210 【朝日新聞】 「話を聞くと似たような眩暈(めまい)を感じてしまう。安倍政権が準備する特定秘密保護法案である」
1有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★2013/09/18(水) 02:57:18.91 ID:???0
★天声人語

「クレタ人は皆うそつきだ」と、クレタ人Aが言った。Aの言葉が正しいとすると、
Aもうそつきということになり、クレタ人が皆うそつきかどうかは真偽不明となる。

よく知られたパラドックスである

▼これとは次元が違うが、話を聞くと似たような眩暈(めまい)を感じてしまう。
安倍政権が準備する特定秘密保護法案である。
「重要な秘密は漏らしてはならない。
ただし、どれが重要で、どれが重要でないかは重要な秘密である」と言われているようだ


▼法案の概要を読むと、防衛、外交、スパイ、テロの4分野で、それぞれ「特定秘密」にできる
項目を並べている。
漏洩(ろうえい)は厳罰に処せられるのだが、書きぶりが抽象的かつ
網羅的なので、なんでもかんでも秘密にされかねない怖さがある


▼米国との間で軍事情報などを共有する必要性が高まり、「保秘」の仕組みも万全にする必要が
あるということらしい。
安全保障上、表に出せない情報はあるだろう。ただそれは、国民の知る
権利、ひいては国民主権の原理とぶつかる関係にあることを忘れるわけにはいかない


▼なにが特定秘密かを決めるのは「行政機関の長」だ。その判断が適切かどうかを見張る
仕組みが法案にはない。
首相以下が恣意(しい)的に決めたり、乱用したりしたらどうなるか。
国会や裁判所は歯止めをかけられないのか。危惧すべき問題点が多すぎる


▼民主主義を支えるのは情報公開である。それを蔑(ないがし)ろにして法成立に走るなら、
「よらしむべし、知らしむべからず」ではないか。

logo

asahi.com 2013年 9月 18 日(水)付
http://www.asahi.com/paper/column.html?ref=com_top_tenjin


続きを読む
241 【毎日新聞】精神科医の香山リカ「東京オリンピック開催に沸いた週末が明けた診療所。患者さんたちの中に、さえない表情の人が目立った」
1有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★2013/09/17(火) 20:00:05.20 ID:???0
★香山リカのココロの万華鏡:7年後のオリンピック /東京

東京オリンピック開催に沸いた週末が明けた診療所。患者さんたちの中に、
さえない表情の人が目立った。
「どうしました? うつの症状がひどくなりました?」と聞くと
「オリンピックが……」という答えが。
「え、好きじゃないんですか、オリンピック?」と言う私に、
「いえいえ、東京に決まって本当によかった」と、慌てて否定した人もいた。


その人たちは、「7年後」という現実味があるようでいて、それなりに長さもある年月に負担を感じ、
気が重くなっているのであった。
ある人は、「7年後に、自分はもう50代かと考えると
めまいがする。まだ独身か。仕事はどうなっているのかと急に不安になった」と語った。


別の人は、「それまでに大きな災害があったらどうしよう。どこに逃げたらいいのかと
想像してしまう」と話した。
「まだうつ病が治らずに、こうやってここで先生と話していたら、
と考えると気がめいる」という正直な人もいた。


「まあ、きっと大丈夫ですよ。元気になってオリンピックに熱狂してますよ」などと言いながら、
ふと「自分はどうしているのだろう」と、我が身にも目が行く。
7年後に私は60歳。
世間で言えば還暦だ。大学や病院の定年も近い。退職後の備えはできているのか。


マンガやゲームからは卒業し、年齢相応の落ち着きを身につけているだろうか、
などと途端にあれこれ心配になってくる。
マスコミの仕事で会うテレビディレクターや
編集者らは「ついに東京にオリンピックが来るね!」と、みんな手放しで喜んでいる。


中には60代もいるが、「絶対に現役でその日を迎えたい」「孫もその頃は大学生。
一緒に観戦へ行けるかと思うとワクワクする」と、
新たな励みにしている人も少なくない。
広告代理店に勤める友人は「7年なんてあっという間。準備が間に合うかどうか」と、
今から気ぜわしい。

images

毎日新聞 2013年09月17日 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20130917ddlk13070166000c.html
(>>2へ続く)

 
続きを読む
222 【NHK】 日本ペンクラブ、秘密保全法案に反対
1有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★2013/09/17(火) 18:20:25.32 ID:???0
★日本ペンクラブ 秘密保全法案に反対

安全保障に関する情報を厳重に保護するための「秘密保全法案」について、
作家などでつくる「日本ペンクラブ」は内部告発者らを萎縮させ、取材・報道の自由を
侵害するとして、
法案に反対する意見書をまとめ、政府に提出することにしています。

政府は秋の臨時国会で、安全保障に関する情報を厳重に保護するため、
特に秘匿が必要として「特定秘密」に指定した情報を漏えいした公務員らに対し、
最高で10年の懲役刑を科すなどとした「秘密保全法案」の成立を目指しています。

これについて、作家などでつくる日本ペンクラブは17日、理事会を開いて法案に
反対する意見書をまとめ、政府に提出することにしています。

意見書では、対象とされる情報が不明確で必要以上に範囲が広いことや、
罰則の強化で取材者や内部告発者を萎縮させ、
取材・報道の自由を侵害することに加え、
各国の秘密保護法は徹底的な情報公開制度の整備を前提としているのに、

日本は情報公開が立ち遅れていることなどを反対の理由に挙げています。

日本ペンクラブの会長で、作家の浅田次郎さんは「今ある法律で十分に対応できるのに、
新たな法律をつくれば必ず悪用される危険が生まれる。

政府は国会への提出を見送るべきだ」と話しています。

K10046046011_1309171837_1309171839_01

NHK 9月17日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130917/t10014604601000.html


続きを読む
163 【話題】 女優の藤原紀香が韓国カルト教団の信者という噂・・・秘密保全法へのコメントが思わぬ波紋を
1影のたけし軍団ρ ★2013/09/16(月) 10:39:13.40 ID:???0
女優の藤原紀香(42)が9月13日、政府が進めている「秘密保全法案」について、
「国民の一人としていかがなものかと心配しています」とブログでコメントして話題になっている。

秘密保全法とは「国にとって特に重要な情報を『特別秘密』に指定し、それを取り扱う人を
調査・管理し、それを外部に知らせたり、
外部から知ろうとしたりする人などを処罰すること
によって、『特別秘密』を守ろうとする」(日本弁護士連合会より)もの。

たしかに国が恣意的に運用すれば、国にとって都合の悪い人物を逮捕することができる危険性を
はらむ。
だが、なぜ藤原紀香がこのような発言をしたのかあらぬ噂がかけめぐっている。

「いま言われてしまっているのが『藤原紀香は韓国カルト教団の信者。
日本国の情報を教団を通じて韓国に流しているから、自分に都合が悪いこの法案に反対している』というものなんですよ。

一部のマスコミでもこんなことを言い立てている人がいるそうですし、
それで動いている記者までいるとか」(週刊実話誌記者)


あまりにも突拍子もない話に見える。だがたしかに芸能界に朝鮮系新興宗教の信者が
いるのも知られているが…。
「一部週刊誌で報道されているように、かつて紀香さんは
ある教団で受付の仕事をしていたんです。
そしてその教祖はたしかに韓国で生まれています」
(新宗教に詳しいライター)


そう聞くとにわかに信ぴょう性が増してくる?

「しかし、彼女がその教団で受付をしていたのは、あくまでアルバイトです。
教団の信者ではおそらくなかった。
またこの教団の教祖も韓国で生まれたというだけで、
日本人です。教団も秘密主義なので、実際はそうではないにしろ、

カルト的に誤解されることも多い教団なんですよね。なんにせよネット上などで言われている
紀香さんの噂は、さすがにひどいのでは」(前出・ライター)とのこと。


その美貌や人柄の良さから慕われているのだが、逆に嫉妬をされることも多い
彼女なだけに、
そういうアンチ勢力がこういった噂を流した可能性もあるだろう。
彼女にとっては迷惑な話だ。

r-NORIKA-FUJIWARA-large570
http://mogumogunews.com/2013/09/topic_2621/

【政治】女優の藤原紀香「特定秘密保護法案、国民の一人として心配」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1379175169/

【関連】
日本政府が『特定秘密の保護に関する法律案の概要』に対する意見募集


続きを読む
362 【韓国】ソウルで『日韓交流おまつり』 三浦春馬「演技や歌には国境はないだろうと思う」 TBS「こうした地道な文化交流に期待する声は大きい」
1かじてつ!!φ ★2013/09/16(月) 00:09:28.96 ID:???
○関係悪化の中、韓国・ソウルで「日韓交流おまつり」

竹島の領有権や慰安婦問題をめぐり、日本と韓国の関係は冷え込んだままですが、
韓国・ソウルでは両国の交流イベントが今年も開かれています。
15日、韓国・ソウルでは、「日韓交流おまつり」が開催されています。

この交流イベントは、相互理解を深めようと2005年以降、毎年開かれてきました。
しかし、日本と韓国の政府は慰安婦問題や竹島の領有権をめぐり、去年8月以降
関係が悪化、両国で新政権が誕生してからもいまだ首脳会談は開催されていません。

こうした中でも、15日は、日韓の企業130以上が協賛し、韓国の学生700人以上が
ボランティアとして携わっています。また、日本からは、韓国のテレビ番組に出演したことが
あるタレントや俳優が参加し、
イベントを盛り上げました。


「日韓関係のいろいろな動きは昨年から大きくありましたけど、実際に韓国に来て、
それを肌で感じたとか、嫌な目に遭ったことは逆になくて、友好的な関係が結べれば
と強く思っています」(藤井美菜さん)

「僕らの演技や歌には国境はないだろうと思うので、いい芝居をすることだけを考えて
います」(三浦春馬さん)
43bcba6aca5cecfa945e3136a5873fc5

政治的な緊張関係が続く中、こうした地道な文化交流に期待する声は大きく、今月21日、
22日には、日本の東京でも同様のイベントが開催される予定です。


□ソース:TBS(動画あります)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2014056.html


続きを読む
200 【北海道新聞】「戦犯に礼を尽くす日本が東京五輪にふさわしいか、隣国との冷え切った関係の修復は急務だ、この国の平和主義は揺らいでいないか」
1帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★2013/09/15(日) 15:42:34.53 ID:???
東京五輪決定のビッグニュースに沸いた1週間が過ぎた。スポーツ選手憧れの舞台という
だけでなく、
「アベノミクスの4本目の矢」とはやされ、実利的な夢が早くも膨らんでいる

▼肝心なことが忘れられている。「平和」についてだ。オリンピック憲章には五輪の
目標として「スポーツを人類の調和のとれた発達に役立てることであり、
その目的は、
人間の尊厳保持に重きを置く、平和な社会を推進することにある」と記されている


▼日本にとって五輪は栄光の記憶だけではない。1940年(昭和15年)、
札幌の冬季大会と東京の夏季大会はともに戦争のため中止された。
平和なくして五輪開催はあり得ない。
そう考えると、いつまでも浮ついてはいられない

▼中国の新聞は靖国問題に絡めて「戦犯に礼を尽くす国が、平和を発揚する五輪開催に
ふさわしいか」
と報じたという。表現が気に障る向きはあろうが、隣国との冷え切った
関係の修復は急務だ


▼49年前の東京五輪で、閉会式の光景は語り草になっている。整然と行われた開会式
とは一変し、
選手が国に関係なく、お祭り騒ぎで入場してきた。日本選手団の旗手は
肩車されていた。
東西冷戦のさなか、平和の尊さを世界に発信した

▼7年後、紛争やテロの心配のない世の中になっているか。この国の平和主義は
揺らいでいないか。
おもてなしよりもはるかに重い課題だ。2013・9・15
logo

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/491833.html
 


続きを読む
369 【毎日新聞】「秀吉は朝鮮への侵略で18万人以上を殺害し、陶磁器を作れなかった日本に陶工を多数連行した」
1帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★2013/09/15(日) 22:06:30.59 ID:???
◆十五代沈壽官先生との感銘の対面
◇日朝の深きところで育まれた薩摩焼 透き通る白肌に、繊細緻密な施し

伊勢国藤堂家の支藩に生まれ、後に京都で開業した橘南谿という医者がいた。

天明(1780年代)の頃に生きた人物だ。南谿は旅行家としても知られ、信越から奥州を
「東遊記」、
九州、四国を「西遊記」に記した。彼は「余、久敷その地に遊ばんことを心がけ
居たりしが」と書き、
薩摩を訪れ、「文禄慶長の役」で朝鮮から連れてこられた陶工たちの
いる苗代川へ満を持して訪ねている。


「文禄慶長の役」は太閤秀吉による罪深き侵略戦争。朝鮮に多大なる被害をもたらした。
殺戮された民は18万をゆうに越え、さらに日本に連行された人は3万とも4万とも言われる。

ここに陶工たちが多数含まれている。土をこね、焼き上げることしかできなかった日本とはちがい、
すでに釉薬を施し、着色し、高温で焼き上げた硬い陶磁器が朝鮮や中国でつくられていた。

茶の湯の風流を知る武将たちは、隣国の陶磁器に憧れ、こぞって戦地から陶工を連れて帰った。

index

続きを読む
201 【けつもんだ事件】みのもんた「セクハラっていうのは1人でできるもんじゃない。映像を作為的に使われている」 セクハラ疑惑を完全否定
1そーきそばφ ★2013/09/15(日) 03:46:07.94 ID:???0
「大変、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」

13日夕、神奈川県鎌倉市内の豪邸前に集まった約70人の報道陣を前に
35秒間頭を下げたみの。
トレードマークの銀髪オールバックに、紺のブレザー姿。
カメラの放列に渋面する足下を見ると素足にサンダル履きだ。

ちぐはぐな服装に揺れる心境が現れていた。

次男で日本テレビ社員の御法川雄斗容疑者(31)が11日に窃盗未遂の疑いで逮捕された
ことを受けての会見。
事件について次男から約1週間前に電話で説明を受けていたことを
明かし、「(逮捕について)そんなバカなことはないと思った。
済んだ話だと思っていた」
「(息子を)信じない親がどこにいますか」と愛息の潔白を毅然と訴えた。


ただ、「疲れてます。…眠れませんね。夕べは(昨年5月に亡くなった)女房と話していました」
ともらし、覇気のない表情で涙ぐむ一幕も。


「30歳をすぎた男は別の人格者で、あれこれとやかく言う筋合いのものではない」と
自身の不祥事ではないことを強調しつつ、

「私のせがれじゃなかったらこんな大騒ぎにならなかったろうな」とも。

5bc6f8aa-s

ソース 夕刊フジ 記事抜粋
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130914/enn1309141457010-n1.htm

【関連】
関係者だけど、あの放送終了後のみのさんの荒れようは凄まじかったよ



続きを読む
106 【前科】 みのもんた次男、慶応付属高校時代には万引きで停学処分を受けていたwwwwwwwwwwww
1影のたけし軍団ρ ★2013/09/14(土) 20:59:37.60 ID:???0
父親になることは難しくないが、父親であることは極めて難しい。そんな言葉があった気がする。
司会者のみのもんた(69)はこのことを身にしみて感じているだろう。

みのの次男で日本テレビ勤務の御法川(みのりかわ)雄斗(31)が

窃盗未遂容疑で警視庁に逮捕されたのは9月11日(2013年)であった。
『フライデー』で民放テレビ局記者がこう語っている。


<「8月13日に新橋の路上で泥酔していた40代会社員のカバンを盗み、
入っていたキャッシュカードを使って、
近くのコンビニでカネを下ろそうとしたんです。
結局、暗証番号がわからなくて、未遂に終わりましたが(笑)。


警視庁もみのさんの息子ということで慎重に任意で事情聴取をしていましたが、
ATMの防犯カメラに写っていたことが決め手となって逮捕となりました」>

雄斗容疑者は慶應大学を卒業後、06年に日本テレビに入社、営業部に勤務し、
11年には結婚するなど順調な人生を送っていたという。

みのと親しい民放テレビ局社員の話として、長男は同じ慶応大を出てTBSにいて、
まじめでバラエティ担当のプロデューサーとして
評判がいいようだが、

次男のほうは昔からやんちゃで、附属高校時代に万引事件のリーダー的存在で、
停学処分を受けたことがあるという。


みのは「忙しくて甘やかしすぎた」と漏らしていたというが、
そんな次男が日本テレビに入れたのも「みののコネ」だといわれているそうである。


不可解なのは自分の職場の近くで盗みをはたらき、しかも盗んだクレジットカードを
近くのコンビニで暗証番号も知らずに下ろそうとしたことである。

出来心にしてもお粗末すぎる。それほどカネに困っていたのか。
泥酔しての犯行ではないようだから、覚せい剤か何か『クスリ』の影響があったのかもしれない。


不肖の息子の親は報道番組への出演を自粛すると発表し、報道機関へファクスで
「世間を大変お騒がせした事について、
大変申し訳なく思っております。
父親として深く責任を感じております」とのコメントを発表したそうだ。


妻にも死なれ、子供にも裏切られたみのからは今後あの歯切れのいいコメントは
聞かれないかもしれないと思うとちょっぴり寂しい。

saved_quote_image_315766

http://www.j-cast.com/tv/2013/09/13183826.html

【前スレ】
みのもんた次男 「財布がなくなり探していたら、寝ている男性が自分と同じバッグを持っていた。中を見たら自分と同じ財布があった」


続きを読む
197 みのもんた次男 「財布がなくなり探していたら、寝ている男性が自分と同じバッグを持っていた。中を見たら自分と同じ財布があった」
1影のたけし軍団ρ ★2013/09/14(土) 13:18:42.86 ID:???0
刑法235条は窃盗罪の量刑について「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」と定めている。
243条には「罪の未遂は罰する」とある。「5年以上の有期懲役」の強盗罪よりはるかに軽い窃盗未遂だが、
みのもんたの次男・御法川雄斗容疑者(31)への風当たりは強い。

逮捕容疑は8月13日、東京・港区の路上で泥酔して寝ていた40代男性のバッグを盗み、
コンビニのATMで男性のキャッシュカードを使い現金を引き出そうとした疑い。

御法川容疑者は当初、警察の調べに「疲れた」とこぼし、調書への署名を拒否、悪態も
ついたという。
コンビニの監視カメラに姿を捉えられたが、容疑を否認しているとみられる。

その主張は「自分の財布がなくなり探していたら、寝ている男性が自分と同じバッグを
持っていた。
中を見たら自分と同じ財布があった」。財布にあったカードで現金を
引き出そうとしたところ、
暗証番号が異なるので「自分のものではない」と気付いた。


この主張に警察はカンカンで「家宅捜索も検討している」(関係者)。
さらに、御法川容疑者が警察の“お世話”になるのは初めてではないことも怒りを買う材料になった。

この関係者があきれて語る。

「現場となった新橋界隈では酔って暴力沙汰を起こしては示談にするというのが何回かあり、
所轄の愛宕署では『またお前か!』というレベルのドラ息子。そのたびに父親のみのの名が出ていた」

さらには「素人の犯行や出来心でやったとは思えない」という指摘も。その手口が、プロっぽいからだ。

「昏睡強盗は、財布を盗んでも現金しか手をつけない。カードは暗証番号が分からないので
手を出さない。
だが、御法川容疑者は堂々と現金を引き出そうとした。暗証番号を生年月日や
携帯電話の下4桁、住所の番地の逆数字などに設定している人がいて、
盗んだ側がダメもとで
試そうとしたのなら不思議ではない」と言う関係者は、余罪も追及されるとみている。

index

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/183716/

【前スレ】

みのもんた次男はATMの上に忘れてあった3枚のカードを取り違っただけらしい


続きを読む