252 【秋田】県立校の韓国への修学旅行、今年度ゼロに
1ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/2014/06/11(水) 13:29:50.79 ID:???0.net
県立校の韓国への修学旅行、今年度ゼロになる県
9月に韓国への修学旅行を予定していた秋田県立大館国際情報学院中学校
(秋田県大館市)が、
4月の旅客船「セウォル号」の沈没事故などを受け、行き先を
国内に切り替えたことが10日、分かった。


秋田県教育委員会によると、ほかに予定していた県立高校3校も保護者の要望などで
変更の方向で
検討しており、県立学校の韓国修学旅行は今年度、ゼロになる見込みだ。

同中によると、韓国旅行は3泊4日の日程で3年生80人が行く予定だった。
沈没事故後もしばらくは
韓国へ行く計画だったが、能代松陽高校(能代市)が
保護者の反対で5月に国内旅行に切り替えたため、
改めて対応を検討した。

3年生の保護者全員にアンケート調査したところ、約7割が「安全性に不安を感じる」と
行き先の変更を希望。
残り3割も、安全確保策の強化を求めたことから、6日に保護者会を
開いて、国内旅行への変更を決めた。

行き先は保護者の要望も踏まえて、東京方面を検討しているという。…

index

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140611-OYT1T50070.html

続きを読む
310 【沖縄】「戦争あれば真っ先に行くのは皆さんのような若者」 大田元知事、真和志高で講演
1幽斎 ★@\(^o^)/2014/06/10(火) 23:14:26.32 ID:???0.net
「戦争あれば真っ先に行くのは皆さん」 大田元知事、真和志高で講演 
慰霊の日を前に真和志高校(與座博好校長)で4日
元県知事で沖縄国際平和研究所の大田昌秀理事長が講演した。

「改憲の動きは若い人に関係すること」と強調する大田氏

img53966585393c1

大田氏は集団的自衛権の行使容認や憲法改正の動きに触れ、
「次に戦争があれば真っ先に攻撃されるのは基地のある沖縄。
真っ先に戦場に出されるのは皆さんのような若者だ」と強調した。


大田氏は沖縄戦当時、沖縄師範学校2年生で、鉄血勤皇隊として戦場に動員された。
「沖縄戦では21校の学校から、多くの生徒が動員された。

それより幼い子どもも弾薬運びなどをさせられたり、壕から追い出されたりなどして、
1万人余りの14歳未満の子どもが犠牲になった」と、将来のある若い人たちの命を奪った
戦争の悲惨さを語った。

また与那国島への自衛隊配備にも触れ「自衛隊法3条では国家の平和と安全を守ることが
任務と規定され、国民一人一人の命を守るとは書かれていない」
と指摘した。
その上で「沖縄戦の最大の教訓は『軍隊は住民を守らない』ことだ」と強調した。

生徒会長の喜舎場静良(せいら)さん(3年)は「戦争は関係ない過去のことだと思わなかった。
現在、戦争のできる国へと向かっているが、きょうの話を受け止め行動していくことが、
唯一の地上戦を体験した沖縄県民の務めだと思う」と話した。


大田氏の話を聞く生徒たち、那覇市の県立真和志高校

img5396658f37695

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-226767-storytopic-7.html

続きを読む
536 【絶望】秋田県、韓国への修学旅行見直さず 米田進教育長「不安を払拭したい」県は大韓航空の秋田-ソウル便維持のために韓国への修学旅行を推進
1動物園φ ★@\(^o^)/2014/05/23(金) 15:27:41.98 ID:???.net
韓国への修学旅行見直さず 秋田県教育長「不安を払拭したい」
今年秋に韓国への修学旅行を予定していた秋田県立能代松陽高(能代市)が
旅客船セウォル号沈没事故を受けて韓国行きを中止した問題で、米田進県教育
長は23日、他の県立高については実施する意向を示した。

県議会自民党会派との協議会で北林丈正氏の質問に答えた。北林氏は「風評
被害ではないが、説明が必要だ。学校の判断に任せるのではなく、県として対
応すべきではないか」と韓国への修学旅行の継続を求めた。

米田教育長は「おっしゃる通りで、安全対策や情報収集で不安を払拭し、県の
(旅行費)補助事業についてもPRしたい」と韓国行きを見直さない考えを示した。
県教委によると、今年度は県立高3校が韓国への修学旅行を計画している。

県は大韓航空の秋田-ソウル便維持のために韓国への修学旅行を推進しているが、
交通機関への不安のほか、反日国への修学旅行は適切ではないとの批判が出ている。


秋田県教育委員会 教育長 米田進

7

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140523/kor14052313350002-n1.htm

続きを読む
375 【大阪市立城東中学校】美味しんぼの漫画を使用して『日本人がいかに朝鮮人を差別しているか』と教育
管理人です。

大阪市在住の母親さんからリクエストを頂きました。

2年ほど前、当時中学生の子供が
学校から持って帰ってきたプリントが、美味しんぼ

「日本人がいかに朝鮮人を差別しているか」

というような内容の授業だったとこのこと。

*クリックで拡大

jpg large

jpg large

続きを読む
105 日本の子供が将来就きたい仕事 1位はなんと…「パティシエ」
1Baaaaaaaaφ ★2014/01/27(月) 10:11:34.68 ID:???0
日本1位は「パティシエ」

アデコとアジア8カ国のアデコグループはこのたび、6歳~15歳の子供を対象に
「将来就きたい仕事」に関するアンケートを実施し結果を発表した。

調査は、
2013年12月上旬に日本、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、
タイ、ベトナムにおいて日本800人、アジア各国150~200人を対象に行われた。

更に日本の子供だけを対象にした調査は男女各500人を対象に2013年12月上旬~
1月初旬に行われた。

子供が就きたい仕事の1位は、アジア各国では4カ国で「医者」が最多となったが
日本では「パティシエ」が医者を抑え1位となった。

国ごとに子供たちの憧れの
職業観に違いが見られたが、9カ国全てに共通して
ランクインした職業は「医者」
と「先生」だった。身近に存在し、人を助ける、人に教える
職業が各国の子供に
とって憧れの仕事であることがわかった。


日本の子供が就きたい仕事を男女別に見ると、男子の1位は「サッカー選手」、
2位が「野球選手」という順位になり、メジャーなスポーツ選手が上位を占めた。

女子では「パティシエ」が全体の22%で1位となり、2位の「医者」9%に大差をつけて
首位となった。


東京・愛知・大阪(東名阪)の地域ごとに就きたい職業の順位を調べたところ、
各都市の1位は東京が「医者」、愛知と大阪は「パティシエ」となった。

1位~3位
は地域ごとの違いはあまり見られなかったが、他の地域と比較すると
大阪では
「作家」、「漫画家」などのクリエイティブ職や、「歌手」、「俳優・女優」など
エンターテイメント系の仕事に就きたいと考える子供が多く、地域性の違いが
見られた。


http://news.mynavi.jp/news/2014/01/27/063/index.html
 
20140127122301_1_1


続きを読む
881 【東京大学】上野千鶴子名誉教授「安倍は強姦したあとに札束を投げつけて去る男」
1 スパイダージャーマン(dion軍)2013/12/29(日) 16:52:10.03 ID:Q36a7FIR0





続きを読む
344 【義務教育】福岡県の小川洋知事「日韓中学生を相互にホームステイさせましょう」…『国際社会で活躍する若い人材の育成』がテーマ
1帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★2013/11/19(火) 01:59:59.80 ID:???
対馬海峡に面する日本と韓国の自治体の代表8人が福岡市に18日集まり、
「国際社会で活躍する若い人材の育成」をテーマに意見を交わしました。

福岡県の小川知事は日韓の中学生が相互に訪問してホームステイなどする
新規事業を提案し、
早期の人材育成の必要性を強調しました。

110706_ogawa

http://www.tvq.co.jp/news/news.php?did=10158


続きを読む
376 【日台友好】熊本大津高校の白濱元校長 「生徒に謝罪求める中韓でなく台湾修学旅行を」 → 生徒 「日本の良さも知り日本人として誇り持てた」
1帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★2013/11/15(金) 00:24:53.95 ID:???
熊本県立大津高校(緒方一夫校長)は平成23年、熊本県内の公立高校として初めて、
修学旅行先に台湾を選んだ。反日意識が強い中国や韓国へ行く高校が全国に数多くある中、
異論もあったが、当時の校長と教員、PTAが努力し、日本と関係が深い台湾への
修学旅行を実現した。
この取り組みは、日台の草の根交流につながっている。

23年、当時校長だった白濱裕氏は、生徒の内向き志向を懸念していた。
若者が世界を目の当たりにする機会をつくろうと、これまでスキーだった修学旅行先を
海外に見直すことにした。
ことさら“戦争犯罪”を強調し、生徒にまで謝罪を求めるような
中国、韓国よりは、友好的な台湾がふさわしいと考えた。


県内の公立高校では台湾だけでなく海外への修学旅行は前例がなかった。
一部の保護者から安全面などを心配する声も上がったが、白濱氏が説得を続け、
賛同の輪が広がった。
生徒も一念発起した。渡航前に中国語の特訓を受け、
台湾のこと、台湾の近代化に貢献した日本の先人について学んだ。


「初めて自分が日本人であることを自覚した」
「日本の良さを知り、日本人としての誇りを持てた」

生徒の感想からは、修学旅行の成果が読み取れる。

修学旅行は双方向の親善にもつながっている。
大津高校は修学旅行で台湾・新北市立海山高級中学を訪れ、交流している。

この海山高級中学の生徒67人が今月8日、修学旅行として大津高校を訪れた。
大津高校の生徒は英語や中国語を駆使し、くまモンと一緒に歓迎した。

大津高校に後押しされるように、行政も台湾との交流に歩み出した。
9月9日、蒲島郁夫知事と熊本市の幸山政史市長が台湾・高雄市を訪れ、
国際交流促進覚書を締結した。今後、熊本-台湾定期航空便も視野に入れるという。

昨年3月に校長を退任した白濱氏は、こう語った。

「生徒には台湾への修学旅行をきっかけに日本人としての誇りと自覚を抱き、
グローバルな視点を持って羽ばたいてほしい」

http://sankei.jp.msn.com/region/news/131114/kmt13111402070001-n1.htm

*画像追加 中華航空機の座席画面には歓迎の意が表示された
c8ea9c12003811ec71b75336a38049e7

続きを読む