253 【皇室】悠仁親王殿下が作ったジオラマ作品が凄いクオリティ
1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/14(木) 20:12:28.22 ID:aG37Dvgj0
画像
no title
 
no title
 
no title
 
no title
 
no title
 
no title

宮内庁文化祭 悠仁さまの作品ご一家で協力
毎年恒例となっている宮内庁の職員向けの文化祭が14日から始まった。これまでに、実物大の信号機の模型などで話題となった悠仁さまの今年の作品は、ご一家で協力して作られたものだった。 秋篠宮家の長男・悠仁さまは「昔の暮らし」に関心を持っていて、去年の文化祭には、ご一家で昔の日本家屋を精巧に再現した模型を出品されたが、今年は建物の周りに水田や畑など庭の部分が加わった。秋篠宮さまが研究している鶏がいる鶏小屋もあり、ご一家や職員で協力して作られたという。

http://www.news24.jp/sp/articles/2017/12/14/07380498.html
続きを読む
242 【NY】「昭和天皇独白録」原本に3千万円 高須クリニックの高須院長が落札 皇室に提供の意向
1: ばーど ★ 2017/12/07(木) 10:49:00.36 ID:CAP_USER9
昭和天皇が太平洋戦争などに関する出来事を戦後に回想した「昭和天皇独白録」について、側近が記録した原本とされる文書が6日、ニューヨークで競売に掛けられ、手数料と合わせ27万5千ドル(約3090万円)で落札された。主催した競売会社ボナムスによると、落札者は愛知県西尾市出身で美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長。高須氏はツイッター上で文書を皇室に提供する意向を示している。ボナムスは「20世紀の日本の歴史を理解する上で鍵となる資料だ」としている。

独白録は、昭和天皇が1946年春に張作霖爆殺事件から終戦に至るまでの経緯を側近に語った昭和史の第一級資料。同社によると、競売に出されたのは、側近の故寺崎英成氏が鉛筆などで記録した173ページ分。独白録の内容は90年代に日本で出版され、大きな反響を呼んだ。昭和天皇は独白録で、太平洋戦争の開戦の決定を拒否すれば日本国内は大混乱になり、日本は滅びたであろうと回想している。寺崎氏は昭和天皇と連合国軍総司令部(GHQ)のダグラス・マッカーサー司令官との会見の通訳を務めたことでも知られている。(共同)

no title
 
no title

配信2017.12.7 09:26 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/171207/lif1712070010-n1.html
続きを読む
212 【皇室】「天皇陛下は国民食となる魚をこの国に紹介してくれた」タイで譲位惜しむ声
1: 記憶たどり。 ★ 2017/12/01(金) 15:06:22.43 ID:CAP_USER9
天皇陛下は皇太子だった1964年にタイを訪れた際、当時のプミポン国王に食料不足対策としてティラピアの養殖を勧めた。ティラピアはその後、タイの食卓に欠かせない国民食となり、外国にも輸出。タイでは、国の経済を支えるほどまでに定着したティラピア導入のきっかけをつくった陛下の退位を惜しむ声が広がっている。

魚類学者でもある陛下はタイの風土に合うティラピアを紹介。プミポン国王は翌65年に日本から贈られた50匹を宮殿で1万匹まで繁殖させ、国内に広めた。中部サムットサコン県クラトゥムベーンでティラピアの養殖を手掛ける女性経営者ナツダ・ジャンバンヤンさん(29)は陛下の退位決定に驚きつつ、「ティラピアはタイの気候にぴったり。紹介していただいて、とてもありがたい」と話す。

ナツダさんの養殖場では以前は主にエビを扱っていた。しかし、エビは病気に弱く、経営が安定しないため、2013年にティラピアに転換。餌にバナナを混ぜるなどの工夫を施し、体長約1センチで仕入れた稚魚を半年で体重約1キロの肉厚のティラピアに育てている。

ナツダさんは10年に11カ月間、長野県松川町の農園で研修を受けた。農畜産物を加工して販売することで、収入を安定させるノウハウを習得。この経験を生かし、ティラピアを卸売市場に納入するのではなく、養殖場で加工している。養殖場の前にはティラピアの塩焼きや蒸し魚のほか、味付けして冷凍した干物が売り物として並ぶ。

ティラピアは1匹150バーツ(約520円)前後で販売。1日の売り上げは平日で7000バーツ、週末は1万5000バーツにもなる。ナツダさんは「ティラピアは病気にならず、飼育しやすい。タイ料理に合い、タイ人は大好き」と語り、プミポン国王にティラピアを勧めた陛下への感謝の言葉を繰り返した。

no title

no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000091-jij-asia
続きを読む
252 【速報】天皇陛下、再来年4月30日譲位固まる 皇太子殿下、翌5月1日に即位
1: ばーど ★ 2017/12/01(金) 11:25:53.00 ID:CAP_USER9
天皇陛下の退位をめぐって、1日開かれた皇室会議で意見集約がなされ、陛下が再来年(2019年)4月30日に退位され、皇太子さまが翌5月1日に即位されることが固まりました。
no title

12月1日 11時16分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171201/k10011242551000.html
続きを読む
154 【皇室】愛子内親王殿下、16歳の誕生日をお迎えになられる
1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/01(金) 06:06:25.88 ID:CAP_USER9
皇太子ご夫妻の長女 愛子さま 16歳の誕生日 
皇太子ご夫妻の長女の愛子さまは、1日、16歳の誕生日を迎えられました。
宮内庁によりますと、ことし4月に学習院女子高等科に入学した愛子さまは、中等科時代と比べて授業の難易度が上がり、漢文や世界史など新しい科目が加わる中で、これまで以上に勉学に励まれているということです。

10月には、学校の文化祭で、上級生と2人一組で受験生に学校の施設や生活を紹介したり、高等科のダンスチームの公演の司会を務められたりしました。また、お住まいの東宮御所では、皇太子ご夫妻が夕食に招かれるなどした外国の王族とたびたび歓談し、学校生活などに関する質問に英語で答えられたということです。

先月には、宮城県の被災地から戻られた皇太子ご夫妻から、復興状況や、子どもたちを含めた被災者の心のケアの問題などについて話を聞かれたということです。愛子さまは、学校生活や皇太子ご夫妻と一緒に活動する中で、さまざまな経験を積みながら、健やかに成長されているということです。

no title

12月1日 5時12分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171201/k10011242171000.html
続きを読む
143 【皇室】秋篠宮文仁親王殿下、52歳の誕生日をお迎えになられる
1: 記憶たどり。 ★ 2017/11/30(木) 05:14:25.22 ID:CAP_USER9
52歳の誕生日に先立つ記者会見に臨まれた秋篠宮さまは、長女眞子さま(26)の婚約内定について、初めて公の場で感想を述べた。夫となる小室圭さん(26)の第一印象を「非常に真面目な人」と語り、「娘のこと、娘の立場もよく理解してくれている」と評価し、二人を祝福した。

紀子さま(51)は「丁寧で穏やかな印象」と説明。紀子さまの求めで先日、小室さんがピアノを披露し、「優しい音色を聴きながら、心和むひとときを過ごしました」と語り、「これから、二人が歩み、築いていく生活が幸せであるよう、心から願っております」と笑顔を見せた。

秋篠宮さまは、英国短期留学中の次女佳子さま(22)の近況を、英国からつい先日メールが届き、「それを読む限りでは元気に過ごしている」と紹介。将来の結婚は「長女のときもそうでしたけれども、できるだけ本人の意志を尊重したい」と語った。

長男悠仁さま(11)については、紀子さまが今年夏、二人で東京・小笠原諸島を訪問したことを披露した。秋篠宮さまは「長男にはできるだけ日本のさまざまな地域に自分で行ってみて、その土地土地の文化、生活の習慣を実際に見て、話を聞いて、理解を深めてもらいたい」と述べた。

9月には九州北部豪雨の被災地、福岡県朝倉市を紀子さまと訪問。「自分で実際に見てみるということはとても大事だなと感じました」と述べた。10月にタイのプミポン前国王の葬儀に参列したことは「最後のお別れの機会に出席できたことは大変光栄なことだった」と振り返った。 
no title

 最終更新:11/30(木) 9:23 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000012-jij-soci
続きを読む
184 【皇室・秋の園遊会】眞子内親王殿下「小室さんってGet Wildの人ですよね?」小室「えっ!驚いた」
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2017/11/10(金) 10:04:44.75 ID:cOcJt2c50
両陛下のお子さまであられる皇太子さまは57歳、秋篠宮さまは51歳で、58歳の小室氏とほぼ同世代。小室氏によると、 秋篠宮さまとの会話の中では、小室氏が作詞・作曲した「WOW WAR TONIGHT」が話題に上がった。一方、長女の眞子さまは、小室氏が所属する「TM NETWORK」の代表曲「Get Wild」に触れられたという。

他にも来年9月での引退を発表している安室奈美恵さんに提供した「CAN YOU CELEBRATE?」の曲名を挙げた皇族方もおり、小室氏は「(皇族の)皆さまが僕の楽曲名に非常にお詳しく、曲名を実際に言って頂き、非常に驚きました」と語った。

no title
 
no title

http://news.livedoor.com/article/detail/13868476/
続きを読む
288 トランプ米大統領、天皇陛下に拝謁 政府が正式発表
1: ばーど ★ 2017/10/24(火) 11:21:06.50 ID:CAP_USER9
菅義偉官房長官は24日の記者会見で、トランプ米大統領が公式実務訪問賓客として11月5~7日の日程で来日し、天皇、皇后両陛下と会見すると正式発表した。安倍晋三首相は6日に予定される日米首脳会談で、北朝鮮への圧力強化に向けた連携を確認したい考えだ。

トランプ氏は6日に横田めぐみさん=失踪当時(13)=の両親ら拉致被害者家族と面会する方向だ。 両首脳は5日に男子ゴルフの松山英樹プロを交えてゴルフをする。菅氏は、北朝鮮情勢が緊迫する中でのゴルフは危機管理上の問題はないのかとの質問に「危機管理を徹底する中で懇親を深める」と説明した。


配信2017/10/24 10:37 共同通信
https://this.kiji.is/295370656141362273?c=39546741839462401
続きを読む
166 【皇室】皇后陛下 83歳の誕生日
1: みつを ★ 2017/10/20(金) 05:16:02.21 ID:CAP_USER9
皇后さまは20日、83歳の誕生日を迎えられました。皇后さまは誕生日に当たり、記者の質問に対してこの1年を振り返りながら文書で回答を寄せられました。

この中で皇后さまは7月の九州北部豪雨や東日本大震災の被災地で、今も大勢の人たちが仮設住宅で暮らしていることを案じ、「どうか希望を失わず、これから来る寒い季節を体を大切にして過ごして下さるよう心から願っています」と述べられました。

6月に天皇陛下の退位に向けた特例法が成立したことについては「長い年月、ひたすら象徴のあるべき姿を求めてここまで歩まれた陛下が、御高齢となられた今、しばらくの安息の日々をお持ちになれるということに計りしれぬ大きな安らぎを覚え、これを可能にして下さった多くの方々に深く感謝しています」と記されました。

そして「ことしは国内各地への旅も、もしかすると、これが公的に陛下にお供してこれらの府県を訪れる最後の機会かもしれないと思うと、感慨もひとしお深く、いつにも増して日本のそれぞれの土地の美しさを深く感じつつ、旅をいたしました」と振り返られました。

皇后さまはまた、ことしのノーベル平和賞に核兵器の廃絶を目指して活動する国際NGO「ICAN」が選ばれたことを挙げ、「核兵器の問題に関し、日本の立場は複雑ですが、本当に長いながい年月にわたる広島、長崎の被爆者たちの努力により、核兵器の非人道性、ひと度使用された場合の恐るべき結果等にようやく世界の目が向けられたことには大きな意義があったと思います」と述べられました。そのうえで「日本の被爆者の心が、決して戦いの連鎖を作る『報復』にではなく、常に将来の平和の希求へと向けられてきたことに、世界の目が注がれることを願っています」と記されました。
no title

(リンク先に皇后さま文書回答全文あり) 10月20日 5時04分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171020/k10011183531000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002
続きを読む
205 【皇室】天皇陛下、皇居の田んぼで稲刈り なんと100株も
1: ばーど ★ 2017/09/13(水) 19:45:17.75 ID:CAP_USER9
天皇陛下は13日、皇居の中にある田んぼで恒例の稲刈りをされました。
天皇陛下は、午後4時すぎ、皇居にあるおよそ240平方メートルの田んぼに入られました。田んぼには、ことし5月にみずから植えられた、もち米の「マンゲツモチ」と、うるち米の「ニホンマサリ」の稲穂が実りました。

薄曇りの天気の中、長袖シャツにズボン姿の天皇陛下は、鎌を使って合わせて100株を手際よく刈り取られました。ことしは、先月の日照時間が平年に比べて短かったものの、稲はおおむね順調に育ち、作柄は平年並みだということです。刈り取られた稲は、11月に皇居で行われる新嘗祭などで使われることになっています。

no title

配信9月13日 17時25分 NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913/k10011137781000.html
続きを読む