195 【天国】日本の不法入国者収容所、快適空間だったwwwwwwwwwww 冷暖房、公衆電話、自販機、シャワー、洗濯機、乾燥機、診療室、屋外運動場、卓球台、一日3食付き

日本


アメリカ

出入国在留管理庁

収容施設について(収容施設の処遇)
収容令書又は退去強制令書により入国者収容所や地方入管局の収容場に収容されている外国人(以下「被収容者」といいます。)は,保安上支障がない範囲内において,できる限りの自由が与えられ,その属する国の風俗習慣,生活様式を尊重されています。 これから入国者収容所の一例をもって被収容者の処遇を紹介します。

収容施設の構造及び設備は,通風,採光を十分に配慮しており,冷暖房が完備されています。


被収容者は,定められた時間内,居室以外の収容エリア内で自由に入浴,洗濯,運動等ができるほか,多目的ホールに設置された公衆電話で外部の者と話すこともできます。

公衆電話(国際電話も可能)


自動販売機(テレカ・飲料水)


シャワー室


医師及び看護師が常駐し,被収容者の診療に当たっており,必要に応じて外部の病院に通院,入院させる等被収容者の健康管理に万全の対策が講じられています。 また,被収容者の心情安定を図るため,臨床心理士によるカウンセリングを実施しています。

洗濯室(乾燥機も設置しています)


診療室


レントゲン室


悪天候以外,屋外での運動が可能です。また,各収容エリア内の多目的ホールには,卓球台等が設置され軽運動や談話などができるようになっています。

屋外運動場


多目的ホール


収容所内の厨房施設において被収容者の食事が用意されます。 栄養士による栄養バランスのとれた献立により調理され,特に被収容者が属する国の食習慣,宗教上の戒律等に留意した特別食や病人等に配慮したものとなっています。



http://www.moj.go.jp/isa/applications/guide/tetuduki_taikyo_shisetsu.html
続きを読む
77 【東日本大震災】スペイン大使館職員が黙祷 ジョージア大使が教会で鐘を鳴らしお祈り 各国大使館によるツイート #あれから10年
続きを読む
40 【ひな祭り】動物たちによる可愛い雛祭り



雛祭り(ひなまつり)は、日本において、女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事。 ひな人形(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)に桜や橘、桃の花など木々の飾り、雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などの飲食を楽しむ節句祭りである。

江戸時代までは、和暦(太陰太陽暦)の3月の節句(上巳、桃の節句)である3月3日(現在の4月頃)に行われていた。明治の改暦以後はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なうことが一般的になった。一部の地域では、引き続きに旧暦3月3日に祝うか、新暦4月3日に祝う(東北・北陸など積雪・寒冷地に多い)。 旧暦の3月3日は、桃の花が咲く時期であるため「桃の節句」と呼ばれることが多い。現代の雛祭りは新暦3月3日に室内で行うことが一般的であるが、かつて農村部などでは暖かく春らしくなった旧暦3月3日に子供が野遊びに出掛けて「草花びな」を作ったり、弁当や野外料理を食べたりする風習が一部にあり、現代でも伝承している地域がある[1]。

「雛祭り」はいつ頃から始まったのか歴史的には判然とせず、その起源説は複数ある。平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていたとする記録がある。その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられている。初めは儀式ではなく遊びであり、雛祭りが「ひなあそび」とも呼ばれるのはそのためである。一方、平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、「上巳の節句(穢れ払い)」として雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になった。当時の乳幼児死亡率は現代とは比較にならないほど高く、赤ん坊のうちに亡くなることは珍しくはなかった。親としては必死の思いでこの成長を見守り、枕元には形代を置き、厄除けとした。そして、1年の災いを、春のひな流しで祓う。これが、ひな祭りの起源である。[2]

江戸時代になり女子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」が結びつき、全国に広まり、雛人形が飾られるようになった。3月の節句の祓に雛祭りを行うようになったのは、安土桃山時代の天正年間以降のことだと推測されている。 江戸時代に入り、製作技術の発展によってさまざまな人形が作られるようになった。すると女の子の間では人形遊びが大流行するようになった。この影響もあり、雛人形は豪華で立派になっていった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%9B%E7%A5%AD%E3%82%8A
続きを読む