234 【動画】竹田恒泰氏、舛添都知事の訪韓に憤慨 「都知事ごときが舐めたことすんじゃねえぞ」「都知事が外交?外交は内閣の専権事項であって、都に外交権などない。」
1LingLing ★@\(^o^)/2014/07/28(月) 15:29:40.70 ID:???.net
竹田恒泰氏、舛添都知事の韓国訪問に憤慨 「都知事ごときが舐めたことすんじゃねえぞ」
724d2df8b6d9bb1d01b2bb1b2a8c88ea

明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏が25日、自身のYouTube公式チャンネルで、
舛添要一東京都知事の韓国訪問について「都知事ごときが舐めたことすんじゃねえ」
などと怒りをあらわにした。

舛添知事は23日から、ソウル市長の招待により都知事としては18年ぶりに韓国を訪問した。
訪韓前には「都市外交で日韓関係をよくしたい」と話し、2020年の東京五輪と18年の
平昌冬季五輪の連携を深めることなどに意欲を示していた。

竹田氏は、知事の訪韓を伝えた朝日新聞の記事を読み上げると「日韓関係の改善をする
ために(韓国に)出かけるというんですよ。なんという出過ぎた話ですか」と批判。外交権が
あるのは自治体ではなく内閣だとし、舛添知事は「都市間の国際親善」の活動にとどめて
おくべきだと指摘した。

怒りの収まらない竹田氏は、「あんた(舛添知事は)いつから外務大臣になったのって話ですよ。
都知事ごときが舐めたことすんじゃねえぞ」「『外交』言うな」とまくし立てた。


五輪の連携についても「余計なことはしなくていい」とばっさり。
「韓国から求められてよかれと思って何かすると、大変なしっぺ返しがくる」とし、
「都知事が
余計なことするな」と繰り返し主張した。

竹田氏はツイッターでも知事の韓国訪問を批判した。
26日には「都に外交権などない。知事ができるのは『国際親善』まで。日韓友好が
正しいという時代は終わった。韓国と距離を置くことが日本の国益に繋がる」と投稿した。
このツイートは、28日正午時点でリツイート数が1900に達するなど注目が集まっている。

28日にも竹田氏はツイッターを通じ、日本は韓国と距離を取るべきだと訴えた。
「米韓安保と日米安保がある手前、日韓開戦に至ることはない。安心して距離をとっていい。
それより、早く拉致問題を解決して日朝国交正常化を推進すべきだ」と
投稿している。

【youtube】 舛添都知事、韓国と外交政策?なにやっちゃってるの?|竹田恒泰チャンネル



http://news.livedoor.com/article/detail/9087418/

 
【関連】

舛添要一都知事 「90%以上の都民は韓国が好きだ」


続きを読む
582 都庁の外事課「舛添氏はソウル市と合意書を締結したが都議会での承認は取っていない、舛添氏は独断で合意書を締結した」
20140723184300_bodyfile


【関連】

【東京都とソウル特別市の合意書締結】舛添都知事と朴ソウル市長が締結した項目「都市の安全・安心対策、環境対策、福祉保健対策、スポーツ交流、産業観光交流、文化交流」

続きを読む
514 【TOKYO自民党BBS】「舛添は辞職しろ、舛添を推薦した自民党、自民党さんはどんなリアクションを取りますか?」舛添を推薦した自民党に日本人の怒りが爆発!!!
img_2

68e2bc9692c05571d1daf8be8c7ed768

https://www.tokyo-jimin.jp/bbs/forum.php?proc=ThreadList&pointer=0&log=present


【関連】

【東京都とソウル特別市の合意書締結】舛添都知事と朴ソウル市長が締結した項目「都市の安全・安心対策、環境対策、福祉保健対策、スポーツ交流、産業観光交流、文化交流」

続きを読む
296 【自民党】『第2の外国人参政権』の自治条例制定阻止へ地方組織に通達
1すらいむ ★@\(^o^)/2014/07/24(木) 13:57:57.75 ID:???.net
「外国人参政権」の自治条例制定阻止へ 自民が地方組織に通達
外国人の住民投票参加を認める内容の「自治基本条例」が制定されないよう、
自民党が地方組織に
注意を促す通達を出したことが23日、分かった。

憲法15条で選挙権は「(日本)国民固有の権利」と
される中、同条例を根拠に
住民投票の資格を外国籍の住民に与える自治体が出ている。自民党は、

外国人参政権の“代替制度”として利用される懸念があるとして全国調査に乗り出した。

通達は竹下亘組織運動本部長らの名前で、各都道府県連の幹事長宛てに送付された。
自治基本条例を
「憲法や地方自治法の本旨を逸脱するものがある」と指摘。
「問題ある条例」が制定されないよう
適切な対応を求める内容だ。

総務省は条例を制定している自治体の数を「把握していない」としているが、少なくとも
300以上は
確認され、革新勢力や自治労の影響力が強い自治体で制定が目立つ。

川崎市は自治基本条例を根拠に、3年の居住実績などの条件をクリアすれば
住民投票への参加を認める
住民投票条例を制定。広島市は、自治基本条例はないものの、

「外国人も住民であることに変わりはない
という声があった」(市担当者)として
住民投票条例を制定して外国人の参加を認めている。これらを
合わせると、
外国人が住民投票に参加できる自治体は30を超えるとみられる。


自民党は、ホームページで自治基本条例を「最高規範」とする自治体の例を挙げ、
「法律に基づき
制定される条例に最高規範はない」と強調。

地方自治は米軍基地問題など国政分野にも影響を及ぼすことを
踏まえ、平成23年には
「国家の存在を否定しているなど内容や制定過程に問題が多い」との見解を示した
冊子を
作成し、地方組織にも注意を促してきた。


しかし、今年だけでも4月までに計16自治体が条例を制定した。

自民党は、共産党議員らが同党機関紙「しんぶん赤旗」の強引な購読勧誘を自治体に
対して行っている
実態を把握することを求める通達も出している。

自民党関係者は「保守系議員は気づかないまま左派の
組織的工作に乗ってしまうことが
ある。自民党を支える地方議員に注意喚起の必要がある」としている。


自治基本条例 
平成9年に大阪府箕面市が「まちづくり理念条例」の名称で施行したのが始まりと
される。
民主党支持母体の自治労などが提唱する例が多く、21年以降の同党政権下で制定が
相次いだ。
住民重視の「自治体の憲法」との見解もあるが、「国民」軽視との批判も多い。
images

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140724/stt14072405000001-n1.htm

続きを読む
272 【自民党】 中韓を避け42カ国歴訪、安倍首相の『ドーナツ外交』
1LingLing ★@\(^o^)/2014/07/27(日) 10:11:33.11 ID:???.net
■韓中を避け42カ国歴訪、安倍首相の「ドーナツ外交」
・1年7カ月で6大陸をカバー
・習近平氏と争うように外国を歴訪

メキシコ、ブラジルなど中南米5カ国を歴訪中の安倍晋三首相は25日、出国前の記者会見で
「今回の訪問で、六つの大陸を全てカバーすることになる」と述べた。

安倍首相は2012年の就任直後「地球儀を俯瞰(ふかん)するように世界全体を対象とした外交を
展開したい」として、いわゆる「地球儀外交」を掲げた。

安倍首相は実際に1カ月当たり1.15回出国し、全世界を駆け回っている。就任後1年7カ月間で
42カ国を歴訪した。歴代の首相で最も優れた外交力を発揮した中曽根康弘元首相
(5年間で
28カ国)をも圧倒している。

読売新聞など日本メディアは、安倍首相の外交について「中国包囲網外交」と呼んでいる。
このところ安倍首相と中国の習近平国家主席は、争うかのように外国訪問を重ねている。

今回安倍首相が訪問する中南米を、習近平主席は15-23日にすでに訪れた。習主席が
中南米訪問で経済支援を約束したことを意識し、安倍首相も円借款供与の申し出や資源開発へ
の投資など「プレゼント外交」を展開するもようだ。安倍首相の中南米訪問にはトヨタ自動車や
三菱重工業など財界の要人およそ70人も同行している。

また、習主席が3月末に欧州4カ国を訪問すると、安倍首相は4月末に欧州6カ国を訪問した。
安倍首相が1月に訪問したアフリカは、習主席が昨年3月に既に訪問している。

安倍首相は外国訪問で、積極的平和主義への支持を訴えている。最近の講演では「外国訪問
と招待外交を通じ、200回以上の首脳会談を行った。私は会談で積極的平和主義について説明
し、各首脳はみな強い支持を表明した」と述べた。

集団的自衛権の行使容認を下支えする積極的平和主義は、日本の軍事的役割の拡大を意味する。
安倍首相は6月にバチカンを訪れてフランシスコ・ローマ法王と面会した際にも、積極的
平和主義の
正当性を力説した。これについては「集団的自衛権が日本を戦争できる国に変える」
という
日本国内の反対世論を鎮めるためにローマ法王まで利用した、という批判も起きた。


安倍首相は日本の伝統的な対米重視外交を脱し、独自の外交を展開している。
このところ安倍
首相が最も力を入れている相手はロシアだ。

就任以来、安倍首相はロシアのウラジミール・プーチン大統領と5回も首脳会談を行った。
ウク
ライナ情勢をめぐりロシアと米国の対立が激化している中でも、安倍首相はプーチン大統領の
訪日を推進している。

日本メディアは「安倍首相はオバマ大統領よりもプーチン大統領との方が個人的親交が深い」と
の見方を示している。安倍首相は、米国が対北朝鮮問題での協調から日本が離脱することに
対して警告したにもかかわらず、日本人拉致被害者問題の解決を名目に、北朝鮮に対する独自
の経済制裁を一部解除した。

安倍首相は、世界中を訪問して外交的成果を挙げていると自賛しているが、すぐ隣の韓国、
中国とは首脳会談ができていない。肝心の隣国を避けて外国を訪問しているため「ドーナツ外交」
との批判も出ている。


メキシコ市でペニャニエト大統領と会談

3d965ceddd9f5c4ab166049c92f1b351_XL

東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/26/2014072600402.html
 
続きを読む
578 【東京都とソウル特別市の合意書締結について】舛添都知事と朴ソウル市長が締結した項目「都市の安全・安心対策、環境対策、福祉保健対策、スポーツ交流、産業観光交流、文化交流」
20140723184300_bodyfile


東京都とソウル特別市の合意書締結について 

平成26年7月23日 政策企画局   
このたび、舛添要一東京都知事と朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル特別市長が、東京都と
ソウル特別市との間の合意書に下記のとおり調印し、締結しましたので、お知らせします。

1 合意書名   東京都とソウル特別市の交流・協力に関わる合意書
2 合意書締結日   平成26年7月23日(水曜)



東京都とソウル特別 市の交流・協力に関わる合意書

東京都とソウル特別市は、 1988年の 友好都市関係締結以来築い てきた友好関係を、
互いの市民にとってより実質的に役立つものとす るため、下記の分野において緊密な
交流・ 協力を行うことに合意する。交流・協力内容の細目については別紙に定め、
両都市協議の上、毎年 更新することとする。


(1) 都市の 安全・安心 対策
(2) 環境対策
(3) 福祉保健対策
(4) オリンピック・パラリンピック、 スポーツ交流
(5) 産業 ・観光交流
(6) 文化交流



両都市は、東京都政策企画局外務部とソウル特別市国際交流事業団を責任部署とし、
両都市が合意した交流・協力事業の確実な推進を図る。両責任部署は、合意書事項について
政策実施の責任を持つ担当部署間が、定期的に相互訪問・協議を行うよう支援する。

東京都知事とソウル特別市長は、 現在の両都市の友好・協力関係をより高い次元に
発展させていくために、 定期的に相互訪問・協議を行 うものとする。

その他、両都市は、必要に応じて関係職員の 相互交流を行う。
この合意書は日本語及び韓国語によってそれぞれ二通作成 され同等の効果を持ち、
2014年7月23日にソウルにて締結された。両都市はそれぞれ一通を保管する。


2014年7月23日
東京都知事  
舛添 要一
ソウル特別市長   朴 元淳

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/07/DATA/20o7n500.pdf


続きを読む
833 舛添要一都知事 「90%以上の都民は韓国が好きだ」
1影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/2014/07/26(土) 16:45:02.48 ID:???0.net
東京都の舛添要一知事による韓国訪問に、都民らから批判が殺到している。
都庁に約1000件のメールが届いたが、大半が反対意見だというのだ。


高飛車な朴槿恵(パク・クネ)大統領に一方的な歴史認識を披露させたうえ、ソウル大学で
「90%以上の都民は韓国が好き」といった不可解な講演をしたことも影響しているのか。


「朴氏は、舛添氏を利用し、完全にやり込めた。朴氏はこれまでの原則論をまったく崩さず、
一方の舛添氏は『ごもっとも』という日本人的な対応に終始した。


韓国紙には、舛添氏が頭を下げている写真ばかり載り、朴氏も大満足のはず。
当の舛添氏は外相気取りで、都民や国民の評価を下げたことすら気付いていないのだろう」


新著『ディス・イズ・コリア』(産経新聞出版)が注目されているジャーナリストの室谷克実氏は
こうあきれた。
注目された25日の朴-舛添会談。その姿勢や態度から、舛添氏は卑屈に見えた。

朴氏が背筋を伸ばして右手を差し出すと、
舛添氏は背中を丸めて笑顔で握手した。朴氏が
「慰安婦問題は普遍的な人権問題」「一部の政治家の言動で、両国関係は難しくなっている」

などと自分勝手に語っても、舛添氏はうなずきながら聞き入っていた。

韓国のテレビニュースは、この様子を繰り返し流し、朴氏の話に舛添氏が全面的に共感して
いるかのような印象を際立たせた。
舛添氏が同日、ソウル大学で行った講演も気になる。

聯合ニュースによると、舛添氏は、在日韓国人らに対する「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)に
厳しく対応していく考えを強調するなかで、
「90%以上の東京都民は韓国が好きなのに、
一部がヘイトスピーチをして全体を悪くしている」などと語ったというのだ。


日本人の対韓感情の悪化は、2012年8月に、当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が、
島根県・竹島に強行上陸し、天皇陛下への謝罪要求を突き付けたことがきっかけだ。
これに、朴氏が世界中で「反日・告げ口」外交を展開したことが拍車をかけた。


ヘイトスピーチは問題だが、それが(日韓関係)全体を悪くしたといえるのか。
そもそも、読売新聞社と韓国日報社が今年5月に行った共同世論調査では、
日本側の73%が「韓国を信頼できない」と答えている。


舛添氏が語った「90%以上の都民~」の根拠ははっきりしない。

舛添氏は今回の訪韓について、「都市外交を活発にすることで、国家の外交を補完することが
結果的にできるんだなと思いました」
と自画自賛したが、都民の反応は違うようだ。

都庁には25日午後3時までに、メールだけで約1000件の意見が都民らから寄せられたが、
「大半が反対意見」(担当者)。
「なぜ地方自治体が外交的なことをするのか」
「韓国との協力に税金を使うべきではない」といった声が多かったという。

20140726173845_1_1

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140726/frn1407261528003-n1.htm
 
続きを読む
232 【和歌山】生活保護不正受給5年で2.5億円、市担当者「悪質なものについては公表を検討したい」
1くじら1号 ★@\(^o^)/2014/07/25(金) 11:26:34.26 ID:???O.net
全国的に後を絶たない生活保護費の不正受給について、和歌山市では
平成21~25年度の5年間に計512件、
約2億5660万円にのぼることが、
24日に開かれた市議会厚生常任委員会で明らかになった。

そのうち300万円
以上は11件約4500万円で、市に返納されたのは
約350万円と8%にとどまるという。


市によると、300万円以上の不正受給の内訳は、本人と長男が就労していたことを
市に申告せずに受け取った
(約322万円)▽一人暮らしで最低限の生活も維持できない
という虚偽の申請で受給(約673万円)

▽19年から就労があったにもかかわらず申告せず受給(約698万円)-など11件。
そのうち1件を除いて
未徴収があり、返納額がわずか1万円のケースもあったという。

市担当者は「悪質なものについては公表するなど抑止策を検討し、改善案を提出したい」と
説明した。

hd_logo

http://sankei.jp.msn.com/region/news/140725/wky14072503570005-n1.htm
 
続きを読む
797 【続報】舛添都知事「ヘイトスピーチは許さないとの認識で一致した」 朴大統領との会談について語る
1シャチ ★@\(^o^)/2014/07/25(金) 12:34:01.31 ID:???.net
【ソウル時事】舛添要一東京都知事は25日、韓国の朴槿恵大統領との会談後、
在日韓国・朝鮮人らへのヘイトスピーチ(憎悪表現)は許さないとの認識で一致したと語った。

763b3e93695ebeeb629c9009c3b82846

時事通信 7月25日(金)12時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140725-00000067-jij-kr

【前スレ】

【速報】舛添都知事、韓国パククネ大統領と会談「歴史認識をしっかりすることが、親善の第一歩だという大統領の考えを安倍総理に伝えたい」

続きを読む
356 【速報】舛添都知事、韓国パククネ大統領と会談「歴史認識をしっかりすることが、親善の第一歩だという大統領の考えを安倍総理に伝えたい」
1くじら1号 ★@\(^o^)/2014/07/25(金) 13:32:42.09 ID:???O.net
ソウルを訪問中の東京都の舛添知事は25日午前、韓国のパク・クネ大統領と会談しました。

この中で、パク大統領は「正しい歴史認識を共有し、両国の関係が発展できるよう力を注いで
ほしい」
と述べました。

韓国のソウルを訪れている東京都の舛添知事は、25日午前11時から韓国のパク・クネ大統領と
大統領府の
「青瓦台」で会談しました。

この中で、パク大統領は「両国の国民は友情を分かち合ってきたが、政治的困難により
心まで遠くなっていて
残念だ。一部の政治家たちの不適切な言動で両国関係で困難が発生している」
と述べました。


その上でパク大統領は「正しい歴史認識を共有し、両国の関係が発展できるよう力を注いで
ほしい。
特に従軍慰安婦の問題は基本的な人権に関する問題であり、真摯な努力で解決できる
ものと期待している」
と述べました。

これに対し、舛添知事はことし4月に起きた旅客船の沈没事故について「都民を代表して
心からすべての
韓国国民に哀悼の意を表したい」と述べました。

韓国のパク・クネ大統領との会談を終えた東京都の舛添知事は報道各社の取材に応じ、
日韓の関係改善への安倍総理大臣の意思をパク大統領に伝えたことを明らかにしたうえで

「パク大統領は歴史認識をしっかりすることが、親善の第一歩だという考えを示したので、
安倍総理に伝えたい」
と述べました。また「日韓関係を前向きに進めたいというパク大統領の
思いが、ひしひしと伝わる会談だった」と述べました。

763b3e93695ebeeb629c9009c3b82846

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140725/5995863.html
 
【関連】

【売国】舛添都知事、血税で培った地下鉄技術を韓国・ソウル市へプレゼントすると発表


続きを読む