222 【皇室】天皇皇后両陛下、熊本の被災地訪問
1 雪崩式ブレーンバスター(東京都)@\(^o^)/2016/05/19(木) 18:55:36.43 ID:CvmBngHZ0.net
両陛下、熊本の被災地訪問
jp

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000026-jijp-soci.view-000

続きを読む
613 【皇室】秋篠宮同妃両殿下、ローマ法王を表敬訪問(画像54枚)
1えりにゃん ★2016/05/13(金) 08:49:32.48 ID:CAP_USER*.net
イタリアを公式訪問中の秋篠宮(Prince Akishino)ご夫妻は12日、
バチカンでローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王を表敬訪問された。
20160513135823_11_6

【翻訳編集】 AFPBB News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000033-jij_afp-int

続きを読む
176 【皇室】両陛下の公務、面会など年約10件削減 傘寿超え、年齢配慮 昨年1年間で約270回面会 宮内庁
1孤高の旅人 ★2016/05/09(月) 18:11:01.86 ID:CAP_USER*.net
両陛下の公務削減=面会など年約10件―傘寿超え、年齢配慮・宮内庁
宮内庁は9日、天皇、皇后両陛下が皇居で人と会われる公務を年10件程度削減すると発表した。昨年1年間に両陛下が皇居で人と会ったのは約270回に上ったが、両陛下が共に80歳(傘寿)を超え、同庁が年齢にふさわしい公務の在り方の検討を進めていた。

同庁は、1月のフィリピン訪問後、年約100回に上る「拝謁(はいえつ)」と呼ばれる行事を中心に公務を見直し、両陛下の了解を得た。同庁によると、全国の警察本部長や検事正、裁判所長、市町村議会議長らとの面会など8件を取りやめ、小中学校長との面会など4件を皇太子ご夫妻に譲る。 

nijubasi

時事通信 5月9日(月)17時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00000102-jij-soci

続きを読む
567 【爆破テロ事件】皇族・三笠宮彬子女王殿下ご出席の札幌市「宮様スキー大会」のパレードで爆発 火薬の入ったパイプを持っていた男の身柄確保
1かばほ~るφ ★2016/03/06(日) 12:43:00.76 ID:CAP_USER*.net
「宮様スキー大会」のパレードで爆発音 札幌 3月6日 12時33分
北海道警察本部などに入った連絡によりますと、6日午前札幌市清田区の白旗山競技場で行われていた
「宮様スキー大会」のパレードの最中に、爆発音がしたということです。
警察がその場でパイプのような
ものを持っていた男を取り押さえたということです。けが人はいないということです。


白旗山競技場はクロスカントリー競技を行う会場で、6日のパレードには三笠宮彬子さまが
出席されていましたが、けがなどはないということです。警察が当時の詳しい状況を調べています。

NHK NEWSWEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160306/k10010433421000.html

「宮様スキー大会」で破裂音 男の身柄確保
bb3c623bb9d9227d3e233897c7780a1a

http://www.news24.jp/articles/2016/03/06/07324110.html

続きを読む
259 【皇室】宮内庁、天皇陛下がインフルエンザにかかられたと発表
1かばほ~るφ ★2016/02/29(月) 10:58:32.93 ID:CAP_USER*.net
陛下がインフルエンザに

宮内庁は29日、天皇陛下がインフルエンザにかかられたと発表した。
同庁によると、陛下は27日から発熱を伴う風邪の症状があり、
28日夜にA型インフルエンザと診断された。
このため、離任するタンザニア大使との懇談など29日の予定を取りやめ、
日程を再調整するという。
5a7c51f3a18d5bf5691aba23b771e44a

(2016/02/29-10:46)
時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2016022900220
続きを読む
292 【皇室】皇太子徳仁親王殿下、56歳の誕生日をお迎えになられる「被災地に心寄せたい」
1 ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ **b2-/3Mr)2016/02/23(火) 05:21:26.70 ID:CAP_USER*.net
皇太子さまは、23日、56歳の誕生日を迎えられました。皇太子さまは、誕生日を前に記者会見に
臨まれました。
この中で皇太子さまは、東日本大震災から5年になるのを前に、去年の福島県への
訪問を振り返り、「復興の道のりは
まだ長く続いていると改めて実感いたしました」と話されました。

そのうえで、「引き続き、雅子とともに被災者お一人一人の悲しみやご苦労に思いを寄せ、厳しい
環境の下で暮らす被災者の
健康とお幸せを祈りながら、被災地の復興に永く心を寄せていきたいと
思っています」と述べられました。

1_6

*+*+ NHKニュース +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160223/k10010418441000.html 

続きを読む
243 【皇室】天皇皇后両陛下 フィリピン訪問終え帰国
1Sunset Shimmer ★2016/01/30(土) 20:46:26.92 ID:CAP_USER*.net
2016年1月30日

1枚目/15枚中
フィリピン訪問の日程を終え、アキノ大統領の見送りを受けられる天皇、皇后両陛下
=フィリピン・マニラのニノイ・アキノ国際空港で2016年1月30日午前11時54分

91

【関連】

【皇室】天皇皇后両陛下、フィリピン訪問 マラカニアン宮殿 (大統領府)で歓迎式典・晩餐会(動画・画像多数)

続きを読む
278 【皇室】天皇皇后両陛下、フィリピン公式訪問のため羽田空港をご出発 友好親善と戦没者慰霊
1記憶たどり。 ★2016/01/26(火) 05:38:50.13 ID:CAP_USER*.net
天皇・皇后両陛下が26日から5日間の日程で、国賓としてフィリピンを
公式訪問されます。

今回の訪問は日本とフィリピンが国交正常化60周年を迎えることから
行われるもので、友好親善を主な目的としています。両陛下は国賓として、
アキノ大統領との会見や晩さん会などの公式行事に臨まれます。

また、先の大戦でフィリピンでは多くの日本兵とフィリピン人が犠牲となって
いることから、両陛下は訪問中に、日本人の戦没者とフィリピン人犠牲者、
双方の慰霊碑を訪れ、供花されるということです。

両陛下は、皇太子時代の1962年にフィリピンを訪問されていますが、
即位後の訪問は初めてです。
20160126194319_733_2

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160126-00000010-jnn-soci

続きを読む
175 【皇室】天皇陛下、運転免許更新のための高齢者講習に臨まれる
1 リバースパワースラム(dion軍)@\(^o^)/2016/01/08(金) 14:43:46.13 ID:4BR+D5S/0.net
天皇陛下が8日、自動車運転免許の更新のため皇居で高齢者講習に臨まれていることがわかりました。
d0953ab130ae5c8cc64f0289e4d4d030

先月23日に82歳の誕生日を迎えた陛下は、運転免許の更新期限を前に皇居で午前中から
高齢者用の講習に臨まれています。陛下が受けている講習は、通常の高齢者を対象としたものと同じで、
お住まいの御所で安全運転の講習や認知機能の検査を受けた後、皇居の東御苑で長年愛用している
グレーの乗用車を使い実技の講習を受けられます。
12ff32671609b804351e533999a1554b

陛下は、皇居内でテニスをする際などに自ら乗用車を運転するのをとても楽しみにしていて、
助手席に美智子さまを乗せられることもあるということです。

80歳以上で運転免許を保有している人は、2014年末時点で180万4915人で、2014年の
1年間に80歳以上で免許を返納した人は、5万8773人だったということです。
17ce0904d6e299e961b8fbcf033a0ecd

(08日13:14)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2675317.html
 
続きを読む
356 【皇室】天皇陛下、82歳の誕生日をお迎えになられる
1孤高の旅人 ★2015/12/23(水) 05:45:42.90 ID:CAP_USER*.net
天皇陛下、82歳に「先の戦争考えて過ごした」 

天皇陛下は23日、82歳の誕生日を迎えられた。

これに先立ち、皇居・宮殿で記者会見に臨み、「様々な面で先の戦争のことを考えて
過ごした」と、戦後70年の節目を迎えたこの1年を振り返られた。

■戦没者への思い
陛下は、「平和であったならば、有意義な人生を送った人々が命を失った」と述べ、戦没者へ
深い哀悼の意を示すとともに、戦争を知らない世代が増えていることを挙げ、
「先の戦争のことを
十分に知り、考えを深めていくことが、日本の将来にとって極めて
大切」と強調された。

6月の戦没・殉職船員追悼式では、強制的に徴用され、十分な護衛もない中、命を落とした民間船の
船員らを思い、供花されたという。慰霊のため4月に訪れた
パラオでは、美しい海に無数の不発弾が残り、
処理には大変な時間がかかると知った
として、「島々に住む人々に大きな負担をかけてしまったことを
忘れてはならない」と述べられた。


■被災地への気遣い
各地で発生した自然災害の被災者も気遣われた。

5月の鹿児島県口永良部島の噴火を挙げ、「みな無事でしたが、まだ避難生活が
続いていることに心を痛めています」と島民たちの暮らしを心配された。一方、
9月に鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市の被災地で、多くのボランティアが
復旧作業に協力したことに触れ、「困難に遭遇している人々を助けようという気持ちが、
日本人の中に育っていることを心強く思います」と明かされた。


■うれしいこと
喜ばしいこととしては、日本人研究者2人のノーベル賞受賞を挙げられた。

以前、寄生虫病の「オンコセルカ症」で失明した患者たちの映像を見て心を痛めたと
いい、特効薬の開発に貢献した研究者の受賞を「本当にうれしく思いました」とたたえられた。

日本製のジェット旅客機が完成し、試験飛行が成功したことも、「うれしいこと」に
挙げられた。1962年に戦後初の国産プロペラ旅客機「YS11」の試験飛行を関係者と
ともに見守ったことを懐かしく思い出されたという。

会見の終わりに、陛下は「この誕生日で82歳になります。年齢を感じることも多く、
行事の時に間違えることもありました」と率直に明かされた。「一つ一つの行事に注意深く
臨むことによって、少しでもそのようなことのないようにしていくつもりです」との考えを示された。
2015122201001835

2015年12月23日 05時00分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151222-OYT1T50135.html?from=ytop_top

続きを読む