566 【北方領土返還交渉】ロシア「日本領土からの米軍撤退が平和条約交渉で協議の対象になる」
1: クロ ★ 2018/12/13(木) 21:49:23.60 ID:CAP_USER9
■ロシア、在日米軍撤退要求も協議
平和条約交渉で
ロシア外務省のザハロワ情報局長は13日、1960年に旧ソ連政府が日本に対し、歯舞群島、色丹島の引き渡しの条件として、日本領土からの米軍撤退を求めた「対日覚書」が、日ロ平和条約締結交渉で協議の対象となると述べた。

米ロ関係が極端に悪化する中で、日米安保体制や在日米軍の問題を取り上げることで、交渉の進展を急ぐ日本側をけん制する狙いがあるとみられる。


[共同 2018.12.13]
https://this.kiji.is/445929350967182433
続きを読む
672 【北方領土】立憲・枝野代表「4島の主権、絶対に譲ってはいけない」「国を売るような話だ」
1: ばーど ★ 2018/11/18(日) 20:23:25.99 ID:CAP_USER9
■立憲民主党・枝野幸男代表(発言録)
(ロシアとの北方領土交渉について)大事なことは、これは国家主権の問題だ。4島が歴史的にも法的にも日本固有の領土であるという主張は、どういう取引がもちかけられても変えてはいけない基本だ。不当に占拠していても時間が経てば取引に応じて半分くらいよこすんだ、なんていう前例をつくってしまったらとんでもないことになる。国を売るような話だ。

4島の主権が我が国にあるということだけは絶対に譲ってはいけない。このことだけは厳しく言い続けながら、そのプロセスの中で2島先行ならいいが、2島ぽっきりではいけない。あくまでも4島とも主権は我が国にあるということを確認するのが、平和条約を締結する前提だ。(さいたま市での支援者集会で)

no title

2018年11月18日19時18分 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLCL5CY5LCLUTFK003.html
続きを読む
379 【日露】プーチン大統領「歯舞と色丹の2島を日本に引き渡したとしても、必ずしも日本の領土とはならない」
1: ばーど ★ 2018/11/16(金) 10:34:57.11 ID:CAP_USER9
ロシアのプーチン大統領は北方領土問題について、歯舞と色丹の2島を日本に引き渡したとしても、必ずしも日本の領土とはならないという認識を示しました。

シンガポールで15日午後に会見したプーチン大統領は、「日ソ共同宣言には日本に島を引き渡すとは書かれているが、どの国の主権になるかは書かれていない」などと述べました。

日ソ共同宣言を基礎として交渉を進めた結果、歯舞と色丹の2島を引き渡すことになったとしても、ロシアの領有権を引き続き主張する可能性を示唆した形です。


[ANN 2018.11.16]
http://news.livedoor.com/article/detail/15601245/

関連スレ
【菅官房長官】「歯舞、色丹返還なら主権は日本に」 プーチン氏は「2島の主権は交渉対象」
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542331803/
続きを読む
487 【北方領土】安倍首相「2島先行返還」を軸に日露交渉へ。4島一括から方針を転換
1: 記憶たどり。 ★ 2018/11/15(木) 15:28:15.37 ID:CAP_USER9
安倍晋三首相は14日、訪問先のシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意した。

56年宣言は平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島の2島を引き渡すと明記している。日本政府は従来、国後(くなしり)、択捉(えとろふ)の2島も含めた北方四島の一括返還を求めていたが、首相は今後の交渉で2島の先行返還を軸に進める方針に転換した。

日本と旧ソ連が国交を回復した56年宣言は、平和条約締結後に歯舞、色丹の2島を引き渡すと明記。2001年のイルクーツク声明ではこの宣言を交渉の出発点とした上で、4島の帰属の問題を解決し、平和条約を締結することを確認した。

今回の合意も56年宣言を基礎としたが、首相は「4島の帰属」については記者団に言及しなかった。安倍政権幹部も14日夜、「国後、択捉の2島にはあれだけ人が住んでいるんだから、ロシアが返還するわけはないだろう」と述べた。政権としては4島の返還を求める姿勢は堅持しつつも、歯舞、色丹2島を優先することを軸に進める方針に転換した形だ。

首相は会談後、記者団に対し、「戦後70年以上残されてきた課題を次の世代に先送りすることなく、私とプーチン大統領の手で必ずや終止符を打つという強い意志を大統領と完全に共有した」と語った。 (略

首脳会談は通算23回目。プーチン氏が9月に前提条件なしで平和条約を締結しようと提案してから初めてで、約1時間半にわたった。日本側の説明によると、全体会合が約45分、その後、通訳を交えて約40分話した。首相は記者団に「通訳以外、私と大統領だけで平和条約締結問題について相当突っ込んだ議論を行った」と説明。年明けにも首相がロシアを訪問し、プーチン氏と会談を行うことでも一致した。
(以下略


全文は以下リンク先へ
[朝日 2018.11.15]
https://www.asahi.com/articles/ASLCG74Z7LCGUTFK01M.html

関連スレ
【北方領土】引き渡した場合“米軍基地置かず” プーチン氏が公式文書で「日米合意」するよう要求 日本にとって高いハードル★4
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542214321/
続きを読む
437 【日ロ】プーチンからの提案は「釣り」ロシア有数の元・知日派外交官が見解「プーチンは日本側の回答に何も期待していない」
1: すらいむ ★ 2018/09/13(木) 11:17:41.31 ID:CAP_USER9
ロシア、日本の領土主張「全く受け入れる気なし」
提案は「釣り」
ロシア有数の知日派外交官だったゲオルギー・クナーゼ元外務次官は13日までに、ロシアのラジオ局「モスクワのこだま」のインタビューに答え、プーチン大統領が「前提条件なしに平和条約を締結する」よう日本に提案したことについて「(政治的)釣りとも呼べるもの」だが、実際は「プーチン氏は(日本側の回答に)何も期待していない」との見解を明らかにした。

クナーゼ氏はまた、プーチン氏の提案を受け入れ、前提条件なしで平和条約を結ぶことは安倍晋三首相にとり「政治的自殺ともなる」として、首相が受け入れることはあり得ないとの考えも示した。

クナーゼ氏によると、ロシア側は後で領土問題を議論すると約束することと引き換えに、日本に平和条約を結ぶよう促すことを狙ったものの、「何の結果も生み出さない」と断言。

プーチン氏の提案は日本にとり「日本が70年間続けた(領土問題解決後に平和条約を締結するとの)主張を、ロシアが全く受け入れる考えがないことを如実に示している」とも述べた。


詳細は以下リンク先へ
[共同 2018.9.13]
https://this.kiji.is/412790601292219489
続きを読む
626 【外交】プーチン大統領「北方領土問題の速やかな解決の可能性は低い。考えが甘い」
1: 記憶たどり。 ★ 2018/09/11(火) 09:36:48.42 ID:CAP_USER9
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は10日、極東のクリール諸島(北方領土を含む千島列島)における日本との領有権問題が速やかに解決する可能性は低いとの見解を示した。より楽観的な見通しを示していた日本側に冷水を浴びせるような形となった。プーチン氏はロシア極東のウラジオストクで開催の「東方経済フォーラム」に出席するためロシアを訪問した安倍晋三首相と会談。会談後に「この問題は何十年にもわたって協議されてきており、速やかに解決されると考えるのは
ナイーブ(訳注 世間知らずの、考えが甘い、といった意味)というものだ」と語った。

プーチン氏は「だがわれわれはロシアと日本の両国にとってうまくいき、両国民に受け入れられるような解決策を模索する用意がある」と説明。協議を通じて日ロ関係に「新たな弾み」がつくことは間違いないとの見通しを明らかにした。

またプーチン氏は、日ロ政府は千島列島の南端に位置する北方領土4島での協力・経済関係で進展を見せたとも述べた。共同通信によると安倍氏は会談後の記者会見で、北方領土問題の解決に向けプーチン氏と最大限の努力を継続するとした上で、北方四島における共同経済活動の「ロードマップ(行程表)」を日ロ首脳が承認したと述べた。

ロシア軍は11日から東シベリアで中国の兵士も含め約30万人が参加する大規模な軍事演習を実施する。ロシア政府は北方領土では演習を行わないとしているが、共同通信が野上浩太郎内閣官房副長官の話として報じたところによると、安倍首相はプーチン大統領に日本は同演習を注視していると伝えた。

安倍首相は、プーチン大統領が来年訪日することを両首脳が確認したことも明らかにした。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000005-jij_afp-int
続きを読む
636 ロシア、北方領土特措法に反発「北方領土を『日本固有の領土』とするこじつけ。四島のロシア帰属は第二次大戦の結果で疑う余地なし」
1: 記憶たどり。 ★ 2018/07/20(金) 10:32:41.29 ID:CAP_USER9
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072000259

ロシア外務省は19日、改正北方領土問題等解決促進特別措置法が18日の参院本会議で可決、 成立したことを受けて声明を出し、北方四島における日ロの共同経済活動の実現に向けた「深刻な障害」になると反発した。
 
声明は、法改正が「南クリール諸島(北方領土)を『日本固有の領土』などとするこじつけと直接結び付いている」と主張。四島のロシア帰属は「第2次大戦の結果で、疑う余地がない」と従来の見解を繰り返した。

no title
続きを読む
627 【北方領土】安倍首相「日本の領土だから返せでは実現しない。日露が共有できる4島の未来像を描くことからスタートすべき」
1: 動物園 ★ 2016/12/20(火) 17:38:20.08 ID:CAP_USER9
安倍首相講演(3)「『日本の領土だから返せ』では実現しない」
「生きているうちに故郷に戻りたい」「島で朝を迎えたい」「いつでも墓参をしたい」「自由に島に行きたい」-。こうした元島民の皆さんの切実な思いをかなえなければならない。その皆さんが相当高齢になる中で、これは特に急がなければなりません。

今回の首脳会談では人道上の理由に立脚して元島民の皆さんが自由に墓参りをし、かつての故郷を訪れることができるよう、ありうべき案を迅速に検討することで合意しました。


領土問題について当然ながら私はこれまでの日本の立場の正しさを確信しています。他方、ロシアにもロシアの立場があり、プーチン大統領はそれが正しいと確信している。しかし、互いにそれぞれの正義をただ主張し続けても、この問題を解決することはできません。

これまで70年以上にわたって歴史的な経緯や国際法の解釈などの応酬を続けてきた結果が現在であります。もちろん過去こうした主張をぶつけたことは決してむだではなかった。しかし過去にとらわれるのではなく日本とロシアが共有できる4島の未来像を描くことからスタートしなければならない。(中略)


日本人とロシア人が島々でともに暮らし、ともに働く。その中で相互の理解と信頼が深まっていけば、北方4島を対立の島ではなく共存の島とすることができます。私のこの提案に対しプーチン大統領も強い賛意を示してくれた結果、今回の合意になりました。

現在4島であわせて1万7千人のロシア人が生活しています。もしその人たちが日本への領土返還に絶対反対だと声を上げたらプーチン大統領は果たして平和条約を締結できるでしょうか。

政治も外交もリアリズムが最も大切です。ただ、「4島は日本の領土なんだから返せ」と言っているだけで実現するのならそんな簡単なことはありません。70年以上のときが流れたにもかかわらず現状は何も変わっていない。1ミリたりとも変わってはいないんです。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000543-san-pol
続きを読む
274 安倍首相「ロシアとの経済協力、ウィンウィンの経済協力ですから。お互いウィンウィンになる姿が信頼関係の醸成に役立つ」
1: 動物園 ★ 2016/12/19(月) 22:34:05.34 ID:CAP_USER9
■首脳会談の成果“一番大事なことは平和条約締結”

Q.まさに今回の首脳会談でその一歩を踏み出したと思う。私どもが聞いていたら、プーチン大統領が考えている信頼醸成の中に、島民のコミュニケーションそして経済協力といったものだけでなく、例えばウクライナ制裁を解除してほしいとかあるいは安全保障面での協力、いろんなことが信頼関係の醸成には入っているように見えるが。

--平和条約締結に向けて、例えば私とプーチン大統領の95分の会談の中において、この制裁を解除することが条件だというような話は一切それはありませんでした。中身についてつまびらかに申し上げることは本来控えなければいけませんが、そのことは申し上げておきたいと思います。

プーチン大統領ですね、プーチン大統領も記者会見の中で自分は経済協力だけ進めて平和条約を後回しにしようなんてことは考えていない、これははっきり言いましたね。一番大事なことは平和条約であるということもはっきり言った。これは初めてのことです。ここにもっと注目をしていただきたいと思いますが、この発言、これは95分にわたった首脳会談の成果でもあると思います。

この首脳会談を行うことによってですね、我々は今までの猜疑(さいぎ)心を捨て合おうということでは完全に一致できている、できたと思います。その上においてですね、お互いに必ず約束を果たしていくから信頼醸成のためにそれぞれができることをやっていこうじゃないかと、未来志向で。

この経済協力についてもですね、ウィンウィンの経済協力ですから、日本が何か援助をすると、“経済援助”って間違った言葉を使った野党指導者がいましたけども、それはODAを元G8の国にするはずがないんですから。日本の企業が日本の企業の利益になるということの中において協力をしていくということですから、お互いウィンウィン、ウィンウィンになっていくという姿がですね、信頼関係の醸成にも当然役立ってきますし、お互いが協力してお互いが豊かになっていくなということを実感する、島民のみなさんも実感することによってですね、より解決策を見いだしやすくなっていくと思います。

no title

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161219-00000067-nnn-pol
続きを読む