392 英通信大手BT、ファーウェイを5Gはおろか3G、4Gからも排除 ニュージーランドと豪もファーウェイ5Gを排除
1: (^ェ^) ★ 2018/12/06(木) 18:05:44.78 ID:CAP_USER9
 英通信大手BT(BT.L)は5日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の製品を既存の第3世代(3G)と第4世代(4G)の基幹ネットワーク部分から排除し、第5世代(5G)のネットワークの主要部品としても使用しないと表明した。

ニュージーランドとオーストラリアは、通信インフラに中国政府が関わる恐れがあるとの懸念から、5Gネットワークの構築に際してはファーウェイを排除することを決定。

no title

https://jp.reuters.com/article/bt-group-huawei-tech-idJPKBN1O42V1

ネットの反応
名無し
ジャパネットたかたはヤフモバとタッグを組んで老害にどんどん売ってるんだけどどうすんの?
名無し
一方、日本はキャリアの基地局がファーウェイだらけになっていた…
名無し
日本くらいだろスパイ機器堂々と販売してるの
名無し
docomoは何でこんな企業の製品CM流してるの?忖度?
名無し
日本はほんとダメな国だな
名無し
一方我が国は…
ソフトバンク逝った~
名無し
機密情報収集に長けたイギリスの判断なんだからそうなんだろう
名無し
まあそう思うよね
名無し
端末はともかくインフラ部分からは排除してほしいね
名無し
端末はともかくって、お前Huawei端末ユーザーだな
名無し
端末は防ぎようがないじゃん
使ってるのはiPhone8だよ
名無し
個人端末についてもバックドアの恐れがあり、使用者だけの被害ならどうでもいいが、迷惑メールやウイルスを他者に拡散させてしまう可能性を考慮したら使えない
名無し
英米ではこれだけ問題になってるのに日本ときたら…
名無し
まぁ平和ボケしてるやつにはわからんが
そりゃ危険だからな
名無し
早く日本もやれよ
キャリアとか染まりすぎだわ
名無し
欧米を見習えwww


https://anonymous-post.mobi/archives/1106
続きを読む
461 【速報】「私は安田純平です。日本のジャーナリストです」 安田さんの映像公開
1: 豆次郎 ★ 2018/10/24(水) 18:44:05.70 ID:CAP_USER9
解放された安田純平さんの映像公開
安田純平さんが保護されている入管施設があるトルコのハタイ県は日本時間の午後6時すぎ、会見を開き、入管施設での安田さんの映像と写真を公開しました。動画は保護された施設で撮影されたものだということです。
no title

2018年10月24日 18時42分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181024/k10011684301000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001
続きを読む
305 【バチカン】ローマ法王、訪朝を快諾したわけではなく「都合がつけば行く」と答えただけだった
1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2018/10/20(土) 09:16:01.93 ID:d9zt0Lwe0
ローマ法王、訪朝を快諾したわけではなく「都合がつけば行く」と答えただけだった
韓国大統領府と与党は19日、ローマ法王の訪朝を既成事実化する発言を相次いでした。しかし、ローマ法王フランシスコは文在寅(ムン・ジェイン)大統領が伝えた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「平壌招待」提案に、 英語で「available」(可能な、時間の都合が付く)という意味に当たる原則的な回答をしていたことが分かった。この表現をめぐり、「事実上、訪朝を承諾したもの」と解釈した大統領府の説明は、実際の法王の意向とは違いがあるのではないかとの指摘も出ている。
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000431-chosun-kr
続きを読む
516 【パヨク憤死】 国連総会の会合に赤ちゃん同行のニュージーランド首相夫妻に世界中から非難の声が殺到
1: 名無しさん@涙目です。(鹿児島県) [ニダ] 2018/09/28(金) 20:00:28.87 ID:M2QxI9dE0
ニュージーランドのアーダーン首相が今月24日、国連総会の関連会合に生後3ヵ月の長女ニーブちゃん、そしてパートナーのゲイフォードさんと共に出席されました。国連に乳幼児を連れてきた初のケースになりますが、国連はニーブちゃんにも入場を認める身分証を発行し、歓迎しました。ニーブちゃんの世話をするために同行していたゲイフォードさんは、ツイッターに「身分証」の写真を投稿。

メッセージには、「昨日国連の会議室でおむつを替えていた時に、日本の代表団が入ってきたんだ。その時の彼らの仰天した顔を写真に撮れていたら良かったのに」という一文が含まれ、そちらも話題になっています。世界中のメディアがこの話題を好意的に取り上げていますが、関連投稿には、NZの人々を含め、世界中の読者から厳しい声が続出しています。


・会議室でオムツを替えるとか、無礼にもほどがある!!
・国連の会議室でそんなことをするなんて、ニュージーランドの代表にふさわしいお方ですね…。
・簡素なホテルでしか寝泊り出来ない人が増えてるって言うのに…。来年に社会保障制度が変わったら
もっとホームレスの人が増えるよ。
・会議室でオムツを替えてたんだ。日本人が驚くのも当然だろ。専用のスペースかトイレでするべきだったのでは?
日本だけじゃなくてニュージーランドでも同じ反応になるさ。眉をひそめられるし、受け入れてはもらえない行為だよ。
・一応、国連は世界で最も重要な場所で、保育所ではないんだ。僕たちは国の発展を願ってあなたを選んだ。
考えを改めて、仕事を適切に行ってほしい。
・目立ちたがりな首相ね! 医学会議に看護師や医者が子供を連れていってもいいの?
これが許されるならそうなるよね。
・自分が目立つために赤ちゃんを利用した。そう思われても仕方がないと思うけど…。
・嬉々として報道してるNZメディアのレベルが知れますなぁ。


http://www.facebook.com/1NEWSNZ/posts/10155729332411218
http://www.facebook.com/cnninternational/posts/10156723214709641
続きを読む
411 【ナウル】バロン・ワガ大統領、「傲慢」な中国に謝罪要求 国際会議での態度を批判「頭がおかしいのではないか」
1: 荒波φ ★ 2018/09/07(金) 09:26:18.40 ID:CAP_USER
南太平洋の島国ナウルのバロン・ワガ大統領は5日夜、南太平洋地域の独立国・自治政府が加盟する「太平洋諸島フォーラム(PIF)」の年次首脳会議での中国特使の態度が常軌を逸していたとして、中国政府に謝罪を求めるとともに、中国が同地域で「傲慢」に存在感を強調していると強く非難した。

ワガ大統領は記者会見で、「中国はわれわれ(PIF加盟国・地域)の友人ではない。中国は、自らの目的のためわれわれを必要としているだけだ」と述べ、「申し訳ないが、この問題については強い態度で臨まなければならない。なぜなら、誰もここ(南太平洋)へ来て、われわれに指図するべきではないからだ」と続けた。

今年のPIF首脳会議は、6日の閉幕を前に、49年の歴史で最も紛糾する年次会議の一つとなっている。主催国ナウルは中国ではなく台湾と外交関係を結んでおり、首脳会議の開幕前にもビザ(査証)発給をめぐって中国政府の反発を招いた。

さらに4日、中国代表団の杜起文団長が会議の席上で気候変動について演説しようとしたところ、議長を務めるワガ大統領がこれを制止。PIF加盟国・地域代表の演説が終わるまで発言を認めないとしたため、中国代表団は退席して抗議した。報道によると、杜氏は退席する際、会場内を歩き回って不満をあらわにしたという。

5日夜の記者会見でワガ大統領は、杜氏の振る舞いについて「中国国家主席の前でもあんな態度をとるだろうか?」と疑問視した上で、「太平洋諸国やPIF加盟国、他の参加国の首脳・閣僚たちを見下したのだ。全く冗談じゃない」と批判。「杜氏は閣僚ですらないのに、自己主張してツバルの首相より先に発言しようとした。頭がおかしいのではないか」とこき下ろした。

ナウルは人口1万1000人、面積21平方キロの小国だが、ワガ大統領は今回の一件について「中国に謝罪を要求するだけでなく、国連(UN)でも問題にする」と主張。「国連をはじめとするあらゆる国際会議で、この問題について言及していく」と述べている。

中国はPIF加盟国ではなく、「対話パートナー」18か国・地域の一つとして首脳会議に参加している。



[AFP 2018.9.6]
http://www.afpbb.com/articles/-/3188654?cx_position=
続きを読む
737 「許して欲しい」太平洋の島国、中国に債務の帳消し訴える
1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/08/15(水) 18:25:29.87 ID:hvQxmUL/0
南太平洋の島国トンガのポヒバ首相が、中国に対し、太平洋の島国が負う債務を帳消しにしてほしいと求めている。中国はここ数年、援助という形で太平洋の国々に膨大な額の借款を提供し続けてきた。オーストラリアのシンクタンクの推計では、トンガだけで総額1億ドル(約110億円)が貸し付けられている。

ポヒバ首相は、同じ南太平洋の島国サモアの14日付の新聞サモア・オブザーバーに掲載されたインタビューで、9月にナウルで開かれる太平洋諸島フォーラム(PIF)首脳会議で「中国の債務問題を話し合う必要がある」と主張。「許してほしいと中国に頼む文書にPIF全加盟国が署名すべきだ」と訴えた。



https://www.jiji.com/jc/article?k=2018081500911&g=int
続きを読む
470 【メキシコ】7月1日の大統領選に向け、候補者ら100人以上殺害
1: ニライカナイφ ★ 2018/06/28(木) 01:24:32.08 ID:CAP_USER9
◆メキシコ、7月1日の同日選に向け候補者ら100人以上殺害
メキシコでは7月1日の大統領選にあわせて連邦の上下両院、州知事、州議会などの選挙も実施される。今回の大型の同日選で計3400以上の公職に就く政治家が選ばれる。各地で選挙戦が終盤を迎えるなか、候補者らが殺害される事件も相次ぐ。地元メディアによると死者はすでに100人を超えている。

※続きは非公開の有料記事のため、公開された無料記事のみ引用しました。


日本経済新聞 2018年6月27日 16:51
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3229975027062018FF1000?s=1
続きを読む
318 【ニュージーランド】野生ウサギの駆除に感染症を引き起こしてウサギを死なせるウイルスを散布
1: どきどき共和国 ★ 2018/04/02(月) 08:42:30.71 ID:CAP_USER9
野生ウサギの駆除に感染症ウイルスを散布 ニュージーランド当局 
ニュージーランド当局は、殖えすぎた野生のウサギを駆除するため、感染症を引き起こしてウサギを死なせるウイルスの散布を始めた。第1次産業省によると、野生のウサギによる被害額は毎年平均5千万ニュージーランドドル(約38億5千万円)で、駆除に約2500万ニュージーランドドルかかっている。当局者は、狩猟や毒入りの餌による駆除では対応できないとしている。このため、効き目が早く、発熱やけいれんを引き起こして感染から2~4日以内にウサギを死なせるウイルスを輸入した。

ニュージーランド農業者連盟は「非常にほっとしている」とコメントしているが、動物保護団体からは「ペットのウサギに感染する恐れもある」との指摘も出ている。第1次産業省は、ペットのウサギはワクチンを接種すれば死ぬことはないと理解を求めている。
no title

産経ニュース 2018.4.1 21:19 
http://www.sankei.com/smp/world/news/180401/wor1804010021-s1.html
続きを読む
172 【鉄底海峡】ガダルカナル沖の海底に「比叡」か…隆起物発見
1: プティフランスパン ★ 2018/01/29(月) 20:54:38.85 ID:CAP_USER9
ガダルカナル沖の海底に「比叡」か…隆起物発見

(写真:読売新聞)
no title

太平洋戦争の激戦地・ガダルカナル島沖で沈んだ戦艦「比叡」を海上からソナーで捜索していた東京都内のNPOが、同島沖の海底で、隆起物を発見した。専門家は「周囲の地形とは明らかに異なり、艦船の可能性がある」と指摘しており、同NPOは今後、水中探査機を投入してさらに調べたい考えだ。

日米両軍が激突した同島周辺海域は、多数の艦艇が沈んだことから「鉄底海峡」と呼ばれている。比叡は1942年11月の「第3次ソロモン海戦」で、米巡洋艦などとの砲撃戦で大破し、漂流した後に海中に没したため、詳細な沈没地点は今も謎という。

捜索しているのは、都内で水中探査会社を経営する池田克彦さん(71)らでつくるNPO「アジア太平洋英霊顕彰会」。同NPOは、比叡が最後に確認された海域や潮の流れなどから、沈没地点を同島北方約10キロの周辺海域と推定。昨年11月13~24日、ボートに取り付けたソナーで海底を探索した。


1/29(月) 18:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00050063-yom-soci

比叡 (ひえい)は、大日本帝国海軍(以下日本海軍)の巡洋戦艦、戦艦、練習戦艦。
no title

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E5%8F%A1_(%E6%88%A6%E8%89%A6)

第3次ソロモン海戦
第三次ソロモン海戦(だいさんじソロモンかいせん)は、1942年11月12日 – 15日にソロモン海で行われた日本海軍とアメリカ海軍との間で行われた海戦のこと。アメリカ軍の勝利により日本軍増援部隊は阻止され、ガダルカナルの戦いはアメリカ軍優勢となった。アメリカの軍史家のイヴァン・ミュージカントは第三次ソロモン海戦を「ミッドウェイ海戦、エル・アラメインの戦い、スターリングラード攻防戦」と同じく第二次世界大戦の転換点であると位置づけている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E6%AC%A1%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3%E6%B5%B7%E6%88%A6
続きを読む