を求め、同協会も議論するとしていたが、芝田山親方は「結論を出すのに何年かかるか分からない」と応じ、「女性を土俵に上げないのは、相撲が守り続けてきた大事な伝統だ」と強調し、物別れに終わった。

10日からエディオンアリーナ大阪で始まる大相撲春場所を前に、中川市長は約1年ぶりに会った芝田山親方に、改めて協会側の検討状況を確認。再び要望書を提出し、大相撲巡業で開催地の首長は男女を問わず同じ場所であいさつできることなどを求めた。

非公開の面会後、取材に応じた中川市長によると、日本相撲協会は昨年7月、「女性と土俵」について外部に意見を聞く手法などを検討する委員会を作った。芝田山親方は中川市長に「広く意見を聞く。一定の結論は出す」と約束した一方で、「相撲は他のスポーツとは違う。独自の伝統と文化に支えられている。この伝統は守っていくつもりだ」などと話したという。

中川市長が、兵庫県弁護士会が今月5日、大相撲の女人禁制の慣行を「女性に対する差別」とする会長声明を出したことから「女性として人権が侵害されている」と告げると、芝田山親方は立腹したという。

中川市長は「親方は『人権侵害とか憲法に抵触しているとか、話にならない。そういうことを言う方が人権侵害』と言い、『何で分からないのか』とすごく怒られた」と説明した。

中川市長は「時代が変化し、東京オリンピック、パラリンピックもある。『このままあいまいにしたくない』という思いで面会に来たが、大きな川が横たわっているという印象で、とても残念」とし、「土俵に上がれないのは、私は差別だと思っている」と述べた。

土俵の「女人禁制」を巡っては昨年4月、京都府舞鶴市の春巡業で男性市長があいさつ中に土俵で倒れ、救命しようとした女性に土俵を下りるよう促した場内放送が批判された。続く宝塚市の巡業でも、中川市長は土俵下であいさつした。

no title

神戸新聞NEXT 2019/03/08 20:44
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201903/0012129051.shtml
続きを読む
199 【沖縄】石垣市長「辺野古に反対している人が入って来て(地元の陸自配備反対派と)活動を共にするのは良くない」
1: AHRA ★ 2019/03/02(土) 10:25:42.90 ID:pnPLp7Yu9
「辺野古と石垣は別」 市長、反対派来援に不快感 陸自配備 反対派住民と対話継続
沖縄防衛局が陸上自衛隊配備に向けた用地造成工事に着手したことを受け、石垣市の中山義隆市長は1日、報道陣の取材に対し「反対している人がいる。意見も聞きながらやってほしい」と述べた。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設に反対する勢力が陸自配備反対運動の応援に入っているとの認識を示し「地元の人が混乱する。辺野古と石垣は問題が別だ。辺野古に反対している人が入って来て(地元の陸自配備反対派と)活動を共にするのは良くない」と不快感を示した。

反対派住民から、市が防衛省と住民の調整役を果たしていないと批判の声が出ていることについて「3年近く対話を模索してきた。住民の意見を防衛省に伝える作業は今後ともやっていく」と強調。住民側から面会の要請があれば応じる考えを重ねて示した。

陸自配備予定地となっている市有地の売却を今後、議会に諮る考えを示したが、時期は明言しなかった。「施設の配置はゴルフ場だった場所がメインなので、市有地はそれほど急いでいないと思う」と述べた。

反対派からは、工事がカンムリワシの生息に与える悪影響を懸念する声が上がっているが「懸念は防衛省に伝え『配慮する』と回答をもらっている」と指摘。ただ「防衛省任せにはしない」と述べ、市としても環境への影響を注視する考えを示した。

開会中の3月議会では、野党が陸自配備の賛否を問う住民投票条例案を議員発議する見通し。中山市長は「推移を見守りたい」と述べる一方「私から住民投票を提案することはない」とした。

no title

2019/3/2
http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/5635
続きを読む
431 「中国と関係拡大を目指す」沖縄のデニー知事、訪中へ
1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [ニダ] 2019/03/01(金) 08:30:31.92 ID:yMMo8tfu0
中国との関係拡大、目指す 知事、4月予定の訪中団参加の意向 
県議会(新里米吉議長)は2月28日、2月定例会の一般質問最終日を開き、宮城一郎氏(社民・社大・結)、崎山嗣幸氏(同)、比嘉瑞己氏(共産)、西銘純恵氏(同)、平良昭一氏(おきなわ)、玉城満氏(同)が質問した。

宮城氏は日本国際貿易促進協会が主催する4月の訪中団に玉城デニー知事が参加するか質問した。玉城氏は「中国政府の要人と直接、意見交換ができる基調な機会だ。今年の訪中団に参加したい」と表明した。



https://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/5621
続きを読む