0 【PR】「保守イベント広報」 令和2年 2月講演会・イベント情報
【2月11日:イベント:東京】皇紀2680年 第36回 紀元節奉祝式典
no title

皇紀2680年 第36回 紀元節奉祝式典   
紀元の佳節たる2月11日、神武天皇肇国の古を偲び、第36回「紀元節奉祝式典」を開催いたします。 今回は国士舘大学特任教授で日本大学名誉教授の百地章氏を講師と迎へ尊台のご参列を仰ぎ、共に敬神尊皇の誠を捧げ祖国再建の誓ひを新たに致したく、ここに謹んでご案内申し上げます。

【紀元節祭】神武天皇即位建都の大詔奉読・舞奉納・紀元節の歌奉唱ほか
【記念講演】百地章氏(国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授)
「皇位の安定的継承のために ―男系(父系)の皇統維持を―」 


【日 時】:令和2年2月11日(祝・火) 午後4時~6時  午後3時30分開場 
【会 場】:星陵会館       
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-16-2

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12560184490.html
【2月4日:講演会:東京】2/4 呉竹会アジアフォーラム 元韓国空軍大佐
no title

【講師】 崔三然 元韓国空軍大佐 村田春樹先生  (「今さら聞けない皇室のこと」 著者) 
【解説、まとめ】 藤井厳喜  (国際政治学者、弊会代表幹事) 
◆写真撮影、動画撮影及び録音はご遠慮ください。 


◆日時:令和2年 2月4日火曜日 18:00~19:50   (受付 17:30) 
◆場所:永田町 憲政記念館 会議室にて   
・所在地  東京都千代田区永田町1-1-1

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12562595259.html


【2月6日:勉強會:東京】第二十三回『我が國語を愛し學ぶ國民の會』勉強會

no title

第二十三回 『我が國語を愛し學ぶ國民の會』(略稱 國語愛の會) 

勉強會の御知らせ 
國語とは何か。文化とは何か。殖民地支配で言語を奪ふのは何故なのか。 空氣の様に、普段は何氣なく使つてゐる言葉。けれど、私達は、本當に國語について理解してゐるのでせうか。一緒に勉強してみませんか。國語愛にあふれる國民は、是非御集まり下さい。 午後1時から入口にて入館證を御渡し致します。時閒嚴守で御越しください。事前連絡は不要です。 

講師:川畑賢一先生(元船橋市議會議員)
演題:「國語の命を守つた方々 其の九」   
日時:令和二年二月六日 己卯(木) 午後一時半~三時半
場所:参議院議員會館 地下一階一○三會議室

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12566168144.html


【2月7日:勉強会:東京】日本書紀入門

日本書紀入門    
no title

ベストセラー著名人の歴史学者 久野潤先生による日本書紀の勉強会! 日本書紀って何?という方でもわかりやすく笑いも交えながらワイワイしながら楽しく学べます!!   

〜久野 潤〜 日本の教育者、軍事史・艦内神社研究家。大阪観光大学国際交流学部専任講師、名城大学非常勤講師、竹田研究財団理事、京都竹田研究会幹事長。日本国史学会事務局長    

【日時】令和2年2月7日(金) 19:00〜23:00.  (20:00〜21:30に勉強会。前後はフリートークです!!)  
※久野潤先生は20:00からいらっしゃいます!  
【場所】住友不動産六本木通ビル11F 東京都港区六本木7丁目18-18

続きはこちら

https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12562586104.html


【2月7日:イベント:東京】令和二年度 北方領土返還要求全国大会

no title

令和二年度 北方領土返還要求全国大会    
この大会は、内閣総理大臣をはじめ各政党代表などの出席の下、政府と元島民、返還運動団体等、官民の関係者が一堂に会し、北方領土返還要求運動が一層幅広く発展することを願うとともに、北方領土の早期返還を求める固い決意を内外に表明するものとして、昭和56年以来、毎年2月7日の「北方領土の日」に東京で開催されています。    

日時:令和2年2月7日(金) 11:00〜13:30    
場所:国立劇場   〒102-0092 東京都千代田区隼町4-1

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12562583934.html


【2月9日:講演会:群馬】学び場 令和2年2月9日青山繁晴講演会「ぼくらは何を護るのか」
no title

学び場 令和2年2月9日青山繁晴講演会 
演題:「ぼくらは何を護るのか」   
講師:青山繁晴参議院議員    みなさま、こんにちは! さて、来年も新春いちばんの「学び場」事業は、恒例となりました青山繁晴参議院議員の後援会です! 今回で実に4年連続のご来県となります。 米中経済戦争のゆくえ、一向に民主政治が尊重されそうにない香港、赤化の懸念がこれ以上ないくらいに高まっている台湾、尖閣、竹島、北方領土、そして一向に解決の見通しが立っていない同胞拉致事件・・・。いったい極東アジアの安全保障環境はどうなってしまうのでしょうか。。。 

首相在任史上最長となった安倍政権は憲法改正に意欲を見せ、4選も視野に入ったようです。 いま我が国で何が起こっているのか。 国民たる私たちは何を考え、何をしたらいいのか。  今回の講演テーマは、「ぼくらは何を護るのか」です。  ぜひ、ご家族、ご友人お誘いあわせの上、ご来場ください! 青山議員といっしょに考えましょう!!   


日時:令和2年2月9日日曜日 14:00~(開場13:30)
場所:高崎市文化会館  (群馬県高崎市末広町23-1)

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12561052676.html


【2月11日:イベント:千葉】第32回 建国記念の日を祝う千葉県民の集い
no title

日時:令和2年2月11日(火・祝)13:00~16:30  (開場:12:30~)
会場:千葉市民会館 大ホール〒260-0017 千葉市中央区要町1-1 (JR千葉駅から徒歩5分)

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12560185044.html


【2月14日:イベント:東京】2月14日はパレンバンデー「大東亜戦争は聖戦だった!」
no title

2月14日はパレンバンデー「大東亜戦争は聖戦だった!」    
【基調講演】  「日本が戦ったから、人類はいま人種平等の世界に生きている」       
加瀬 英明 外交評論家、空の神兵顕彰会 名誉会長   

【討 論】「大東亜戦争、失われた真実」~アジア諸国から感謝されていることを知らない日本人~      
<司会進行>   藤田 裕行 二宮報徳連合会長 <パネリスト>  高山 正之 作家、コラムニスト   葛城 奈海 防人と歩む会 会長、ジャーナリスト、女優   奥本 康大 空の神兵顕彰会 会長 

【総 括】】茂木 弘道 史実を世界に発信する会 会長代行      
☆ 第二回APA日本再興大賞受賞 
☆ 大東亜戦争 日本は【勝利の方程式」を持っていた! 


【日 時】:令和2年2月14日(金) 17時半~20時 17時開場 
【会 場】:憲政記念館講堂  〒100-0014 千代田区永田町1-1-1

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12560801931.html


【2月15日:講演会:東京】韓国2.0-「断韓」「放韓」「無韓」の新方式
no title

韓国2.0-「断韓」「放韓」「無韓」の新方式    
朝鮮は2000年間、中国の属国だった。我々はその支配・コントロールの苛烈と残虐を中国に学ぶとともに、さらに日本独自の狡猾も加味し、最終的に「無韓」化することを目指さなければならない!もはや容赦無用。朝鮮専門家の宇山先生が真実の歴史を解き明かします。    

講師:宇山 卓栄(うやま たくえい)先生 著作家 1975年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。代々木ゼミナール世界史科講師を務め、著作家。テレビ、ラジオ、 雑誌、ネットなど各メディアで、時事問題を歴史の視点で分かり易く解説。 近著に 『朝鮮属国史-中国が支配した2000年』、『韓国暴政史-「文在寅」現象を生む民族と社会』(扶桑社新書)、『民族で読み解く世界史』、『王室で読み解く世界史』(日本実業出版社)、『世界史で読み解く天皇ブランド』(悟空出版)その他著書多数。 channelAJERを始め各種ネットTVに出演。特に韓国関連の動画再生回数は10万回を超え、分かり易い内容は幅広い世代から支持される。    


【日 時】令和2年2月15日(土)18時30分~20時30分  (開場:18時10分)
【会 場】文京シビックセンター 4階シルバーホール(文京シビックセンター内)
東京都文京区春日1-16-21

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12566798295.html


【2月15日:講演会:東京】吉重丈夫講演会【孝明天皇と奥の院】

no title

吉重丈夫講演会【孝明天皇と奥の院】  

⭐️孝明天皇と奥の院⭐️
嘉永6年、ペリーが来航し、時の大老・井伊直弼が、砲艦外交に屈して、天皇の勅許を得ずに開国してしまった。そのため上を下へと日本中が大騒ぎになった世を統治された孝明天皇、志半ばにして崩御された。開国した日本は孝明天皇の示された方向とは真逆の道を歩んで・・・ 


【講師】吉重丈夫(よししげ たけお)先生 昭和40年東京大学法学部卒業 、北浜法律事務所顧問、大阪竹田研究会幹事⻑、素行会維持会員などを歴任。 日本の正史研究。古代における日本と朝鮮半島の関係史研究。  代表的な著作:「歴代天皇で読む日本の正史(錦正社)」「皇位継承事典(PHP)」 「日支関係史 日中戦争は存在しない(日本正史研究会)」「続大東亜戦争(神州正氣の会)」など   


【日時】令和2年2月15日(金)13:30〜16:30    開場及び受付13:15〜  
【会場】文京シビックセンター地下一階 学習室

続きはこちら

https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12567865223.html


【2月16日:講演会:東京】【実践セミナー】あなたにも出来る!日本を危機から救う「陳情・請願」

no title

沖縄フォーラム■ 2・16【実践セミナー】 
あなたにも出来る!日本を危機から救う「陳情・請願」    

講義①:陳情請願の基礎   「地方議会における陳情請願制度と意見書制度」    ◎伊勢田幸正氏(富士見市議会議員) 

講義②:陳情請願の応用   「地方から国を動かす陳情・請願制度の使い方」    ◎吉田康一郎氏(中野区議会議員) 

講義③:陳情請願の実践   「意見書の提出を求める陳情活動とその意義」    ◎仲村覚(一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム理事長)  

◎日時:令和2年2月16日(日) 18:00〜 
◎場所:IKEBIZ としま産業振興プラザ   
(旧勤労福祉会館)【6F】第2会議室

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12566952569.html


【2月22日:コンサート:茨城】保守の会 昭政会 共催 愛国歌姫 山口采希と「日本を歌おう!」

no title

保守の会 昭政会 共催 愛国歌姫 山口采希と「日本を歌おう!」     
~オリジナルの教育勅語の歌「大切な宝物」、自衛隊の歌「ありがとう、自衛隊さん」、拉致救出の歌「空と海の向こう」、日の丸の歌「行くぞ!日の丸!」や唱歌や軍歌や懐かしいあの歌この歌の数々~    
衆議院議員 長尾たかし先生も応援に参加します!!    


【日 時】令和2年2月22日(土)13時~16時半(受付:12時半) 
【場 所】日立シビックセンター2階多用途ホール
(茨城県日立市幸町1-21-1 日立シビックセンター)

続きはこちら

https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12561983124.html


【2月22日:イベント:島根】第15回「竹島の日」記念行事、竹島・北方領土返還要求運動県民大会

no title

第15回「竹島の日」記念行事  竹島・北方領土返還要求運動県民大会    
島根県議会では、2月定例議会の最終日(平成17年3月16日)に、2月22日を「竹島の日」とする議員提案条例「竹島の日を定める条例」を賛成多数で可決しました。本条例制定の趣旨、竹島問題をめぐる現在までの本県議会の取り組みなどについてご説明します。  

〔条例制定の趣旨〕
竹島は歴史的にも、国際法的にも、島根県隠岐郡隠岐の島町に属する我が国固有の領土であるにもかかわらず、大韓民国は半世紀にもわたって不法占拠を続け、これまで接岸施設の設置や国立公園指定の検討などを行ってきました。竹島の領土権確立のためには、国民世論の啓発が不可欠であり、島根県議会では「竹島の日」を制定するよう、国に対して意見書を提出してきましたが、国ではいまだ制定の動きが見られません。このため、島根県において「竹島の日」を制定し、この日を中心として竹島問題に対する県民と国民の理解と関心を更に深める取り組みを行い、全国的に竹島領土権確立運動の一層の推進を図り、領土権の確立を目指すものです。「2月22日」は、1905年(明治38年)の閣議決定に基づき、竹島を島根県隠岐島司の所管とする旨を島根県知事が公示した日であり、2005年(平成17年)は公示の日から100周年の節目の年にあたります。    

【日 時】令和2年2月22日(土)13:30〜16:30    
【場 所】島根県民会館

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12562587805.html


【2月22日:講演会:東京】藤岡信勝先生講演会「映画『主戦場』と教科書問題」
no title

映画『主戦場』と教科書問題    
藤岡 信勝(ふじおか のぶかつ)先生 新しい歴史教科書をつくる会 副会長  昭和18年(1943年)北海道生まれ。北海道大学教育学部卒、同大大学院教育学研究科博士課程単位取得。北海道教育大学助教授、東京大学教育学部教授、拓殖大学客員教授を歴任。 平成7年、自由主義史観研究会(現・授業づくりJAPAN)を組織し、歴史教育の見直しに着手。 平成9年、新しい歴史教科書をつくる会を創立し、元会長。現在は副会長。第21回正論大賞受賞。 著書に『汚辱の近現代史』(徳間書店)、『「自虐史観」の病理』(文藝春秋)、『国難の日本史』(ビジネス社)、『通州事件 目撃者の証言』(自由社)など、共著に『教科書が教えない歴史』(扶桑社)、『「ザ・レイプ・オブ・南京」の研究』(祥伝社)、『国境の島を発見した日本人の物語』(祥伝社)等約80冊(共著含む)。   

【日 時】令和2年2月22日(土)18時30分~20時30分  (開場:18時05分)
【会 場】文京シビックセンター 4階シルバーホール  (文京シビックセンター内)
文京区春日1-16-21

続きはこちら

https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12569652457.html


【2月23日:講演会:東京】河添恵子先生講演会『覇権監視国家 世界は「習近平中国」の崩壊を望む』

no title

【日 時】令和2年2月23日(日)14時半~16時半(開場:14時)
【会 場】文京区民センター3F 3-A会議室(文京シビックセンター向かい側)
東京都文京区本郷4-15-14

続きはこちら

https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12561435564.html


【2月24日:イベント:東京】『日本人が憲法改正できない本当の理由』 激論山岡vs青年グループ
no title

『日本人が憲法改正できない本当の理由』
憲法トークライブ〜青年が本音で改憲を語る!  世代間格差は解消できるか?激論山岡vs青年グループ    

一部 山岡鉄秀先生講演『日本人が憲法改正できない本当の理由』
二部 公開討論会:山岡鉄秀先生 vs 東京ダイアログEXEメンバー   
『憲法トークライブ~本音で改憲を語る!世代間格差は解消できるのか?会場を巻き込んで喧嘩覚悟の大激論』

続きはこちら

https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12562492321.html


【2月24日:講演会:東京】篠原常一郎氏講演会『内なる敵を潰せ!北朝鮮チュチェ思想蔓延の恐怖』
no title

篠原常一郎氏講演会  『内なる敵を潰せ!北朝鮮チュチェ思想蔓延の恐怖』
第一部:反日碑との闘い報告    そよ風
第二部:内なる敵・チュチェ思想講演 篠原常一郎氏
第三部:質疑応答 

司会・村田春樹氏   講師:篠原常一郎氏プロフィール  昭和35年東京生まれ。立教大学文学部教育学科卒。公立小学校非常勤講師を経て、日本共産党専従職員、筆坂秀世参議院議員の公設秘書、民主党樋口俊一衆議院議員の政策秘書を務め、現在はジャーナリストとして活躍。
  

日時:令和2年2月24日(月・振替休日) 13:30~(開場13:15)
会場:としま区民センター  (東京都豊島区東池袋1-20-10)

続きはこちら
https://ameblo.jp/hosyuevents/entry-12567064296.html
このページへチップを贈る

新着記事

「PR」カテゴリの最新記事

コメントランキング