550 【映画】「空母いぶき」公式サイトが舞台挨拶出演者を発表 佐藤浩市は出演せず
1: muffin ★ 2019/05/14(火) 11:59:55.59 ID:/L2FcmOe9
5月24日公開の映画「空母いぶき」の公式サイトが13日に更新され、舞台挨拶上映会の詳細を発表した。
no title

「『空母いぶき』公開記念舞台挨拶決定!」のタイトルで更新。東京、大阪、名古屋を会場に計9回行われる予定で、主演を務める西島秀俊(48)、佐々木蔵之介(51)、そのほか若松節朗監督らが登壇するが、その中に佐藤浩市(58)の名前は無かった。佐藤は先月22日、都内で行われた同映画の完成披露試写会の取材会には出席していた。

佐藤は10日発売の漫画誌「ビッグコミック」で同映画内で演じた首相役について「最初は絶対やりたくないと思いました(笑い)。体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代にある」と発言。首相像を「ストレスに弱く、すぐにおなかを下す設定にしてもらった」と明かしていた。

これに対してネット上では「病人への思いやりがない」などの声が上がった。また、安倍晋三首相に「潰瘍性大腸炎」の持病があることから「首相を揶揄(やゆ)している」との指摘も相次いだ。

no title

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/14/kiji/20190514s00041000148000c.html
続きを読む
708 佐藤浩市、ネット上の批判については触れず「リムジンにやっと乗ることができて幸せ」
1: ひかり ★ 2019/05/13(月) 18:26:46.33 ID:SoopfQBk9
販売中の漫画誌「ビッグコミック」でのインタビュー内容をめぐり、インターネット上で批判されている俳優の佐藤浩市(58)が13日夜、東京都新宿区内で行われた映画「ザ・ファブル」(6月21日公開)の完成披露試写会に出席した。

主演の岡田准一(38)らと新宿駅前付近のモア4番街に敷かれたレッドカーペットに登場。ストレッチのリムジンで共演者らと乗り付けた後、ゆっくりと歩きながら、沿道の招待客に笑顔を向けた。主演の岡田に「殺し屋」の極意を仕込む役。「ボス役の僕がバブル期によく見かけたリムジンにやっと乗ることができて幸せでした」と話し、ネット上の批判については触れなかった。

批判を受けたインタビューは、別の映画「空母いぶき」(24日公開)で演じた首相役について。「ストレスに弱くて、すぐにおなかを下してしまう設定にしてもらった」との発言に対して、ネット上で「病人への思いやりがない」などの声が上がった。また、安倍晋三首相に「潰瘍性大腸炎」の持病があることから「首相を揶揄(やゆ)している」との指摘も相次いだ。



スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000210-spnannex-ent
続きを読む
248 【令和】タモリの新元号特番コメントに反響「西暦は本のページ。元号は日本だけの『章』」
1: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2019/05/02(木) 21:26:53.93 ID:dw2GC+m/0
タモリの新元号特番コメントに反響「西暦は本のページ。元号は日本だけの『章』」
▼記事によると…

・フジテレビが4月30日に元号またぎで放送した特番「FNN報道スペシャル 平成の“大晦日(みそか)”令和につなぐテレビ」で総合司会を務めたタモリ(73)のコメントが注目を集めている。

・コメントを求められたタモリは「西暦というものが、ずっと(続く)本のページ数だとすれば、元号というのは日本だけが持っている『章』。その章があるから(時代の)切り替えができますよね」と自身の考えを述べた。

・ネット上ではタモリの発言が注目を浴び、「元号についての捉え方、タモリさんの話がとってもわかりやすい」「この考え方いいな」などの声があった。

no title

https://snjpn.net/archives/128149
続きを読む