198 【皇室】眞子内親王殿下、ブータン国王一家と親しく交流
18: 名無しさん@1周年 2017/06/03(土) 15:18:13.92 ID:WA/6dkwd0
ブータンお写真
no title

眞子さま、国王一家と親しく交流=右手に指輪、ブータン訪問
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017060300176&g=soc
続きを読む
145 【画像】ブータンの王子 国王両陛下と一緒ににっこり
1: みつを ★ 2017/05/02(火) 00:39:08.56 ID:CAP_USER9
ブータン王室は1日、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク(Jigme Khesar Namgyel Wangchuck)国王夫妻と、今年2月に1歳を迎えたばかりのギャルセイ・ジグメ・ナムゲル(Gyalsey Jigme Namgyel)王子の家族写真を公開した。

ブータンの首都ティンプーにある王宮タシチョゾンで写真撮影に臨む、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(右)、ギャルセイ・ジグメ・ナムゲル王子(中央)、ジェツン・ペマ王妃(左、2017年5月1日提供)。(c)AFP/Royal Office for Media Bhutan
no title

2017/05/01 23:09(ティンプー/ブータン)
http://www.afpbb.com/articles/-/3127030?act=all

関連:【ブータン農業の父】ブータンに「西岡記念館」農業発展に尽力、功績紹介
http://hosyusokuhou.jp/archives/38715283.html
ブータン行ったときの画像うpする
http://hosyusokuhou.jp/archives/12532472.html
ブータンへ行く日本人観光客が急増 国別で第1位
http://hosyusokuhou.jp/archives/11065732.html
続きを読む
138 生後2週間、ブータンの王子の「お顔」は…“イケメン国王”が顔写真公開
1リサとギャスパール ★2016/02/22(月) 00:50:49.53 ID:CAP_USER*.net
ブータン王室は21日までに、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(36)とジェツン・ペマ王妃(25)の間に今月5日に誕生した第1子となる男児の顔写真を公開した。撮影は19日で、
王子は生後2週間。“イケメン”ぶりが話題ともなった国王のフェイスブック(FB)にも投稿されている。


王室は9日、国王夫妻と国王の父のジグメ・シンゲ前国王に囲まれた王子の写真を公開していた。

19日、ブータンの首都ティンプーの王宮で、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王が撮影した
生後2週間の王子(ブータン王室提供)

20160222223412_1_1

ブータンの首都ティンプーの王宮で、王子を抱くジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(ブータン王室提供)
20160222223412_1_2

ブータンの首都ティンプーの王宮で、王子を囲むジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(左)とジェツン・ペマ王妃(ブータン王室提供)
20160222223412_1_3

2016.2.21 23:53
http://www.sankei.com/world/news/160221/wor1602210042-n1.html 

続きを読む
177 【祝】ブータン国王王妃に第1子男児誕生! 王位継承者、母子ともに健康
1Sunset Shimmer ★2016/02/06(土) 13:45:42.21 ID:CAP_USER*.net
ヒマラヤの小国ブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(35)とジェツン・ペマ王妃(25)
の間に5日、第1子となる男児が誕生した。ブータン当局が6日に発表した。


ブータンは物質的な豊かさでなく、心の充実「国民総幸福量(GNH)」を掲げ「幸せの国」と呼ばれる。
国王は端正な顔立ちで「イケメン国王」として人気を集め、2011年に訪日した際は各地で歓迎を受けた。
王位継承者の誕生でブータンは祝賀ムードに包まれそうだ。


当局によると、男児は首都ティンプーの王宮で生まれ、母子ともに健康という。

b0beab7363834074952acbe4bd6d8af9

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)引用元:共同通信
http://this.kiji.is/68554105316541949
 
続きを読む
248 ブータン経済相「日本からの投資を呼び込みたい。ブータン人も日本が大好き」
1 エメラルドフロウジョン(東京都)@\(^o^)/2016/01/21(木) 01:58:18.17 ID:BoFYLtyK0.net
ヒマラヤ山脈のふもとにあり「幸せの国」として知られるブータン王国のノルブ・ワンチュク経済相が
18日、東京都内で
朝日新聞のインタビューに応じた。ブータン経済の成長が期待されている
再生可能エネルギーなどの分野で、日本企業の
投資を呼び込みたいと話した。

今年は、日本とブータンが国交を樹立して30年だ。ワンチュク氏は国際協力機構(JICA)の招きで、
東京と大阪で
電力業界の民間企業を訪問したり、意見交換をしたりするために来日した。

九州ほどの国土に人口75万人というブータンは、国民総幸福(GNH)という考え方を国是とし、
経済成長よりも国民の
幸福度を重視してきた。医療と教育はすべて無料だ。ワンチュク氏は
「こうした社会福祉を持続的に提供し、国民全員が
幸せであるためには、やはり経済が成長しないといけない」。

エネルギー分野の伸びしろが大きく、特に水力発電が経済を大きく成長させていると言う。また、
観光産業や国民の
6割以上が従事している農業分野でも、投資の可能性を秘めていると強調し、
「日本の優れた技術や蓄積された専門性、
ものづくりに対する姿勢など学ぶものは多い。
ブータン人も日本が大好き。一緒になってユニークな製品を作り出して
輸出したい」と話した。
AS20160119004804_comm

http://www.asahi.com/articles/ASJ1M3WG4J1MUHBI00W.html
 
続きを読む
157 【動画】ブータン王国のトブゲイ首相、相馬市の沿岸部など訪問
9ab5d9033972a177cdba6b4907fe5013



ブータン王国の首相が、2日、福島・相馬市の沿岸部などを訪れた。
ブータン王国のトブゲイ首相が初めに訪れたのは、相馬市に、2日オープンした、
子ども-たちの支援施設。 このあと、トブゲイ首相は、東日本大震災による津波で
多くの命が失われた、原釜地区の-沿岸部を訪れた。

ここは3年前、同じブータンの国王夫妻が訪れた場所で、慰霊碑に祈りをささげる姿が、-
人々の心を揺さぶった。 トブゲイ首相は、その慰霊碑に花を手向けて、祈りをささげたあと、
復興の状況を確かめ-るように、海岸を歩いた。
地元の人は「(首相が)来てくれて、思わず涙がこぼれそうになりました」と話した。
https://www.youtube.com/watch?v=M2EpBNr5oXY

続きを読む
126 【ブータン農業の父】ブータンに「西岡記念館」農業発展に尽力、功績紹介
ブータンに「西岡記念館」 農業発展に尽力、功績紹介
ヒマラヤのブータンへ50年前に渡り、農業技術指導者として同国の発展に尽力した
故西岡京治氏(1933~92年)の功績を紹介する記念館が西部パロに開館し、国際協力機構
(JICA)の田中明彦理事長やブータン政府高官ら約100人が出席して式典が行われた。   

西岡氏は、日本がブータンと外交関係を樹立する前の64年、JICAの前身組織から派遣された。
農業が技術的に遅れていた当時のブータンでコメの品種改良や野菜栽培の普及、農業機械化などで
献身的な活動を続け、食料自給率と生産性を向上させた。

CI0003

http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2014061701001798


続きを読む
97 ブータンが日産と提携、大気汚染防止に向け首都ティンプーにある自動車を全て電気自動車に、投資額は100億円以上になる見通し
1諸星カーくんφ ★2013/11/22(金) 10:06:31.70 ID:???
「国民総幸福量」追求を掲げるヒマラヤの小国ブータンが、
首都ティンプーにある自動車を全て電気自動車化する計画に向け、

日産自動車などと提携することが22日分かった。

大気汚染を防ぐとともに、EVの充電に水力発電を活用し、
原油輸入などで
膨らむ貿易赤字の改善も図る。

投資額は100億円以上になる見通し。アジア開発銀行が低利融資を検討している。
日産のカルロス・ゴーン社長が今秋、
ブータン首脳と会談し協力で一致。
日産は主力EV「リーフ」を納入する。ブータンは米EVベンチャー企業とも提携する。


ブータンの首都ティンプーに駐車してある電気自動車入れ替え前のタクシー
20131123172431_1_1

http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112201001413.html


続きを読む
92 【ブータン】政権交代へ!! 野党、総選挙で勝利 中国への接近がインド関係を後退させたとの批判で躍進
1アヘ顔ダブルピースφ ★2013/07/14(日) 08:00:42.11 ID:???0
「幸せの国」で政権交代へ 野党、総選挙で勝利 対中接近批判で躍進

ヒマラヤ山脈の国ブータンで13日、
国民議会(下院、定数47)の任期満了に伴う総選挙が行われた。

即日開票され、選挙管理委員会の集計によれば、
野党国民民主党が32議席を獲得して与党ブータン調和党(15議席)を破り、政権を奪取した。

民主党は、調和党政権の中国への接近が対インド関係を後退させたと批判し躍進した。
新首相には民主党のトブゲイ党首(47)が就任するとみられる。


有権者は約38万人。選管によると、投票率は66%だった。

ブータンでは投票直前の今月初め、家庭用ガスのインドによる補助金が廃止され、
価格が2倍以上に急騰した。有権者の間では、調和党政権の対中接近に
インドが懸念を強めたことが、補助金廃止につながったとの見方が広がっていた。

対中接近が指摘されたきっかけは、昨年6月にブラジルで行われたティンレイ首相(当時)と
中国の温家宝首相(同)の会談で、両者は外交関係樹立を目指すと報じられた。
秋には郵政公社が中国製バス15台を調達した。

これに対し民主党は、最大の支援国インドとの関係が後退したと主張。
またブータンでは農村から都市へ移住した若者の失業が社会問題化しており、
調和党の雇用政策も批判していた。

ブータンでは5年前に初の総選挙が行われ、王政から立憲君主制に移行した。
今回2度目の総選挙で政権交代が実現する。前回は調和党が45議席を獲得し、
2議席の民主党に圧勝した。

msn産経ニュース 2013.7.14 【ニューデリー=岩田智雄】
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130714/asi13071401060000-n1.htm


2アヘ顔ダブルピースφ ★2013/07/14(日) 08:00:55.61 ID:???0
13日、ブータン・ティンプーの投票所で、順番を待つ有権者(共同)
20130714111214_2_1

13日、ブータン・ティンプーの投票所で、国民議会総選挙の投票をする有権者(共同)
20130714111214_2_2

続きを読む