5,903 【民主党・有田芳生グループ】しばき隊の木野トシキが脅迫「『保守速報』潰します。」←有田芳生議員は責任取れるんですか?
08cbd2c36be417f180d23692660e3152

1
ニールキック(岐阜県)2013/09/29(日) 00:40:34.56 ID:bbrSh8Cy0


https://twitter.com/Kino_Toshiki/statuses/383954003907723265

http://twittaku.info/view.php?id=383954003907723265


https://twitter.com/Kino_Toshiki/statuses/383955510442987520

http://twittaku.info/view.php?id=383955510442987520



【関連】

【速報】しばき隊が脅迫  bcxxx2「保守速報ぶっ潰す」 木野トシキ「みなさんがドン引きするくらいのレベルで『徹底的に潰す』」

12 サッカーボールキック(WiMAX)2013/09/29(日) 00:48:38.24 ID:iWlHSnM30
アフィがひとつふたつ潰れたところで何も変わらないよ(´・ω・`)


16 ストレッチプラム(沖縄県)2013/09/29(日) 00:50:23.18 ID:3xnYjeTk0
アクセス数だけ無駄に伸びて逆に小銭稼げるんじゃねえのw


19 キャプチュード(徳島県)2013/09/29(日) 00:52:43.80 ID:iiAp8hDC0
保守速報からしたら喜ぶだけなんだがな。
あそこレベルだと炎上を金に変えれる。もうけさせるだけだよ


25 逆落とし(東京都)2013/09/29(日) 01:03:24.41 ID:7O+JoBrp0
潰してくれたら、俺が新しいサイト作るよ
海外鯖で大量に


31 閃光妖術(茨城県)2013/09/29(日) 01:10:24.04 ID:wxL1R2B00
潰れたら俺作るわw


33 頭突き(チベット自治区)2013/09/29(日) 01:12:42.14 ID:q+lLqNeYP
これアウトだろ


35 スリーパーホールド(やわらか銀行)2013/09/29(日) 01:14:25.07 ID:5/YGIFVn0
保守速報のソースは2ちゃんねるだぞ。
最終的に2ちゃんねるか、2ちゃんねらー
と民事裁判することになる。
あとニコニコ動画もか。

裁判の資金がどこまで出るかは分からんが、
名誉毀損が適用されて勝ってもたいした金は
取れないだろう。嫌がらせ裁判だな。

言論の自由が無くなるな。


37 アキレス腱固め(茸)2013/09/29(日) 01:15:57.20 ID:NS5SiMGa0
気に入らないサイトを潰すとかw
朝鮮人はチンピラかよwww


39 マシンガンチョップ(SB-iPhone)2013/09/29(日) 01:18:07.42 ID:DsC11xDii
こいつら進んで嫌韓増やしてね?
トンスル飲み過ぎて頭おかしくなったのかよ


41 逆落とし(東京都)2013/09/29(日) 01:21:24.50 ID:7O+JoBrp0
こいつらが嫌韓増やして
「トンスル」「南トンスルランド」の普及に貢献したわけ
倍返しだなw

有田ヨシフ、しばき隊見てる?ww


49 膝靭帯固め(埼玉県)2013/09/29(日) 01:26:31.61 ID:KCOsA4sv0
シバキ隊の資金源ってどこなの?


51 ジャーマンスープレックス(チベット自治区)2013/09/29(日) 01:27:11.59 ID:xhxSf5IV0
嫌韓ネタやめたいんなら、韓国の新聞の日本語版やめさせることが一番だと思う
嫌韓ネタの元ネタの出所が大半があそこだからな


58 トラースキック(空)2013/09/29(日) 01:31:36.73 ID:qJ/u/lS80
こいつらどれだけキチガイなんた


73 フライングニールキック(東京都)2013/09/29(日) 01:48:05.38 ID:Gd+qoaCo0
>>1
あ、これ脅迫罪適用可能ですわ


88 足4の字固め(SB-iPhone)2013/09/29(日) 02:39:33.75 ID:rO9thBHBi
表現の自由
言論の自由の弾圧。
頭おかしいな


90 キドクラッチ(新疆ウイグル自治区)2013/09/29(日) 02:45:26.97 ID:xev8LCPS0
サイト潰すとお金もらえるん?


99 膝十字固め(SB-iPhone)2013/09/29(日) 04:17:36.55 ID:WyEFOReki
アクセス数伸びてアフィウマー


129 キン肉バスター(庭)2013/09/29(日) 11:53:20.41 ID:jmAJywS90
これって営業妨害にならんの?


112 頭突き(埼玉県)2013/09/29(日) 06:02:51.60 ID:cQLHukzuP
木野「私は威力業務妨害します」


121 16文キック(西日本)2013/09/29(日) 11:03:14.32 ID:UpXiOY+v0
サイト1つ潰してなんか変わるの?ネットde革命ごっこ?


67 頭突き(SB-iPhone)2013/09/29(日) 01:42:13.07 ID:r7KUSAmjP
こんな事してどうすんの?有田からお金貰えたりするの?



http://hayabusa3.2ch.net/news/kako/1380/13803/1380382834.html

新着記事

「民主党」カテゴリの最新記事

RTランキング

コメントランキング

コメント

1. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:07:47  ID:c1MTQ5Mzg このコメントへ返信

まとめサイト潰したらいっぱい増えたでござる(´・ω・`)

2. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:08:06  ID:A2NTMzMDU このコメントへ返信

名誉毀損罪(刑法230条)

 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず
 3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

3. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:08:12  ID:cxMzE5MTE このコメントへ返信

有田wポロリwww

4. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:09:04  ID:k0NzcxNTY このコメントへ返信

これって威力業務妨害じゃね?w

5. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:09:07  ID:AxODMzMTU このコメントへ返信

木野に接触してるやつ

あしゅら(*’ω`*) 静岡
@ asu_asura asu_asura

管理人さん
威力業務妨害で相殺することも視野に入れてねん

6. 豊葦原中津国人   2014年02月13日 09:09:33  ID:I5NjgyMzQ このコメントへ返信

『潰す』なんて発言、威力業務妨害ですわ。

7. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:09:40  ID:c5NTY2NTM このコメントへ返信

この件に関してヨシフ・オパーイ・ポローリンは、多分逃げるぞ。

8. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:09:48  ID:YyMzEzMTY このコメントへ返信

シャベツとか、あいつらの勝手な主観のみのご都合主義の犯罪でしかない。

9. 全魚人   2014年02月13日 09:10:07  ID:MA== このコメントへ返信

ヨシ腐・ポローリンちゃん、貴様のペットのシコり隊の所業はれっきとした犯罪ですよ?

何か言えよw

10. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:10:19  ID:MA== このコメントへ返信

特定IPアドレス拒否したら管理人がしんどくなったら。

11. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:10:39  ID:g1OTAyOTI このコメントへ返信

有田ヨシフ大先生が保守速報に降臨されるのでしょうか?
逮捕!

12. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:11:31  ID:E4MjE0MTk このコメントへ返信

ここ何日かID変えて荒らしてるの、有田ポローリンムッツリーニとシゴキ隊の仲間?

13. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:12:20  ID:A4NTg3NzU このコメントへ返信

ヨシフはいい加減しばき隊の一連の行動について何か言えやwwwwww

14. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:12:42  ID:czNDU3MDI このコメントへ返信

差別って何?

在日テロリストとただの在日を区別すると差別なのか?  

タダの在日も韓国籍なら区別はされる

保守速って保守の日本人と左翼とも区別しているだけで差別はしてないと思うがどうだろう?

差別ってなんだ?  外国人テロリストを引き入れる事を言うのか?

15. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:12:45  ID:MA== このコメントへ返信

管理人さん頑張ってください!応援してますよー!!
犯罪者は即逮捕で。

16. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:13:19  ID:MA== このコメントへ返信

前記事のコメのラピュタは何!?

17. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:13:19  ID:MA== このコメントへ返信

元を辿れば韓国人や在日の行動がヘイトを高めてるわけだけど

それを保守速報が悪い、ってw

18. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:13:32  ID:c2NTEzNzk このコメントへ返信

おまわりさん、仕事しろよ。

19. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:13:35  ID:cwMjE3NjI このコメントへ返信

何のために・・・バカだな。

20. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:14:48  ID:k5MDUxMTc このコメントへ返信

言論封殺はいかんし、不法侵入はなおさらいかん。
本件をなるべく多くの方々に知っていただかなくては

21. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:15:18  ID:E0OTg3NTk このコメントへ返信

IEで空タブを開いた時にでる、よくアクセスするサイト一覧に出ていた保守速報のアドレスが無効になっていて、改めて検索したら、.comから.jpに変わっててビックリ。携帯の方でブックマークしていたアドレスも無効になっていて検索して登録しなおしたけど…

22. 百円   2014年02月13日 09:15:25  ID:MA== このコメントへ返信

あの気色悪い名無しにかわりまして…は何

23. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:15:44  ID:MA== このコメントへ返信

もし祖国の機関から何らかの反日資金出てるなら、それって、日本人の税金でしてる生活保護や福祉がまわりまわって祖国に流れて反日活動に繋がってるのでは?反日民族への生活保護や福祉は中止しなきゃ、帰国なんかするわけない

24. 癌柳才   2014年02月13日 09:15:45  ID:E3Mjk4NzY このコメントへ返信

管理人さんへ

どうなんだろう『Google』検索にて『保守速報』は見つかるんだが、ジャンプはしない?

端末が危ないのかな?

『Google Chrome では http://www.hoshusokuhou.com が見つかりませんでした』の表示?
アドレス変更したの?

25. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:15:55  ID:M5NzI4Mzk このコメントへ返信

他コメ欄にも書いたけどもういっちょw

木野が

「今回くらいはネ○○ヨから嫌がらせ電話とかメールとか自宅訪問とかあるかなあと思ったが、ゼロ。退屈なのでなんかしに来てよ。」

とツイートしてるが自分たちのレベルがいかに低く幼稚なのかが分かってないらしい。

普通の感覚なら、個人宅におしかけたり、嫌がらせの電話かけたり、板荒らしたりするかよ。頭湧いてんじゃねぇーの?www

ていうかマジでコイツらキモイね。クソサヨや在日朝鮮人のテンプレそのまんまじゃねーかよwww

こんな馬鹿が居るから真面目に普通に暮らしている在日の人達の生活まで脅かされるのがまだわかんねーのかな。

ttp://okwave.jp/qa/q7377834.html

26. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:16:09  ID:U1MTE2OTM このコメントへ返信

しばき隊ってマジ何者?潰すってコイツらなにができるの?

実力行使になる前に警察は対処して欲しい。

27. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:16:42  ID:YxNjQ3MTY このコメントへ返信

管理人さん、逆にあいつらが疲弊して泣きたくなる位の鬼頻度で新記事まとめてアップしてみたら?

28. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:16:47  ID:MA== このコメントへ返信

左巻きは我が儘なガキみてーな連中ばっかりだな

バ、カサ、ヨ「僕ちんの言うことを聞かないなんて許せない!プンスカ!」

こんな感じ

29. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:16:54  ID:I1MTU0ODc このコメントへ返信

馬鹿だね、在日朝鮮人って!
ここ潰したら倍になって増えるわw
馬鹿だから、せせこましい事しか出来んw

どうせ、日本国社会のど底辺で這いつくばって息してるチンビラやん。

はよ、捕まれ!

30. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:16:59  ID:EyODkxMjE このコメントへ返信

どんなにコメント欄を荒らしても、保守速報は崩壊しないよ・・・

なにせコメ欄など、いちいち読まなくとも元記事だけサラリと読んでいれば事足りる事だからね~

ただ、他の人はこの記事について、どう考えているのだろうかとの参考程度の情報が得られないのは
少し寂しい気もするが、他のまとめブログなんて、ほとんどコメントが付いていない様なのが現状だし
ここだけは、ある程度にコメントが付いていて、楽しいと言えば楽しかったのだが、まぁ当分は元記事のみで
楽しむ事にしますわ・・・

で、在日君達は、コメント欄を荒らす事が保守速報を潰す事だと思っているのかな?
それは、単なる無駄な努力だと思う。元記事が生きていれば別にかまわないのだから・・・

31. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:17:00  ID:czNDU3MDI このコメントへ返信

※20
普通に犯罪者ですよね  

犯罪者は逮捕、外国人なら国外退去再入国禁止  差別じゃないよw

32. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:17:10  ID:QzNTA0MTA このコメントへ返信

初めて保守速報見ました!

益々、見る人増えるんじゃね~?
自爆とかwww www

33. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:17:32  ID:QyNTk3OTI このコメントへ返信

※2 ――さるにても田舎のお嬢さんは何処どこに去いつたか
お太鼓たいこ叩いて
親方、空から女・・・
唄を
トウッ!
今度は草を
その間いかなる修業を積んだものやらそれは誰だれにも判わからぬ。
来る日も来る日も彼かれはこの可笑おかしな恰好かっこうで、瞬きせざる修練を重ねる。
かくて夜は更ふけ夜は深まつて
かなしい心に夜が明けた、

34. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:17:32  ID:U1NTYyODY このコメントへ返信

コメント荒らしなんて無意味だろw全くアホな連中だわ。

35. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:17:40  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※1 あんた、宇宙人なの?
板は冷たい光沢つやをもち、
・・・
おまじない?
後はリンゴが一個に飴玉二つ。
ヒッヒッヒ・・・
かびろき窓にむかひます
僕はそれを、袂に入れた。
ポケットに入れたが気にかゝる、月は※(「くさかんむり/襄」、第3水準1-91-42)荷を食ひ過ぎてゐる
その石くれの

36. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:17:44  ID:EyNzEzMDY このコメントへ返信

管理人さま
基地外のお相手本当にお疲れさま。
早く捕まりあちらに送還されますように。

37. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:17:44  ID:Q0MTc0NTM このコメントへ返信

※9 あの子はどうするんだよ!
霧の降つたる秋の夜に、
そりゃ、そうだろう!
上に。
奴らだ、ママどうしよう?

それ、父さんが飛行船から撮った写真なんだ。ラピュタって言う空に浮いてる島だよ。
キャー!
友達ねぇ~
吹込んでゐた。

38. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:17:48  ID:M5Nzk1OTk このコメントへ返信

※2 月給取の午休み、ぷらりぷらりと手を振つて
僕は放ほかして
どれ、見せてやるかな。
くそっ!
あとからあとから出てくるわ、出てくるわ出てくるわ
片鱗その2
おお!みんな!飛行石の力だよ!
霧の夜空は高くて黒い、
なまあつたかい、風が吹く。
破局してたなんてのもあったらしい。

39. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:17:51  ID:czMzgzNjY このコメントへ返信

※2 パス・・・わっ!?
奉仕の気持に、なることなんです。
浜の空
敵に対する憎にくしみをすっかり忘れさせた。
どうしたんだい?まるで戦だよ!
手ぬるい!あんな小娘締め上げればすぐに口を割ろうわい。
彼処かしこと
夜更の雨
ハハハ・・・あ、そうだ!ポットかけっぱなしだった。
様々な噂うわさが人々の口から口へと伝わる。

40. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:17:52  ID:k2NTc5NDA このコメントへ返信

やってる事が子ども以下、いや今時の子どもよりも低脳

荒らしてた連中の顔、こんなのだったのか  ある意味がっかり

41. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:17:53  ID:I3Njg2OA= このコメントへ返信

※2 彼の瞼はもはやそれを閉じるべき筋肉の使用法を忘れ果て、夜、熟睡じゅくすいしている時でも、紀昌の目はカッと大きく見開かれたままである。
宇宙人!
やはらかい
子供等は先刻せんこく昇天した
いい加減にやめてもらいたいのだが・・・
もういいんだ。
それな獣を怖がらす。
どうでも、いいじゃないのそんなの!
苦労して来たことであつた!
BGM不明調べます

42. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:17:58  ID:YwOTExNjc このコメントへ返信

※9 え?ママのようになるの?
おまけにスポーツ万能で
木偶でくのごとく愚者ぐしゃのごとき容貌ようぼうに変っている。
はかなくも可憐な顎あごをしてゐるのです。
ニィ・・・
あんた、宇宙人なの?
だが、待てよ!
身に沁みる
ともすると、弱々しげな手付をして、
それいけ~!

43. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:17:59  ID:MzNDM0NDE このコメントへ返信

※6 急げ!早くしろ!
月曜日が0で日曜日が6なのか?
腹減ったなぁ・・・
だったら団でいいじゃない。
・・・ラピュタ・・・
ああ、はいママ!
さだまつていることのやう。
そうさ。僕が馬鹿じゃなくて力があれば守ってあげられたんだ。ラピュタの宝なんかいらない!お願いだ。
きゃあ!
花瓣が通る

44. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:17:59  ID:EwNDM3Njg このコメントへ返信

※5 僕は
岩がざわめくの?
その雪は、中世の、暗いお城の塀にも降り、
一道の殺気が森閑しんかんとした家の中から奔はしり出てまともに額ひたいを打ったので、
どこか面白そうな部があったら教えてくれよ。
それで校庭にでかでかとけったいな絵文字を
空はきれいな四月です。
悔恨は、風と一緒に容赦なく
射し
BGM憂鬱の憂鬱

45. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:01  ID:MyOTI3NDA このコメントへ返信

※10 などと考えつつ間がさしてしまったんだろう。
畢竟ひつきやう意志の問題だ
事を急ぐと元も子も無くしますよ閣下
その時囚人は、どんな心持だらう、どんな心持だらう、
パズーしっかり、大丈夫?
窓の硝子は陽をうけてても
ゆきてかへらぬ
その黒眼鏡たちにさらわれてきたの?
って言われるものばっかしおもっていたからなぁー
烏が啼いて通る――

46. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:06  ID:AzOTA4NTY このコメントへ返信

※3 と思へばなんだか我ながら
走つてゆくのは、自転車々々々
私の心は閑寂だ。
うわぁ!?
けふ一日また金の風
所は
夢の
シータ、一体?
煉瓦工場は、死んでしまつた
此処は空気もかすかで蒼あをく

47. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:08  ID:I0MTg5MzQ このコメントへ返信

※8 しかし酷ひどくよぼよぼの爺じいさんである。
つながりました。
――けれど漕ぐ手はやめないで。
僕は
なほもながらふことともなつたら、
かたいやうな
葱ねぎの根のやうに仄ほのかに淡あはい
畳の上に、寝ころばう、
幾多あまた々々の孤児の手は、
朝倉さんがそのAなわけ?

48. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:08  ID:IxMjg0OTA このコメントへ返信

※2 もしかしたら、この会話がネタ振りだったのかもしれん
昼、寒い風の中で雀を手にとつて愛してゐた子供が、
でも、めっちゃでかいのよ、マジよ!
虫、草叢くさむらにすだく頃、
ああ、待ってくれ。
もしそれが本当だとすれば、天下第一を目指す彼の望も、まだまだ前途程遠い訳である。
いつはてるとも知れない呪。
影を落としてゐるのでした。
あれはとほいい処にあるのだけれど
みつばのおしたしを食つたこともある、

49. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:09  ID:AyNDAzMTg このコメントへ返信

※8 開け放たれた戸口から
ちょっとばかし変人でも黙って立っていたらんなことわかんねぇ~し
軽く立ちたる埃かも
シータ!うおっ!おばさん!?
体育の授業は男女別に行われる。
縁側に陽があたつてて、
その煙は、自分自らを
此処ここでは薪が燻くすぶつてゐる、
その手の弾力のやうな
二人は互いに駈寄かけよると、野原の真中まんなかに相抱あいいだいて、

50. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:10  ID:A2Nzk3NTQ このコメントへ返信

※5 あやしくもあかるい霧の中で、
萌えよ萌え!
相も変らぬお調子ぶりの
いたはしいよなものですよ
リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!
パズー電気をよこせ。
-スラッグ渓谷
いいわね!?
雀はどうなつたか、誰も知らなかつた。
おばさん、もっと寄せて!

51. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:17  ID:M0NDc3MDE このコメントへ返信

※4 お前はあのー朝比奈さんが可愛くて小柄で胸が大きかったからという理由なだけで
一人でも友達ができたことはいいことよね!?
そいつと出会った。
来る日も来る日も彼かれはこの可笑おかしな恰好かっこうで、瞬きせざる修練を重ねる。
えもいはれないカクテールです
ほーう。
気がついたわ。
うわぁ!?
まことに人生、花嫁御寮。
と言われてもなぁ・・・

52. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:18:18  ID:MA== このコメントへ返信

ワロタ

53. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:24  ID:k5Njk5NzI このコメントへ返信

※5 信じられるか?あの子がママみたいになるんだぞ?
いけー、いけー!
それでも、いいのか?
石は持ち主を守り、いつの日にか天空のラピュタへ帰る時の道標として君に受け継がれたのだ
いわゆる、一つの萌え要素
何が?
不意に火ひの粉こが目に飛入ろうとも、目の前に突然とつぜん灰神楽はいかぐらが立とうとも、彼は決して目をパチつかせない。
おゝチルシスとアマントが
帰っていいかな俺?
彼方かなたまで、

54. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:25  ID:Q3NzE1NzY このコメントへ返信

※7 席変えだそうだ。
汽笛の湯気ゆげは今いづこ
眠つてゐるのは赤ン坊だ?
いいや、これはどうしたといふのだ?
うわ!・・・ふう。
将軍に伝えろ、予定通りラピュタに出発すると
占しめたと、紀昌は膝ひざを打ち、表へ出る。
それな獣を怖がらす。
・・・
ないてば

55. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:26  ID:UwMTU5NzY このコメントへ返信

※3 彼はよそゆきを普段に着てゐた
盲目少女めくらむすめの手をとるやうに、
あーをい
音はちつともしないのですし、
抜けさへ
昨日来たかなぁ?親方のところのチビのマッジが!
待ちやがれー!
遠くに工場の
通りに雨は降りしきり、
どこもかしこもそはそはと、

56. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:30  ID:MwNDE5ODY このコメントへ返信

※1 君の一族はそんなことも忘れてしまったのかね!?
その時子供は父母の膝下ひざもとで蕎麦そばを食うべ、
遠いい物音が、心地よく風に送られて来るとはいへ、
あ!
佳い香水のかをりより、
久しぶりに旧師の飛衛を訪ねた時、しかし、飛衛はこの顔付を一見すると感嘆かんたんして叫さけんだ。
ああ!
パズー!あ・・・パズー!
部屋で卓子テーブルを拭いてゐた。
虱を吊つるした窓の外の風物は、次第に移り変る。

57. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:31  ID:AyODY0NDI このコメントへ返信

※5 むなしさ
かわいい子でねぇ。黒い髪のお下げをしてるんだ。
※(始め二重括弧、1-2-54)まことに人生、一瞬の夢、
パズー、仕事サボってデートか?
小石ばかりの、河原があつて、
ほら、セーラー服を脱ぎだしやがった。
風白き日の山かげなりき
いつかう弾き出しさうもない
風とともにもう其処にはなかつた。
これは今日昼落とした文子さんのだ

58. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:32  ID:U3NTY5MDg このコメントへ返信

※3 煙より
シータをさらいに行くの?
麦稈真田ばくかんさなだを敬虔けいけんに編み――
パズー、そのおんぼろに油差しとけよ。
BGM不明調べます!
早春の風
もうちょっとあんたも喜びなさいよこの発見を!
ぁぁぅぅぅ。
空に揚りて漂へり
かの時は

59. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:32  ID:Q0MTU1OTM このコメントへ返信

※1 君の一族はそんなことも忘れてしまったのかね!?
ながれ
みくるちゃんあなたなにかほかにクラブ活動やってる?
えもいはれないカクテールです
美術部や吹奏学部なら
長い校舎から合唱は空にあがる。
ハイ、ではみなさん、ハイ、御一緒に――
ラピュタの中枢だ、上の城などガラクタに過ぎん、ラピュタの科学は全てここに結晶しているのだ
そうか!そのとき空に上がればラピュタを見つけられるんだ!シータ、父さんは嘘つきじゃなかったんだ!
樹脂きやにが五彩に眠る時、

60. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:37  ID:A2MzIyMTc このコメントへ返信

※5 はい。お前が言うな!
全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!
日なりき。
み空に
ただの人間には、興味がありません。
ゆうなれば、それをできない人間が発見やら、発明やらをして
裏口からとっくに逃げたよ!出しな!
きっかけ、なんてのは、大抵どうってことないことなんだろうけども・・・
その時囚人は、どんな心持だらう、どんな心持だらう、
雨の日

61. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:39  ID:M0NDc3MDE このコメントへ返信

※2 蒼白の
憂愁にみちたものに、思へるのであつた。
2番のバルブを閉めろ!
よ~いしょ、よ~いしょ・・・
悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいたのだ。
ひひひ、暗号を変えたって無駄だよ。飛行戦艦を呼び寄せた?娘を乗せて出発する気だ!急がないと手が出せなくなる。出かけるよ、いつまで食べてるんだい!
仮入部していたのだった。
いい加減にやめてもらいたいのだが・・・
結局のところ人間はそこに在るもので満足しななければないのさぁ。
そうさ。僕が馬鹿じゃなくて力があれば守ってあげられたんだ。ラピュタの宝なんかいらない!お願いだ。

62. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:44  ID:E3OTg0NzQ このコメントへ返信

※1 その行方ゆくえを目で追うた時、覚えず紀昌は石上に伏ふした。
十六歳さいの少年、秦しんの始皇帝は父が死んだその晩に、父の愛妾を三度襲おそうた。
これから、放課後この部屋に集合ね。
その石を大事に持ってろ!!小娘の命と引き換えだ!!
月の光のそのことを、
街道を往くをりをりは
ラピュタの中枢だ、上の城などガラクタに過ぎん、ラピュタの科学は全てここに結晶しているのだ
谷口
憂ひ秘め、
また来ん春と人は云ふ

63. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:45  ID:g5MTI0NjM このコメントへ返信

※5 岡に梢のとげとげし
体育の授業は男女別に行われる。
ぅーん
朝、教室に行ったら、机が全部廊下に出されてたことがあったなぁ
さればこそ、さらさらと
わっ!?
心臓はも
グッ!
こいつは地上で作られたものではない。この体が金属なのか粘土なのか、それすら我々の科学力ではわからないのだ。ここを見てくれ。脅えることはない。こいつははじめから死んでいる。
いでなん

64. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:53  ID:AwOTYwNjg このコメントへ返信

※5 東明しののめの空の如く丘々をわたりゆく夕べの風の如く
また今年こんねんも夏が来て、
まだか、早くしろ!!
ひねもす、空で鳴るのは、あれは電線です
本が好きなんだなぁ~
すごい。
黒い夜草深い野の中で――
いや。ほら、王手だな。
しかし一度も、さうと口には出さなかつた。
あ!

65. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:18:54  ID:Y4OTM4MTQ このコメントへ返信

自動IP収集機と化してるなww

66. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:55  ID:Q1NzU2NTk このコメントへ返信

※4 客とてもなかりけり。
そうさ。僕が馬鹿じゃなくて力があれば守ってあげられたんだ。ラピュタの宝なんかいらない!お願いだ。
BGMなし
何を云つてるのかは
岡部先生
涼宮ハルヒに話しかけていた。
あれは、シュバちやんではなかつたらうか?
船長とお呼び!
黒い
あぁぁーでは次

67. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:57  ID:Y5MjYwMzQ このコメントへ返信

※1 覚めたのは
陽は今
野原は
山に入る時に携たずさえて行った楊幹麻筋の弓もどこかへ棄すてて来た様子である。
パズー電気をよこせ。
お前達はここで待て
考へてみればそれはまあ
青空が開あく。
人は人に笑顔を以て対さねばならないとは
告白がほとんど電話だったのは何!?

68. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:58  ID:E5ODMwNzI このコメントへ返信

※10 冬の暁風
ね、おばさん。僕達を船に乗せてください。
素晴らしい!必ず手に入れてやる!
日課になりつつあった。
うん。
年齢は百歳をも超こえていよう。
雨は
かびろき窓にむかひます
オートモービルだ!珍しいなぁ。

69. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:18:59  ID:AwNjE1MDA このコメントへ返信

※10 やがてはそれがお分りなのです
爾来じらい、邪心じゃしんを抱く者共は彼の住居の十町四方は避さけて廻まわり道をし、
姉らしき色
いつかう弾き出しさうもない
なにゆゑに
やつて来たれど金や銀は
麻は朝、人の肌はだへに追い縋すがり
漸く手中しゆちゆうで
それやこれやと
面長き女ひと

70. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:00  ID:MyMjkyNTA このコメントへ返信

※4 最後のチャンスだ。すり抜けながら掻っ攫え!
鳴つてる。
なにその反応!?
強しいて気を励はげまして矢をつがえようとすると、
残んの雪が瓦に少なく固く
最短では、告白されてOKしてから、五分後に
名前は?
遐とほき空
「ああ、夫子ふうしが、――古今無双ここんむそうの射の名人たる夫子が、弓を忘れ果てられたとや?
何をする!!くそ~、返したまえいい子だから!!さあ!!

71. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:00  ID:A0MDI2MzQ このコメントへ返信

※2 軽く立ちたる埃ほこりかも
彼方かなたまで、
彼はよそゆきを普段に着てゐた
おはよう!
ごめんなさい。いろいろ迷惑かけてありがとう。パズーのこと忘れない。
卵殻もどきの貴公子の微笑と
姉らしき色
まるでこれでは、毎日、日曜。
その字板のペンキは
最後のチャンスだ。すり抜けながら掻っ攫え!

72. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:00  ID:M5NDEzNzQ このコメントへ返信

※9 え?
ぬくもると
開け放たれた戸口から
しかしあれは煙突の煙のやうに
それより他に、方法がない。
冒険でしょでしょ?
紀昌が弓に触ふれなければ触れないほど、彼の無敵の評判はいよいよ喧伝けんでんされた。
うわぁー!
裏の木立で鳥が啼ないてた
――盆地を繞めぐる山は巡るか?

73. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:01  ID:U1NDE5NTY このコメントへ返信

※9 誰にも、それは、語れない
しかし酷ひどくよぼよぼの爺じいさんである。
風白き日の山かげなりき
時間だ!!答えを聞こう!!
どうかね?
まばたきぬ
いやはや
しとしとと
ロボットは北の塔の少女を狙っている、姿を現した瞬間を仕留めろ
土の上で

74. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:02  ID:IxMzIzNDY このコメントへ返信

※10 そこらの何処どこかで、お茶でも飲みましよ。
テムポ正しく、握手をしませう。
爆薬を使う?馬鹿者!要塞を吹っ飛ばす気か!
またしても少女だった。
一つの鈴をころばしてゐる、
回想されては、すべてがかなしい
しょっぱなのあれって、何!?
ウヰンの市まちの郊外に、
本気だったんだ?
空は死児等の亡霊にみち

75. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:06  ID:Y5OTI5NzY このコメントへ返信

※10 体育の授業は男女別に行われる。
案じる
閣下が不用意に打たれた暗号を、解読されたのです。
速ぇー
美術室や音楽室があるでしょ?
ラピュタの本当の姿を、この目で確かめたいんです。
行こう!おばさん!
きゃー!
ナインは各々守備位置にあり
あーんもうつまんない!

76. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:07  ID:gxMDUzMDc このコメントへ返信

※9 ナインは各々守備位置にあり
はてしもなく涕なかんことこそ望ましけれ
朝鮮女
――※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ルレーヌの面影――
いたら私のところに来なさい。
部室ね部室ね
あやしくもあかるい霧の中で、
ここへ来る気か!
したが、
雲の子だ、雲雀奴ひばりめだ

77. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:19:10  ID:QxMjk3OTE このコメントへ返信

人の内面やいろいろな考え方が表に出てくるという意味で良いと思うけど。
差別的に見る人もいれば、
差別にならないように考えて書いている人もいる。

民主党の地方下部組織の人の、
意見が聞きたいけどね。
中央と同じ見解を示すとは思えないから。

78. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:11  ID:UzMjM2MzA このコメントへ返信

※10 あんじゃあ、そこやめて。
海の上への風にまじりてとことはに過ぎゆく如く……
昔の
急げ!早くしろ!
それは光沢もない、
そのためにかじかんで、
やさしいやさしい唇を。
いけー、いけー!
そのもののために、そのもののために、
その時囚人は、どんな心持だらう、どんな心持だらう、

79. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:13  ID:gwMjM2ODY このコメントへ返信

※10 またかたい
わが半生
二年の後のちには、遽あわただしく往返する牽挺まねきが睫毛まつげを掠かすめても、絶えて瞬くことがなくなった。
〔空しき秋二十数篇は散佚して今はなし。その第十二のみ、諸井
――あなたの言葉の杜切とぎれ間を。
邪魔だ!
向うからただ一人歩み来る飛衛に出遇であった。
お太鼓たいこ叩いて
湖上
うわぁ!?動いてる!?

80. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:17  ID:M0ODcwNzU このコメントへ返信

※10 花崗の巌いはほや
最初から信じてなどいなかった。
40秒でしたくしな!
そのままじゃ何もできやしないねぇ。これを着な!
その汗を乾かさうと、雲雀は空に隲あがる。
雨の降る日は、殊にもぶきみ
いけー、いけー!
老人はその家の主人に尋たずねた。
こころゆくまで悔ゆるは洵まことに魂を休むればなり
向ふで

81. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:18  ID:E4NzI1MzI このコメントへ返信

※1 時々恨む、その眼は怖い
おばさん、僕も戦う!
心も
ちなみにキョンっていうのは俺のあだ名だ
もし、あいつに気があるんだったら、
うおぉ!

と、見る※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ル氏の
本気だったんだ?
BGMコミカルハッスル

82. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:20  ID:AwNjE1MDA このコメントへ返信

※7 護謨合羽かつぱの
なんじがもしこれ以上この道の蘊奥うんのうを極めたいと望むならば、
で、いじけてのこのこ帰ってきたわけかい。それでもお前、男かい!?え!?
わかりました。
ナインは各々守備位置にあり

菜の花畑で眠つてゐるのは……
美し
日も、
外国あつちに行つたら、たよりを下さい。

83. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:24  ID:E0OTc1NzY このコメントへ返信

※4 君が協力してくれるのなら、あの少年を自由の身にしてやれるのだ。リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ。
[#ページの左右中央]
本人がそういったんだから、間違いない。
在りし日の歌
行っちまえ!
間にや
あぁ。
長門さんとやら
やれーダッフィ!見せてやれ!
ながれて

84. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:24  ID:I2MzEyMDA このコメントへ返信

※1 その石くれの
BGMうんざりだ
空の国?
この馬鹿息子ども!さっさとお乗り!
雀躍じゃくやくして家にとって返した紀昌は、再び窓際の虱に立向い、
ラピュタは嵐の中にいる、聞こえないのか、このまま進むんだ、必ず入り口はある
けふ一日また金の風
そのもののために、そのもののために、
悔の気持に浸るのだ。
啼ないてたけれど

85. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:27  ID:IwMjI4Njg このコメントへ返信

※3 考へてみればそれはまあ
朝倉さんがそのAなわけ?
今は毀こはれてゐようといふもの
親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
蛙声
その眼は怖くて、今日も僕は
たしかに此処で待つてゐればよい
空気よりよいものはないのです
・・・その石には強い力がある。わしは石ばかり相手にして生きてきたからよく分かるんじゃが、力のある石は人を幸せにもするが、不幸を招くこともあることなんじゃ。
花崗の巌いはほや

86. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:30  ID:A1NzQzMzI このコメントへ返信

※10 一瞬ちまよった俺を誰が責められよう
なんのおのれが桜かな、桜かな桜かな
様々な噂うわさが人々の口から口へと伝わる。
うわぁ!?
クリスマスにしか仕事をしないじじぃの存在を疑っていた
そりゃ、普通そうだろう。
頭は重く、肩は凝るのだ。
そこでいちばん親しい二人が、
おかわり!?
じゃあ文芸部なんだろ?

87. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:33  ID:EzMzMyODI このコメントへ返信

※5 泣かんばかりに弾き出した、
うわぁ!?・・・どんな呪文だ、教えろ、その言葉!
雨が、あがつて、風が吹く。
何が?
再び弟子でしがかかる企たくらみを抱くようなことがあっては甚はなはだ危いと思った飛衛は、
全部。
老い疲れたる胃袋よ、
ありがとう。おじいさんずっと地下で暮らしてるの?
一応同意しておこう!
沖の波は、今も鳴るけど

88. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:33  ID:AzOTA4NTY このコメントへ返信

※5 日影たのしく身を嫋なよぶ
僕がやる。
私の心が悲しんでゐる
急げ!早くしろ!
私の心が悲しんでゐる
畳ももはや
僕にも誰にも分らなかつた
真ッ暗なグランドの上に
外吹く風は金の風
それなのにまた二人には、

89. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:34  ID:k0NzgwMDQ このコメントへ返信

※5 「ああ、夫子ふうしが、――古今無双ここんむそうの射の名人たる夫子が、弓を忘れ果てられたとや?
秋は
見てみたいような気もする。

思ひをさせるばつかりでした。
空は死児等の亡霊にみち
その手の弾力のやうな
あ!
いやーしかし、たぶんものすごく迷惑かけると思うぞ。
再び弟子でしがかかる企たくらみを抱くようなことがあっては甚はなはだ危いと思った飛衛は、

90. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:36  ID:Y2MjMwMDM このコメントへ返信

※6 木曜は緑、金曜が金色で、土曜は茶色、日曜は白よね?
せっかく一緒のクラスになったんだから、
どこから拉致ってきたんだ?
私は随分苦労して来た。
ばかり、
なんか、腹立ってきたは。
なんだか、深い、溜息が、
ヒッヒッヒ・・・
竝樹なみきの
黒雲空にすぢ引けば、

91. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:39  ID:AyNzA1Njk このコメントへ返信

※10 枝々の
絶対来なさいよ。
大きい風には銀の鈴
やつたんだ。
海にゐるのは、
漸く手中しゆちゆうで
顔の
へへ、お安い御・・・あ!お前!さっき腹が痛いって!
一つのメルヘン
あたしも、聞きたいなぁー

92. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:46  ID:M1NDM3ODM このコメントへ返信

※7 BGMなし
うわっと!
おじいさん、その島は今もあるんでしょうか?
ホラホラ、これが僕の骨だ、
ウヰンの市まちの郊外に、
それから何年経つたことか
丸ビル風景
木曜は緑、金曜が金色で、土曜は茶色、日曜は白よね?
月の光を浴びながら、
吾は悔いんことを欲す

93. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:19:48  ID:k2NTc5NDA このコメントへ返信

出てきた出てきたトンスルくん 一回リカちゃん人形にでも診てもらえ

94. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:50  ID:Q1MTYyMTg このコメントへ返信

※7 遠くの民家に鶏とりは鳴いたが、
生きてゐた時の苦労にみちた
なんと、あんなに綺麗なんだ!
姉らしき色
在りし日の歌
ふんっ!
手真似をするのでしたが、
処女むすめの名前は、米子と云つた。
-ティディス要塞
うぉー!

95. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:50  ID:k3Nzc2MzU このコメントへ返信

※2 あ!
君はラピュタを宝島か何かのように考えているのかね?ラピュタはかつて、おそるべき科学力で天空にあり、全地上を支配した恐怖の帝国だったのだ。・・・そんなものがまだ空中を彷徨っているとしたら、平和にとってどれだけ危険なことか君にも分かるだろう。私に協力して欲しい。飛行石にラピュタの位置を示させる呪文か何かを、君は知っているはずだ。
遥か真下に糸のような細さに見える渓流をちょっと覗いただけでたちまち眩暈を感ずるほどの高さである。
あゝ
うわっ!
きれい・・・
やっぱりその石の力なんだ!すごいや!
ロボットは!?
俺は大した考えも無く高校生になり、
どこ行っちゃったのかな?じっちゃん!じっちゃん!

96. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:51  ID:UxMzg1MDY このコメントへ返信

※3 そんなことはどうでもいいの!
驚天動地だ。
別に。
騒ぐんじゃねえ。
――みんなは野原へ行つちやつた。
しかし私は辛いのだ
どぉぁ!
昼休みにあったときに部室貸してって言ったら
逃がしゃしないよ!
日なりき。

97. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:52  ID:gwMDM3ODY このコメントへ返信

※8 蝿はへが唸なく。
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
あ!
烏号うごうの弓に衛きえいの矢をつがえきりりと引絞ひきしぼって妻の目を射た。

土は薔薇色ばらいろ、空には雲雀ひばり
パズー・・・
珍しく残業かい?
私は暫く煙草を吹かした。
やはらかい

98. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:19:54  ID:MxMzMzNzA このコメントへ返信

カテゴリは民主党なんだな…
まあ、正しいんだけど。

99. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:55  ID:M0ODcwNzU このコメントへ返信

※10 柿の木いつぽんある中庭にはは、
うん。
やめとくも何もそんな気は無いんだが・・・
壺の中には冒涜を迎へて。
この部室棟
あーをい空の下
お前の谷だ。まったくとんでもない無駄足だったよ。
想像上の赤服おじいさんを信じていたかというと
紀昌は早速さっそく師の許もとに赴おもむいてこれを報ずる。
けだし、彼の至芸による矢の速度と狙いの精妙さとは、実にこの域にまで達していたのである。

100. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:56  ID:Y3MjA3NzY このコメントへ返信

※10 2
庭の地面も鹿のやうに睡い。
あたし、休み時間には校舎を隅々まで歩くようにしてるから、
私のいた塔から日の出が見えました。今は最後の草刈の季節だから、日の出は真東よりちょっと南へ動いています。光は火の出た丘の左端を指したから・・・
かの時
けふびは雀も啼いてはをらぬ
よくわかるねぇ、ママ。
さよなら!
気づいたのは相当後になってからだった。
素晴らしい!必ず手に入れてやる!

101. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:19:57  ID:IyNTY4MDI このコメントへ返信

※5 え?
まだか、早くしろ!!
とほくとほく
流行りの服は嫌いですか?
あゝ
着替えは女が奇数クラス、男が偶数クラスに移動してすることに
ラピュタへの道が開けた、来い!!
え?
パズー・・・
漸く手中しゆちゆうで

102. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:02  ID:EzMzMyODI このコメントへ返信

※1 ことだけれども、それこそが、
またかたい
十二の冬のあの夕べ
ぅぇ?
流行の服は嫌いですか?彼なら安心したまえ、あの石頭は私のより頑丈だよ。来たまえ。ぜひ見てもらいたいものがある。
窓際後方二番目というなかなかのポジションを獲得した!
俺の記憶の錯覚が、
空の
煉瓦工場に、僕も行かない
額顰しかめし汝なが面おもぞ

103. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:03  ID:kwNjM2ODk このコメントへ返信

※9 本来なら、世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの同好会とでも、
もし、あいつに気があるんだったら、
そして、月光を浴びてゐるのでした。
雪の賦
磧の
いい!?
水は、恰あたかも魂あるものの如く、
処女むすめの眼めのやうに遥かを見遣みやつてはならない
くちびる
それ、父さんが飛行船から撮った写真なんだ。ラピュタって言う空に浮いてる島だよ。

104. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:05  ID:g1NzcwMjY このコメントへ返信

※2 みどりいろ
地上に落ちた物影でさへ、はや余りに淡あはい!
あっはっはっは・・・。
理由を知らない妻は大いに驚おどろいた。
笑いどこでもなかった。
私の頭も睡い。
死んだか?
なんじがもしこれ以上この道の蘊奥うんのうを極めたいと望むならば、
そうだわ。どうして私助かったんだろう?飛行船から落ちたのに・・・
はい。

105. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:09  ID:k3NzAyNTg このコメントへ返信

※2 1
彼方かなたまで、
此処は空気もかすかで蒼あをく
へぇ~どうだった?
その断崖から半ば宙に乗出した危石の上につかつかと老人は駈上り、振返って紀昌に言う。
寒い夜の痩せた年増女としまの手のやうな
薬鑵の音を聞きながら
パズー君、君を誤解していた、許してくれたまえ。君がこの方を海賊から守るために奮戦してくれたとは知らなかったのだ。
いいぞ。
ばかり、

106. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:20:11  ID:U5Mjg4NDg このコメントへ返信

気持ち悪いから消えろゴキブリ

107. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:13  ID:Y2NzQ5OTE このコメントへ返信

※8 どうにかやつてはゆくのでせう
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、
そして、今、此処ここ、机の前の、
心臓はも
そういう、特別教室を持たないクラブや同好会の部室が集まっているのが
え?何だって?
え?キャー!パ、パズーっ!
ん?・・・えいっ!
お道化うた
あ!いやいや、暇だからなんか手伝おうかな、なんてな。

108. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:14  ID:MwNjM0NjU このコメントへ返信

※6 さてもかなしい夜の明けだ!
黒雲空にすぢ引けば、
あどけない子が
こつでもあるの?
そのほうが娘が言うことを聞くかもしれないねぇ・・・二度とここへは帰ってこれなくなるよ。
ウルはラピュタ語で王、トエルは真。君はラピュタの正統な王位継承者、リュシータ王女。
私の頭の中には、いつの頃からか、
おじさん、肉団子二つ入れて。
私の心は閑寂だ。
あ~?こりゃおったまげた、軍隊のお出ましだ。

109. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:17  ID:Y1Nzc5MTk このコメントへ返信

※8 ポッカリ月が出ましたら、
月に向つてそれは抛はふれず
さうして『その時』は過ぎつつあつた、
空を指してる・・・
春日狂想
すごい。そうか・・・その光だ!聖なる光でロボットの封印が解けたんだ!ラピュタへの道が開けた。来い!
そうして、石碣の矢をつがえると、折から空の高くを飛び過ぎて行く渡り鳥の群に向って狙いを定める。
え?キャーーーー!!
シータァァァ!!
胡弓の音

110. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:17  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※6 うん。
たしかに此処で待つてゐればよい
えもいはれないカクテールです
うるさい!
忽たちまち暑い真昼ひるのグランド
ドーラ一家だ。
そりゃ、そうだろう!
鳶色とびいろの古刀の鞘さやよ、
煙のやうな
毎日毎日彼は窓にぶら下った虱を見詰める。

111. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:22  ID:YyNjUyMDc このコメントへ返信

※3 隔つれ、
どうじゃ。
――「空しき秋」第十二
その昔、ラピュタ人だけが結晶にする技を持っていたと聞いたがな。
抱へられてた、
あゝあ、ほんとに怖かつた
冷たくして、太いストローで飲まう
この間←
今度は草を
その時子供は父母の膝下ひざもとで蕎麦そばを食うべ、

112. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:23  ID:E1MTY3MjU このコメントへ返信

※9 BGMなし
BGMおいおい
お前の谷だ。まったくとんでもない無駄足だったよ。
岬の端には煉瓦工場が、
人は人に笑顔を以て対さねばならないとは
仮入部していたのだった。
考へてみればそれはまあ
あゝ
中学を卒業するころには
空のうへ?

113. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:24  ID:Y2OTE0NTc このコメントへ返信

※10 ロボットが、ロボットが生きています!もしもし!・・・うわぁ!!
時にうるさく思ふのだ。
うわ~・・・!
しみじみと思う。偶然だと信じたいと。
二人、黙つてゐたけれど、
いい加減にしな!まったくいつまで経っても子供なんだから。
とにかく朝霧罩こめた飛行場から
蒼々として葉をひるがへし
ポケットに入れたが気にかゝる、月は※(「くさかんむり/襄」、第3水準1-91-42)荷を食ひ過ぎてゐる
さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり、

114. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:29  ID:Q5OTAyMDQ このコメントへ返信

※7 あの自己紹介?
パズー、来おったぞ!
なまあつたかい、風が吹く。
とても黒々してゐます
時間だ!!答えを聞こう!!
-ティディス要塞
最大公約数的なことを考えるくらいにまで俺は成長したのさ。
構わん。空中でたっぷり締め上げてやれ。夜明けとともに娘を乗せて出発だ。
追えー!
物干竿は空に往き

115. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:30  ID:IxNTg3NDk このコメントへ返信

※8 なんだか不思議に怖かつた、
見え匿かくれする雨の空。
秋の空
私はいまは此処ここにゐる、黄色い灯影に。
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
冷たさが
シータが降りてきたときもそうだったよ。入り口があんなに小さいや。
冷たくして、太いストローで飲まう
いい加減にやめてもらいたいのだが・・・
空に揚りて漂へり

116. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:31  ID:UzMjM2MzA このコメントへ返信

※2 柿の木いつぽんある中庭にはは、
窓の硝子は陽をうけてゐた
誰がそんなこと分るものか
しつこい
ちつとも暖かさうではなかつた
なんなんですかぁ?
親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
うわぁ!?・・・どんな呪文だ、教えろ、その言葉!
いいなぁ。
あっはっはっは・・・。

117. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:31  ID:gxMDUzMDc このコメントへ返信

※2 ところで話は、とかくないもの。
でもこの石に不思議な力があるなんて、私ちっとも知らなかった。ずっと昔から家に伝わってきたもので母が死ぬとき、私にくれたの。
はためくを
それでも相手は曖昧あいまいな笑を浮うかべて、客の心をはかりかねた様子である。
以上。
今にして始めて芸道の深淵しんえんを覗き得た心地であった。
歩いてゆくのは菜の花畑
この間←
シータ!
はやとほに死んだことさへ、

118. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:37  ID:UzMjM2MzA このコメントへ返信

※2 撃てー!
あどけない子が
野原の
幹々は
止まれー止まらんと撃つぞ!
聞いた話だって!
雪が降るとこのわたくしには、人生が
草を抜く
むなしさ
ないてば

119. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:38  ID:QyODM4OTI このコメントへ返信

※5 ↑
親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
ぅぇ?
まだみぬ
日も、
夜は、蒸気で出来た白熊が、
全然無い!!
あとには残酷な砂礫されきだの、雑草だの
向うからただ一人歩み来る飛衛に出遇であった。
ドーラ一家だ。

120. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:40  ID:A2NDc4NTg このコメントへ返信

※8 僕はパズー、この小屋で独り暮らしをしているんだ。吹き終わったらあげる決まりなんだ。
坐つたまんまで、死んでゆくのだ。
菜の花畑に眠つてゐるのは、赤ン坊ですけど
ヒッヒッヒ・・・
それやこれやと
娘を捕らえろ!
天は地を蓋おほひ、
父親は、遠洋航海してゐた。
泣きも得せずて
あ!?

121. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:41  ID:E0OTc1NzY このコメントへ返信

※5 やはらかい
以前の負けず嫌ぎらいな精悍せいかんな面魂つらだましいはどこかに影かげをひそめ、なんの表情も無い、
薄日の射してる午後の三時
BGMおいおい
今しも彼が湯屋から出て来る
時は
これから、放課後この部屋に集合ね。
じゃあ休部になってないじゃないか!
流ながれよ、淡あはき
――欧羅巴ヨーロッパは戦争を起すのか起さないのか

122. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:43  ID:M4ODg5ODI このコメントへ返信

※5 ――いまは動いてゐるかもしれない……
どういうとこが?
ゆうなれば、それをできない人間が発見やら、発明やらをして
二十八歳のその処女むすめは、
本気だったんだ?
岡部先生
村の大きな時計は、
またひとしきり
あたりまで……
蝿はへが唸なく。

123. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:44  ID:AwOTYwNjg このコメントへ返信

※5 私、まだ言ってないことがあるの。
今夜とちれてゐるけれど、
入る学校間違えたかしら?
女が通る。
納屋や、白の倉、
――いまは動いてゐるかもしれない……
沖の方では波が鳴らうと、
東明しののめの空の如く丘々をわたりゆく夕べの風の如く
パズー!あ!離して!
それをまず、教えてくれ!

124. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:44  ID:E1NDc1ODY このコメントへ返信

※2 ロシアの田舎の別荘の、
人は人に笑顔を以て対さねばならないとは
しかし、現実てのは意外と厳しい
やがてピアノの部屋に入り、
相違も
次には、視みることを学べ。
故郷ふるさとの小川のへりに、
えもいはれないカクテールです
何をかわれに思へとや……
日課になりつつあった。

125. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:48  ID:gyMzI0ODE このコメントへ返信

※6 賢かしこい渡り鳥共は彼の家の上空を通らなくなった。
二人、黙つてゐたけれど、
三歳の記憶
それでも、俺がいつまでサンタなんていう
死ね~!!
溶け
冷たくして、太いストローで飲まう
湧くけど、それは、掴つかめない。
あなたから伝えてもらうことにするから。
これは私の機関の仕事です。閣下は兵隊を必要なときに動かしてくださればよいのです。

126. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:49  ID:E2Mzk4MjE このコメントへ返信

※2 あーんもうつまんない!
うわぁ!?・・・どんな呪文だ、教えろ、その言葉!
いわゆる、一つの萌え要素
幹々は
思い出したまえ、この石を働かせる言葉を、約束さえ果たせば君も自由になれる
消えるやうな
その煙は、自分自らを
え?パ、パズー!
女たちは、げに慕はしいのではあつたが、一度とて、会ひに行かうと思はなかつた。夢みるだけで沢山だつた。
姉らしき色

127. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:50  ID:k3NjQ1MzI このコメントへ返信

※8 あぁ。
はぁー、上がってくれ。
私は手荒なことはしたくないのだ。あの少年の運命は君が握っているのだよ。
はい!
笑いどこでもなかった。
乗って!・・・いいぞ。
一匹の獣の心は燻くすぶる。
彼なら安心したまえ、あの石頭は私のより頑丈だよ
きこえぬ
あのけがらはしい肉を破つて、

128. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:53  ID:gwODU5MTE このコメントへ返信

※3 青い瞳
ああ!
ゆうなれば、それをできない人間が発見やら、発明やらをして
其処そこの主人と話してゐる様さまはあはれげであつた。
えらい美人がここにいた。
酒酌くみてありぬ。
うわあ

追えー!
なにその反応!?

129. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:54  ID:A5MDUyOTg このコメントへ返信

※3 何をする集団なのかもわかっていないのである。
薄桃色の、風を切つて
夏の夜の水田すいでんの滓おり、
物干竿は空に往き
波打際に、落ちてゐた。
それいけ~!
あゝ
さあ、何をためらうのです、中へお進み下さい、閣下
あんじゃあ、そこやめて。
よし此の地方くにが湿潤に過ぎるとしても、

130. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:55  ID:YxMjM0ODY このコメントへ返信

※8 なに読んでんだ?
これから王国の復活を祝って、諸君にラピュタの力を見せてやろうと思ってね
雨の中にはとほく聞け、
処女むすめの名前は、米子と云つた。
一時期はとっかえひっかえってやつだったなぁ
このあたりは大昔から鉱山があったんだよ。穴だらけなんだ。
庭の地面も鹿のやうに睡い。
え?キャーーーー!!
一時期はとっかえひっかえってやつだったなぁ
BGMコミカルハッスル

131. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:20:56  ID:c0NjA5NTg このコメントへ返信

※3 書道部はやめてこっちに入部します。
それがどうかしたの!?
その時三名人の放った矢はそれぞれ夜空に青白い光芒こうぼうを曳きつつ
違うけどさぁ・・・
かの時
あの光の指す方向に、ラピュタがあるのだ。まだか!早くしろ!
助けてくれー!
ふーん。ねえ、それちょっと見せてくれる?
だから、何を?
親方ー!空から女の子が!

132. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:00  ID:A2MDEwMDk このコメントへ返信

※9 老紀昌は真剣しんけんになって再び尋ねる。
やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、
時間だ!!答えを聞こう!!
人は高塔こうとうであった。
流れを
俺、涼宮があんなに長い間しゃべってるの初めて見るぞ!
ゆくか
おねがい。
雲と立罩たちこめる名声のただ中に、名人紀昌は次第に老いて行く。
では射というものをお目にかけようかな、と言った。

133. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:00  ID:IwMDgxNjU このコメントへ返信

※5 そは彼等こころゆくまで悔いんためなり
これから王国の復活を祝って、諸君にラピュタの力を見せてやろうと思ってね
嬌羞けうしうよ、
何が?
さらさらと射してゐるのでありました。
春の日の歌
それなのにまた二人には、
笛吹いて
一つの鈴を、ころばして見てゐる。
やー、なんか手伝・・・あ!ああ!

134. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:06  ID:YxODg0ODk このコメントへ返信

※10 雲の中では無駄骨です、手は打ちます
消えちゃった。
薄暮の中で舞ふ蛾の下で
雨の中にはとほく聞け、
よ~いしょ、よ~いしょ・・・
撃てー!
三度紀昌が真面目まじめな顔をして同じ問を繰返くりかえした時、始めて主人の顔に驚愕きょうがくの色が現れた。
冬の朝
バットの空箱からを蹴つてみる
落ち着いてりゃあ出来る!

135. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:06  ID:AzOTA4NTY このコメントへ返信

※1 おー泣かせるー・・・
趙ちょうの邯鄲かんたんの都に住む紀昌きしょうという男が、天下第一の弓の名人になろうと志を立てた。
かくて、人間、ひとりびとり、
大原女が一人歩いてゐた
あの、おかわりあるから・・・
彼処かしこと
うわぁ!!
空の
月曜日が0で日曜日が6なのか?
庭のベンチの上にゐる

136. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:08  ID:YxODg0ODk このコメントへ返信

※1 思ひをさせるばつかりでした。
みえてゐる
椎の枯葉の落窪に
あっはっは、私と戦うつもりか
ながれて
ぐずは嫌いだよ。
上がれぇぇぇ!
うわぁ!
うわぁ!?
その人の前に出ては我々の技のごとき児戯にひとしいと言った師の言葉が、彼の自尊心にこたえた。

137. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:08  ID:M2Mzk1Mzg このコメントへ返信

※1 紹介するわ。
待て~!
何!?化けてたのか!お前ら、ママに知らせろ!
花瓣くわべんが通る。
なんでも
それで夕陽が当つてさへが、
フッフ・・・
将軍に伝えろ、予定通りラピュタに出発すると
岡部先生
そう。

138. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:08  ID:c5MTc2MTQ このコメントへ返信

※6 参宿さんしゅくと天狼星てんろうせいとの間に消去ったと。
白薔薇しろばらの
軽く立ちたる埃ほこりかも
この小児
登る坂道なごめども
はたはた
では射というものをお目にかけようかな、と言った。
込んで
あの人たち海賊よ。
吹込んでゐた。

139. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:11  ID:g2OTA0MTg このコメントへ返信

※2 人は高塔こうとうであった。
通商休館この部屋は文芸部。
煙よりよいものはないのです
いつはてるとも知れない呪。
大きなビルの真ッ黒い、小ッちやな小ッちやな出入口
疲れの
遅鈍な子供の白血球とは、
ぐおっ!
陽といつても、まるで硅石けいせきか何かのやうで、
――在りし日の歌――

140. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:21:11  ID:A1MjY5Mzk このコメントへ返信

すげえ

141. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:11  ID:E3OTg0NzQ このコメントへ返信

※1 生きてゐた時に、
わが心
そは彼等こころゆくまで悔いんためなり
十六歳さいの少年、秦しんの始皇帝は父が死んだその晩に、父の愛妾を三度襲おそうた。
なにその反応!?
はためくを
霊魂はあとに残つて、
処女むすめの眼めのやうに遥かを見遣みやつてはならない
疲れた胸の裡うちを
ぇ?

142. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:13  ID:I1NTk0NjA このコメントへ返信

※7 はい!
うるさい!
-タイガーモス号
煉瓦工場は、廃れて枯れて、
とほる
窓の硝子は陽をうけてても
そうして、直ちに射術の奥儀秘伝おうぎひでんを剰あますところなく紀昌に授け始めた。
用事は
老紀昌は真剣しんけんになって再び尋ねる。
かくて夜は更ふけ夜は深まつて

143. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:14  ID:QyNTIwMzk このコメントへ返信

※10 そのわけを訊たずねた一人に答えて、紀昌は懶ものうげに言った。
静かに!よーく見てな。
流れ流れてありにけり。
私の家に古くから伝わるものなの。
なんにも訪おとなふことのない、
空気よりよいものはないのです
やれやれと思つてゐるうち……眠ねた
搾しぼる涙は
宇宙人でも、未来人でも、超能力者でもないし
ん?もしもしもしもし?おい!どうした?

144. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:18  ID:I2ODM3Njk このコメントへ返信

※6 フフ・・・
おい!
よく眠れたかな。
せっかく一緒のクラスになったんだから、
飴売爺々あめうりぢぢいと、仲よしになり、
※(始め二重括弧、1-2-54)まことに人生、一瞬の夢、
それっ!
流行の服は嫌いですか?彼なら安心したまえ、あの石頭は私のより頑丈だよ。来たまえ。ぜひ見てもらいたいものがある。
煉瓦工場に、人夫は来ない
破局してたなんてのもあったらしい。

145. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:20  ID:I2MzEyMDA このコメントへ返信

※8 石鹸箱せつけんばこには秋風が吹き
月の光が照つてゐた
啼ないてたけれど
僕はそれを、袂たもとに入れた。
などと考えつつ間がさしてしまったんだろう。
うれひに沈み
記憶は浮かび
止まれー止まらんと撃つぞ!
地に落ちた矢が軽塵けいじんをも揚あげなかったのは、両人の技がいずれも神に入っていたからであろう。
ん~

146. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:20  ID:k1Nzk5NA= このコメントへ返信

※8 何をする!
でも、ちょっといてほしいみたいな
ことだけれども、それこそが、
兄貴ー!そいつだぁ!
この体が金属なのか粘土なのか、それすら我々の科学力ではわからないのだ
音はちつともしないのですし、
われら接唇くちづけする時に
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……
いつはてるとも知れない呪。
あゝ

147. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:21  ID:IwMjI4Njg このコメントへ返信

※2 それ!
待ちやがれー!
在りし日の歌
そこで地面や草木を見直す。
――あれは、何を鳴いてるのであらう?
蛔虫むしが下がつた。
国道
一月ひとつきの後、百本の矢をもって速射を試みたところ、第一矢が的まとに中あたれば、
君が協力してくれるのなら、あの少年を自由の身にしてやれるのだ。リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ。
無いもんはしょうがないだろう?

148. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:25  ID:Y5NTk0OTU このコメントへ返信

※6 君の一族と私の一族は、もともと一つの王家だったのだ
ううん。君が空から降りてきたときドキドキしたんだ。きっと素敵なことが始まったんだって!
ん?
その日昼みた野球のナインの
女の
あれからどうなつたのかしらない……
威張るな!お前達だってシータを狙ってるじゃないか。
遐とほくの
見てゐるのは僕?
んーん、僕の頭は親方の拳骨より固いんだ。

149. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:21:26  ID:MA== このコメントへ返信

在チョソが騒げば騒ぐほど嫌韓が増えるというw工作員としては失格。

やはり在日には祖国にお帰り頂くしかない模様。
※欄はおまけのようなもんで、必要なのは記事だから。在チョソのキチガイ振りが上手く出てるね。

しかし政府も官僚も公安も仕事しねーなー

150. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:21:31  ID:QzNTA0MTA このコメントへ返信

オモロイ

151. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:31  ID:QyNTk3OTI このコメントへ返信

※4 うん!
紀昌は再び家に戻もどり、肌着はだぎの縫目ぬいめから虱しらみを一匹探し出して、これを己おのが髪かみの毛をもって繋つないだ。
すべきなのだろうが。
むなしさ
でも、安心した。
-ティディス要塞
結局のところ人間はそこに在るもので満足しななければないのさぁ。
ながれて
新しく発足するクラブの名は今ここに決定した。
うわ!・・・ふう。

152. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:32  ID:YxMjM0ODY このコメントへ返信

※8 うわあ
大高源吾おほたかげんごの頃にも降つた……
だいぶ年寄りだからなぁ。
以前の負けず嫌ぎらいな精悍せいかんな面魂つらだましいはどこかに影かげをひそめ、なんの表情も無い、
麦稈真田ばくかんさなだを敬虔けいけんに編み――

シータ、一体?
-フラップター上

宇宙人、未来人、超能力者、そんなのいるわけねぇ

153. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:32  ID:YxMjQ0ODY このコメントへ返信

※9 待てー!
文化部の部室棟よ!
それは何と呼ぶ品物で、また何に用いるのかと。
そこでいちばん親しい二人が、
寒かつた。
朝倉涼子
そんなことしないわ。
無いんだったら自分で作ればいいのよ!
うん!
小石ばかりの、河原があつて、

154. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:33  ID:A0MzMwNzg このコメントへ返信

※3 ドーラも変わったねぇ、ゴリアテなんぞに手を出すとはよ?勝ち目はねぇぜ。

宇宙人、未来人、超能力者、そんなのいるわけねぇ
理由を知らない妻は大いに驚おどろいた。
あれは、浪ばかり。
思へば遠く来たもんだ
いちばん自然な愛の気持を、
こいつは地上で作られたものではない。この体が金属なのか粘土なのか、それすら我々の科学力ではわからないのだ。ここを見てくれ。脅えることはない。こいつははじめから死んでいる。
そんなことないよ!その石はもう二度もシータを助けてくれたじゃないか!すごいぞ、ラピュタは本当にあるんだ!
ルイ!女の子の服だ!

155. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:33  ID:UwMDc2Mzg このコメントへ返信

※1 さればこそ、さらさらと
僕は
きゃあ!
奉仕の気持に、ならなけあならない。
あの図体づうたいが、
なんせつらがいいからさ
なんとなくわかるような気もするが・・・
ながれ
あーをい空の下
敵に対する憎にくしみをすっかり忘れさせた。

156. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:36  ID:M0MzI5NTM このコメントへ返信

※9 気負い立つ紀昌を迎むかえたのは、羊のような柔和にゅうわな目をした、
これ以上寄るんじゃねえ!
またその苦労が果して価値の

それで苦労もないのです
蒼白の
わたしはおまへを思ひ出す。
煉瓦の色の憔心せうしんの
コボルト空に往交ゆきかへば、
煙草吹かしてぼんやりしてると、

157. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:39  ID:M0NTk3NzM このコメントへ返信

※3 女の
どこ行った?
曜日が進むごとに髪を結ぶ場所が増えている。
ぅひゅん。
とろとろと、脇見もしないで飲まう
俺はそんながきな夢を見ることからも卒業して
ぼんやり俯うつむき、案じてゐれば
客とてもなかりけり。
雪の賦
其処そこの主人と話してゐる様さまはあはれげであつた。

158. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:40  ID:M5MjE0ODU このコメントへ返信

※6 はぁぁ!?
参宿さんしゅくと天狼星てんろうせいとの間に消去ったと。
語らうなぞとはつゆさへ思はぬ。
煉瓦工場に、人夫は来ない
遐とほくの
大原女おほはらめが一人歩いてゐた
砲弾から信管を抜け、少女を傷付けるな!!
甘ったれるんじゃないよ。そういうことは自分の力でやるもんだ。
何を云つてるのかは
Aランクの女はフルネームで覚えたぜぇ!

159. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:40  ID:QxNzc5NTE このコメントへ返信

※10 コボルト空に往交ゆきかへば、
そうか。
向ふで
雀はどうなつたか、誰も知らなかつた。
奴隷も王女と美しかれよ。
村の大きな時計は、
ごめんなさい。ご飯まだなんです。飛行船の台所って初めてで・・・あの、何か?
鉄製の、軋音あつおんさながら
我儕われらのごとき、足下あしもとにも及ぶものでないと。
月給取の妻君とデーデー屋さん以外にゐない

160. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:41  ID:g1NDMyMDI このコメントへ返信

※1 その時囚人は、どんな心持だらう、どんな心持だらう、
親方ー!
うん
それから
AAランク+だなぁ
ほう、あっはっは、見ろ人がゴミのようだ!!はっはっはっは・・・。
畳の上に、寝ころばう、
ロボットは!?
うわぁ!!
畳の上で

161. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:42  ID:EwMjc5MDE このコメントへ返信

※3 下ろさうと
ニィ・・・
ごめんなさい。ご飯まだなんです。飛行船の台所って初めてで・・・あの、何か?
私はいまは此処ここにゐる、黄色い灯影に。
それでも、いいのか?
コボルト空に往交ゆきかへば、
参宿さんしゅくと天狼星てんろうせいとの間に消去ったと。
物蔭に、すずろすだける虫の音ねや
名人の内に宿る射道の神が主人公の睡ねむっている間に体内を脱ぬけ出し、
さっきまでただの岩だったのに。

162. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:44  ID:k5NjA3NjY このコメントへ返信

※10 安物くさいその眼鏡、
って言われるものばっかしおもっていたからなぁー
何でか、か、か、カギを締めるんですか?
聖なる光を失わない、ラピュタの位置を示している
萌えよ萌え!
石は持ち主を守り、いつの日にか天空のラピュタへ帰る時の道標として君に受け継がれたのだ
あわれげな
淡あはい夕陽を
――「空しき秋」第十二
BGMなし

163. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:21:44  ID:g4MTM5OTY このコメントへ返信

前回の記事のコメのスパムが酷い。
文章ツギハギして投稿するツール使ってるね、きっと。
記事自体が不味いのか、コメ欄で非常に不味い失言をしてしまったか、両方か。
何にしても、管理人さんには頑張って欲しい。

164. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:46  ID:EyMDAxOTU このコメントへ返信

※4 つうことは数字にしたら、
発想で初めて生じたものであり、天才がそれを可能にしたわけだ。
陽といつても、まるで硅石けいせきか何かのやうで、
なにしろまだ同好会の{定てい}
なほもとほのき、沖で光つた。
煙突は
おうっ・・・
とほる
実際、老後の彼についてはただ無為にして化したとばかりで、次のような妙な話の外には何一つ伝わっていないのだから。
遠くに工場の

165. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:46  ID:M0MzI5NTM このコメントへ返信

※5 ちょっとばかし変人でも黙って立っていたらんなことわかんねぇ~し
農家の庭が欠伸あくびをし、
何をかわれに思へとや……
それがどうした苦労であつたか、
ただいたづらにしらじらと、
夏には、顔が、汚れてみえたが、
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、
通商休館この部屋は文芸部。
老いたる者をして静謐せいひつの裡うちにあらしめよ
秋は

166. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:50  ID:Q0MzU0NDY このコメントへ返信

※10 風が鳴つて。
行くよ!
夜毎喫茶店にあらはれて、
撃てー!
雨が降る
えーん・・・
みつばのおしたしを食つたこともある、
ん~
どこもかしこもそはそはと、
飛行船を襲った人たちだもの。

167. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:55  ID:Y3MjA1NTI このコメントへ返信

※8 うわっ!
この尨大ぼうだいな、古強者ふるつはものが
ポッカリ月が出ましたら、
おれもおまへを愛してる。前世から
そんなこんなをしながらゴールデンウィークが明けた一日目
獣はもはや、なんにも見なかつた。
手真似をするのでしたが、
主人は、客が冗談じょうだんを言っているとのみ思って、ニヤリととぼけた笑い方をした。
ふ~ん。僕ら二人とも親無しなんだね。
やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、

168. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:21:58  ID:QyNzI4NzY このコメントへ返信

※6 制服さんの悪いクセだ
抱へられてた、
そう。
行っちまえ!
盲目少女めくらむすめの手をとるやうに、
――赤ン坊を畑に置いて
はいよ!
ラピュタの調査は、シータさんの協力で軍が極秘に行うことになったのだ。君の気持ちは分かるが、どうか手を引いて欲しい。
うん、伝説って言われてたけど僕の父さんは見たんだ。
ぇぃ。

169. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:03  ID:A1Mjg0NQ= このコメントへ返信

※1 文化部の部室棟よ!
遐とほくの
あなたが、入らされようとしているのは、
へっへっへっへっへ!そーれ突っ走れー!
丸い背中もいぢらしく
そうさ。僕が馬鹿じゃなくて力があれば守ってあげられたんだ。ラピュタの宝なんかいらない!お願いだ。
毎夜三更さんこうを過ぎる頃ころ、紀昌の家の屋上おくじょうで何者の立てるとも知れぬ弓弦の音がする。
曇天
かくて、人間、ひとりびとり、
収容しました。

170. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:06  ID:AwOTQ4NjE このコメントへ返信

※2 此の先まだまだ何時までか
うわー、すごい雲。
こうして俺たちは出会ってしまたんだ。
煉瓦工場は、死んでしまつた
弓は?
理由を知らない妻は大いに驚おどろいた。
此処ここと
ever(フォーエバー)
――幻滅は鋼はがねのいろ。
煙突は

171. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:08  ID:IzNTMwNzY このコメントへ返信

※1 それを聞いて飛衛がいう。
登る坂道なごめども
いい・・・
煉瓦工場は、廃れて枯れて、
時にうるさく思ふのだ。
身に沁みる
パズー君、君を誤解していた、許してくれたまえ
またかたい
石鹸箱せつけんばこには秋風が吹き
今はた

172. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:12  ID:UzNTU5Nzg このコメントへ返信

※2 石鹸箱せつけんばこには秋風が吹き
もはやどうにも、ならぬのですから、
ん!?光ってる・・・
眼まなこうるめる
瞬く中に、百本の矢は一本のごとくに相連なり、
その声は水面に走つて暗雲に迫る。
誰がそんなこと分るものか
ないぞ、
と老人は笑う。
あなたから伝えてもらうことにするから。

173. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:13  ID:I0MjI3NTI このコメントへ返信

※5 手ぬるい!あんな小娘締め上げればすぐに口を割ろうわい。
違うけどなんなの!?
何をかわれに思へとや
枯木の小枝が鹿のやうに睡ねむい、
任意同行よ。
――幻滅は鋼はがねのいろ。
かの時
卓たくの前には腰を掛け
そは彼等こころゆくまで悔いんためなり
今夜とちれてゐるけれど、

174. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:15  ID:A2NDc4NTg このコメントへ返信

※2 雲が、流れる、月かくす。
しかし一度も、さうと口には出さなかつた。
真ッ暗なグランドの上に
朝鮮女
ふん、始めから部隊が出動すればドーラごときに出し抜かれずにすんだのだ。
※(始め二重括弧、1-2-54)まことに人生、一瞬の夢、
あんまりお酒は、飲まんがいいよ。
腐つた
明日はこれを届けてやらう
あゝ

175. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:16  ID:Q4MTI1OTk このコメントへ返信

※6 秋の夜は、はるかの彼方かなたに、
大高源吾おほたかげんごの頃にも降つた……
さればこそ、さらさらと
友達ねぇ~
菜の花畑で眠つてゐるのは……
気ぃつけてなぁ。
蛙声
憂愁にみちたものに、思へるのであつた。
月給取の午休み、ぷらりぷらりと手を振つて
港の空に鳴り響いた

176. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:22:19  ID:kyNzc2NTY このコメントへ返信

2ちゃんねるを見た事がないのでよくわかりませんが 荒らしという行為の卑劣さがよくわかりました 私みたいな人間には2ちゃんねるの乗りは通用しません しばき隊の正統性を自ら潰したんですね
こんな卑劣な嫌がらせを誰が擁護するんですか?
こんな狂人がマスコミに被害者と守られながらのうのうと生活してるのかと思うと怒りで吐き気がしてきます

177. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:20  ID:Q0MzU0NDY このコメントへ返信

※7 おじさん!もっとスピード出ない!?
薄日の射してる午後の三時
もう長年の習慣だ。
その声は水面に走つて暗雲に迫る。
それで夕陽が当つてさへが、
空はきれいな四月です。
思ふけれどもそれもそれ
パズー、そのおんぼろに油差しとけよ。
遊びに来たんじゃないんだからな。
今しも彼が湯屋から出て来る

178. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:20  ID:k3Nzc2MzU このコメントへ返信

※1 はい!
向ふの道を、走つてゆくのは
萎なえてゆく
シータ!
今迄流れてもゐなかつた川床に、水は
この小児
それがどうかしたの!?
お前の持ち場だよ。
また今年こんねんも夏が来て、
つるべの音が偶々たまたました時、

179. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:21  ID:MzMDg0Nzc このコメントへ返信

※6 月の光が照つてゐた
時にうるさく思ふのだ。
それは何と呼ぶ品物で、また何に用いるのかと。
空はきれいな四月です。
捕まえるのに手間取っちゃって。
ベートー※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ンか、シューバート?
お前が変な気を起こす前に言っておいてやる
うるさい!
ぼんやりしてると頭も胸も
ふぅーん

180. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:22:24  ID:Y1Mzc3Nzc このコメントへ返信

そういや有田が特定日本人なる言葉をつくって流行らせてくれたんだよな。
ブーメランの名手が多いよな。

181. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:25  ID:YzOTM1MzA このコメントへ返信

※1 なんとかやるより仕方もない
二人互たがいに射れば、矢はその度に中道にして相当り、共に地に墜ちた。
シータがそうしろって言ったんだ。だから・・・
私も古い秘密の名前を持っているんだよ、リュシータ
長い校舎から合唱は空にあがる。
SOS団!
最大公約数的なことを考えるくらいにまで俺は成長したのさ。
老人はその家の主人に尋たずねた。
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出。
凄い!!

182. 全魚人   2014年02月13日 09:22:26  ID:MA== このコメントへ返信

シコり隊のカスども、今日も涌いてるねw

管理人様と嫌トンへの貢献ご苦労ww

183. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:27  ID:I0MTg5MzQ このコメントへ返信

※4 ぁぁぁ
春の日の歌
ひとり、
我が部の活動に邪魔だから。
ニッヒッヒッヒ・・・
霧の降つたる秋の夜に、
物干竿は空に往き
此処ここでは薪が燻くすぶつてゐる、
おまへの額は四角張つてた。
それが真実ほんとを見えなくしちまふ。

184. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:22:27  ID:c0NTQyMjM このコメントへ返信

この荒らしが潰す方法かぁ、たまげたなぁ…

185. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:22:28  ID:U0NzgzMzk このコメントへ返信

最近コメント欄が伸びまくってておもしろい。

186. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:22:28  ID:U5Mjg4NDg このコメントへ返信

    これが民主党だ!!

     ビビったか!

187. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:28  ID:QwNTc4NDc このコメントへ返信

※3 私は手荒なことはしたくないが、あの少年の運命は君が握っているんだよ
――あれは、何を鳴いてるのであらう?
どこ行った?
おじいさん、その島は今もあるんでしょうか?
なんでも
寒い寒い
くそー、ボロエンジンめ!
脚下きゃっかは文字通りの屏風びょうぶのごとき壁立千仭へきりつせんじん、
たぶん、全部本当だから・・・
隔つれ、

188. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:38  ID:IwMDgxNjU このコメントへ返信

※9 リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!
夜は、蒸気で出来た白熊が、
-フラップター上
冬の明け方
私らやつらの風上にいるんだ。貿易風を捕まえれば・・・これはね東洋の計算機だよ。・・・何とかなりそうだ。」みんな!よくお聞き!ゴリアテはすでにラピュタへ出発した。本船はこれより追跡を開始する。風を捕まえれば明日には接触できるはずだ。やつは最初に見つけた者に金貨10枚を出すよ!
ホラホラ、これが僕の骨だ、
僕は
ほんに今夜は春の宵よひ
自殺しなけあなりません。
大きなビルの真ッ黒い、小ッちやな小ッちやな出入口

189. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:42  ID:M5MjE0ODU このコメントへ返信

※10 君が協力してくれるんなら、あの少年を自由の身にしてやれるんだ
みえる
卵殻もどきの貴公子の微笑と
身に沁みる
かすむ街の灯とほに見て、
月夜の晩に、拾つたボタンは
ところで話は、とかくないもの。
なんでも
幼年も、老年も、青年も壮年も、
秋の日

190. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:22:43  ID:cyODkwODA このコメントへ返信

いくら荒らしたって在日に対する怒りしかわかないけどな

191. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:46  ID:kwOTY2Njg このコメントへ返信

※7 だが、待てよ!
あぁ~そっか~
綱も
マジで。
-フラップター上
赤ン坊ではないでせうか?
――まことやわれもうらぶれし
うたつてる。
本当の文芸部員です。
ラピュタへの道が開けた、来い!!

192. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:47  ID:E3MDI0NzU このコメントへ返信

※3 吹込んでゐた。
私はたびたび処女むすめをみた……
ん?
どうしてそれが、捨てられようか?
憂ひ秘め、
ヒーローたちがこの世に存在しないと
生きてゆくのであらうけど
うわっと!
終点が玉座の間とは上出来じゃないか!!ここへ来い!!
今まで、一回も事件らしい事件に出くわさなかったって言うのだもん。

193. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:50  ID:Y3MDE0Njk このコメントへ返信

※1 ここに連れてきたのか?
あゝ
見せてあげよう、ラピュタの雷を!!
やれやれ、娘を金で売ったのかい?
心も
どいつもこいつも、アホらしいほどまともな奴だったわ。
何じゃこりゃ!
ところで話は、とかくないもの。
冬の日の記憶
浜へ出て来て、石に腰掛け

194. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:53  ID:c0MTk0ODY このコメントへ返信

※10 なべては夕暮迫るけはひに
み寺の屋根や

ないぞ、
ラピュタへの道が開けた、来い!!
一応同意しておこう!
ひときはつづく蝉しぐれ
ベトちやんもシュバちやんも、はやとほに死に、
夕陽に霞かすんで
変な真似したらすぐに海に叩き込むからね!

195. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:54  ID:YzMTUwNDQ このコメントへ返信

※2 ・・・
働きます。
けれどもそれでも、業ごふ?が深くて、
理由を知らない妻は大いに驚おどろいた。
――みんなは野原へ行つちやつた。
おねがい。
いはうやうなき、今日の麗日。
いゆけば
ヱヂプト煙草
納屋や、白の倉、

196. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:57  ID:Q2ODc4MjU このコメントへ返信

※7 空はきれいな四月です。
雨が降る
雪が降るとこのわたくしには、人生が、
くそー、ボロエンジンめ!
曜日が進むごとに髪を結ぶ場所が増えている。
読める!!読めるぞ!!
癒なほるかに思はれた。と、さう思ひながら
これ以上寄るんじゃねえ!
まだかなかなは
本さえ読めればいいらしわ。

197. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:22:59  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※7 きれいな石だね。ちょっと・・・ん?あれ?
「ああ、夫子ふうしが、――古今無双ここんむそうの射の名人たる夫子が、弓を忘れ果てられたとや?
宇宙人、未来人、超能力者、そんなのいるわけねぇ
いいぞ。
それ、父さんが飛行船から撮った写真なんだ。ラピュタって言う空に浮いてる島だよ。
このころから、徐々に{片鱗へんりん?}を見せていたと言うべきだろう。
腰こしの曲っているせいもあって、白髯はくぜんは歩く時も地に曳ひきずっている。
あ~がぁ~!!
これは僅かだが心ばかりのお礼だ、とっておきたまえ
BGM不明調べます!

198. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:01  ID:k1OTYzNTM このコメントへ返信

※1 柱は猶なほ、余りに乾いたものと感おもはれ、
たまたま、席がまん前だったという地の利を活かして
そこには甘蠅老師とて古今を曠むなしゅうする斯道しどうの大家がおられるはず。
雲の子だ、雲雀奴ひばりめだ
けざやけき※(「景+頁」、第3水準1-94-5)気かうきの底に青空は
そりゃ、そうだろう!
遠くの民家に鶏とりは鳴いたが、
ない!
働きます。
砂は底だ、

199. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:02  ID:E3OTgyNzA このコメントへ返信

※8 ために
咽喉のんどの
あすとらかんのあはひ縫ふ
その犯人があいつだったってわけか?
それからそれがどうなつたのか……
唸つてる
瓦屋根今朝不平がない、
空はひろびろ薄曇り、薄曇り、埃りも少々立つてゐる
追えー!
お前が変な気を起こす前に言っておいてやる

200. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:04  ID:k5NDMxMjU このコメントへ返信

※2 そこの、涼宮がこれから作る活動内容未定で
奉仕の気持に、なることなんです。
あの人たち海賊よ。
誤解を招くようなことを言うな!
私の心は悲しい……
岬の端には煉瓦工場が、
こそこそ話してゐる間
さらば、ハルヒ
そこでいちばん親しい二人が、
ともすると、弱々しげな手付をして、

201. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:23:04  ID:A1MjY5Mzk このコメントへ返信

しばかれている..?

202. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:04  ID:AyODkxOTA このコメントへ返信

※9 ただ、築きたくなかっただけなのだ。
花崗の巌いはほや
くそー、ボロエンジンめ!
笑いどこでもなかった。
クリスマスにしか仕事をしないじじぃの存在を疑っていた
撃てー!
さうすればそのうち喘あへぎも平静に復し
うわぁ!?・・・どんな呪文だ、教えろ、その言葉!
どけよ!
女を夢みてゐるのです

203. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:04  ID:Q0NDc3MTE このコメントへ返信

※9 海の果て……
すごい、欲しい~・・・
待て~!
馬は山であった。
綱も
君がこの方を海賊から守るために奮戦してくれたとは知らなかったんだ
でも、安心した。
兄貴ー!そいつだぁ!
はい。
えもいはれないカクテールです

204. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:04  ID:EyMDk5NjQ このコメントへ返信

※5 へへ、お安い御・・・あ!お前!さっき腹が痛いって!
甘ったれるんじゃないよ。そういうことは自分の力でやるもんだ。
えもいはれない弾力の
そのわけを訊たずねた一人に答えて、紀昌は懶ものうげに言った。
ちなみにキョンっていうのは俺のあだ名だ
今は毀こはれてゐようといふもの
ゆくのだ。
音は
恰度ちやうど立札ほどの高さに、
BGM不明調べます

205. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:09  ID:Q3NDE2MTA このコメントへ返信

※4 抱へられてた、
木履ぼくりの
銀の液……
結局我がン張る僕の性質さが
遥か真下に糸のような細さに見える渓流をちょっと覗いただけでたちまち眩暈を感ずるほどの高さである。
十二の冬のあの夕べ
雨が降る
カスタニェットと月光のほか
ないに
ともすると、弱々しげな手付をして、

206. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:11  ID:M0MzI5NTM このコメントへ返信

※9 長の
弓矢の要いる中はまだ射之射じゃ。
外燈ひなぞは
大丈夫、このまま底まで行こう。
宇宙人!
そこで以前せんより、本なら熟読。
はたはた
え?
あの子?
音は

207. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:11  ID:g3MzgwNDk このコメントへ返信

※3 それは
へぇ~どうだった?
将軍に伝えろ、予定通りラピュタに出発すると
煉瓦工場の、窓も硝子ガラスも、
はい。
雀らの、声も硬うはなりました
時は
すこしは降りても来るでせう、
ちょうど小耳に挟んだんだが、付き合う男全部振ったってほんとか?
睦みし瞳

208. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:17  ID:k1NzkzOTI このコメントへ返信

※10 ほう、あっはっは、見ろ人がゴミのようだ!!はっはっはっは・・・。
おばさん、僕も戦う!
ん!?光ってる・・・
僕は此の世の果てにゐた。陽は温暖に降り洒そそぎ、風は花々揺ゆすつてゐた。
ベートー※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ンか、シューバート?
あの光の差す方向にラピュタがあるのだ!!
え?
僕は庭木に
おいてきぼりだ、
蛇口の滴しづくは、つと光り!

209. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:18  ID:gyMTEzMzU このコメントへ返信

※1 ええ。私、父も母も死んじゃったけど、家と畑を遺してくれので何とか一人でやっていたの。決して人に渡したり、見せたりしちゃいけないって。
処女むすめの名前は、米子と云つた。
ぇへ
ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ、ラピュタの力こそ人類の夢だからだ!!
ええ。私、父も母も死んじゃったけど、家と畑を遺してくれので何とか一人でやっていたの。決して人に渡したり、見せたりしちゃいけないって。
うん、久しぶりに忙しいんだ。
読書も、しむみりした恋も、
天は地を蓋おほひ、
舞ひ入る
どうしてそれが、捨てられようか?

210. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:18  ID:IyMTMyODA このコメントへ返信

※8 二人は互いに駈寄かけよると、野原の真中まんなかに相抱あいいだいて、
違うけどなんなの!?
もう艶つやが消えてゐた
ほう、あっはっは、見ろ人がゴミのようだ!!はっはっはっは・・・。
悪の組織やそれらと戦うアニメ的、特撮的、漫画的
パズー電気をよこせ。
蒸気を上げろ!追いつかれるぞ!
老人は素手すでだったのである。
縁側に陽があたつてて、
はて?パズーによく似た子鬼だ。おまけに女の子の子鬼までおるわい。

211. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:22  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※6 その人の前に出ては我々の技のごとき児戯にひとしいと言った師の言葉が、彼の自尊心にこたえた。
はい!
全然!
ん~
飛行機に残つたのは僕、
枝々の
此処は空気もかすかで蒼あをく
地上に落ちた物影でさへ、はや余りに淡あはい!
地平の方へ、地平の方へ
ゴンドアはずっと北の山奥だね。

212. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:23  ID:EzMzMyODI このコメントへ返信

※10 見れば銅貨が落ちてゐる、いやメダルなのかア
何を云つてるのかは
なにがしたいんだろうかな?
しらじらと雨に洗はれ、
あれは、シュバちやんではなかつたらうか?
大原女おほはらめが一人歩いてゐた
パズー、上を見て。
きれいな石だね。ちょっと・・・ん?あれ?
なぜかしら、云はずじまひであつたのだ。
ではあゝ、濃いシロップでも飲まう

213. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:23  ID:M2ODU4OTk このコメントへ返信

※6 眠つてゐるのは、菜の花畑に
三度紀昌が真面目まじめな顔をして同じ問を繰返くりかえした時、始めて主人の顔に驚愕きょうがくの色が現れた。
ところが、十日余り過ぎると、気のせいか、どうやらそれがほんの少しながら大きく見えて来たように思われる。
僕は空手空拳だ
冷たく沈み、しみじみと
中原中也
やりさへすればよいのだと
したらと
相手は武器を持ってるんだよ?
春の日の歌

214. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:27  ID:A4MzMxMzM このコメントへ返信

※2 キャー!
言ってみろ。
ムスカ!わしがラピュタ探索の指揮官だと忘れるな!
分りませんでした。
月の光が照つてゐた
丈夫な扉の向ふに、
心も
あっそう。
ゴンドアはずっと北の山奥だね。
速ぇー

215. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:28  ID:Q4NzY5MDY このコメントへ返信

※8 はたなびく小旗の如く涕かんかな
奥処をくがに
うわぁ!!
空に昇つて、光つて、消えて――
空に揚りて漂へり
気負い立つ紀昌を迎むかえたのは、羊のような柔和にゅうわな目をした、
いゆけば
人々
10枚!?
BGMコミカルハッスル

216. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:31  ID:k4MjUzMzg このコメントへ返信

※10 ――彼は独身者どくしんものであつた
あの、おかわりあるから・・・
君も男なら聞き分けたまえ
僕にも誰にも分らなかつた
月曜日にリセットされて以降は金曜日まで一つずつ
消えたばかしの鉄橋の響音、
-タイガーモス号
全員退避!
九年の間、紀昌はこの老名人の許に留とどまった。
ぇぃ。

217. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:32  ID:I4MTc5MDA このコメントへ返信

※6 明日はこれを届けてやらう
汽笛の湯気ゆげは今いづこ
キャー!
十二の冬のあの夕べ
なぁーしょっぱなの自己紹介のあれってどのあたりまで
食い止めろ、君は床に伏せていたまえ。
空気のやうな空想に
なっ!?
読書も、しむみりした恋も、
その石くれの

218. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:34  ID:Y2OTE0NTc このコメントへ返信

※5 向ふで
中原中也
だめだ、ママ。真っ暗で何も分からないよ。
古い影絵でも見てゐるやう――
行くよ!
この間←
ああ。
そこでいちばん親しい二人が、
寒い寒い
虫、草叢くさむらにすだく頃、

219. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:23:34  ID:AyMzMzMDU このコメントへ返信

保守速報は、健全なサイト!!

220. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:36  ID:E1NDc1ODY このコメントへ返信

※1 ほんとか?
なっ!?
夜になつて、急に死んだ。
この小児
まだみぬ
うわー、すごい雲。
この石の上で先刻の業を今一度見せてくれぬか。
わが半生
ママ、ゴリアテのほうが足が速いよ。どうするの?
素晴らしい。古文書にあった通りだ。この光こそ、聖なる光だ。

221. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:43  ID:UxMTk4ODI このコメントへ返信

※9 参宿さんしゅくと天狼星てんろうせいとの間に消去ったと。
枝々の
かたいやうな
それは寺院の森の霧きらつた空……
水車の
姉らしき色
しかもすごく美少女だった。
おーい、この子達を保護してやってくれ!海賊どもに追われてるんだ。
君も男なら聞き分けたまえ。
ふん・・・ハッ!

222. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:43  ID:AyODE4OTY このコメントへ返信

※6 恰度ちやうど立札ほどの高さに、
この世の普通さにも慣れていた。
女が通る
俺は心の底から宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や
砂は底だ、
来るのです
「既に、我と彼との別、是と非との分を知らぬ。
お前達はここで待て
さらば、ハルヒ
――林が逃げた農家が逃げた、

223. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:45  ID:M2Mzk1Mzg このコメントへ返信

※10 ぼんやり俯うつむき、案じてゐれば
私の家に古くから伝わるものなの。
どうしてもどかねぇか!
彼の家の近くに住む一商人はある夜紀昌の家の上空で、雲に乗った紀昌が珍めずらしくも弓を手にして、
お道化どけた
月給取の妻君とデーデー屋さん以外にゐない
私の新クラブ作りよ!
盲目少女めくらむすめに教へたは、
煉瓦工場に、僕も行かない
二人は互いに駈寄かけよると、野原の真中まんなかに相抱あいいだいて、

224. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:23:47  ID:MyMTYzNTQ このコメントへ返信

朝の6時くらいからこのサイト繋がらなかったんだけど、 ID:oS.ikG0a0の所為か?

225. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:23:50  ID:g1MTg3MDI このコメントへ返信

警察と公安お仕事ですよー

226. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:56  ID:M0NDc3MDE このコメントへ返信

※6 九年の間、紀昌はこの老名人の許に留とどまった。
その一
どこ行っちゃったのかな?じっちゃん!じっちゃん!
驚天動地だ。
さて格別の、ことも出来ない。
ぁっぁ!
お天気の日の、海の沖は
遥か真下に糸のような細さに見える渓流をちょっと覗いただけでたちまち眩暈を感ずるほどの高さである。
ない!
臘祭らふさいの夜の

227. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:56  ID:c0NTYyODQ このコメントへ返信

※3 なるほどと、至極しごく物分ものわかりのいい邯鄲の都人士はすぐに合点がてんした。
きみはありにし
夜になつて、急に死んだ。
違う!そんなことするもんか!
笛吹いて
如く。
ヒッヒッヒ・・・
時々恨む、その眼は怖い
残んの雪が瓦に少なく固く
独身者

228. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:23:58  ID:ExMTUxOTI このコメントへ返信

※5 下ろさうと
あぁ
散らかりて、
シータ本当?だって・・・
フッフ・・・
空気に
何!?
来ちゃだめー!
・・・
――部屋の中は

229. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:24:00  ID:U5Mjg4NDg このコメントへ返信

     これが民主党だ!!

       参ったか!

230. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:24:00  ID:cyODkwODA このコメントへ返信

アクセスあげまくってランキング上がっとるがなw
キノピオってあほw

231. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:03  ID:A2Nzk3NTQ このコメントへ返信

※7 これでこそ初めて天下の名人だ。
いつまでも茜あかねの空にたなびいてゐた
お調子者のセカンドは
私の心は悲しい……
もはやどうにも、ならぬのですから、
・・・
わたしは、なんにも腹が立たない。
賢かしこい渡り鳥共は彼の家の上空を通らなくなった。
あの光の差す方向にラピュタがあるのだ!!
夏には、顔が、汚れてみえたが、

232. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:05  ID:c1OTIyNjQ このコメントへ返信

※7 昇天の幻想だにもはやないのか?
へけ?
やれやれと思つてゐると
おまへはおれを愛してる、一度とて
姉妹は眠つた、母親は紅殻色べんがらいろの格子を締めた!
つながりました。
柿の木いつぽんある中庭にはは、
あれ、なんちゅんだって!?
僕はそれを、袂たもとに入れた。
喜び過ぎず悲しみ過ぎず、

233. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:07  ID:Q4MDQ3NDU このコメントへ返信

※7 お、落ちるぞー!?
う~ん、
はたはた
誰にも、それは、語れない
・・・いた!ママ!いた、隠れてた!
睦みし瞳
冬の暁風
葱ねぎの根のやうに仄ほのかに淡あはい
僕は
でも、文芸部ってなにをするところなのかよくわからなくて・・・

234. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:09  ID:A5MjczOTQ このコメントへ返信

※4 笑いどこでもなかった。
僕は眠つてゐたのだ
ここへ来る気か!
制服さんの悪いクセだ
おまけにスポーツ万能で
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……
ほんに今夜は春の宵よひ
破壊しました、娘はあそこです
今は毀こはれてゐようといふもの
しつこい

235. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:10  ID:czMzgzNjY このコメントへ返信

※5 薄桃色の、風を切つて……
今日の放課後までに調べておいて。
今日の放課後までに調べておいて。
このまま進め、光は常に雲の渦の中心をさしている
お黙り!
灌木がその個性を砥といでゐる
しみたれた
・・・
不射之射には、烏漆うしつの弓も粛慎しゅくしんの矢もいらぬ。
月の光を見てあれば、

236. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:11  ID:k3NjQ1MzI このコメントへ返信

※8 あれは、シュバちやんではなかつたらうか?
寒かつた。
想像上の赤服おじいさんを信じていたかというと
パズー君、君を誤解していた、許してくれたまえ。君がこの方を海賊から守るために奮戦してくれたとは知らなかったのだ。
いったい何を?
追えー!
あれは、浪ばかり。
これは私の機関の仕事です。閣下は兵隊を必要なときに動かしてくださればよいのです。
制服さんの悪いクセだ
ふぅーん

237. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:18  ID:U1NTc4Nzc このコメントへ返信

※6 我が部の活動に邪魔だから。
あ!
――けれど漕ぐ手はやめないで。
なんと、あんなに綺麗なんだ!
君の一族と私の一族は、もともと一つの王家だったのだ
ええ。私、父も母も死んじゃったけど、家と畑を遺してくれので何とか一人でやっていたの。決して人に渡したり、見せたりしちゃいけないって。
月の光
終点が玉座の間とは上出来じゃないか!!ここへ来い!!
喜び過ぎず悲しみ過ぎず、
流れ流れてありにけり。

238. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:25  ID:Y2NzQ5OTE このコメントへ返信

※8 女は度胸だ!お前達援護しな!
誤解を招くようなことを言うな!
うわー、すごい雲。
ここへ来る気か!
あなたが、入らされようとしているのは、
どうしてそれを・・・
走つてゆくのは、自転車々々々
装甲列車だ!
曇天
きゃー!

239. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:24:27  ID:g4MTM5OTY このコメントへ返信

ここにも来たか

240. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:27  ID:U3MDk5NjM このコメントへ返信

※6 うおぉ!
日影たのしく身を嫋なよぶ
私のいた塔から日の出が見えました。今は最後の草刈の季節だから、日の出は真東よりちょっと南へ動いています。光は火の出た丘の左端を指したから・・・
そこには甘蠅老師とて古今を曠むなしゅうする斯道しどうの大家がおられるはず。
睦みし瞳
樹脂きやにが五彩に眠る時、
一、美少女高校生にしか見えなかった。
縁側に陽があたつてて、
ラピュタの本当の姿を、この目で確かめたいんです。
またかたい

241. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:29  ID:A4NzQwNjM このコメントへ返信

※6 [#改丁]
覓もとめるでもなく、
見え匿かくれする雨の空。
なまあつたかい、風が吹く。
中に、
立て!
弦に応じて、一箭たちまち五羽わの大鳥が鮮あざやかに碧空へきくうを切って落ちて来た。
昔の
唄を
はい。お前が言うな!

242. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:24:30  ID:k1ODg3NTA このコメントへ返信

え?
まさか、しごきたいのアホどもはコメント欄に連投したらそのサイトを潰せると本気で思ってんの?

バカすぎるwww
記事そのものがお前等がファビョるネタであって、コメント欄なんて添え物に過ぎんわwww

243. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:31  ID:kxNTAxOTg このコメントへ返信

※2 農家の庭が欠伸あくびをし、
このまままっすぐ飛んで!小さな塔の上にいる。
ありがとう。助けてくれて。私シータって言うの。
処女むすめの眼めのやうに遥かを見遣みやつてはならない
壺の中には冒涜を迎へて。
碧あーをい
煉瓦工場に、人夫は来ない
ゴンドアはずっと北の山奥だね。
半ばは枯れた草に立つて、
だから、宇宙人がどうとか

244. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:32  ID:cxODAzNTA このコメントへ返信

※5 以前の負けず嫌ぎらいな精悍せいかんな面魂つらだましいはどこかに影かげをひそめ、なんの表情も無い、
逃がしゃしないよ!
ママ、落ちる~!
一通り出来るようじゃな、と老人が穏おだやかな微笑を含ふくんで言う。
蝿はへが唸なく。
――そのやうな時もありき、
撃てー!
今度は草を
そういう、特別教室を持たないクラブや同好会の部室が集まっているのが
二十日の後、いっぱいに水を湛たたえた盃さかずきを右肱ひじの上に載のせて剛弓を引くに、

245. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:35  ID:k4ODM4MjY このコメントへ返信

※2 えもいはれない弾力の
参詣人等もぞろぞろ歩き、
それで夕陽が当つてさへが、
キョン
坐つたまんまで、死んでゆくのだ。
機影はもう永遠に消え去つてゐた。
どれ、見せてやるかな。
もしかしたら、この会話がネタ振りだったのかもしれん
書道部はやめてこっちに入部します。
うわぁ!?・・・どんな呪文だ、教えろ、その言葉!

246. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:35  ID:k1Nzk5NA= このコメントへ返信

※2 全然!
飛行船を襲った人たちだもの。
私はいまは此処ここにゐる、黄色い灯影に。
抜かれた草は
おい!
陽といつても、まるで硅石けいせきか何かのやうで、
!?
闇を孕はらめり
既に早く射を離れた彼の心は、ますます枯淡虚静こたんきょせいの域にはいって行ったようである。
さてもかなしい夜の明けだ!

247. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:37  ID:IyMTMyODA このコメントへ返信

※2 指先に沁しみ、心に沁みた。
BGMなし
何!?化けてたのか!お前ら、ママに知らせろ!
どうでもいい話だが
もはや、鋭利えいりな錐きりの先をもって瞼まぶたを突つかれても、まばたきをせぬまでになっていた。
空へと去るのであらう?
よくわかるねぇ、ママ。
いたら私のところに来なさい。
パズー!あ・・・パズー!
え?

248. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:24:37  ID:A1MjY5Mzk このコメントへ返信

※224うん
規制かけられてるかと思った

249. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:39  ID:Q5OTAyMDQ このコメントへ返信

※2 霊魂はあとに残つて、
ぼんやり俯うつむき、案じてゐれば
その意味が、つひぞ通じたためしはなく、
なんだかはるかな、幻想が、
なんとかやるより仕方もない
いや、なんもなぃ
とほる
ゆくなるか?
花崗の巌いはほや
なんでか知らねぇけど

250. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:40  ID:I5ODQ3MjY このコメントへ返信

※2 あ!ママ!パズーだよ!パズーが帰ってきた!
おーい。
雲の間に月はゐて
薬鑵やくわんの音がしてゐます
所は
瓦屋根今朝不平がない、
向ふで
まあ、いいや。
波打際に、落ちてゐた。
ナインは各々守備位置にあり

251. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:40  ID:Q4MDQ3NDU このコメントへ返信

※9 私より胸大きいのよぉ。
しかし、弓はどうなさる?
はたなびく小旗の如く涕かんかな
野原は
なほの
ヒッヒッヒ・・・
なーんにも答えてくれない涼宮さんがどうしたら話すようになるのか?
ママ、落ちる~!
したらと
やめとくも何もそんな気は無いんだが・・・

252. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:44  ID:c2NTcwNTM このコメントへ返信

※2 ママ、連れてくの?
ポムじいさん!大丈夫、とってもいい人だよ!
あーをい空の下
あばずれ女の亭主が歌つた
庭の土には、陽が照るけれど
早くこっちへ!
ムッとした紀昌を導いて、老隠者は、そこから二百歩ばかり離はなれた絶壁の上まで連れて来る。
君はラピュタを宝島か何かのように考えているのかね
犬のみ覚めたる冬の夜は
娘を捕らえろ!

253. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:45  ID:gwMjM2ODY このコメントへ返信

※6 風白き日の山かげなりき
私より胸大きいのよぉ。
ぇ?
飛ぶ気か!?
あ~?こりゃおったまげた、軍隊のお出ましだ。
案じる
シータ!
ありがとう。おじいさんずっと地下で暮らしてるの?
はい!
地平の方へ、地平の方へ

254. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:46  ID:M5NDEzNzQ このコメントへ返信

※6 まことに、人生、花嫁御寮。
真ッ暗なグランドの上に
ひひひ、暗号を変えたって無駄だよ。飛行戦艦を呼び寄せた?娘を乗せて出発する気だ!急がないと手が出せなくなる。出かけるよ、いつまで食べてるんだい!
何をする集団なのかもわかっていないのである。
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出、
ぐずは嫌いだよ。
あの光の差す方向にラピュタがあるのだ!!
木立に鳥は、今も啼くけど
浜の空
宇宙人でも、未来人でも、超能力者でもないし

255. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:47  ID:YzOTM1MzA このコメントへ返信

※10 読める!!読めるぞ!!
するとなにか?
老師の技に比べれば、我々の射のごときはほとんど児戯じぎに類する。
10枚!?
そこで以前より、人には丁寧。
えーん・・・
嘗かつて煙を、吐いてた煙突も、
俺ね、えーと、えーとね・・・何でも食う!
-スラッグ渓谷
はい。

256. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:49  ID:IxODA4NTc このコメントへ返信

※4 この時忽焉こつえんとして湧起わきおこった。
これが食堂の雑踏の中に、
何だぁそれ!?
あ!
ママ!
やあ、今日は、御機嫌いかが。
ちょうど小耳に挟んだんだが、付き合う男全部振ったってほんとか?
来ちゃだめー!
裸足らそくはやさしく
急げー!

257. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:51  ID:gxMDUzMDc このコメントへ返信

※6 カタギに肩入れしてもよ、尊敬はしてくれねぇぜ、って。
ん?もしもしもしもし?おい!どうした?
そのあたりで鳴つて、そしてそこから響いて来る。
まぁ、見ててご覧なさいよ!
何だぁそれ!?
安物くさいその眼鏡、
時は
秋は
しかし酷ひどくよぼよぼの爺じいさんである。
※(「にんべん+爾」、第3水準1-14-45)の師と頼むべきは、今は甘蠅師の外にあるまいと。

258. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:55  ID:IwMDU3MDk このコメントへ返信

※8 なんでも
悔恨は、風と一緒に容赦なく
・・・
ヌックと出た、骨の尖さき。
「全然」のようだ。
とにかく朝霧罩こめた飛行場から
空の国?
青い瞳は動かなかつた、
立つて眺めてゐたつけが……
ニッヒッヒッヒ・・・

259. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:56  ID:AwMDkzNDY このコメントへ返信

※9 そりゃ、普通そうだろう。
やれーダッフィ!見せてやれ!
しょっぱなのあれって、何!?
米子
護謨合羽かつぱの
ママ、落ちる~!
路次を
青い瞳は動かなかつた、
シュバちやんかベトちやんか、
春宵感懐

260. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:24:58  ID:I0NzcwNDI このコメントへ返信

※2 りて・あ?
あ!
月曜日にリセットされて以降は金曜日まで一つずつ
どうじゃ。
それがどうかしたの!?
ギタアがそばにはあるけれど
裸足らそくはやさしく
このまま進め、光は常に雲の渦の中心をさしている
子供の手をば無理に引き
やっぱりこの所為じゃなかったみたいだ・・・うわ!?

261. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:00  ID:EyMzY4MjA このコメントへ返信

※3 そして片方は洋行すればいい、
秋は
いい加減にしな!まったくいつまで経っても子供なんだから。
遠いい物音が、心地よく風に送られて来るとはいへ、
手繰り
今はた
シータ・・・
うらっ!
でも、安心した。
波打際に、落ちてゐた。

262. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:01  ID:k5NDIyODI このコメントへ返信

※9 私はかまはずぼんやりしてゐた。
最初から信じてなどいなかった。
おれを憎んだためしはない。
あんまり晴れてる
教師の息子の十三番目、
だらだら
枝々の
その時三名人の放った矢はそれぞれ夜空に青白い光芒こうぼうを曳きつつ
あの子が返つて来るぢやない
・・・

263. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:01  ID:Y3MjA3NzY このコメントへ返信

※5 ちょっと借りてるよ、坊や。
臘祭らふさいの夜の
畳ももはや
うわあ
薮かげの小川か銀か小波か?
棉の実が罅裂はじける。
うおっ!?動いた!?
この馬鹿息子ども!さっさとお乗り!
燕角えんかくの弧ゆみに朔蓬さくほうのやがらをつがえてこれを射れば、
夜は、蒸気で出来た白熊が、

264. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:25:04  ID:AzOTkwNDA このコメントへ返信

ハム速みたいにコメントをまとめるとよさそう。
コメントスパムは簡単に取り除くことはできる。

265. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:05  ID:A0MzMwNzg このコメントへ返信

※10 ううん。君が空から降りてきたときドキドキしたんだ。きっと素敵なことが始まったんだって!
さうすればそのうち喘あへぎも平静に復し
あやしくもあかるい霧の中で、
ゐたが、
かなしくもうつくしいものに――
朝比奈みくるちゃんよ。
秋は
この小児
安心した。どうやら人間みたいだ。さっきまでひょっとすると天使じゃないかって心配してたんだ。
うれひに沈み

266. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:12  ID:M0NTk3NzM このコメントへ返信

※3 ゆくか
はたはた
今更引込ひっこみもならぬ。
あつたものかなかつたものか、
それいけ~!
馬車も通れば、電車も通る。
此処は空気もかすかで蒼あをく
喜び過ぎず悲しみ過ぎず、
月の光が照つてゐた
ひとり、

267. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:13  ID:Y4NTk1NjE このコメントへ返信

※10 部室にしようとしてんだぞ!
降りな。
どこ行った?
おまけにスポーツ万能で
陽は霧に光り、草葉の霜は解け、
次には、視みることを学べ。
宇宙人でも、未来人でも、超能力者でもないし
女が通る
巷ちまたに堕おちて
BGMなし

268. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:17  ID:QwNjc4MzU このコメントへ返信

※8 ことしか私は出来ないのだ。
ん?
BGM不明調べます!
月曜日が0で日曜日が6なのか?
基本的にねぇ。
おじさん、肉団子二つ入れて。
とほる
――「空しき秋」第十二
洩らさず私は聴くでせう、
月曜日にリセットされて以降は金曜日まで一つずつ

269. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:18  ID:YxNjUxNTk このコメントへ返信

※9 手が離せねぇ、お前がやれ!
ないに
縁側に陽があたつてて、
朝、教室に行ったら、机が全部廊下に出されてたことがあったなぁ
ふん・・・ハッ!
ふくよかに、
曇天
風が鳴つて。
何をする!!くそ~、返したまえいい子だから!!さあ!!
子供うながし去りゆけり……

270. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:19  ID:g5NjU2NTY このコメントへ返信

※1 もう少し時間が要ります
事を急ぐと元も子も無くしますよ閣下
おまへを抱いて動物園
夜は、蒸気で出来た白熊が、
海にゐるのは、
仄ほの燃えあざやぐをりをりは
坐つてゐたこともある、
煉瓦工場の、窓も硝子ガラスも、
ユニホームばかりほのかに白く――
でも、安心した。

271. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:25:19  ID:MxMzMzNzA このコメントへ返信

なんか意味不明の雑文が大量投下されてるけど、ハングルを翻訳ソフトに放り込んで作ったのかな?

272. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:25:22  ID:U5Mjg4NDg このコメントへ返信

     民主党の力を思い知れ!

       ワハハハヒー!

273. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:23  ID:A4Mjc3NjU このコメントへ返信

※5 炎もえるやうな
俺だったら、そうだな・・・
とって食いやしないよ。おいで。
やっぱり、宇宙人か?
みえてゐる
それだけじゃないの。
破壊しました、娘はあそこです
月の光
いけー、いけー!
くそ、特務の青二才が・・・

274. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:23  ID:kwOTY2Njg このコメントへ返信

※9 きこえぬ
またその苦労が果して価値の
入る学校間違えたかしら?
サンタクロースをいつまで信じていたかなんてことは
ではあゝ、濃いシロップでも飲まう
逃がしゃしないよ!
あ~?こりゃおったまげた、軍隊のお出ましだ。
雲が、流れる、月かくす。
疲れた胸の裡を
そりゃ、普通そうだろう。

275. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:28  ID:UwMDc2Mzg このコメントへ返信

※9 また今年こんねんも夏が来て、
そのとき撮った写真なんだよ。ガリバー旅行記でスウィフトがラピュタのこと書いてるけど、あれはただの空想なんだ。これは父さんが描いた想像図。今はもう誰も住んでいない神殿に、たくさんの財宝が眠ってるんだって。・・・でも誰も信じなかった。父さんは詐欺師扱いされて、死んじゃった。
癒なほるかに思はれた。と、さう思ひながら
ここへ来る気か!
――さるにても田舎のお嬢さんは何処どこに去いつたか
パズー!
午前の雨が
銀の液……
もちろん、寓話ぐうわ作者としてはここで老名人に掉尾ちょうびの大活躍だいかつやくをさせて、
紹介するわ。

276. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:34  ID:AwNjE1MDA このコメントへ返信

※2 賢さかしい少女の黒髪と、
草を抜く
どうせヤツらは遠くへは逃げません、航海はきわめて順調ですよ
!シータ!
信じられるか?あの子がママみたいになるんだぞ?
潜もぐりこみ
そいつと出会った。
紀昌は根気よく、毛髪もうはつの先にぶら下った有吻類ゆうふんるい・催痒性さいようせいの小節足動物を見続けた。
茲ここに収めたのは、『山羊の歌』以後に発表したものの過半数である。作つたのは、最も古いのでは大正十四年のもの、最も新しいのでは昭和十二年のものがある。序ついでだから云ふが、『山羊の歌』には大正十三年春の作から昭和五年春迄のものを収めた。
いいぞ。

277. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:37  ID:k3NzAyNTg このコメントへ返信

※4 的から一直線に続いたその最後の括はなお弦げんを銜ふくむがごとくに見える。
舟を浮べて出掛けませう、
やれやれ、娘を金で売ったのかい?
ウルはラピュタ語で「王」、トエルは「真」、君はラピュタの正統な王位継承者リュシータ王女だ
これじゃ、義務教育時代と何も変わんないわねぇ~
――薮かげの、小川か銀か小波さざなみか?
拱くみあはすあたりかなしげの
また、何としても古書に記された事実を曲げる訳には行かぬ。
まだか、早くしろ!!
春は土と草とに新しい汗をかゝせる。

278. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:43  ID:M1MjQxMzg このコメントへ返信

※4 夜は、蒸気で出来た白熊が、
何が?
あぁ~そっか~
陽は霧に光り、草葉の霜は解け、
ない!
心も
わが心
ゐたが、
うるさい!
遐とほき空

279. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:46  ID:MwNDE5ODY このコメントへ返信

※3 親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
-フラップター上
ゆくか
わあたしがいくら話しかけても
流れ流れてありにけり。
ふぅん
そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら
ごめんなさい。ご飯まだなんです。飛行船の台所って初めてで・・・あの、何か?
馬の
相手が冗談を言っているのでもなく、気が狂っているのでもなく、また自分が聞き違えをしているのでもないことを確かめると、

280. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:50  ID:czMjMyMjE このコメントへ返信

※2 はい。
なにゆゑに
お前が変な気を起こす前に言っておいてやる
生きてゐた時に、
パズー!心配してたんだよ。あれっきり姿が見えなくなっちゃって。あの子はどうしたんだい?
憶おもふ。
この時期、涼宮ハルヒもまだおとなしいころあいで
――林が逃げた農家が逃げた、
石鹸箱には風が吹き
あんたの意見なんか、誰も聞いてない!

281. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:25:51  ID:gwODQ1MTc このコメントへ返信

これって
   

282. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:54  ID:M0NTk3NzM このコメントへ返信

※5 BGMSOS団始動
沖に出たらば暗いでせう、
・・・
それを拾つて、役立てようと
ぁっぁ!
ゴム風船の、美しさかな。※(終わり二重括弧、1-2-55)
腹減ったなぁ・・・
まあ、パズーの鞄って魔法の鞄みたいね。何でも出てくるもの。
いたはしいよなものですよ
テムポ正しき散歩をなして

283. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:55  ID:k4MjUzMzg このコメントへ返信

※2 大きい風には銀の鈴
奉仕の気持に、なることなんです。
安心した。どうやら人間みたいだ。さっきまでひょっとすると天使じゃないかって心配してたんだ。
パズー電気をよこせ。
違うけどさぁ・・・
あんた、宇宙人なの?
早くしな、こっちだよ。
パズー!心配してたんだよ。あれっきり姿が見えなくなっちゃって。あの子はどうしたんだい?
屡々しばしば
倉庫の

284. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:56  ID:g2NDA0MDU このコメントへ返信

※4 ・・・いた!ママ!いた、隠れてた!
話をさせたら、でもうんざりか?
薄日の射してる午後の三時
ええ。
うらっ!
10枚!?
しかし私は辛いのだ
唄を
あんまりお酒は、飲まんがいいよ。
既に早く射を離れた彼の心は、ますます枯淡虚静こたんきょせいの域にはいって行ったようである。

285. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:59  ID:A4MzMxMzM このコメントへ返信

※3 次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!小僧から石を取り戻せ!!
扨さて、此の後どうなることか……それを思へば茫洋とする。
腐つた
ポッカリ月が出ましたら、
薄暮の中で舞ふ蛾の下で
俺、涼宮があんなに長い間しゃべってるの初めて見るぞ!
月の光が照つてゐた
飴売爺々あめうりぢぢいと、仲よしになり、
・・・
僕は野原に

286. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:25:59  ID:U4NzkxMzU このコメントへ返信

※6 なんと、あんなに綺麗なんだ!
それは?
石炭の匂ひがしたつて怖おぢけるには及ばぬ

うわあ
遊びます
薄暮の中で舞ふ蛾の下で
かすかな音を立ててもゐるのでした。
うわー、すごい雲。
森の中では死んだ子が

287. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:04  ID:c3MDI1NzQ このコメントへ返信

※3 黒雲空にすぢ引けば、
疲れた胸の裡うちを
腐つた
洋行帰りのその洒落者しやれものは、
わっ!?
伊達に女を50年やってるんじゃないよ。泣かせるじゃないか、男を助けるためのつれない仕草。私の若いころにそっくりだよ。お前達も嫁にするならああいう娘にしな。
言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!
あのぉー書道部に。
もはや、鋭利えいりな錐きりの先をもって瞼まぶたを突つかれても、まばたきをせぬまでになっていた。
気づいたのは相当後になってからだった。

288. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:05  ID:AzOTA4NTY このコメントへ返信

※9 ゆくなるか?
かすむ街の灯とほに見て、
盲目少女めくらむすめの手をとるやうに、
空に揚りて漂へり
伊達に女を50年やってるんじゃないよ。泣かせるじゃないか、男を助けるためのつれない仕草。私の若いころにそっくりだよ。お前達も嫁にするならああいう娘にしな。
俺暇なんだ。なんか手つだ・・・あ!
走つてゆくのは、自転車々々々
あゝ、『あの時』はあゝして過ぎつゝあつた!
三度紀昌が真面目まじめな顔をして同じ問を繰返くりかえした時、始めて主人の顔に驚愕きょうがくの色が現れた。
ハハハ、やあ、気分はどう?・・・あっこら待て、待てったら。

289. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:05  ID:EzMzMyODI このコメントへ返信

※8 疲れた胸の裡うちを
思い出したまえ、この石を働かせる言葉を、約束さえ果たせば君も自由になれる
それを拾つて、役立てようと
浪はところどころ歯をむいて、
きみはありにし
ながれ
似たようなもんよ。
少年の
どう思う!?
やがてはそれがお分りなのです

290. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:06  ID:UzNTc3OTk このコメントへ返信

※7 云つて却かへつて、落胆させてはと思つたからでもない、
おゝチルシスとアマントが
理解してたし、おふくろがサンタにキスをしているところを
あ!消えてく。
本当に知らないんです。パズーに会わせて・・・
きみはありにし
草を抜く
ちょうど崖がけの端はしから小石が一つ転がり落ちた。
制服さんの悪いクセだ
初夏の夜

291. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:09  ID:Y3MjA1NTI このコメントへ返信

※4 知つてでもゐるやうにのぼる。
そんなことしないわ。
もはや地上には日向ぼつこをしてゐる
まぶしくなつたら、日蔭に這入はひり、
ポッカリ月が出ましたら、
ヱヂプト煙草
――彼は独身者どくしんものであつた
は、は、はい!
なんで、あんたにそんなこと言われなくちゃいけないのよ!?
子鬼じゃ、子鬼がおる。

292. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:10  ID:YxODg0ODk このコメントへ返信

※1 小石ばかりの、河原があつて、
泣きも得せずて
岬の端の煉瓦工場よ!
火山灰掘れば氷のある如く
臘祭らふさいの夜の
今ぢやどうさへ、手出しも出来ず
え?
冬の長門峡
何をぼやぼやしている!早く火を消せ!追跡隊を組織しろ!

293. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:13  ID:kwNDM0MjI このコメントへ返信

※2 ほう、あっはっは、見ろ人がゴミのようだ!!はっはっはっは・・・。
年月
朝倉涼子
パズー!怪我は?
こころで感じて、顔見合せれば
老い疲れたる胃袋よ、
手真似につれては、唇くちも動かしてゐるのでしたが、
あの自己紹介?
歩道に沿つて立つてゐた、
入りたまえ。

294. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:13  ID:YxODg0ODk このコメントへ返信

※2 パズー君、君を誤解していた、許してくれたまえ。君がこの方を海賊から守るために奮戦してくれたとは知らなかったのだ。
ふぅん
されば今夜こんや六月の良夜あたらよなりとはいへ、
えもいはれない弾力の
湧くけど、それは、掴つかめない。
私はムスカ大佐だ、ロボットにより通信回路が破壊された、緊急事態につき私が臨時に指揮をとる
沖の波は、今も鳴るけど
それで彼は独り、
パズー、そのおんぼろに油差しとけよ。
月の光のそのことを、

295. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:19  ID:g1NzAzNDU このコメントへ返信

※6 君はラピュタを宝島か何かのように考えているのかね?ラピュタはかつて、おそるべき科学力で天空にあり、全地上を支配した恐怖の帝国だったのだ。・・・そんなものがまだ空中を彷徨っているとしたら、平和にとってどれだけ危険なことか君にも分かるだろう。私に協力して欲しい。飛行石にラピュタの位置を示させる呪文か何かを、君は知っているはずだ。
奉仕の気持に、ならなけあならない。
紀昌が弓に触ふれなければ触れないほど、彼の無敵の評判はいよいよ喧伝けんでんされた。
遊びに来たんじゃないんだからな。
またかたい
ゆいて西の方かた大行たいこうの嶮けんに攀よじ、霍山かくざんの頂を極めよ。
物蔭に、すずろすだける虫の音ねや
あの、おかわりあるから・・・
黒い石だ!!伝承の通りだ!!
谷口

296. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:19  ID:YzMTUwNDQ このコメントへ返信

※2 ながれて
生きてゆくのであらうけど
おまへを抱いて動物園
それから何年経つたことか
冒険でしょでしょ?
ポムじいさん!大丈夫、とってもいい人だよ!
さてわが親しき所有品もちものは、タオル一本。枕は持つてゐたとはいへ、布団ふとんときたらば影だになく、歯刷子はぶらしくらゐは持つてもゐたが、たつた一冊ある本は、中に何も書いてはなく、時々手にとりその目方、たのしむだけのものだつた。
俺、涼宮があんなに長い間しゃべってるの初めて見るぞ!
己おのれの師と頼たのむべき人物を物色するに、当今弓矢をとっては、名手・飛衛ひえいに及およぶ者があろうとは思われぬ。
うわー襲撃だー・・・ゴホッゴホッ!

297. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:22  ID:I4MjY5MTE このコメントへ返信

※8 剃りたての、頚条うなじも手頸てくびも
沖の波は、今も鳴るけど
やっぱりこの所為じゃなかったみたいだ・・・うわ!?
当たり前さね。海賊が財宝を狙ってどこが悪い。おかしなのはあいつらだ。なぜこそこそ娘をさらったりするんだ。お前、あいつらがあの子を行かしておくと思うのかい?
霊魂はあとに残つて、
いつはてるとも知れない呪。
ふ~ん。僕ら二人とも親無しなんだね。
俺暇なんだ。なんか手つだ・・・あ!
友の
ホラホラ、これが僕の骨――

298. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:26:25  ID:E5NzAxMTE このコメントへ返信

ネ:ト:ウ:ヨ

怒りのコピペ連投www
wwwwwww

299. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:25  ID:cwMzg1MzQ このコメントへ返信

※10 いつはてるとも知れない呪。
ルイ!女の子の服だ!
わからん。
構うもんか!突っ込め~!
ごめんね。私の所為でパズーをひどい目にあわせて。
それからそれがどうなつたのか……
その幹の隙
すさまじい破壊力を持つロボットの兵隊だよ。こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかった。
ん?何?急いでるんだから早く!
この辺りだ、これだ!!

300. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:26  ID:EzODYwMzg このコメントへ返信

※6 BGMなし
――赤ン坊を畑に置いて
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、
あ!やめて!もうやめて!お願い!!
俺がお前の思いつきに協力しなければならないのか?
ぁはははーー
含羞はぢらひ
月夜の浜辺
十六歳さいの少年、秦しんの始皇帝は父が死んだその晩に、父の愛妾を三度襲おそうた。
ばかり、

301. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:30  ID:g0MTA0NzQ このコメントへ返信

※5 面長き女ひと
絶対来なさいよ。
死刑はいやだからな。
ふん~!!へっへっへ・・・
俺の記憶の錯覚が、
僕は思つたわけでもないが
まぶしくなつたら、日蔭に這入はひり、
煕々ききとして照っていた春の陽ひはいつか烈はげしい夏の光に変り、澄すんだ秋空を高く雁がんが渡わたって行ったかと思うと、はや、寒々とした灰色の空から霙みぞれが落ちかかる。
みなさん今夜は静かです
リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!

302. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:30  ID:M1MTI3OTg このコメントへ返信

※10 電報打つた兄は、今日学校で叱られた。
まるでこれでは、毎日、日曜。
こうして俺たちは出会ってしまたんだ。
ここの部室は一時的に借りてるだけです。
ever(フォーエバー)
どうしてそれが、捨てられようか?
しかも工場は、音とてなかつた
パズー・・・
日影たのしく身を嫋なよぶ
おまけにそれを嘆きもしない

303. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:32  ID:gxMDIzMzM このコメントへ返信

※10 どうしてそれを・・・
ever(フォーエバー)
ふむ・・・はぁ。わしの爺さんが言ってたよ、岩たちが騒ぐのは山の上にラピュタが来とるからだとな。
ドーラも変わったねぇ、ゴリアテなんぞに手を出すとはよ?勝ち目はねぇぜ。
ひつそりしてゐて、
反射ひかりだ。
夏の朝
神社の日向を、ゆるゆる歩み、
ヒッヒッヒ・・・
紀昌が弓に触ふれなければ触れないほど、彼の無敵の評判はいよいよ喧伝けんでんされた。

304. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:36  ID:QzMDc4MTE このコメントへ返信

※10 森の中では死んだ子が
俺の記憶の錯覚が、
胡弓の音
見よ、鳶は羽ばたきもせず中空から石のごとくに落ちて来るではないか。
ひかれひかれて、岬みさきの端に
うん!
ラピュタの中枢だ、上の城などガラクタに過ぎん、ラピュタの科学は全てここに結晶しているのだ
うん、久しぶりに忙しいんだ。
うわあ
ひねもす空で鳴りますは

305. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:37  ID:k2NDQyMTI このコメントへ返信

※2 雲の間に月はゐて
みえる
ぁはははーー
弓?
飛衛は新入の門人に、まず瞬またたきせざることを学べと命じた。
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
本気だったんだ?
老師の技に比べれば、我々の射のごときはほとんど児戯じぎに類する。
すごいエンジンだね。
それで彼は独り、

306. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:38  ID:k3Nzc2MzU このコメントへ返信

※9 なんだかはるかな、幻想が、
ところが、十日余り過ぎると、気のせいか、どうやらそれがほんの少しながら大きく見えて来たように思われる。
ぐおっ!
水車の
月曜日にリセットされて以降は金曜日まで一つずつ

雪の降る日は高貴の夫人も、
云つて却かへつて、落胆させてはと思つたからでもない、
このあたりの岩には飛行席が含まれているんだよ。
全然!

307. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:39  ID:UzNjA5NjM このコメントへ返信

※4 連れだつ
それともその大砲で私と勝負するかね!?
つるべの音が偶々たまたました時、
その日
空の
なぜだかそれを捨てるに忍びず
一通り出来るようじゃな、と老人が穏おだやかな微笑を含ふくんで言う。
-タイガーモス号
うわ!・・・ふう。
気づいたのは相当後になってからだった。

308. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:26:42  ID:U5Mjg4NDg このコメントへ返信

   民主党を怒らせるとこうなる!

     ほら、泣け日本人!

309. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:48  ID:EwMjc5MDE このコメントへ返信

※3 あぁはん
-スラッグ渓谷

うわぁ!?
一人しかいないんだから。
己おのれの師と頼たのむべき人物を物色するに、当今弓矢をとっては、名手・飛衛ひえいに及およぶ者があろうとは思われぬ。
ふーん
二月ふたつきの後、たまたま家に帰って妻といさかいをした紀昌がこれを威おどそうとて
ぇへ
霧も光も霜も鶏も

310. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:49  ID:EwNDQwMTU このコメントへ返信

※8 あ!
澄み亙わたつたる夜の沈黙しじま
ブレーキ!!
東明しののめの空の如く丘々をわたりゆく夕べの風の如く
仄ほの燃えあざやぐをりをりは
うんざりする程ほど永遠で、
月夜の晩に、ボタンが一つ
紀昌に新たな目標を与あたえてその気を転ずるにしくはないと考えた。
来たまえ、こっちだ、くそ~、あった!!これだ!!
きゃー!

311. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:50  ID:I0MTg5MzQ このコメントへ返信

※3 まだ仕事?
草を抜く

夕陽を浴びてる
ぁーまぁいい。
略してSOS団である。
はい。
綱も
かすむ街の灯とほに見て、
冬の夜

312. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:52  ID:MxOTkyMTE このコメントへ返信

※5 唸つてる
邪魔だ!
全然無い!!
行くよ!
手や足に、ひえびえとして
聞いちゃいねぇ~
嬌羞けうしうよ、
うわぁ!?
み寺の屋根や
シーター!

313. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:53  ID:UzNTc3OTk このコメントへ返信

※4 かすかな姿態をゆるやかに動かしながら、
美食家の斉せいの桓公かんこうが己のいまだ味わったことのない珍味ちんみを求めた時、
奴らだ、ママどうしよう?
寒い寒い日なりき。
黒い夜草深い野にあつて、
今はぶきみに、たゞ立つてゐる
子供うながし去りゆけり……
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出。
咽喉のんどの
ながれて

314. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:26:58  ID:E0MzU4MTE このコメントへ返信

※7 ※(「にんべん+爾」、第3水準1-14-45)の師と頼むべきは、今は甘蠅師の外にあるまいと。
小僧!!娘の命と引き換えだ!!石のありかを言え!!
――ではまたそのうち、奥さんによろしく、
やっぱり、宇宙人か?
或あるはまた別れの言葉の、こだまし、雲に入り、野末にひびき
どうぞ。
この尨大ぼうだいな、古強者ふるつはものが
子供うながし去りゆけり……
みんな元気で。
旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ

315. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:00  ID:k3NDQ3MDE このコメントへ返信

※6 どうしたんだい?まるで戦だよ!
畳ももはや
煉瓦の色の憔心せうしんの
音さへ
全部。
うれしい心に夜が明けた、
石は持ち主を守り、いつの日にか天空のラピュタへ帰る時の道標として君に受け継がれたのだ
後はリンゴが一個に飴玉二つ。
やがてピアノの部屋に入り、
流行りの服は嫌いですか?

316. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:27:04  ID:MA== このコメントへ返信

これ犯罪じゃないの?警察は、こんな取締もできないの?
やっぱり在日や帰化専門の機関が必要なんでは?

317. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:06  ID:A4ODIyODU このコメントへ返信

※2 でっけえ声出すな!聞こえとるわい。
あ!やめて!もうやめて!お願い!!
或あるはまた別れの言葉の、こだまし、雲に入り、野末にひびき
面長き女ひと
小さなひびが沢山にあるのだつた
ほんとか?
あゝ
木立の前に、今もぼんやり
いたら私のところに来なさい。
ないぞ、

318. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:07  ID:cyNjg5NjY このコメントへ返信

※5 奴らだ、ママどうしよう?
ひとり、
ちょっと借りてるよ、坊や。
どうしてもどかねぇか!
雪の賦
ああっ!
なんなんですかぁ?
今夜とちれてゐるけれど、
煙草くらゐは喫つてもみたが、それとて匂ひを好んだばかり。おまけに僕としたことが、戸外でしか吹かさなかつた。
また、何としても古書に記された事実を曲げる訳には行かぬ。

319. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:14  ID:EwNDM3Njg このコメントへ返信

※3 少年の
工匠こうしょうは規矩きくを手にするのを恥はじたということである。
菖蒲しやうぶのいろの
これから王国の復活を祝って、諸君にラピュタの力を見せてやろうと思ってね
名前は?
だが、待てよ!
なほの
浪はところどころ歯をむいて、
吹込んでゐた。
所は

320. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:14  ID:EyMDAxOTU このコメントへ返信

※1 につこり笑ふといふほどの
なまあつたかい、風が吹く。
茲ここに収めたのは、『山羊の歌』以後に発表したものの過半数である。作つたのは、最も古いのでは大正十四年のもの、最も新しいのでは昭和十二年のものがある。序ついでだから云ふが、『山羊の歌』には大正十三年春の作から昭和五年春迄のものを収めた。
うわぁ!?
お前の谷だ。まったくとんでもない無駄足だったよ。
うわぁ!?
三郎の作曲によりて残りしものなり。〕
岡に梢のとげとげし
ぼんやり俯うつむき、案じてゐれば
海峡岸

321. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:14  ID:c2MzQxOTQ このコメントへ返信

※7 骨
飛衛は新入の門人に、まず瞬またたきせざることを学べと命じた。
はて?パズーによく似た子鬼だ。おまけに女の子の子鬼までおるわい。
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
――かぼそい声をしてをつた。
かくて夜は更ふけ夜は深まつて
長門さんとやら
うれしい。おなかペコペコだったの。
俺の記憶の錯覚が、
なんせつらがいいからさ

322. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:15  ID:MyMjkyNTA このコメントへ返信

※9 これ以上寄るんじゃねえ!
なんで、あんたにそんなこと言われなくちゃいけないのよ!?
夕陽にかすんで
読める!!読めるぞ!!
思ひをさせるばつかりでした。
間の
冷たくして、太いストローで飲まう
ね、おばさん。僕達を船に乗せてください。
シュバちやんかベトちやんか、
悔恨は、風と一緒に容赦なく

323. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:16  ID:A4ODIyODU このコメントへ返信

※9 あんたも触ってみる?
名人の真に名人たるゆえんを明らかにしたいのは山々ながら、一方、
地に落ちた矢が軽塵けいじんをも揚あげなかったのは、両人の技がいずれも神に入っていたからであろう。
壊すんじゃないよ。
私に協力してほしい、飛行石にラピュタの位置を示させる呪文か何かを君は知っているハズだ
構わん。空中でたっぷり締め上げてやれ。夜明けとともに娘を乗せて出発だ。
目覚ますことなき星を抱いて、
――盆地を繞めぐる山は巡るか?
正まさしくこれが、きっかけになったんだろうなぁ・・・
ぼんやり俯うつむき、案じてゐれば

324. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:27:17  ID:I0MDY3Njc このコメントへ返信

まあ公安にもマークされただろうから
しばらくおとなしくしようってところか

325. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:18  ID:kwNDM0MjI このコメントへ返信

※5 ふーん
くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!
ええ。
名前ならたった今考えたから。
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
海にゐるのは、
ナインは各々守備位置にあり
判屋奉公したこともあつた
頑是ない歌
見てゐるのは僕?

326. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:22  ID:A0MTg1MzU このコメントへ返信

※10 走つてゆくのは、自転車々々々
それからそれがどうなつたのか……
冒険でしょでしょ?
別に。
――ではまたそのうち、奥さんによろしく、
このまま行くとあいつの弾幕に飛び込んじまう。出直しだ!
これからです
庭に向つて、開け放たれた戸口から、
私の心は閑寂だ。
言葉なき歌

327. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:22  ID:Q4NjAyMzQ このコメントへ返信

※5 ほんとか?
はてしもしれず
その蛔虫が、稚厠の浅瀬で動くので
夜毎喫茶店にあらはれて、
だいぶ年寄りだからなぁ。
!シータ!
なにがしたいんだろうかな?
それにしてもあれはとほいい彼方かなたで夕陽にけぶつてゐた
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、
はたはた

328. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:22  ID:M5MjE0ODU このコメントへ返信

※6 誰知らうことわりもない……
賢さかしい少女の黒髪と、
咽喉のんどの
この小児
ことしか私は出来ないのだ。
あっはっはっは・・・。
彼処かしこと
身に沁みる
ヒッヒッヒ・・・
うわぁ!?動いてる!?

329. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:27:24  ID:U4OTM5Nzk このコメントへ返信

これが朝鮮人の粘着質か

330. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:27:25  ID:MxMzMzNzA このコメントへ返信

民主党議員の笑い方なら
ウェーハッハッハッ
じゃないの?
朝鮮人だし。

331. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:25  ID:gxMDIzMzM このコメントへ返信

※9 ――欧羅巴ヨーロッパは戦争を起すのか起さないのか
以上。
しかしあれは煙突の煙のやうに
その後母親がどうしてゐるか……
パズー、仕事サボってデートか?
シータァァァ!!
お嫁に行けば、その病気は
人は人に笑顔を以て対さねばならないとは
あんじゃあ、そこやめて。
あんまりこんなにこひしゆては

332. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:28  ID:E2NTMxMDM このコメントへ返信

※9 手ぬるい!あんな小娘締め上げればすぐに口を割ろうわい。
撃つな捕らえろ!!これはこれは王女様ではないか
澄み亙わたつたる夜の沈黙しじま
笛吹いて
唄を
叶かなはず、

帰んな。ここには貧乏人しかいねぇ。
制服さんの悪い癖だ。ことを急ぐと元も子もなくしますよ、閣下。
書道部はやめてこっちに入部します。

333. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:30  ID:I2MTI4Njk このコメントへ返信

※10 曜日で髪型変えるのは宇宙人対策か!?
教会堂の石段に
無線封鎖して行方をくらます気だね。
月の光が照つてゐた
空の
煉瓦干されて赫々あかあかしてゐた

はて?パズーによく似た子鬼だ。おまけに女の子の子鬼までおるわい。
助けてくれー!
ううん。君が空から降りてきたときドキドキしたんだ。きっと素敵なことが始まったんだって!

334. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:31  ID:E4ODU2NTg このコメントへ返信

※8 得たりと勢込んで紀昌がその矢を放てば、飛衛はとっさに、傍なる野茨のいばらの枝えだを折り取り、
昨日来たかなぁ?親方のところのチビのマッジが!
時にいちばん憎みあふ。
ゆくなるか?
あどけない子が
空は悲しい衰弱。
For
あ、シータ!いったいどうしたんだ!?
ムッとした紀昌を導いて、老隠者は、そこから二百歩ばかり離はなれた絶壁の上まで連れて来る。
くそ!ゴリアテ何をしている!・・・!煙幕!?

335. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:32  ID:A1NDEwOTc このコメントへ返信

※7 ポムじいさん?
老紀昌は真剣しんけんになって再び尋ねる。
いい。
銀の液……
北風は往還を白くしてゐた。
木偶でくのごとく愚者ぐしゃのごとき容貌ようぼうに変っている。
知らん!
あ!
あゝ、誰か来て僕を助けて呉れ
喝あげされているような気分だぜ。

336. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:27:34  ID:MA== このコメントへ返信

ラピュタの人は火病?
すごい

337. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:35  ID:k0OTE2MDM このコメントへ返信

※3 さりとて退屈してもゐず、空気の中には蜜があり、物体ではないその蜜は、常住食すに適してゐた。
決して急いではならない
ああ!
へ、ラピュタの宝だ、無理もするさ。
どうも思わん!
ん?なんだろう?・・・!人だ!
残暑
通商休館この部屋は文芸部。
あれは人魚ではないのです。
あ・・・ああ?

338. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:36  ID:EyMTMzNzc このコメントへ返信

※6 あの石だ、早く隣の部屋へ!飛行石だよ!
都会の夕べはそのために十分悲しくあつたのだ。
冬の夜に
幼獣の歌
空気のやうな空想に
わかりました。
バットの空箱からを蹴つてみる
黒い夜草深い野の中で、
昔恋しい時もあり
しらじらと雨に洗はれ、

339. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:40  ID:kwMTgxNTk このコメントへ返信

※6 長いといへば長い、短いといへば短いその年月の間に、私の感じたこと考へたことは尠すくなくない。今その概略を述べてみようかと、一寸思つてみるだけでもゾッとする程だ。私は何にも、だから語らうとは思はない。たゞ私は、私の個性が詩に最も適することを、確実に確かめた日から詩を本職としたのであつたことだけを、ともかくも云つておきたい。
君が協力してくれるのなら、あの少年を自由の身にしてやれるのだ。リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ。
ぐずは嫌いだよ。
遠くに工場の
菖蒲しやうぶのいろの
ちょっと借りてるよ、坊や。
調子も
え?何だって?
憂愁にみちたものに、思へるのであつた。
大きな溜息

340. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:42  ID:Y0OTE1ODY このコメントへ返信

※10 早くしな、こっちだよ。
片鱗その3
どうしてこんな簡単なことに気づかなかったのかしら?
月の光を見てあれば、
あ~?こりゃおったまげた、軍隊のお出ましだ。
土は薔薇色ばらいろ、空には雲雀ひばり
煉瓦干されて赫々あかあかしてゐた
てこずらせたな
飛衛は高蹈こうとうして胸を打ち、初めて「出かしたぞ」と褒ほめた。
わが半生

341. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:42  ID:E3MDI0NzU このコメントへ返信

※5 薬鑵の音を聞きながら
死んだか?
けふ一日ひとひまた金の風
キョン
そのもののために、そのもののために、
来たまえ、こっちだ、くそ~、あった!!これだ!!
かなしくもうつくしいものに――
お前、何言ったんだ?
無いもんはしょうがないだろう?
うわぁ!?

342. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:47  ID:AyNDAzMTg このコメントへ返信

※9 以前の負けず嫌ぎらいな精悍せいかんな面魂つらだましいはどこかに影かげをひそめ、なんの表情も無い、
それがどうかしたの!?
葱ねぎの根のやうに仄ほのかに淡あはい
たちあらはれて
彼はほとんど恐怖きょうふに近い狼狽ろうばいを示して、吃どもりながら叫んだ。
腐つた
毎日毎日彼は窓にぶら下った虱を見詰める。
そうだわ。どうして私助かったんだろう?飛行船から落ちたのに・・・
おねがい。
見てゐるのかしら?

343. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:50  ID:A4MDM0MTg このコメントへ返信

※6 ちょいまて、どこなんだよここは?
・・・いた!ママ!いた、隠れてた!
馬の
どうかね?
幼年も、老年も、青年も壮年も、
処女むすめの名前は、米子と云つた。
――まことやわれもうらぶれし
それは日曜日の渡り廊下、

シータ、いい名前だね。驚いちゃった、空から降ってくるんだもん。

344. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:56  ID:I2ODM3Njk このコメントへ返信

※10 それからそれがどうなつたのか……
あれはとほいい処にあるのだけれど
霧の夜空は高くて黒い、
女の
なんじがもしこれ以上この道の蘊奥うんのうを極めたいと望むならば、
ちょっと前。
というわけで片鱗その1
パズーは?パズーに会わせて。
半分に
酒場の

345. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:58  ID:g3NTg5ODY このコメントへ返信

※9 ちつとは愚痴でもあらうと思はれ……
奉仕の気持に、ならなけあならない。
略してSOS団である。
三郎の作曲によりて残りしものなり。〕
はい!
落ちてゐる
ボイラーの火を落とせ、残業は無しだ。
私の心は悲しい……
腹減ったなぁ・・・
眺めてた

346. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:27:59  ID:cyNTc3NTQ このコメントへ返信

※10 こんな可愛らしい顔してこんなに大きいなんて
凍いてつきて
おじさん!もっとスピード出ない!?
BGMなし
紹介終わりかよ?
あ・・・
俺にとっても心休まる月だった。
己が業が児戯に類するかどうか、とにもかくにも早くその人に会って腕を比べたいとあせりつつ
・・・
平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう

347. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:04  ID:A4NzQwNjM このコメントへ返信

※6 農家の庭が欠伸あくびをし、
ひどい目にあってないかしら、親方さんや機関士さんたち。
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、
腹減ったなぁ・・・
さあ、何をためらうのです、中へお進み下さい、閣下
陽は霧に光り、草葉の霜は解け、
その黒眼鏡たちにさらわれてきたの?
その字板のペンキは
続いて飛来った第二矢は誤たず第一矢の括やはずに中って突き刺ささり、
ないに

348. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:06  ID:UxMTk4ODI このコメントへ返信

※6 幹々は
裏の木立で鳥が啼ないてた
なべては夕暮迫るけはひに
ここから先は王族しか入れない聖域なのだ
雲の子だ、雲雀奴ひばりめだ
ここへ来る気か!
愉快なものもないのです
丸ビル風景
あの、おかわりあるから・・・
ああ!

349. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:10  ID:MxOTA3MTM このコメントへ返信

※9 やれやれ、娘を金で売ったのかい?
君がこの方を海賊から守るために奮戦してくれたとは知らなかったんだ
かくて夜は更ふけ夜は深まつて
庭の土には、陽が照るけれど
これは私の機関の仕事です。閣下は兵隊を必要なときに動かしてくださればよいのです。
ん。
したらと
夕陽を浴びてる
おゝチルシスとアマントが
雪が降るとこのわたくしには、人生が

350. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:14  ID:IxODA4NTc このコメントへ返信

※7 今ぢやどうさへ、手出しも出来ず
もはや地上には日向ぼつこをしてゐる
浜へ出て来て、石に腰掛け
お静かに!!
ぼんやり俯うつむき、案じてゐれば
遐とほき空
目覚ますことなき星を抱いて、
しばし美しい師弟愛の涙なみだにかきくれた。
なにがなし悲しい思ひであるのは、
その二

351. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:16  ID:Y0NDYwNTU このコメントへ返信

※1 ついに非望の遂とげられないことを悟さとった紀昌の心に、
早く捕まえるんだよ。
九年の間、紀昌はこの老名人の許に留とどまった。
で、この子が一年生の新入部員。
ポカポカポカポカ暖かだつたよ
庭・石段に腰掛けて、
はたはた
ぅん
それでも、俺がいつまでサンタなんていう
われを打見ていぶかりて

352. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:17  ID:EwMTY3NjY このコメントへ返信

※9 夢の
ぐずぐずしてると夜が明けちまうよ!
空の
まさか!シータ!約束したじゃないか!
われのほか別に、
隣町まで乗せて!警察に行く。
花崗の巌いはほや
今宵月は※(「くさかんむり/襄」、第3水準1-91-42)荷めうがを食ひ過ぎてゐる
とって食いやしないよ。おいで。
ギャーーーーー

353. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:17  ID:g5MzE2NjU このコメントへ返信

※8 あの雲の峰の向こうに見たことのない島が浮いてるんだ。やーるぞ!きっとラピュタを見つけてやる!
意味わかんねぇよ
僕はパズー、この小屋で独り暮らしをしているんだ。吹き終わったらあげる決まりなんだ。
シータァァァ!!
ゐたが、
ここどこですかぁ?
脚あしはワナワナと顫ふるえ、汗あせは流れて踵かかとにまで至った。
煙草なんぞを、くさくさ吹かし、
煉瓦工場は、朽ちてゆくだけ
あの、おかわりあるから・・・

354. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:23  ID:kwNDM0MjI このコメントへ返信

※4 へふぅ
水は、恰あたかも魂あるものの如く、
幻影
既に早く射を離れた彼の心は、ますます枯淡虚静こたんきょせいの域にはいって行ったようである。
悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいたのだ。
一、美少女高校生にしか見えなかった。
矢矢しし相属し、発発はつはつ相及んで、後矢の鏃は必ず前矢の括に喰入るが故に、
友達ねぇ~
それは何と呼ぶ品物で、また何に用いるのかと。
ナインは各々守備位置にあり

355. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:23  ID:A4MzMxMzM このコメントへ返信

※9 俺ね、えーと、えーとね・・・何でも食う!
・・・・・・・・・・・
無いんだったら自分で作ればいいのよ!
農家の庭が欠伸あくびをし、
無いもんはしょうがないだろう?
ああ!
様々な噂うわさが人々の口から口へと伝わる。
奉仕の気持に、ならなけあならない。
青い瞳は動かなかつた、
男子

356. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:24  ID:Y2NzQ5OTE このコメントへ返信

※8 地上に落ちた物影でさへ、はや余りに淡あはい!
もう艶つやが消えてゐた
全然!
ウルはラピュタ語で王、トエルは真。君はラピュタの正統な王位継承者、リュシータ王女。
蔭に
部室にしようとしてんだぞ!
すると尻から
春のはじめのお天気の日の
空を飛びたいと思ったから、飛行機作ったし、
あゝ、二人には浮気があつて、

357. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:24  ID:EzMzMyODI このコメントへ返信

※8 -ティディス要塞
僕にも誰にも分らなかつた
うわぁ!?
あ!
やあ、今日は、御機嫌いかが。
様々な噂うわさが人々の口から口へと伝わる。

うわー、ママ落ちる。
何回か見かけて覚えていたの。

358. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:28:27  ID:g1MTg3MDI このコメントへ返信

何か必死にやってるwww
お里が知れる

359. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:28:27  ID:A4Mzg1Mzk このコメントへ返信

つぶれろw
アフィカスに人権なんてある分けない

360. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:31  ID:k1OTYzNTM このコメントへ返信

※8 まあ、ありがとう。じゃあそのお皿仕舞ってくださる?
なーんにも答えてくれない涼宮さんがどうしたら話すようになるのか?
全然無い!!
へ?
かの
気づいたのは相当後になってからだった。
自動車
と、見る※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ル氏の
そんなこんなをしながらゴールデンウィークが明けた一日目
登る坂道なごめども

361. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:33  ID:I0ODA2OTU このコメントへ返信

※4 ロボットが・・・
木立に鳥は、今も啼くけど
嬌羞けうしうよ、
そういう、特別教室を持たないクラブや同好会の部室が集まっているのが
かくて、人間、ひとりびとり、
美術部や吹奏学部なら
この体が金属なのか粘土なのか、それすら我々の科学力ではわからないのだ
また来ん春と人は云ふ
倉庫の
ほんとか?

362. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:33  ID:A1NzQzMzI このコメントへ返信

※4 ポッカリ月が出ましたら、

あゝ、怖かつた怖かつた
薮かげの小川か銀か小波か?
そんなこと、いざ知らね、
私の心が悲しんでゐる
おまへの額は四角張つてた。
曜日で髪型変えるのは宇宙人対策か!?
獣はもはや、なんにも見なかつた。
早くこっちへ!

363. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:35  ID:gxMjc3ODA このコメントへ返信

※3 疲れの
まぁ今は落ち着け。
ながらに、
驚天動地だ。
閑寂
また来ん春と人は云ふ
三度紀昌が真面目まじめな顔をして同じ問を繰返くりかえした時、始めて主人の顔に驚愕きょうがくの色が現れた。
抱へられてた、
お静かに!!
部室にしようとしてんだぞ!

364. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:37  ID:Q3OTEyODA このコメントへ返信

※8 此の日頃、広告気球は新宿の
虫、草叢くさむらにすだく頃、
それは?
どうぞ。
――幻滅は鋼はがねのいろ。
まだみぬ
ふっふっふ、しかしこれが小さいのでな。
なぜ?
一瞬ちまよった俺を誰が責められよう
海賊の残りだ、もう一匹その足元に隠れているぞ

365. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:38  ID:Q1NzU2NTk このコメントへ返信

※2 目覚ますことなき星を抱いて、
ぅん、いや~ごめんごめん遅れちゃった。
在りし日の歌
開いた瞳は
はい!
見よ、鳶は羽ばたきもせず中空から石のごとくに落ちて来るではないか。
お前が変な気を起こす前に言っておいてやる
土の上で
木偶のごとき顔は更に表情を失い、語ることも稀まれとなり、ついには呼吸の有無さえ疑われるに至った。
寒かつた。

366. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:38  ID:cyNTY1MzY このコメントへ返信

※1 急げー!
これが食堂の雑踏の中に、
彼がその時独りつくづくと考えるには、今や弓をもって己に敵すべき者は、師の飛衛をおいて外ほかに無い。
明るい廃墟を唯独りで讃美し廻つてゐる
はたなびく小旗の如く涕かんかな
このとおり、空気に触れるとすぐにただの石になってしまうがの。
死んだか?
おまけにスポーツ万能で
この部室棟
更さらに間髪を入れず第三矢の鏃やじりが第二矢の括にガッシと喰くい込む。

367. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:42  ID:Y4MDczMDY このコメントへ返信

※1 黒雲空にすぢ引けば、
笑いどこでもなかった。
おいてきぼりだ、
肺病やみで、腓ひは細かつた。
そして
それから
そうかい?
でも、めっちゃでかいのよ、マジよ!
子供の手をば無理に引き
似たようなもんよ。

368. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:43  ID:EzMzMyODI このコメントへ返信

※6 だらだら
それな獣を怖がらす。
昔の
月の光
子供うながし去りゆけり……
朝あしたを
浪に向つてそれは抛れず
鳥が啼いても煉瓦工場の、
行っちまえ!
あたりまで……

369. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:43  ID:U5OTQzNDM このコメントへ返信

※3 矢は見事に虱の心の臓を貫つらぬいて、しかも虱を繋いだ毛さえ断きれぬ。
いいわね!?
静かに!よーく見てな。
こういう、マスコット的キャラも必要だと、思って
と老人は笑う。
急げ!
――幻滅は鋼はがねのいろ。
おばさん、もっと寄せて!
幹々は
見掛けねぇな。

370. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:45  ID:M4NjE5MzA このコメントへ返信

※2 霧も光も霜も鶏も
-フラップター上
庭の土には、陽が照るけれど
すごい。そうか・・・その光だ!聖なる光でロボットの封印が解けたんだ!ラピュタへの道が開けた。来い!
空の国?
それにも、なんかエピソードがあんの?
発想で初めて生じたものであり、天才がそれを可能にしたわけだ。
だったら団でいいじゃない。
出ろ。
月の光を浴びながら、

371. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:28:47  ID:U5Mjg4NDg このコメントへ返信

     有田ヨシフの力だ!

       
      恐ろしいだろ!

    泣け~叫べ~命乞いをしろ!

372. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:28:47  ID:A5OTgzMDg このコメントへ返信

こりゃもろ威力業務妨害やん
近代国家の成立した大原則は暴力や殺し合いではなく言論で決着をつけましょうということ。
在特のデモに対してはデモで応え、言論には言論を挑めば良いのに、やってることは単なる暴力行為これじゃまず一般人からは支持は得られないし、近代国家では如何なる理由があろうとも犯罪行為は許されない。

しかし彼らは自分たちがやってる行為こそ人種差別であり、人間として最低なことをやっていることになぜ気づかないのかね?

管理人さんしばらく気疲れすることもあるでしょうががんばってください。言論の自由は尊重されるべき最も重要な権利です。
私はこのサイトを通じで在日や韓国、北朝鮮といった朝鮮人の歪んだ反日思想を知ることができ、日本の国を大事にしなければいけないということに気づきました。今後もTVや新聞では報道されない貴重な情報を知る上でここを利用したいと思います。反社会的な行為に屈せず続けていただきたいと思います。

373. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:51  ID:IyMTMyODA このコメントへ返信

※2 BGMザ・強引
あ!いやいや、暇だからなんか手伝おうかな、なんてな。
ふん~!!へっへっへ・・・
今度は草を
-フラップター上
ロボットが、ロボットが生きています!もしもし!・・・うわぁ!!
棉の実が罅裂はじける。
そんなことなぞ考へてもみぬ。
老師の技に比べれば、我々の射のごときはほとんど児戯じぎに類する。
うわっ!

374. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:53  ID:M1MjQxMzg このコメントへ返信

※8 かすかな姿態をゆるやかに動かしながら、
見てみたいような気もする。
その断崖から半ば宙に乗出した危石の上につかつかと老人は駈上り、振返って紀昌に言う。
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、
もはや、鋭利えいりな錐きりの先をもって瞼まぶたを突つかれても、まばたきをせぬまでになっていた。
夕陽にかすんで
一年の女子全員をチェックでもしたのか?
伏せつて
何!?化けてたのか!お前ら、ママに知らせろ!
落ちてゐる

375. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:28:53  ID:c1NDU2NjU このコメントへ返信

※1 なにを思へるその顔ぞ
ポッカリ月が出ましたら、
面長き女ひと
舟を浮べて出掛けませう、
掘るだけ無駄かぁ。
よ!
長門さんとやら
煙草吹かしてぼんやりしてると、
マジで。
よく眠れたかな?

376. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:01  ID:I0ODA2OTU このコメントへ返信

※4 男なら拳骨で通れ。
路次を
椎の枯葉の落窪に
僕は
われら接唇くちづけする時に
秋の夜は、はるかの彼方かなたに、
今宵星降る東京の夜よる、
石は持ち主を守り、いつの日にか天空のラピュタへ帰る時の道標として君に受け継がれたのだ
髪毛の艶つやと、ラムプの金との夕まぐれ
旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ

377. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:02  ID:IwOTczOTk このコメントへ返信

※5 そこで地面や草木を見直す。
ホラホラ、これが僕の骨――
己が業が児戯に類するかどうか、とにもかくにも早くその人に会って腕を比べたいとあせりつつ
人々は家に帰つて食卓についた。
蹄ひづめの
ヒッヒッヒ・・・
しとしとと
俺は心の底から宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や
雀躍じゃくやくして家にとって返した紀昌は、再び窓際の虱に立向い、
よく眠れたかな?

378. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:03  ID:I0NzcwNDI このコメントへ返信

※4 ちょうど小耳に挟んだんだが、付き合う男全部振ったってほんとか?
もうちょっとあんたも喜びなさいよこの発見を!
どへぇぇぇぇぇぇぇ~
制服さんの悪い癖だ。ことを急ぐと元も子もなくしますよ、閣下。
食い止めろ、君は床に伏せていたまえ。
それやこれやと
全然だめ。
ここへ来る気か!
くそ!ゴリアテ何をしている!・・・!煙幕!?
更さらに間髪を入れず第三矢の鏃やじりが第二矢の括にガッシと喰くい込む。

379. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:06  ID:A4ODIyODU このコメントへ返信

※4 今では女房子供持ち
ぁぁ~
でも、今年の春に三年生が卒業して部員0ゼロ
ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ、ラピュタの力こそ人類の夢だからだ!!
ウヰンの市まちの郊外に、
ところが、十日余り過ぎると、気のせいか、どうやらそれがほんの少しながら大きく見えて来たように思われる。
おまけにそれを嘆きもしない
あぁぁーでは次
やはらかい
空の国?

380. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:07  ID:kwOTgzNjI このコメントへ返信

※9 どうしてそれが、捨てられようか?
夏の夜
音は
はためくを
すべきなのだろうが。
閣下が不用意に打たれた暗号を、解読されたのです。
[#ページの左右中央]
ただの人間には、興味がありません。
矢矢しし相属し、発発はつはつ相及んで、後矢の鏃は必ず前矢の括に喰入るが故に、
ぅん、いや~ごめんごめん遅れちゃった。

381. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:09  ID:k3Nzc2MzU このコメントへ返信

※5 時を打つ前には、
あつたものかなかつたものか、
彼なら安心したまえ、あの石頭は私のより頑丈だよ
へへ、お安い御・・・あ!お前!さっき腹が痛いって!
パズー!あ・・・パズー!
入る学校間違えたかしら?
ぼんやりしてると頭も胸も
それは日曜日の渡り廊下、
僕はいよいよの無一物だ
次の朝は霜が降つた。

382. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:09  ID:kzMzI3OTM このコメントへ返信

※1 パズー!怪我は?
ブレーキ!!
――彼は独身者どくしんものであつた
やっぱりシータを狙ってるんだ。

わたしはおまへを思ひ出す。
頸の短いあの男、

ああ!
面白い?

383. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:09  ID:kwOTgzNjI このコメントへ返信

※3 3分間待ってやる!!
あぁ、待ってくれぇ!
陽は今
それともその大砲で私と勝負するかね!?
・・・
人ッ子一人ゐはしないグランドは
髪毛の艶つやと、ラムプの金との夕まぐれ
おじさん!もっとスピード出ない!?
いきなり背に負うた楊幹麻筋ようかんまきんの弓を外して手に執とった。
遥か真下に糸のような細さに見える渓流をちょっと覗いただけでたちまち眩暈を感ずるほどの高さである。

384. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:10  ID:Q0NjA0NTY このコメントへ返信

※7 その二
くそっ!
そんなこと、いざ知らね、
確実に入るね
協力しなさい!
言葉なき歌
もういいんだ。
僕の頭に
間にや
どうしてこんな簡単なことに気づかなかったのかしら?

385. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:12  ID:I1NTk0NjA このコメントへ返信

※10 よく眠れたかな?
煙は空に身をすさび
大きなビルの真ッ黒い、小ッちやな小ッちやな出入口
曇天
古い影絵でも見てゐるやう――
音は
憂ひ秘め、
兄貴ー!そいつだぁ!
おねがい。
されば今夜こんや六月の良夜あたらよなりとはいへ、

386. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:14  ID:c4NDk1MDg このコメントへ返信

※3 一時期はとっかえひっかえってやつだったなぁ
大きな溜息
ん。
ドーラ一家だよ。
大きい風には銀の鈴
老紀昌は真剣しんけんになって再び尋ねる。
流よ、冷たき
上に、
様々な噂うわさが人々の口から口へと伝わる。
なんにも訪おとなふことのない、

387. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:29:15  ID:MA== このコメントへ返信

( 」´0`)」おうい、在 日~
くやしかったらここまでおいでようw

地団駄ふんじゃってww

388. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:20  ID:g5NjU2NTY このコメントへ返信

※1 森の中では死んだ子が
みんな元気で。
だから、何を?
ヂオゲネスの頃には小鳥くらゐ啼いたらうが
月の光に照らされて
お近きになっとくのもいいかなと、
私の心が悲しんでゐる
悪漢に追われてるんだ!
そしてあとでは得態えたいの知れない
わが心

389. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:21  ID:A2Nzk3NTQ このコメントへ返信

※7 大丈夫!
え?キャーーーー!!
おなか減ってるだろ?ご飯にしよう!あそこで顔を洗えるよ。タオルもあるから。
わっ!?
これが食堂の雑踏の中に、
時にいちばん憎みあふ。
おはよう!
名人の真に名人たるゆえんを明らかにしたいのは山々ながら、一方、

紀昌が弓に触ふれなければ触れないほど、彼の無敵の評判はいよいよ喧伝けんでんされた。

390. 工作員書き込みの対処   2014年02月13日 09:29:22  ID:M2NzcyNTU このコメントへ返信

みんな〜惑わされるなよ。
この工作は保守速報を陳腐なブログ化し、感心を無くさせる事が目的だぞ。
まともに文章を見るなよ。
頭おかしくなるからね。
また、意味のない書き込みにレスしないほうがいい。
気持ちは分かるけど、余計に陳腐化して良き内容の書き込みも薄れてしまう。
無視して有益な情報交換、発信を提案します。
もちろん工作員捏造書き込みには
今まで通り論破でよいと思います。

391. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:23  ID:k3NzAyNTg このコメントへ返信

※10 それでも、俺がいつまでサンタなんていう
海の果て……
相違も
ただ、築きたくなかっただけなのだ。
やれやれと思つてゐると
秋の風にや縒よれたらん
片鱗その3
For
亡き児文也の霊に捧ぐ
大丈夫。鉱山の男はそんなに軟じゃないよ。さあ行こう、出口を探さなきゃ。

392. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:23  ID:I0MTg5MzQ このコメントへ返信

※1 ナインは各々守備位置にあり
ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ、ラピュタの力こそ人類の夢だからだ!!
パズーは?パズーに会わせて。
たわいもない世間話にもならないくらいの
嘗かつて煙を、吐いてた煙突も、
陽は霧に光り、草葉の霜は解け、
み寺の屋根や
しかもすごく美少女だった。
やがて薄日が射し
それやこれやと

393. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:27  ID:EwMTY3NjY このコメントへ返信

※7 己おのれの師と頼たのむべき人物を物色するに、当今弓矢をとっては、名手・飛衛ひえいに及およぶ者があろうとは思われぬ。
Aランクの女はフルネームで覚えたぜぇ!
またしても少女だった。
海賊が。
陽光ひかりに廻めぐる花々や
ほんとは中学時代ずっとイライラしっぱなしだった。
やっぱりシータを狙ってるんだ。
うわぁ!?
いや。ほら、王手だな。
見え匿かくれする雨の空。

394. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:36  ID:MyMjkyNTA このコメントへ返信

※6 ここを見てくれ、脅えることはない、こいつは始めから死んでいる
お嫁に行けば、その病気は

ラピュタがどんな島だろうが、まっとうな海賊を慰めてくれるだけの財宝くらいあるはずだ。さあみんな!しっかり稼ぎな!
俺はあいつのスポークスマンでもなんでもないぞー!
今は春でなくて、秋であつたか
本気だったんだ?
はたなびく小旗の如く涕かんかな
うわぁ!
その幹の隙

395. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:36  ID:MzMDg0Nzc このコメントへ返信

※4 なんにも訪おとなふことのない、
ぅーん
ブレーキ!!
木橋の、埃りは終日、沈黙し、ポストは終日赫々あかあかと、風車を付けた乳母車うばぐるま、いつも街上に停とまつてゐた。
につこり笑ふといふほどの
花崗の巌いはほや
ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ、ラピュタの力こそ人類の夢だからだ!!
話をさせたら、でもうんざりか?
私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ
ああ!

396. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:37  ID:g4NTA5OTM このコメントへ返信

※3 なんとかやるより仕方もない
行けよ。ママより怖いんだ。気をつけろ。
ヘヘヘ・・・
風とともにもう其処にはなかつた。
港の空に鳴り響いた
ここから先は王族しか入れない聖域なのだ
昼休みにあったときに部室貸してって言ったら
素晴らしい!必ず手に入れてやる!
今ぢやどうさへ、手出しも出来ず
俺暇なんだ。なんか手つだ・・・あ!

397. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:41  ID:c3MDI1NzQ このコメントへ返信

※3 蛇口の滴しづくは、つと光り!
きれい・・・
聖なる光を失わない。ラピュタの位置を示している。将軍に伝えろ。予定通りラピュタへ出発すると。
東のほうへ掘ったほうがいいんじゃないかなぁ?
すごい。
・・・
次には、視みることを学べ。
おばさん、僕も戦う!
なんのおのれが桜かな、桜かな桜かな
パズー、お願いがあるの。ラピュタのこと忘れて。

398. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:29:44  ID:U4OTM5Nzk このコメントへ返信

これが朝鮮人の粘着質か

399. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:44  ID:UwODkwNDY このコメントへ返信

※2 狭くて手がはいらねぇ。
萌えよ萌え!
脚下きゃっかは文字通りの屏風びょうぶのごとき壁立千仭へきりつせんじん、
椎の枯葉の落窪に
かの時は
忽たちまち暑い真昼ひるのグランド
鳥が啼いても煉瓦工場の、
ために
あぁ、待ってくれぇ!
・・・・・・・・・・・

400. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:45  ID:I4NzE0Nzk このコメントへ返信

※1 頑是ない歌
でもこの石に不思議な力があるなんて、私ちっとも知らなかった。ずっと昔から家に伝わってきたもので母が死ぬとき、私にくれたの。
涙にくれて相擁あいようしながらも、
えらそうな口を利くんじゃないよ。娘っ子一人守れない小僧っ子が。
除夜の鐘
なにゆゑに
木曜は緑、金曜が金色で、土曜は茶色、日曜は白よね?
え?ママのようになるの?
淡あはい夕陽を

401. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:46  ID:AzOTA4NTY このコメントへ返信

※10 悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいたのだ。
普通の人間の相手をしている暇はないの!
怨恨は気が遐とほくなる
ニッヒッヒッヒ・・・
射し
そうよ。
はたして、日曜日はどんな髪型になっているんだ?
うわぁ!?動いてる!?
食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!
私をだませると思うのかい。

402. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:29:48  ID:MA== このコメントへ返信

今日もアフィクリックしましたよ。管理人さん応援しています。

403. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:29:52  ID:g3NjQyMTg このコメントへ返信

まあ、普段ネットやってる人は解るだろうけど、ユーザーの閲覧する気を無くす工作活動の一つだよね。

俺らは粛々とアクセス数が減らないように定期的に訪問、閲覧すれば良し。

404. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:53  ID:A1MzEwNjk このコメントへ返信

※4 何を協力するって?
冬の暁風
とりあいずまず、作るのよ!
その池で今夜一と夜さ蛙は鳴く……
憂ひ秘め、
月夜の浜辺
私の心は悲しい……
老人が笑いながら手を差し伸のべて彼を石から下し、自ら代ってこれに乗ると、

眼付ばかりはどこまでも、やさしさうなのでした。

405. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:54  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※10 この体が金属なのか粘土なのか、それすら我々の科学力ではわからないのだ
雨が、あがつて、風が吹く。
菜の花畑で吹かれてゐるのは……
もはや、伝うべきほどのことはことごとく伝えた。
椎の枯葉の落窪に
と、見る※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ル氏の
俺だったら、そうだな・・・
お前どんな魔法を使ったんだ?
またかたい
薄桃色の、風を切つて

406. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:57  ID:Q2ODc4MjU このコメントへ返信

※4 仮入部していたのだった。
早くしな、こっちだよ。
名前ならたった今考えたから。
きれいな石だね。ちょっと・・・ん?あれ?
ゴホッゴホッ!
※(「にんべん+爾」、第3水準1-14-45)の師と頼むべきは、今は甘蠅師の外にあるまいと。
眼玉よ、
はぁぁ!?
岩がざわめくの?
じつと手を出し眺めるほどの

407. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:29:58  ID:E1MjcyMzA このコメントへ返信

※5 偶然だよなぁ~
ぅひゅん。
石鹸箱せつけんばこには秋風が吹き
犬のみ覚めたる冬の夜は
落ちてゐる
ここもか、あっ、くそ~、あった!!
今日はほんとに好いお天気で
憂ひ秘め、

土は枇杷びはいろ

408. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:01  ID:M1MjQxMzg このコメントへ返信

※5 たちあらはれて
シータがそうしろって言ったんだ。だから・・・
このパッキンだね。
その女の情熱のやうな
思ふけれどもそれもそれ
ウルはラピュタ語で「王」、トエルは「真」、君はラピュタの正統な王位継承者リュシータ王女だ
そういう、大事なことは面と向かって言いなさいよ!
ユニーク。
やりさへすればよいのだと
反射ひかりだ。

409. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:01  ID:k0OTE2MDM このコメントへ返信

※2 いい!?
私の家に古くから伝わるものなの。
世界の物理法則がよくできていることに感心しつつ
そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら

彼は客の眼を凝乎じっと見詰める。
――「空しき秋」第十二
なんとも情ないことに思はれるのだつたが
-ティディス要塞
どこ行っちゃったのかな?じっちゃん!じっちゃん!

410. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:04  ID:Q0MTU1OTM このコメントへ返信

※1 しかしあれは煙突の煙のやうに
みえる
菜の花畑で吹かれてゐるのは……
うおっ!?
わが半生
またひとしきり

櫂かいから滴垂したたる水の音は
お前どんな魔法を使ったんだ?
何!?化けてたのか!お前ら、ママに知らせろ!

411. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:07  ID:kyOTY4NzA このコメントへ返信

※3 旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ
うん、シータは?
壊すんじゃないよ。
ぇぃ。
だから、ハルヒが翌日、長かった髪をバッサリ切って登場したときには
地下へ逃げろ!
お嫁に行けば、その病気は
二十八歳のその処女むすめは、
風白き日の山かげなりき
こいつはこの部屋をなんだかわからん部の

412. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:08  ID:k5MTk5Mzc このコメントへ返信

※8 そうか!そのとき空に上がればラピュタを見つけられるんだ!シータ、父さんは嘘つきじゃなかったんだ!
おれもおまへを愛してる。前世から
ぼんやりしてると頭も胸も
かわいい子でねぇ。黒い髪のお下げをしてるんだ。
何が?
正午
ルイ!女の子の服だ!
うんともすんとも言わねぇです。
ふくよかに、
遠いい物音が、心地よく風に送られて来るとはいへ、

413. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:09  ID:M5MjE0ODU このコメントへ返信

※3 一瞬ちまよった俺を誰が責められよう
さぁ・・・

なにゆゑに
テムポ正しき散歩をなして
その四十年の間、彼は絶えて射を口にすることが無かった。
月夜の晩に、ボタンが一つ
遊んでゐれば
冷たい夜
奉仕の気持に、ならなけあならない。

414. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:30:10  ID:MA== このコメントへ返信

自分達がたくさんの人に知って貰うためにやっているツイッターや、偉大なる中韓様の新聞とか朝日・毎日新聞とかの記事をわざわざ多数の人が見やすいようまとめてあげてるのが名誉毀損なの?

ツイッターも新聞もみんなに知って貰いたくて書いてるんだから嬉しいでしょ。

415. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:12  ID:g0OTcxODg このコメントへ返信

※7 おゝチルシスとアマントが
名前は?
その幹の隙
やがて眼前に示されるに違いないその妙技への期待に湧返った。
あばずれ女の亭主が歌つた
なにゆゑにかくは羞ぢらふ……
――幻滅は鋼はがねのいろ。
僕はいよいよの無一物だ
で、この子が一年生の新入部員。
過ぎし日の

416. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:13  ID:E0MjQyOTQ このコメントへ返信

※8 たぶん、全部本当だから・・・
野に
腹減ったなぁ・・・
私、まだ言ってないことがあるの。
扨さて、此の後どうなることか……それを思へば茫洋とする。
ふむ・・・はぁ。わしの爺さんが言ってたよ、岩たちが騒ぐのは山の上にラピュタが来とるからだとな。
さらば、ハルヒ
ここを見てくれ、脅えることはない、こいつは始めから死んでいる
木橋の、埃りは終日、沈黙し、ポストは終日赫々あかあかと、風車を付けた乳母車うばぐるま、いつも街上に停とまつてゐた。
東明しののめの空の如く丘々をわたりゆく夕べの風の如く

417. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:15  ID:I2MDY2NTM このコメントへ返信

※10 僕は空手空拳だ
すさまじい破壊力を持つロボットの兵隊だよ。こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかった。
三歳の記憶
すごい。そうか・・・その光だ!聖なる光でロボットの封印が解けたんだ!ラピュタへの道が開けた。来い!
海にゐるのは、
お~、見たまえ、この巨大な飛行石を、これこそラピュタの力の根源なのだ!!
こいつ金貨なんか持ってらぁ!
まばたきもしないで亭主ていしゅを罵ののしり続けた。
僕は思つたわけでもないが
さてわが親しき所有品もちものは、タオル一本。枕は持つてゐたとはいへ、布団ふとんときたらば影だになく、歯刷子はぶらしくらゐは持つてもゐたが、たつた一冊ある本は、中に何も書いてはなく、時々手にとりその目方、たのしむだけのものだつた。

418. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:19  ID:E3MDI0NzU このコメントへ返信

※10 たちあらはれて
角によつぽど惹かれてか
幾分空を反映する。
彼は客の眼を凝乎じっと見詰める。
思ふけれどもそれもそれ
馬車も通れば、電車も通る。
打水が、樹々の下枝しづえの葉の尖さきに
徒あだなることにかゝらひて、涕くことを忘れゐたりしよ、げに忘れゐたりしよ……
ここの部室は一時的に借りてるだけです。
わが心

419. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:20  ID:c4NDk1MDg このコメントへ返信

※4 さて、飛衛の矢が尽つきた時、紀昌の方はなお一矢を余していた。
あんたは学校に提出する書類をそろえなさい。
でも、文芸部ってなにをするところなのかよくわからなくて・・・
さっきの男もその一人?何者だろう軍隊と一緒にいるなんて。
空は死児等の亡霊にみち
悔の気持に浸るのだ。
煉瓦工場は音とてもなく
朝倉涼子
宇宙人!
流よ、冷たき

420. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:24  ID:gxMjI4NDI このコメントへ返信

※10 庭の地面も鹿のやうに睡い。
判屋奉公したこともあつた

無形むぎやうの
世界の物理法則がよくできていることに感心しつつ
ラピュタがどんな島だろうが、まっとうな海賊を慰めてくれるだけの財宝くらいあるはずだ。さあみんな!しっかり稼ぎな!
月はその時空にゐた
じゃあ休部になってないじゃないか!
こころで感じて、顔見合せれば

421. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:24  ID:A2Nzg2NzQ このコメントへ返信

※8 きれい・・・
見てゐるのは、――僕?
光つてゐるのをいつまでも、僕は見てゐた
薄日の射してる午後の三時
青い瞳は動かなかつた、
何を協力するって?
ゆくか
萌えよ萌え!
一月ひとつきの後、百本の矢をもって速射を試みたところ、第一矢が的まとに中あたれば、
霧の夜空は高くて黒い、

422. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:27  ID:QxNzc5NTE このコメントへ返信

※9 古い日は放心してゐる。
遠くの民家に鶏とりは鳴いたが、
――そのやうな時もありき、
意味不明なハルヒの一言により目出度くそのように決まった。
――まことやわれもうらぶれし
狡ずるさうなピッチャは相も変らず
うん!
うわあ
そこだ。
苦労して来たことであつた!

423. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:30  ID:A5MDUyOTg このコメントへ返信

※8 次の朝は霜が降つた。
パズー・・・
ヌックと出た、骨の尖さき。
機影はもう永遠に消え去つてゐた。
ラピュタの調査は、シータさんの協力で軍が極秘に行うことになったんだ
向うからただ一人歩み来る飛衛に出遇であった。
磧の
時間の無駄だから!
俺暇なんだ。なんか手つだ・・・あ!
パズー電気をよこせ。

424. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:30:30  ID:MA== このコメントへ返信

ヘイトとかって言うよりも、事実をそのまま書いただけで差別って言うのはダメなんじゃないの?

流石に、ありもしないことを書いたら差別って批判するのはわかるけど、ちゃんとした事実しか載せてないんだから、単なる大陸と半島そしてそこからの移民の人にスポットを当てたニュースってだけじゃないの?

これはダメだ!全部に対してニュースにしてないからダメだ!とか、言うならスポーツニュース、経済ニュース、さらに国外、国内向けニュースもダメになると思うのだけれど

論理が破綻してるから、ただ単に邪魔だから消したいってだけだろ

425. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:30  ID:I0MjI3NTI このコメントへ返信

※1 今では女房子供持ち
――欧羅巴ヨーロッパは戦争を起すのか起さないのか
眠つてゐるのは、菜の花畑に
木立の前に、今もぼんやり
あ!
ん。
あなたが、入らされようとしているのは、
――赤ン坊を畑に置いて
ぞろぞろぞろぞろ出てくるわ、出てくるわ出てくるわ
なっているんだが、まだ男子が残っているにもかかわらず、

426. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:33  ID:k5NDIyODI このコメントへ返信

※8 この時期、涼宮ハルヒもまだおとなしいころあいで
やめとけ
安物くさいその眼鏡、
あわれげな
椎の枯葉の落窪に
入りたまえ
憶おもふ。
二三日たっても、依然いぜんとして虱である。
紀昌は根気よく、毛髪もうはつの先にぶら下った有吻類ゆうふんるい・催痒性さいようせいの小節足動物を見続けた。
瞼まぶた

427. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:33  ID:QyNTIwMzk このコメントへ返信

※1 どうせヤツらは遠くへは逃げません、航海はきわめて順調ですよ
半分に
はためくを
美し
その調子で、涼宮さんをクラスに溶け込めるようにしてあげてね。
煉瓦工場に、人夫は来ない
私のいた塔から日の出が見えました。今は最後の草刈の季節だから、日の出は真東よりちょっと南へ動いています。光は火の出た丘の左端を指したから・・・
ふむ・・・はぁ。わしの爺さんが言ってたよ、岩たちが騒ぐのは山の上にラピュタが来とるからだとな。
きこえぬ
あ!?

428. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:30:35  ID:EwMjgxNjQ このコメントへ返信

これが朝鮮人のやり方ね。

429. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:36  ID:YxODg0ODk このコメントへ返信

※8 幻影
あの光の差す方向にラピュタがあるのだ!!
われは料亭にありぬ。
そこだ。
どいつもこいつも、アホらしいほどまともな奴だったわ。
りて・あ?
ぅん
なべては夕暮迫るけはひに
傍で見ていた師の飛衛も思わず「善し!」と言った。
ではあゝ、濃いシロップでも飲まう

430. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:36  ID:U1NTA4MDQ このコメントへ返信

※8 このあたりの岩には飛行席が含まれているんだよ。
はい。
しみたれた
BGMなし
ちょっと前。
同じ印が、君の家の古い暖炉にあった。・・・この石にも。こいつは君の手にあるときにしか働かない。石は持ち主を守り、いつの日にか天空のラピュタへ帰るときの道しるべとして君に受け継がれたのだ。
ん?もしもしもしもし?おい!どうした?
蜻蛉に寄す

――かぼそい声をもう一度、聞いてみたいと思ふのだ……

431. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:36  ID:MzNjY0MTA このコメントへ返信

※10 どけ!しまった!
ヱヂプト煙草
わたしはおまへを思ひ出す。
日影たのしく身を嫋なよぶ
止まれー止まらんと撃つぞ!
またその苦労が果して価値の
本が好きなんだなぁ~
キャー!
この時忽焉こつえんとして湧起わきおこった。
パズー・・・

432. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:38  ID:M0NDc3MDE このコメントへ返信

※1 二十日の後、いっぱいに水を湛たたえた盃さかずきを右肱ひじの上に載のせて剛弓を引くに、
何に?
老人と入代りに紀昌がその石を履ふんだ時、石は微かすかにグラリと揺ゆらいだ。
シータ!うおっ!おばさん!?
叶かなはず、
奴らだ、ママどうしよう?
沖の方では波が鳴つてた。
このあたりの岩には飛行席が含まれているんだよ。
こつでもあるの?
あゝ

433. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:41  ID:YxODg0ODk このコメントへ返信

※1 よく眠れたかな?
2番のバルブを閉めろ!
弓矢の要いる中はまだ射之射じゃ。
ここの部室は一時的に借りてるだけです。
お道化うた
-フラップター上
制服さんの悪いクセだ
月夜の晩に、拾つたボタンは
やりさへすればよいのだと
ゐるが

434. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:43  ID:Y4MjUzOTY このコメントへ返信

※10 永訣の秋
霧の降つたる秋の夜に、
今日はほんとに好いお天気で
流ながれよ、淡あはき
こころゆくまで悔ゆるは洵まことに魂を休むればなり
うん!
それから何年経つたことか
自殺しなけあなりません。
あなたが、入らされようとしているのは、
雀はどうなつたか、誰も知らなかつた。

435. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:44  ID:QwNDkxOTQ このコメントへ返信

※1 大高源吾おほたかげんごの頃にも降つた……
それは?
見てみたいような気もする。
やめとくも何もそんな気は無いんだが・・・
ないぞ、
そいつと出会った。
協力しなさい!
姉妹は眠つた、母親は紅殻色べんがらいろの格子を締めた!
全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!
まだかなかなは

436. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:46  ID:Q0MzU0NDY このコメントへ返信

※9 おとなしい色をしてゐた
それより他に、方法がない。
眠らうとして目をば閉ぢると
なまあつたかい、風が吹く。
まことに人生、花嫁御寮。
黒い夜草深い野にあつて、
睦みし瞳

文明を発展させてきたんだ。
此処で十分待つてゐなければならない

437.    2014年02月13日 09:30:47  ID:I2NTA4MzY このコメントへ返信

ポケ理人
mocchic

438. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:48  ID:IwNjIzNDY このコメントへ返信

※4 ここもか、あっ、くそ~、あった!!
唸つてる
みえてゐる
月の光が照つてゐた
壊すんじゃないよ。
夏の夜に覚めてみた夢
なべては夕暮迫るけはひに
はい。
麦稈真田ばくかんさなだを敬虔けいけんに編み――
紀昌は慄然りつぜんとした。

439. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:54  ID:A3NjY1NzQ このコメントへ返信

※8 私をだませると思うのかい。
けふ一日ひとひまた金の風
どこか面白そうな部があったら教えてくれよ。
その二
身に沁みる
シータ、こっちへ!
素晴らしい!!最高のショーだとは思わんかね!?
平気。ごめん、痛かった?
「既に、我と彼との別、是と非との分を知らぬ。
岬の端の煉瓦工場よ!

440. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:55  ID:AyODEwNjY このコメントへ返信

※9 う、うわっ。
抜けさへ
強しいて気を励はげまして矢をつがえようとすると、
あぁはん
麻は朝、人の肌はだへに追い縋すがり
このまままっすぐ飛んで!小さな塔の上にいる。
につこり笑ふといふほどの
急げー!
邪魔だ!
その黒眼鏡たちにさらわれてきたの?

441. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:57  ID:A3MTIzMzQ このコメントへ返信

※9 何をぼやぼやしている!早く火を消せ!追跡隊を組織しろ!
任意同行よ。
と思へばなんだか我ながら
笑ひを沢山湛たたへた者ほど
ヒーローたちがこの世に存在しないと
烏号うごうの弓に衛きえいの矢をつがえきりりと引絞ひきしぼって妻の目を射た。
僕は野原に
あ!やめて!もうやめて!お願い!!
天は地を蓋おほひ、
パズー!あ・・・パズー!

442. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:57  ID:A4NzQwNjM このコメントへ返信

※4 脚下きゃっかは文字通りの屏風びょうぶのごとき壁立千仭へきりつせんじん、
消えゆけば
素晴らしい!必ず手に入れてやる!
秋は
萌えよ萌え!
はぁ~~
美術室や音楽室があるでしょ?
春と赤ン坊
その汗を乾かさうと、雲雀は空に隲あがる。
碧あーをい空の中

443. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:30:58  ID:Q1NjMyNDU このコメントへ返信

※4 久しぶりだね、その後どうです。
碧あーをい
だったら団でいいじゃない。
ラピュタ人・・・
賢かしこい渡り鳥共は彼の家の上空を通らなくなった。
みなさん、今夜は、春の宵よひ。
なにゆゑに
此の世の光のたゞ中に
おーい、この子達を保護してやってくれ!海賊どもに追われてるんだ。
外吹く風は金の風

444. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:00  ID:I4NzE0Nzk このコメントへ返信

※1 音はちつともしないのですし、
賢かしこい渡り鳥共は彼の家の上空を通らなくなった。
・・・
そこだ。
趣味は・・・→→→→→→→→→→→→→↑
こつでもあるの?
おれを憎んだためしはない。
月の光が照つてゐた
おー泣かせるー・・・
それから

445. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:05  ID:M3NTkzOTE このコメントへ返信

※9 珍しく残業かい?
は、は、はい!
あれは、浪ばかり。
おじさん、肉団子二つ入れて。
パズー君、君を誤解していた、許してくれたまえ
-炭鉱
ゆきてかへらぬ
私もそれまでに部室を探しておくから。
進路98、速力40!
パズー、来おったぞ!

446. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:07  ID:UxMTk4ODI このコメントへ返信

※3 隣家は空に
風白き日の山かげなりき
君の気持ちはわかるが、どうか手を引いてほしい
庭に向つて、開け放たれた戸口から、
まぶしく、美はしく、はた俯うつむいて、
それっ!
胡弓の音
私より胸大きいのよぉ。
あ!やめて!もうやめて!お願い!!
やはらかい

447. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:07  ID:Q4NjAyMzQ このコメントへ返信

※6 腰こしの曲っているせいもあって、白髯はくぜんは歩く時も地に曳ひきずっている。
こくられて、断るってことをしないんだよ。
パズー!あ・・・パズー!
主人は、客が冗談じょうだんを言っているとのみ思って、ニヤリととぼけた笑い方をした。
死んだと聞いてはいつそうあはれであつた。
庭の土には、陽が照るけれど
打水が、樹々の下枝しづえの葉の尖さきに
そを
伊達に女を50年やってるんじゃないよ。泣かせるじゃないか、男を助けるためのつれない仕草。私の若いころにそっくりだよ。お前達も嫁にするならああいう娘にしな。
協力しなさい!

448. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:12  ID:kyODE4NjQ このコメントへ返信

※7 なんとも情ないことに思はれるのだつたが
流行りの服は嫌いですか?
このまままっすぐ飛んで!小さな塔の上にいる。
甍いらかの
今更引込ひっこみもならぬ。
しかしながら、ハルヒの{奇矯ききょう?}な振る舞いは
佳い香水のかをりより、
子供の手をば無理に引き
知らん!
来たまえ、ぜひ見てもらいたいものがあるんだ

449. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:13  ID:IwNDQ5MTg このコメントへ返信

※1 空のうへ?

向ふの道を、走つてゆくのは
何がわかったんだろう。
おじいさん、その島は今もあるんでしょうか?
私の家に古い秘密の名前があって。この遺石を受け継ぐとき、その名前も私継いだの。私の継いだ名はリュシータ。リュシータ・トエル・ウル・・・ラピュタ。
理解してたし、おふくろがサンタにキスをしているところを
小石ばかりの、河原があつて、
何してるんだ?あいつ?→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→↑
朝倉涼子

450. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:13  ID:AyODY0NDI このコメントへ返信

※5 あーをい空の下
あ!
その時子供は父母の膝下ひざもとで蕎麦そばを食うべ、
紀昌は根気よく、毛髪もうはつの先にぶら下った有吻類ゆうふんるい・催痒性さいようせいの小節足動物を見続けた。
あゝ
その手の弾力のやうな
萎なえてゆく
さてその空には銀色に、蜘蛛くもの巣が光り輝いてゐた。
そうして、石碣の矢をつがえると、折から空の高くを飛び過ぎて行く渡り鳥の群に向って狙いを定める。
ぼんやりしてると頭も胸も

451. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:15  ID:Y2MjMwMDM このコメントへ返信

※3 女が通る
長門さんとやら
ふーん
彼処かしこと
腐つた
!?
木偶のごとき顔は更に表情を失い、語ることも稀まれとなり、ついには呼吸の有無さえ疑われるに至った。
脚あしはワナワナと顫ふるえ、汗あせは流れて踵かかとにまで至った。
海賊の残りだ、もう一匹その足元に隠れているぞ
ながらの

452. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:15  ID:c2NTcwNTM このコメントへ返信

※4 俺にとっても心休まる月だった。
BGMSOS団始動
けっこう、俺は動揺した。
こういう、マスコット的キャラも必要だと、思って
すべきなのだろうが。
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出。
ながれて
毎日毎日彼は窓にぶら下った虱を見詰める。
パズー、上を見て。
このあたりは大昔から鉱山があったんだよ。穴だらけなんだ。

453. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:17  ID:czOTkwNTQ このコメントへ返信

※4 そう。
悔の気持に浸るのだ。
入りたまえ。
庭に向つて、開け放たれた戸口から、
うれしい。おなかペコペコだったの。
ロシアの田舎の別荘の、
うわぁ!?
偶然だよなぁ~
以前の負けず嫌ぎらいな精悍せいかんな面魂つらだましいはどこかに影かげをひそめ、なんの表情も無い、

454. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:18  ID:IwNTI5NjI このコメントへ返信

※9 間の
思ひ出
よしないことや拗言すねごとや、
紹介するわ。
パズー!
ふふーん。見てー。
――赤ン坊を畑に置いて
おもへば今年の五月には
眼まなこうるめる
みなさん、今夜は、春の宵。

455. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:26  ID:U5MjY3NTU このコメントへ返信

※8 あれ以来、ホームルーム前のわずかな時間にハルヒと話すのが
なにを思へるその顔ぞ
済製場さいせいばの屋根にブラ下つた琵琶びはは鳴るとしも想へぬ
小石ばかりの、河原があつて、
その断崖から半ば宙に乗出した危石の上につかつかと老人は駈上り、振返って紀昌に言う。
疲れた胸の裡を
そして片方は洋行すればいい、
腹減ったなぁ・・・
仄ほの燃えあざやぐをりをりは
鳥を見せても猫にやあだつた

456. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:30  ID:A0NTk1NzM このコメントへ返信

※6 違う!そんなことするもんか!
もしかしたら、この会話がネタ振りだったのかもしれん
BGM憂鬱の憂鬱
楽に移動したいと思ったから、車や列車を生み出したんだ。
肺病やみで、腓ひは細かつた。
手真似につれては、唇くちも動かしてゐるのでしたが、
俺はあいつのスポークスマンでもなんでもないぞー!
あるまい?
消えちゃった。
庭の土には、陽が照るけれど

457. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:31:33  ID:MA== このコメントへ返信

チョンアホすぎるww

458. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:35  ID:Q3NzE1NzY このコメントへ返信

※8 一応同意しておこう!
煙突は
月の光
またしても少女だった。
みなさん今夜は静かです
書道部はやめてこっちに入部します。
なまあつたかい靄もやもある
その意味が、つひぞ通じたためしはなく、
趣味は・・・→→→→→→→→→→→→→↑
さてわが親しき所有品もちものは、タオル一本。枕は持つてゐたとはいへ、布団ふとんときたらば影だになく、歯刷子はぶらしくらゐは持つてもゐたが、たつた一冊ある本は、中に何も書いてはなく、時々手にとりその目方、たのしむだけのものだつた。

459. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:37  ID:E4ODU2NTg このコメントへ返信

※7 ふーん。ねえ、それちょっと見せてくれる?
砂は底だ、
何を聞いたか知らないけど、まあいいわ。
あんたの意見なんか、誰も聞いてない!
なんなんですかぁ?
それは日曜日の渡り廊下、
或あるはまた別れの言葉の、こだまし、雲に入り、野末にひびき
テムポ正しく、握手をしませう。
彼は客の眼を凝乎じっと見詰める。
此の世の光のたゞ中に

460. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:40  ID:M1MTI3OTg このコメントへ返信

※5 うん。
それなのにまた二人には、
なにゆゑに
あ!いやいや、暇だからなんか手伝おうかな、なんてな。
その煙は、自分自らを
まだみぬ
卵殻もどきの貴公子の微笑と
なっているんだが、まだ男子が残っているにもかかわらず、
空気のやうな空想に
ん。

461. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:41  ID:I4NjEwMzk このコメントへ返信

※8 徒あだなることにかゝらひて、涕くことを忘れゐたりしよ、げに忘れゐたりしよ……

何回か見かけて覚えていたの。
きゃあ!
うん
えもいはれない弾力の
それから何年経つたことか
いきなり背に負うた楊幹麻筋ようかんまきんの弓を外して手に執とった。
紀昌は慄然りつぜんとした。
人ッ子一人ゐはしないグランドは

462. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:43  ID:gxMzcxMDQ このコメントへ返信

※4 更さらに間髪を入れず第三矢の鏃やじりが第二矢の括にガッシと喰くい込む。
二十八歳のその処女むすめは、
半分に
巷ちまたに堕おちて
幼年も、老年も、青年も壮年も、
いったい何を?
やったー!掃除洗濯、しなくてすむぞ!
誰知らうことわりもない……
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
扨さて、待つてゐるヒットは出なく

463. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:46  ID:YxMDU0NA= このコメントへ返信

※6 ウルはラピュタ語で「王」、トエルは「真」、君はラピュタの正統な王位継承者リュシータ王女だ
昔から、キョンは変な女が好きだからねぇ~
さっきの男もその一人?何者だろう軍隊と一緒にいるなんて。
今迄流れてもゐなかつた川床に、水は
ふ~ん。僕ら二人とも親無しなんだね。
笛吹いて
わっ!?
シータ・・・
このパッキンだね。
彼処かしこと

464. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:47  ID:UxOTk1Mjc このコメントへ返信

※1 手ぬるい!あんな小娘締め上げればすぐに口を割ろうわい。
美し
鳥を見せても猫にやあだつた
額顰しかめし汝なが面おもぞ
任意同行よ。
青き女をみなの顎あぎとかと
岩がざわめくの?
テムポ正しき散歩をなして
ばかり、
剃りたての、頚条うなじも手頸てくびも

465. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:48  ID:gxMzcxMDQ このコメントへ返信

※7 ↑
老人は素手すでだったのである。
私より胸大きいのよぉ。
萌えよ萌え!
なんだか自信が持てないよ
急げー!
で、いじけてのこのこ帰ってきたわけかい。それでもお前、男かい!?え!?
正午
陽光ひかりに廻めぐる花々や
春日狂想

466. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:50  ID:EzNDAwNzY このコメントへ返信

※9 大高源吾おほたかげんごの頃にも降つた……
私、思うんだけど、
たしかに此処で待つてゐなければならない
だったら団でいいじゃない。
それで彼は独り、
はい!
紹介するわ。
空気よりよいものはないのです
萎なえてゆく
あゝ

467. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:52  ID:I0ODA2OTU このコメントへ返信

※8 あの図体づうたいが、
急げ!早くしろ!
来ないと、死刑だから。
馬車も通れば、電車も通る。
厨宰ちゅうさいの易牙えきがは己が息子むすこを蒸焼むしやきにしてこれをすすめた。
なんにも訪おとなふことのない、
拱くみあはすあたりかなしげの
でも、それは、一部の人間の{才覚さいかく}や
それは、紗しやの服なんかを着込んで、
ふん~!!へっへっへ・・・

468. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:53  ID:Q3NzE1NzY このコメントへ返信

※4 そうして、それを南向きの窓に懸かけ、終日睨にらみ暮くらすことにした。

灌木がその個性を砥といでゐる
その字板のペンキは
古い影絵でも見てゐるやう――
それな獣を怖がらす。
そらよっと!
黒い夜草深い野の中で、
そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら
変な真似したらすぐに海に叩き込むからね!

469. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:31:56  ID:A1MjY5Mzk このコメントへ返信

どこがヘイトなのか説明してもらわないと

470. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:57  ID:MxOTA3MTM このコメントへ返信

※4 え?
そして蛙声は水面に走る。
思い出したまえ、この石を働かせる言葉を、約束さえ果たせば君も自由になれる
夏の夜の水田すいでんの滓おり、
このあたりは大昔から鉱山があったんだよ。穴だらけなんだ。
涼宮ハルヒに話しかけていた。
成績もどちらかと言えば優秀なんだ。
ではあゝ、濃いシロップでも飲まう

菜の花畑で眠つてゐるのは……

471. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:31:57  ID:Y0OTE1ODY このコメントへ返信

※4 強しいて気を励はげまして矢をつがえようとすると、
幼稚園のクリスマスイベントに現れたサンタはニセサンタだと
蛇口の滴しづくは、つと光り!
ホラホラ、これが僕の骨――
馬の
日曜日
任意同行よ。
立つてゐる
涼宮ハルヒの
でもこの石に不思議な力があるなんて、私ちっとも知らなかった。ずっと昔から家に伝わってきたもので母が死ぬとき、私にくれたの。

472. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:03  ID:M0ODcwNzU このコメントへ返信

※1 BGM好調好調
ああっ!
薮かげの小川か銀か小波か?
灌木がその個性を砥といでゐる
初夏の夜
一匹の獣けものが火消壺ひけしつぼの中で
わっ!?
紀昌は早速さっそく師の許もとに赴おもむいてこれを報ずる。
上がれぇぇぇ!
月曜日が0で日曜日が6なのか?

473. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:05  ID:c4OTk4ODM このコメントへ返信

※10 僕はパズー、この小屋で独り暮らしをしているんだ。吹き終わったらあげる決まりなんだ。
死ね~!!
きこえぬ
ひねもす動いてゐた
でも、それは、一部の人間の{才覚さいかく}や
高校に入れば少しはましかと思ったけど、
眠つてゐるのは赤ン坊だ?
その声は、空より来り、
昔から、キョンは変な女が好きだからねぇ~
朝鮮女をんなの服の紐

474. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:07  ID:g1NzcwMjY このコメントへ返信

※4 故郷ふるさとの小川のへりに、
あれは、浪ばかり。
――「空しき秋」第十二
ふん・・・ハッ!
浪はところどころ歯をむいて、
畢竟ひつきやう意志の問題だ
そのあたりで鳴つて、そしてそこから響いて来る。
ああ、はいママ!
岡に梢のとげとげし
だったら、話しかけないで!

475. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:08  ID:g5MTI0NjM このコメントへ返信

※5 手が離せねぇ、お前がやれ!
気づいたのは相当後になってからだった。
中原中也
名探偵みたいなやつもいないし!
見た。
舞ひ入る
夕陽を浴びてる
春宵感懐
ギタアがそばにはあるけれど
さて、なんだろう?

476. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:08  ID:g5MTI0NjM このコメントへ返信

※7 いけー、いけー!
霊魂はあとに残つて、
三度紀昌が真面目まじめな顔をして同じ問を繰返くりかえした時、始めて主人の顔に驚愕きょうがくの色が現れた。
泣かんばかりに弾き出した、
で、いじけてのこのこ帰ってきたわけかい。それでもお前、男かい!?え!?
結果から言うとそれはギャグでも
おまけにスポーツ万能で
あれ以来、ホームルーム前のわずかな時間にハルヒと話すのが
あとからあとから出てくるわ、出てくるわ出てくるわ
坐つたまんまで、死んでゆくのだ。

477. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:08  ID:A2ODIzNTc このコメントへ返信

※1 その日昼みた野球のナインの
それを拾つて、役立てようと
ロボットが、ロボットが生きています!もしもし!・・・うわぁ!!
これでこそ初めて天下の名人だ。
舞ひ去つてゐた!
ヱヂプト煙草
脚あしはワナワナと顫ふるえ、汗あせは流れて踵かかとにまで至った。
あたし、休み時間には校舎を隅々まで歩くようにしてるから、
※(始め二重括弧、1-2-54)まことに人生、一瞬の夢、
そこ、笑っていいぞ。

478. こも   2014年02月13日 09:32:10  ID:czNTI0OTM このコメントへ返信

「キニ速」というまとめブログにある、このスク
そこのHTMLソースを読むと、

479. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:14  ID:Q1MTYyMTg このコメントへ返信

※9 だらだら
遠くの民家に鶏とりは鳴いたが、

一道の殺気が森閑しんかんとした家の中から奔はしり出てまともに額ひたいを打ったので、
その棘とげの先端せんたんをもってハッシと鏃を叩たたき落した。
動いてるぞ。
あんまり晴れてる
桜色の
これ?
たしかにそれは、死んだのですから、

480. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:14  ID:Q2ODc4MjU このコメントへ返信

※1 とりとめもなく
その石くれの
雲雀
銀の液……
もしくは、それに準じるなにかね~
へふぅ
考へてみれば簡単だ
笛吹いて
新しく発足するクラブの名は今ここに決定した。
ベトちやんもシュバちやんも、はやとほに死に、

481. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:32:15  ID:MA== このコメントへ返信

すっげーコメ(笑)まじきちって初めて見たよ!
変な人でも変すぎる!

482. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:17  ID:AyODY0NDI このコメントへ返信

※10 秋の消息
ええ。私、父も母も死んじゃったけど、家と畑を遺してくれので何とか一人でやっていたの。決して人に渡したり、見せたりしちゃいけないって。
獣はもはや、なんにも見なかつた。
私より胸大きいのよぉ。
時々恨む、その眼は怖い
紀昌に新たな目標を与あたえてその気を転ずるにしくはないと考えた。
どけよ!
しかもすごく美少女だった。
どういうとこが?
BGM不明調べます

483. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:18  ID:I2MDY2NTM このコメントへ返信

※10 ほーう。
はい!
まぁ、見ててご覧なさいよ!
厭いやがる妻を紀昌は叱しかりつけて、無理に機を織り続けさせた。
月に向つてそれは抛はふれず
ナインも打者も悉ことごとく消え
嫁はいらねぇ、飛行石さ。
瞬く中に、百本の矢は一本のごとくに相連なり、
なにその反応!?
いつかう弾き出しさうもない

484. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:23  ID:QwNDkxOTQ このコメントへ返信

※8 ――赤ン坊を畑に置いて
美し
お道化どけた
われを打見ていぶかりて
綱も
あわれげな
一匹の獣けものが火消壺ひけしつぼの中で

聖なる光?
いまも

485. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:23  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※1 一人しかいないんだから。
けれどもその方へ駆け出してはならない
おうよ!
みなさん、今夜は、春の宵。
君も男なら聞き分けたまえ
なっているんだが、まだ男子が残っているにもかかわらず、
ひときはつづく蝉しぐれ
今宵月は※(「くさかんむり/襄」、第3水準1-91-42)荷めうがを食ひ過ぎてゐる
薬鑵やくわんの音がしてゐます
しみたれた

486. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:24  ID:A2MzIyMTc このコメントへ返信

※5 今宵月は※(「くさかんむり/襄」、第3水準1-91-42)荷めうがを食ひ過ぎてゐる
なまあつたかい、風が吹く。
秋の消息
むなしさ
また骨の処にやつて来て、
うわぁ!
え?キャー!パ、パズーっ!
入りたまえ
え?
こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう

487. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:28  ID:MzMjEzNjI このコメントへ返信

※3 時間の無駄だから!
在りし日の歌
さよなら。
ラピュタの本当の姿を、この目で確かめたいんです。
雨の日
港の空に鳴り響いた
-ティディス要塞
パズー!あ!放して!
ぇへ
ゆいて西の方かた大行たいこうの嶮けんに攀よじ、霍山かくざんの頂を極めよ。

488. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:28  ID:Q4MjE5MjQ このコメントへ返信

※10 彼は極度の近眼であつた
ムスカ!ロボットはどうした!
くそ!ゴリアテ何をしている!・・・!煙幕!?
見てゐるのは僕?
蛍のやうに蹲しやがんでる
あれ以来、ホームルーム前のわずかな時間にハルヒと話すのが
はたはた
パズー!あ!放して!
まあ、パズーの鞄って魔法の鞄みたいね。何でも出てくるもの。
僕は野原に

489. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:29  ID:YxMzkxNTY このコメントへ返信

※5 これからです
さて、それなのに夜が来れば蛙は鳴き、
親の慈愛はどうしやうもない、
飴売爺々あめうりぢぢいと、仲よしになり、
ゆくなるか?
につこり笑ふといふほどの
三月目みつきめの終りには、明らかに蚕かいこほどの大きさに見えて来た。
ついに、彼の目の睫毛と睫毛との間に小さな一匹ぴきの蜘蛛くもが巣すをかけるに及んで、彼はようやく自信を得て、師の飛衛にこれを告げた。
煉瓦の色の憔心せうしんの
天下第一の名人となるためには、どうあっても飛衛を除かねばならぬと。

490. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:32  ID:I2ODM3Njk このコメントへ返信

※8 月
こういう、マスコット的キャラも必要だと、思って
石鹸箱せつけんばこには秋風が吹き
たしかにそれは、死んだのですから、
腐つた
兄貴ぃ、立てるか!?
そこだ、同じ印が君の家の古い暖炉にあった、この石にもね
あーをい
われを打見ていぶかりて
蛔虫むしが下がつた。

491. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:32  ID:E0NjYzMzc このコメントへ返信

※3 煉瓦工場に、人夫は来ない
どう思う!?
その蛔虫が、稚厠の浅瀬で動くので
基本的にねぇ。
くちびる
これ以上寄るんじゃねえ!
その金で手を引けって言われたんだろうが。
覚えてないの?
みえてゐる
煙草くらゐは喫つてもみたが、それとて匂ひを好んだばかり。おまけに僕としたことが、戸外でしか吹かさなかつた。

492. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:32  ID:cyNTY1MzY このコメントへ返信

※9 手繰り
港の空に鳴り響いた
なにゆゑにかくは羞ぢらふ……
東のほうへ掘ったほうがいいんじゃないかなぁ?
誰がそんなこと分るものか
はかなくも可憐な顎あごをしてゐるのです。
心もあらず
楽に移動したいと思ったから、車や列車を生み出したんだ。
胡弓の音
磧の

493. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:34  ID:Y3MjA1NTI このコメントへ返信

※2 大原女が一人歩いてゐた
BGMなし
シータをさらいに行くの?
朝鮮女をんなの服の紐
大きい風には銀の鈴
――四方よもの山が沈み、
あなたから伝えてもらうことにするから。
グッ!
卵殻もどきの貴公子の微笑と
朝比奈みくるちゃんよ。

494. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:36  ID:I4NjEwMzk このコメントへ返信

※10 子供うながし去りゆけり……
頸の短いあの男、
何をぼやぼやしている!早く火を消せ!追跡隊を組織しろ!
それも
子供の手をば無理に引き
その間いかなる修業を積んだものやらそれは誰だれにも判わからぬ。
あれは、浪ばかり。
野原の
家々の腰板古い。
まるで、金や、銀ではないか

495. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:37  ID:A2NDc4NTg このコメントへ返信

※5 路次を
やれーダッフィ!見せてやれ!
蒼白の
なにその反応!?
あゝ
あの石だ、早く隣の部屋へ!飛行石だよ!
この時
いい答えだ。・・・そっちはどうだい?
ever(フォーエバー)
やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、

496. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:37  ID:MyOTc1MDU このコメントへ返信

※8 ――彼は独身者どくしんものであつた
こんな可愛らしい顔してこんなに大きいなんて
片鱗その3
はためくを
シータをさらいに行くの?
意味わかんねぇよ
かの時
酒酌くみてありぬ。
あーんもうつまんない!
その棘とげの先端せんたんをもってハッシと鏃を叩たたき落した。

497. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:38  ID:IzNTMwNzY このコメントへ返信

※5 みんな仲良くしていきたいじゃない?
赤ン坊ではないでせうか?
ながらに、
残暑
時間の無駄だから!
ながれて
リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!
お道化うた
見よ、鳶は羽ばたきもせず中空から石のごとくに落ちて来るではないか。
はいよ!

498. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:32:39  ID:A2NjAzMTY このコメントへ返信

管理人さん後であらしの書き込み消しといて

在日が日本に居れる唯一の方法は影でコソコソ大人しく生きていく事
自ら騒ぎ大きくしてその存在を世に知らしめるのは自爆以外の何物でもない

499. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:42  ID:A1MDA5OTc このコメントへ返信

※2 こいつは地上で作られたものではない。この体が金属なのか粘土なのか、それすら我々の科学力ではわからないのだ。ここを見てくれ。脅えることはない。こいつははじめから死んでいる。
冬の夜の室内の
高校に入れば少しはましかと思ったけど、
どうせヤツらは遠くへは逃げません、航海はきわめて順調ですよ
あの自己紹介?
毎日毎日彼は窓にぶら下った虱を見詰める。
用事は
つまり、我等に欠けてるものは、
ときどき銅鑼ごんぐが著物に触れて。
不可思議の

500. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:48  ID:k0OTE2MDM このコメントへ返信

※2 天は地を蓋おほひ、
そこ、笑っていいぞ。
みつばのおしたしを食つたこともある、
悔恨は、風と一緒に容赦なく
二十八歳のその処女むすめは、
なんでも
わかりました。
しかし、現実てのは意外と厳しい
うん!

501. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:50  ID:c1MDUyMDY このコメントへ返信

※4 畠はたけの上に

かなしくもうつくしいものに――
でもこの石に不思議な力があるなんて、私ちっとも知らなかった。ずっと昔から家に伝わってきたもので母が死ぬとき、私にくれたの。
何しやがる?
親方ー!空から女の子が!
聖なる光?
はたなびく小旗の如く涕かんかな
BGMザ・強引
遠洋航海からはまだ帰れまい。

502. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:51  ID:QyNTkzNjE このコメントへ返信

※6 その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出。
火山灰掘れば氷のある如く
参宿さんしゅくと天狼星てんろうせいとの間に消去ったと。
遠く経て来た日や夜よるの
君の一族と私の一族は、もともと一つの王家だったのだ
あゝ
砲弾から信管を抜け、少女を傷付けるな!!
わっ!?
パズー、お願いがあるの。ラピュタのこと忘れて。
でも、文芸部ってなにをするところなのかよくわからなくて・・・

503. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:32:54  ID:Y0NDYwNTU このコメントへ返信

※2 やれやれ、娘を金で売ったのかい?
己が技の程を見てもらいたいむねを述べると、あせり立った彼は相手の返辞をも待たず、
For
地下へ逃げろ!
いや、なんもなぃ
伏せつて
将軍に伝えろ、予定通りラピュタに出発すると
俺の記憶の錯覚が、
ふんっ!
ふむ・・・はぁ。わしの爺さんが言ってたよ、岩たちが騒ぐのは山の上にラピュタが来とるからだとな。

504. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:02  ID:E2NzQ4OTg このコメントへ返信

※1 ぐおっ!
友の
10枚!?
閣下が不用意に打たれた暗号を、解読されたのです。
シータ、シータまだ?
何を基準に学校を選びをしているだろう
落ち着いてりゃあ出来る!
食い止めろ、君は床に伏せていたまえ。
ルイ!女の子の服だ!
海賊が。

505. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:02  ID:kxNzI0MTU このコメントへ返信

※9 何をする!!くそ~、返したまえいい子だから!!さあ!!
急げー!
――けれど漕ぐ手はやめないで。
雲の中では無駄骨です、手は打ちます
なんにも訪おとなふことのない、
何だぁそれ!?
お天気の日の、海の沖は
女を描いてみてゐるのです
美し
かすむ街の灯とほに見て、

506. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:03  ID:k2NTA0NDk このコメントへ返信

※1 来たまえ、こっちだ、くそ~、あった!!これだ!!
はい。
どうぞって。
おかわり!?
でも、安心した。
うん!
けふ一日また金の風
ぇぃ。
高校に入れば少しはましかと思ったけど、
ええ。

507. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:05  ID:I3ODk3MTI このコメントへ返信

※2 奉仕の気持に、ならなけあならない。
さて、なんだろう?
目覚ますことなき星を抱いて、
結局我ン張るのだとして
シータァァァ!!
問題はね。
好きにしろよもう。
うおっ!?動いた!?
!?
壺の中には冒涜を迎へて。

508. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:08  ID:I3MjAwODM このコメントへ返信

※1 何を云つてるのかは
さてその空には銀色に、蜘蛛くもの巣が光り輝いてゐた。
なんぞに
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
流行りの服は嫌いですか?
此の世の光のたゞ中に
素晴らしい!必ず手に入れてやる!
空吹く風にサイレンは、響き響きて消えてゆくかな
雨が降る
俺暇なんだ。なんか手つだ・・・あ!

509. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:33:09  ID:UzMDkwMDI このコメントへ返信

うーん、基地外沸いてる

510. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:10  ID:I5ODQ3MjY このコメントへ返信

※1 さて、飛衛の矢が尽つきた時、紀昌の方はなお一矢を余していた。
教会堂の石段に
銀の液……
さうして『その時』は過ぎつつあつた、
――幻滅は鋼はがねのいろ。
ポカポカポカポカ暖かだつたよ
東のほうへ掘ったほうがいいんじゃないかなぁ?
誘はれるでもなく
何が?
ぅひゅん。

511. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:33:12  ID:MA== このコメントへ返信

日本語上手なのに、意味ないわ

そりゃ忌み嫌われる民族だわ

512. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:16  ID:IzNTMwNzY このコメントへ返信

※10 窓の硝子は陽をうけてゐた
ほんとか?
じゃ、どんな男だったらよかったんだ?
体育の授業は男女別に行われる。
ハハハ、やあ、気分はどう?・・・あっこら待て、待てったら。

それやこれやと
また来ん春と人は云ふ
欄干らんかんにこぼれたり。
泥炭の

513. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:16  ID:EyMzY4MjA このコメントへ返信

※2 しかもすごく美少女だった。
ぇ?ぁ、じゃあこの人は上級生じゃないか?
空気に
舞ひ入る
汗の出さうなその額、
森の中では死んだ子が
――疲れた胸の裡を
さだまつていることのやう。
お黙り!
さだまつていることのやう。

514. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:33:18  ID:IzODc0Mjg このコメントへ返信

電波系コワイ

515. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:19  ID:kyODE4NjQ このコメントへ返信

※4 碧あをい、噴き出す蒸気のやうに。
黄色くなつたと
何回か見かけて覚えていたの。
九年たって山を降りて来た時、人々は紀昌の顔付の変ったのに驚いた。
うわぁ!
北風は往還を白くしてゐた。
どうしてもどかねぇか!
するとなにか?
かなしい心に夜が明けた、
あ!

516. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:33:24  ID:EzNzEyNDI このコメントへ返信

管理人さん、今が稼ぎ時。しこり隊煽ってアク数増やさなきゃw

517. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:28  ID:k2NTA0NDk このコメントへ返信

※10 部室ね部室ね
春は土と草とに新しい汗をかゝせる。
と老人は笑う。
犬のみ覚めたる冬の夜は

夜は、蒸気で出来た白熊が、
その一
オートモービルだ!珍しいなぁ。
きれい・・・
北風は往還を白くしてゐた。

518. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:33  ID:A5OTE2MzQ このコメントへ返信

※9 眠らうとして目をば閉ぢると
やがて眼前に示されるに違いないその妙技への期待に湧返った。
――在りし日の歌――
棉の実が罅裂はじける。
ことだけれども、それこそが、
僕は
たわいもない世間話にもならないくらいの
漸く手中しゆちゆうで
聖なる光?
それで、でっかい島を空に浮かしたとな。

519. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:35  ID:kwOTgzNjI このコメントへ返信

※2 もはや、伝うべきほどのことはことごとく伝えた。
ぞろぞろぞろぞろ出てくるわ、出てくるわ出てくるわ
一つの鈴を、ころばして見てゐる。
片鱗その2
頑是ない歌
私をあまり怒らせない方がいいぞ!!当分二人きりでここに住むのだからな
きっかけ、なんてのは、大抵どうってことないことなんだろうけども・・・
その時三名人の放った矢はそれぞれ夜空に青白い光芒こうぼうを曳きつつ
それは?
よしないことや拗言すねごとや、

520. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:36  ID:E5OTM5MzU このコメントへ返信

※2 秋日狂乱
は、は、はい!
ハイ、ではみなさん、ハイ、御一緒に――
彼の家の近くに住む一商人はある夜紀昌の家の上空で、雲に乗った紀昌が珍めずらしくも弓を手にして、
ロボットが・・・
ないぞ、
――赤ン坊を畑に置いて

それっ!
考へてみればそれはまあ

521. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:43  ID:EyMDk5NjQ このコメントへ返信

※7 入りたまえ。
どけ!しまった!
遠く経て来た日や夜よるの
碧あをい、噴き出す蒸気のやうに。
老師の技に比べれば、我々の射のごときはほとんど児戯じぎに類する。
此の先まだまだ何時までか
わ!
かすかな音を立ててもゐるのでした。
どうして、そんなに人間以外の存在にこだわるんだ?
強しいて気を励はげまして矢をつがえようとすると、

522. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:44  ID:AyODY0NDI このコメントへ返信

※1 心もあらず

そうして、それを南向きの窓に懸かけ、終日睨にらみ暮くらすことにした。
ビクともしないでジッとしてゐた
天は地を蓋おほひ、
夜になつても、母親は泣いた。
木偶でくのごとく愚者ぐしゃのごとき容貌ようぼうに変っている。
BGMなし
おれもおまへを愛してる。前世から
幼年も、老年も、青年も壮年も、

523. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:44  ID:A1NzQzMzI このコメントへ返信

※1 え?キャーーーー!!
じゃあ休部になってないじゃないか!
言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!
矢は妻の睫毛三本を射切ってかなたへ飛び去ったが、射られた本人は一向に気づかず、
それ!
海峡岸
草の上には陽は照らぬのか
鳶色とびいろの土かをるれば
旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ
いいえ、空で鳴るのは、電線です電線です

524. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:45  ID:gxMzEzNzM このコメントへ返信

※3 雲が、流れる、月かくす。
この部室棟
告白がほとんど電話だったのは何!?
かの
しょっぱなのあれって、何!?
捕まえるのに手間取っちゃって。
一瞬ちまよった俺を誰が責められよう
落ち着いてりゃあ出来る!
へぇぇ~!
あれは人魚ではないのです。

525. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:45  ID:k1OTYzNTM このコメントへ返信

※5 その幹の隙ひま
ルイ!女の子の服だ!
男なら拳骨で通れ。
つるべの音が偶々たまたました時、
あーんもうつまんない!
ちょうど小耳に挟んだんだが、付き合う男全部振ったってほんとか?
いったい何を?
うわっと!
あんじゃあ、そこやめて。
愉快なものもないのです

526. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:51  ID:g4NzczMjA このコメントへ返信

※8 消えるやうな
うん
娘を捕らえろ!
夕陽にかすんで
しかも、夜中の学校に忍び込んで
霧の夜空は
得たりと勢込んで紀昌がその矢を放てば、飛衛はとっさに、傍なる野茨のいばらの枝えだを折り取り、
秋は
一匹の獣けものが火消壺ひけしつぼの中で
明日はこれを届けてやらう

527. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:33:51  ID:gyMTEzMzU このコメントへ返信

※3 一つついて
巫戯ふざけだ。
あの人たち海賊よ。
角によつぽど惹かれてか
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……
何回か見かけて覚えていたの。
そのもののために、そのもののために、
あやしくもあかるい霧の中で、
森の中では死んだ子が
煙草なんぞを、くさくさ吹かし、

528. 百円   2014年02月13日 09:33:55  ID:MA== このコメントへ返信

きたきた(笑)

529. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:33:55  ID:MxODUzNDk このコメントへ返信

潰しても増やすのみ!

530. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:33:59  ID:MA== このコメントへ返信

変なコメの人が★ひとつだから、管理人がすきなら★をたくさんあげれば良いってことかな?

531. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:00  ID:g0OTcxODg このコメントへ返信

※6 ――赤ン坊を畑に置いて
虱を吊つるした窓の外の風物は、次第に移り変る。
いや。
弦に応じて、一箭たちまち五羽わの大鳥が鮮あざやかに碧空へきくうを切って落ちて来た。
私の心は閑寂だ。
様々な噂うわさが人々の口から口へと伝わる。
渝かはらぬ
なにその反応!?
ベトちやんだとは思ふけど、
パズー、上を見て。

532. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:01  ID:cxODAzNTA このコメントへ返信

※6 シュバちやんかベトちやんか、
いいえ、空で鳴るのは、電線です電線です
歩道に沿つて立つてゐた、
磧の
ルイ!女の子の服だ!
何とも云はず
無いんだったら自分で作ればいいのよ!
泣きも得せずて
パズー!そこで何してやがる!飯はどうした?
わたしはおまへを思ひ出す。

533. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:34:01  ID:g1MTg3MDI このコメントへ返信

みんなに保守速見るように伝えないとね
こんなやり方で嫌がらせがありますよって知らせましょう

534. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:04  ID:gxMDIzMzM このコメントへ返信

※6 雲の中では無駄骨です、手は打ちます
芝生のむかふは森でして
その煙は、自分自らを
しらじらと雨に洗はれ、
さて格別の、ことも出来ない。
ええ。
さつきから沢山の飛行機が飛んでゐる
齢としをとつても髪に緑の油をつけてた。
へへ、お安い御・・・あ!お前!さっき腹が痛いって!
あゝ、誰か来て僕を助けて呉れ

535. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:11  ID:U5OTQzNDM このコメントへ返信

※3 飛行機に残つたのは僕、
なに読んでんだ?
彼の家の近くに住む一商人はある夜紀昌の家の上空で、雲に乗った紀昌が珍めずらしくも弓を手にして、
はてしもなく涕なかんことこそ望ましけれ
ママ、ゴリアテのほうが足が速いよ。どうするの?
くそっ!
海賊かよ、おい!
パズー・・・
ロリ顔で巨乳?
ぇぃ。

536. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:12  ID:M1NDM3ODM このコメントへ返信

※3 どうせヤツらは遠くへは逃げません、航海はきわめて順調ですよ
どうやら、男子生徒のことはジャガイモぐらいにしか思ってないらしい。
全部のクラブに入ってみたっていうのは本当なのか?
脂あぶらぎる
おいてきぼりだ、
蒼々として葉をひるがへし
名前ならたった今考えたから。
雪の賦
いや。ほら、王手だな。
あ!やめて!もうやめて!お願い!!

537. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:14  ID:k1Nzk5NA= このコメントへ返信

※5 込んで
虫、草叢くさむらにすだく頃、
そっち方が面白いじゃないの!
もちろん。私が政府の蜜命を受けていることもお忘れなく。
・・・
敵に対する憎にくしみをすっかり忘れさせた。
ん?
間にや
工匠こうしょうは規矩きくを手にするのを恥はじたということである。
灌木がその個性を砥といでゐる

538. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:14  ID:g2OTA0MTg このコメントへ返信

※6 あつたものかなかつたものか、
反歌
と、見る※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ル氏の
愛するものが死んだ時には、
やはらかい
雲の子だ、雲雀奴だ
パズー!あ!放して!
おばさん、もっと寄せて!
悔の気持に浸るのだ。
さだまつていることのやう。

539. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:14  ID:gwMDM3ODY このコメントへ返信

※7 朝鮮女をんなの服の紐
霧の夜空は
素晴らしい!!700年もの間、王の帰りを待っていたのだ!!
晴れた日だとて、相当ぶきみ
鳥が啼いても煉瓦工場の、
ひどい目にあってないかしら、親方さんや機関士さんたち。
名前ならたった今考えたから。
もしくは、それに準じるなにかね~
親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
やがて眼前に示されるに違いないその妙技への期待に湧返った。

540. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:15  ID:A3MTIzMzQ このコメントへ返信

※10 このまま引き下がれるかい、すぐ出発だ!
老人はその家の主人に尋たずねた。
あっちは昔の穴だらけだよ。
さりとて退屈してもゐず、空気の中には蜜があり、物体ではないその蜜は、常住食すに適してゐた。
薄桃色の、風を切つて
なんでか知らねぇけど
え?
なまあつたかい靄もやもある
いい!?
語らうなぞとはつゆさへ思はぬ。

541. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:15  ID:A2Nzg2NzQ このコメントへ返信

※2 空気に
幾多あまた々々の孤児の手は、

ちょっと前。
発想で初めて生じたものであり、天才がそれを可能にしたわけだ。
今朝がた
弓は?
なんで、あんたにそんなこと言われなくちゃいけないのよ!?
頭は重く、肩は凝るのだ。
いったい何を?

542. 全魚人   2014年02月13日 09:34:16  ID:MA== このコメントへ返信

シコり隊のトンスルキッズどもは、この荒らし攻撃が効いてると思っているのかねぇww

バカ過ぎて笑えてくるwwwww

543. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:17  ID:g5MTI0NjM このコメントへ返信

※10 うわぁ!
おゝチルシスとアマントが
雪が降るとこのわたくしには、人生が、
空のうへ?
また来ん春と人は云ふ
もはや師から学び取るべき何ものも無くなった紀昌は、ある日、ふと良からぬ考えを起した。

わ!
どけ!しまった!

544. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:23  ID:c2ODk5MjQ このコメントへ返信

※9 あゝ、誰か来て僕を助けて呉れ
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出、
あの自己紹介?
あたりまで……
ほのかな
来たまえ、ぜひ見てもらいたいものがあるんだ
外そとでは今宵こよい、木の葉がそよぐ。
今ぢやどうさへ、手出しも出来ず
時間だ!!答えを聞こう!!
青い瞳は動かなかつた、

545. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:26  ID:k5ODM2MzM このコメントへ返信

※7 さらさらと射してゐるのでありました。
お前どんな魔法を使ったんだ?
見せてあげよう、ラピュタの雷を!!
はい!
偶然だよなぁ~
そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら
あ!
待ちやがれー!
散らかりて、
このなかに、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者が

546. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:27  ID:E3OTg0NzQ このコメントへ返信

※3 ポプラがヒラヒラヒラヒラしてゐて
年齢は百歳をも超こえていよう。
はたなびく小旗の如く涕かんかな
紀昌は慄然りつぜんとした。
なんか、腹立ってきたは。
自分を見出すばつかりだ。
ギャーーーーー
苔はまことに、ひんやりいたし、
美術室や音楽室があるでしょ?
カタギに肩入れしてもよ、尊敬はしてくれねぇぜ、って。

547. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:28  ID:I0NzcwNDI このコメントへ返信

※10 秋
奴隷も王女と美しかれよ。
かの時は
昼休みにあったときに部室貸してって言ったら
間にや
ピーチクチクと啼きますは
ほぇ?
日向ぼつこをしてあれば
赤ン坊ではないでせうか?
驚天動地だ。

548. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:34:30  ID:E4MjE0MTk このコメントへ返信

こんなことのためにわざわざツール入れて他人のルーター踏み台にしてんだ・・・

549. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:34:31  ID:MA== このコメントへ返信

俺には在日の友達がいた
同じ公立高校に通い、両親が祖父母と一緒に考えてくれた大切な名前だからと言って通名も使っていなかった
韓国は今とても大変だから少しでも力になりたいと言って母国に帰ってから全く連絡が取れなくなってしまったけど、今から思うと奇跡のような存在だったんだな

550. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:32  ID:UwODkwNDY このコメントへ返信

※1 月、火、水、木、金
古い日は放心してゐる。
さてもかなしい夜の明けだ!
手が離せねぇ、お前がやれ!
岩がざわめくの?
父親からの、返電が来た。
凄い!!
その行方ゆくえを目で追うた時、覚えず紀昌は石上に伏ふした。
ぬくもると
今はた

551. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:38  ID:AyODkxOTA このコメントへ返信

※3 親方ー!空から女の子が!
お道化どけた
けれども、それは、示あかせない……
ああ、弓という名も、その使い途みちも!」
雲の子だ、雲雀奴だ
その二
石は持ち主を守り、いつの日にか天空のラピュタへ帰る時の道標として君に受け継がれたのだ
その四十年の間、彼は絶えて射を口にすることが無かった。
次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!小僧から石を取り戻せ!!
彼の家の近くに住む一商人はある夜紀昌の家の上空で、雲に乗った紀昌が珍めずらしくも弓を手にして、

552. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:40  ID:A1MDA5OTc このコメントへ返信

※7 誘はれるでもなく
独身者
意味不明なハルヒの一言により目出度くそのように決まった。
ちつとも暖かさうではなかつた
菜の花畑に眠つてゐるのは、赤ン坊ですけど
煉瓦干されて赫々あかあかしてゐた
あれは、シュバちやんではなかつたらうか?
それからそれがどうなつたのか……
なまあつたかい、風が吹く。
理解してたし、おふくろがサンタにキスをしているところを

553. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:42  ID:k3Nzc2MzU このコメントへ返信

※4 俺はあいつのスポークスマンでもなんでもないぞー!
このまま行くとあいつの弾幕に飛び込んじまう。出直しだ!
曜日で髪型変えるのは宇宙人対策か!?
女の子がこの辺に来なかったかい?
うぉー!
カタギに肩入れしてもよ、尊敬はしてくれねぇぜ、って。

はい!
お道化どけた
なぁ、女の子さん。その・・・

554. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:43  ID:AwNjg2MjY このコメントへ返信

※3 ひどい目にあってないかしら、親方さんや機関士さんたち。
思ひ出
見てゐるのは、――僕?
本気だったんだ?
蝶々はどつちへとんでいつたか
音よ
灌木がその個性を砥といでゐる
普通の人間の相手をしている暇はないの!
東明しののめの空の如く丘々をわたりゆく夕べの風の如く
雪が降るとこのわたくしには、人生が、

555. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:34:45  ID:MA== このコメントへ返信

★どうぞ

556. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:45  ID:E0MzkyNzQ このコメントへ返信

※3 見え匿かくれする雨の空。
たぶん、全部本当だから・・・
真ッ暗なグランドの上に
時々恨む、その眼は怖い
僕はそれを、袂に入れた。
黒い夜草深い野にあつて、
雀らの、声も硬うはなりました
さうして『その時』は過ぎつつあつた、
まあ、パズーの鞄って魔法の鞄みたいね。何でも出てくるもの。
ほんとは中学時代ずっとイライラしっぱなしだった。

557. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:47  ID:kwMTIwMTY このコメントへ返信

※9 馬車も通れば、電車も通る。
成功したならば決して生じなかったに違ちがいない道義的慚愧ざんきの念が、
涙にくれて相擁あいようしながらも、
お調子者のセカンドは
一つの鈴を、ころばして見てゐる。
けれども、それは、示あかせない……
じっちゃん!欲しがってた助手!
だから、宇宙人がどうとか
ただいたづらにしらじらと、
岩がざわめくの?

558. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:49  ID:k1OTYzNTM このコメントへ返信

※10 それで夕陽が当つてさへが、
大丈夫だ。君は?ひどい事されなかった?
久しぶりに旧師の飛衛を訪ねた時、しかし、飛衛はこの顔付を一見すると感嘆かんたんして叫さけんだ。
うん、伝説って言われてたけど僕の父さんは見たんだ。
朝比奈さんか。何でまたこの人なんだ?

ポムじいさん!大丈夫、とってもいい人だよ!
次の朝は霜が降つた。
――欧羅巴ヨーロッパは戦争を起すのか起さないのか
愛するものは、死んだのですから、

559. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:52  ID:U1NTc4Nzc このコメントへ返信

※5 これじゃ、義務教育時代と何も変わんないわねぇ~
朝倉涼子
朝倉涼子
それなのにまた二人には、
しばし美しい師弟愛の涙なみだにかきくれた。
立て!
抜けさへ
船へ帰ろうよ、ママ。
それを拾つて、役立てようと
名人の内に宿る射道の神が主人公の睡ねむっている間に体内を脱ぬけ出し、

560. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:55  ID:A4NzQwNjM このコメントへ返信

※6 世界をS大いに盛り上げるO涼宮ハルヒのS団
太古むかしは、独語も美しかつた!……
走つてゆくのは菜の花畑や空の白雲しろくも
そのもののために、そのもののために、
追えー!
そこで以前せんより、本なら熟読。
お前はあのー朝比奈さんが可愛くて小柄で胸が大きかったからという理由なだけで
はたはた
ムスカ!わしがラピュタ探索の指揮官だと忘れるな!
菜の花畑に、眠つてゐるのは

561. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:34:59  ID:c1OTQ4NjM このコメントへ返信

※2 あ!
正午
驚天動地だ。
どこから拉致ってきたんだ?
釜焚き頼む!
汽笛の湯気を茫然と
ほぇ?
下ろさうと
独身者
結果から言うとそれはギャグでも

562. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:00  ID:MzMjEzNjI このコメントへ返信

※5 一年の女子全員をチェックでもしたのか?
薄暮の中で舞ふ蛾の下で
畳の上に、寝ころばう、
風と肩を組み、波を打つた。
BGMザ・強引
連れだつ
本さえ読めればいいらしわ。
遐とほき空
齢としをとつても髪に緑の油をつけてた。
・・・

563. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:02  ID:I5ODQ3MjY このコメントへ返信

※8 後はリンゴが一個に飴玉二つ。
霧の夜空は高くて黒い、

やりさへすればよいのだと
ぁっぁ!
愛するものが死んだ時には、
・・・
ほのかな
優越を感じてゐるのであつた。
紀昌の家に忍しのび入ろうとしたところ、塀へいに足を掛かけた途端とたんに

564. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:02  ID:k3NzAyNTg このコメントへ返信

※8 そんなことないよ!その石はもう二度もシータを助けてくれたじゃないか!すごいぞ、ラピュタは本当にあるんだ!
僕はパズー、この小屋で独り暮らしをしているんだ。吹き終わったらあげる決まりなんだ。
しかしあれは煙突の煙のやうに
馬車も通れば、電車も通る。
冬だの秋には、きれいであつた。
雨が降る
シータを狙ってるの?
お道化うた
すごい、欲しい~・・・
うわぁ!

565. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:03  ID:U0NjEyMzU このコメントへ返信

※5 たしかに此処で待つてゐればよい
お前の持ち場だよ。
雨後らしく思ひ出は一塊いつくわいとなつて
いやぁ!
朝倉涼子
吹込んでゐた。
くだらない男しかこの世には存在しないのかどうなのってことよ!
正まさしくこれが、きっかけになったんだろうなぁ・・・
お前、何言ったんだ?
ああ、あああ、ああああああ

566. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:06  ID:IwMjI4Njg このコメントへ返信

※9 僕は思つたわけでもないが
眼玉よ、
老いたる者をして
それより他に、方法がない。
てこずらせたな

ん?・・・えいっ!
でもなぁあいつもてるんだよなぁ
まだ動悸どうきがおさまらず蒼あおざめた顔をしてはいたが、紀昌はすぐに気が付いて言った。
疲れた胸の裡を

567. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:35:06  ID:MA== このコメントへ返信

F5とか億とか納得
これがお金に繋がるなら、反日民族への生活保護や福祉は中止すべき

568. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:09  ID:Y3OTk4NjI このコメントへ返信

※4 遠く経て来た日や夜よるの
けっこう、俺は動揺した。
流よ、冷たき
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……
ぇ?ぁ、じゃあこの人は上級生じゃないか?
ぁはははーー
ちょっと前。
――ではまたそのうち、奥さんによろしく、
波はヒタヒタ打つでせう、
しとしとと

569. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:11  ID:U1NTIwMTM このコメントへ返信

※4 なんで、あんたにそんなこと言われなくちゃいけないのよ!?
――※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ルレーヌの面影――
半ばは枯れた草に立つて、
ことしか私は出来ないのだ。
だからなぁ
こいつをベルトに繋ぎな!お前達は本船でお待ち!
はい。
それやこれやと
以上。
坐つてゐたこともある、

570. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:11  ID:gwMDkxMzM このコメントへ返信

※2 ヒッヒッヒ・・・
君の一族と私の一族は、もともと一つの王家だったのだ
巫戯ふざけだ。
やめとけ
今度は草を
ひねもす動いてゐた
あゝ
ウヰンの市まちの郊外に、
ただいたづらにしらじらと、
もしくは、それに準じるなにかね~

571. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:12  ID:IyNTY4MDI このコメントへ返信

※10 意味不明なハルヒの一言により目出度くそのように決まった。
蒸気を上げろ!追いつかれるぞ!
虱を吊つるした窓の外の風物は、次第に移り変る。
僕はいよいよの無一物だ
相手が聾ろうかも知れぬと、大声に遽だしく紀昌は来意を告げる。
私の頭の中には、いつの頃からか、
あっはっはっは・・・。
煙より
浜の空
とりあいずまず、作るのよ!

572. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:13  ID:YzOTM1MzA このコメントへ返信

※5 矢矢しし相属し、発発はつはつ相及んで、後矢の鏃は必ず前矢の括に喰入るが故に、
私は今、此の詩集の原稿を纏め、友人小林秀雄に托し、東京十三年間の生活に別れて、郷里に引籠るのである。別に新しい計画があるのでもないが、いよいよ詩生活に沈潜しようと思つてゐる。
さらさらと射してゐるのでありました。
おつぽり出してあるばかり
ふぅん
老人と入代りに紀昌がその石を履ふんだ時、石は微かすかにグラリと揺ゆらいだ。
あの子?
キャー!
ああっ!
ぼんやりしてると頭も胸も

573. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:35:16  ID:QwNjI1ODE このコメントへ返信

相も変わらずしょっぱい妨害工作しかできないか。

574. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:17  ID:M2ODA4MTM このコメントへ返信

※10 よ!
あるまい?
昼休みにあったときに部室貸してって言ったら
やさしいやさしい唇を。
僕にも誰にも分らなかつた
みなさん、今夜は、春の宵。
毎日毎日彼は窓にぶら下った虱を見詰める。
でもなぁあいつもてるんだよなぁ
ん。
毎日々々霜が降つた。

575. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:17  ID:cxODAzNTA このコメントへ返信

※7 やがても密柑みかんの如き夕陽、
ラピュタ・・・それじゃあ・・・あ!軍隊だ!先行くんだ!
ああ!
ゆくか
はてさて、宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や
姉らしき色
雨あがりの午後、ポプラのやうに。
そしてあとでは得態えたいの知れない
なほもながらふことともなつたら、
こりゃあたまげた!あんたそりゃあ飛行石の結晶じゃ。わしも見るのは初めてじゃ。道理で石が騒ぐわけだ。

576. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:21  ID:Q1NzU2NTk このコメントへ返信

※2 ああ!
ロボットが、ロボットが生きています!もしもし!・・・うわぁ!!
大丈夫。鉱山の男はそんなに軟じゃないよ。さあ行こう、出口を探さなきゃ。
パズーは?パズーに会わせて。
したが、
うわぁ!?
あゝ、『あの時』はあゝして過ぎつゝあつた!
詩を作りさへすればそれで詩生活といふことが出来れば、私の詩生活も既すでに二十三年を経た。もし詩を以て本職とする覚悟をした日からを詩生活と称すべきなら、十五年間の詩生活である。
夜更の雨
澄み亙わたつたる夜の沈黙しじま

577. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:22  ID:I3Njg2OA= このコメントへ返信

※5 さて、なんだろう?
――京都――
しかしながら、ハルヒの{奇矯ききょう?}な振る舞いは
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
船長といいな。飛行石を持たないお前達を乗せて何の得があるんだい。
――四方よもの山が沈み、
異れ、
秋は
ながれて
世界の物理法則がよくできていることに感心しつつ

578. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:23  ID:czOTkwNTQ このコメントへ返信

※6 そんなことなぞ考へてもみぬ。
朝比奈さんか。何でまたこの人なんだ?
閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです
ちょっと前。
部活よ!
空の
畳ももはや
あたしは部室と部員を確保するから、

理由を知らない妻は大いに驚おどろいた。

579. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:24  ID:A1NDEwOTc このコメントへ返信

※1 物蔭に、すずろすだける虫の音ねや
素晴らしい!!最高のショーだとは思わんかね!?
僕たち、海賊に追われてるんだ。
疲れの
当たり前さね。海賊が財宝を狙ってどこが悪い。おかしなのはあいつらだ。なぜこそこそ娘をさらったりするんだ。お前、あいつらがあの子を行かしておくと思うのかい?
えもいはれない弾力の
嬌羞けうしうよ、
私の心は閑寂だ。
-スラッグ渓谷
あの図体づうたいが、

580. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:29  ID:EyODg0OTM このコメントへ返信

※3 ラピュタの調査は、シータさんの協力で軍が極秘に行うことになったのだ。君の気持ちは分かるが、どうか手を引いて欲しい。
敵に対する憎にくしみをすっかり忘れさせた。
じゃ、どんな男だったらよかったんだ?
弓は?
そのもののために、そのもののために、
好きにしろよもう。
朝鮮女
ううん。君が空から降りてきたときドキドキしたんだ。きっと素敵なことが始まったんだって!
巫戯ふざけだ。
ドーラ一家だよ。

581. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:31  ID:c2OTc4MDM このコメントへ返信

※4 ↑
うわっ!
基本的にねぇ。
彼はようやく機の下から匍出はいだす。
久しぶりに旧師の飛衛を訪ねた時、しかし、飛衛はこの顔付を一見すると感嘆かんたんして叫さけんだ。
僕は蹲しやがんで
庭の土には、陽が照るけれど
破局してたなんてのもあったらしい。
えもいはれないカクテールです
なまあつたかい靄もやもある

582. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:32  ID:E3OTgyNzA このコメントへ返信

※3 浜へ出て来て、石に腰掛け
お~、見たまえ、この巨大な飛行石を、これこそラピュタの力の根源なのだ!!
ながれて
へ、ラピュタの宝だ、無理もするさ。
うん。
以上。
僕たち、海賊に追われてるんだ。
悲しんでゐる、わけもなく……
覚めたのは
俺さ、ミース・ミートパイが好きなんだ!

583. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:34  ID:UwMDc2Mzg このコメントへ返信

※2 霧の夜空は高くて黒い、
何が?
任意同行よ。
ほぇ?
弦に応じて、一箭たちまち五羽わの大鳥が鮮あざやかに碧空へきくうを切って落ちて来た。
午睡の
その池で今夜一と夜さ蛙は鳴く……
彼はほとんど恐怖きょうふに近い狼狽ろうばいを示して、吃どもりながら叫んだ。
蹄ひづめの
木偶でくのごとく愚者ぐしゃのごとき容貌ようぼうに変っている。

584. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:34  ID:AwOTYwNjg このコメントへ返信

※1 その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出。
もう長年の習慣だ。
すまん、何だって?
浪に向つてそれは抛れず
きみはありにし
ううん、やらして。
青い瞳
おじいさん、ありがとう。
ではみなさん、
うらっ!

585. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:36  ID:I1NTk0NjA このコメントへ返信

※1 畠はたけの上に
ね、おばさん。僕達を船に乗せてください。
今宵月は※(「くさかんむり/襄」、第3水準1-91-42)荷めうがを食ひ過ぎてゐる
かくて、人間、ひとりびとり、
だらだら
どこもかしこもそはそはと、
君も男なら聞き分けたまえ。
晴れた日だとて、相当ぶきみ
冬の朝の六時
ここに連れてきたのか?

586. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:38  ID:czMjMyMjE このコメントへ返信

※9 曇つた北海の空の下、
再び弟子でしがかかる企たくらみを抱くようなことがあっては甚はなはだ危いと思った飛衛は、
・・・ラピュタ・・・
私の心は悲しい……
ベートー※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ンか、シューバート?
故郷ふるさとの小川のへりに、
われは戯女たはれめ
日曜日
あっはっはっは・・・。
言ってみろ。

587. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:35:38  ID:MA== このコメントへ返信

管理人の引っ越し代になぁれ

588. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:40  ID:gwMDkxMzM このコメントへ返信

※9 もう少し時間が要ります
なんだか、深い、溜息が、
煙よりよいものはないのです
名探偵みたいなやつもいないし!
一人くらい、まともに付き合おうと思ったやつはいなかったのか?
此の先まだまだ何時までか
波はヒタヒタ打つでせう、
結局のところ人間はそこに在るもので満足しななければないのさぁ。
変な真似したらすぐに海に叩き込むからね!
ああ!

589. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:46  ID:I1Mzc0NzQ このコメントへ返信

※6 私の頭の中には、いつの頃からか、
毎日々々霜が降つた。
キャー!
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……
落ち着いてりゃあ出来る!
そりゃ、そうだろう!
わからん。
ハルヒはいつでも大マジなのだ。
おう!
見え匿かくれする雨の空。

590. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:48  ID:k4ODM4MjY このコメントへ返信

※10 凡人たる我々は人生を{凡庸ぼんよう}に過ごすのが一番であってだなぁ
さて、それなのに夜が来れば蛙は鳴き、
またしても少女だった。
うわっ!
その間いかなる修業を積んだものやらそれは誰だれにも判わからぬ。
三月目みつきめの終りには、明らかに蚕かいこほどの大きさに見えて来た。
パズー、上を見て。
昔から、キョンは変な女が好きだからねぇ~
竦然しようぜんとして身をすくめ
走つてゆくのは、自転車々々々

591. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:50  ID:YzMTUwNDQ このコメントへ返信

※7 いわゆる、一つの萌え要素
今日一日また金の風……
これから一年間よろしくお願いします。自己紹介↑
舟を浮べて出掛けませう、
すべきなのだろうが。
この小児
その胡麻粒ごまつぶほどに小さく見える姿をしばらく見上げていた甘蠅が、
よ!
なほもながらふことともなつたら、
明るい廃墟を唯独りで讃美し廻つてゐる

592. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:50  ID:Y3OTk4NjI このコメントへ返信

※9 それに陽は、さらさらと
白薔薇しろばらの
死ね~!!
陽といつても、まるで硅石けいせきか何かのやうで、
次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!小僧から石を取り戻せ!!
青い瞳
二月ふたつきの後、たまたま家に帰って妻といさかいをした紀昌がこれを威おどそうとて
ふんっ!
冬の朝の六時
歩道に沿つて、立つてゐた。

593. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:56  ID:I3NTY4NzY このコメントへ返信

※5 よしないことや拗言すねごとや、
丘の上では
ベトちやんもシュバちやんも、はやとほに死に、
いや。
萌えでロリっぽいキャラが一人はいるものなのよぉ。
そんなことなぞ考へてもみぬ。
へい!
これからです
昵懇ちかしいものに聞こえませう、
雲が、流れる、月かくす。

594. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:35:57  ID:M5OTEwNjU このコメントへ返信

※7 畠はたけの上に
東中から来ました。谷口です。
とほくとほく

案じる
参宿さんしゅくと天狼星てんろうせいとの間に消去ったと。
故郷ふるさとの小川のへりに、
朝倉涼子
やれやれと思つてゐるうち……眠ねた
ぁぁ~

595. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:02  ID:g0MzgwNDk このコメントへ返信

※5 ポカポカポカポカ暖かだつたよ
石だけじゃだめだ!あの石はシータが持たないと働かないんだ。おばさん、僕を仲間に入れてくれないか?シータを、助けたいんだ。
ん!?光ってる・・・
朝倉涼子
だいぶ年寄りだからなぁ。
それは日曜日の渡り廊下、
ここを見てくれ、脅えることはない、こいつは始めから死んでいる
うん、久しぶりに忙しいんだ。
まだ仕事?
パズー君、君を誤解していた、許してくれたまえ

596. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:06  ID:U5MjAwNTQ このコメントへ返信

※10 よく眠れたかな?
へへ、お安い御・・・あ!お前!さっき腹が痛いって!
なまあつたかい靄もやもある
君はラピュタを宝島か何かのように考えているのかね
ゆくのだ。
このあたりは大昔から鉱山があったんだよ。穴だらけなんだ。
春日狂想
陽は今
ママ!
ちょうど小耳に挟んだんだが、付き合う男全部振ったってほんとか?

597. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:06  ID:AyODE4OTY このコメントへ返信

※8 けふ一日また金の風
昼、寒い風の中で雀を手にとつて愛してゐた子供が、
ひねもす動いてゐた
私、思うんだけど、
いつまでも茜あかねの空にたなびいてゐた
うん、久しぶりに忙しいんだ。
判屋奉公したこともあつた
もうちょっとあんたも喜びなさいよこの発見を!
じゃあ休部になってないじゃないか!
もしそれが本当だとすれば、天下第一を目指す彼の望も、まだまだ前途程遠い訳である。

598. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:06  ID:EzODYwMzg このコメントへ返信

※1 ここを見てくれ、脅えることはない、こいつは始めから死んでいる
私も古い秘密の名前を持っているんだよ、リュシータ
追うんだ!
たしかにあすこまでゆけるに違ひない
わたくしは、花瓣くわべんの夢をみながら目を覚ます。
――部屋の中は
麻は朝、人の肌はだへに追い縋すがり
私の家に古くから伝わるものなの。
下の連中を待たせるんじゃねぇ!
閑寂

599. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:07  ID:EwNjM2MDI このコメントへ返信

※8 それは、突然やってきた。
それ以外に思い当たる節が無い。
あれは、浪ばかり。
どこもかしこもそはそはと、
どこだって!?
そうか!そのとき空に上がればラピュタを見つけられるんだ!シータ、父さんは嘘つきじゃなかったんだ!
昨日来たかなぁ?親方のところのチビのマッジが!
二年の教室でぼんやりしてるところを捕まえたの。
なほもながらふことともなつたら、
洩らさず私は聴くでせう、

600. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:15  ID:kwMTgxNTk このコメントへ返信

※6 おーい。
一人でも友達ができたことはいいことよね!?
大丈夫だ。君は?ひどい事されなかった?
その時子供は父母の膝下ひざもとで蕎麦そばを食うべ、
――欧羅巴ヨーロッパは戦争を起すのか起さないのか
その間いかなる修業を積んだものやらそれは誰だれにも判わからぬ。
ラピュタはかつて恐るべき科学力で天空にあり、全地上を支配した恐怖の帝国だったのだ
悔恨は、風と一緒に容赦なく
薄桃色の、風を切つて
その幹の隙

601. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:16  ID:M0NTk3NzM このコメントへ返信

※3 己おのれの師と頼たのむべき人物を物色するに、当今弓矢をとっては、名手・飛衛ひえいに及およぶ者があろうとは思われぬ。
憶おもふ。
椎の枯葉の落窪に
お嫁に行けば、その病気は
でっけえ声出すな!聞こえとるわい。
まばたきぬ
おじいさん、その島は今もあるんでしょうか?
やあ、今日は、御機嫌いかが。
遠く経て来た日や夜よるの
脚下きゃっかは文字通りの屏風びょうぶのごとき壁立千仭へきりつせんじん、

602. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:16  ID:k2NzkwMjA このコメントへ返信

※6 はい!
そして蛙声は水面に走る。
遠くに工場の
平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう
すれば私はもう片方に腰掛けて
秋の風にや縒よれたらん
ない!
飛衛は新入の門人に、まず瞬またたきせざることを学べと命じた。
黒雲空にすぢ引けば、
今迄流れてもゐなかつた川床に、水は

603. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:36:19  ID:MA== このコメントへ返信

しばき隊の使命→保守速のアクセス数を増やす事?
暇人だねwwww

604. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:23  ID:MzMDUzNjM このコメントへ返信

※2 寒かつた。
確かに見憶みおぼえのある道具だが、どうしてもその名前が思出せぬし、その用途ようとも思い当らない。
古い日は放心してゐる。
遠くの民家に鶏とりは鳴いたが、
あゝ、しづかだしづかだ。
それに陽は、さらさらと
亡き児文也の霊に捧ぐ
お天気の日の、海の沖は
ああ!
きゃー!

605. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:36:24  ID:MA== このコメントへ返信

管理人の引っ越し代になぁれ

606. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:25  ID:c2MzQxOTQ このコメントへ返信

※5 奉仕の気持に、ならなけあならない。
好きにしろよもう。
そらよっと!
音よ
わかってる。
ここに連れてきたのか?
燧石ひうちいしを打つて、星を作つた。
芝生の上に出て来てる
薄桃色の、風を切つて……
ドーラも変わったねぇ、ゴリアテなんぞに手を出すとはよ?勝ち目はねぇぜ。

607. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:25  ID:gxMzEzNzM このコメントへ返信

※3 のぞみだ……
風に吹かれる、
あの雲の峰の向こうに見たことのない島が浮いてるんだ。やーるぞ!きっとラピュタを見つけてやる!
うおー・・・うわっ!?
さりとて生きてゆく限り
いちばん自然な愛の気持を、
よくわかるねぇ、ママ。
そこには甘蠅老師とて古今を曠むなしゅうする斯道しどうの大家がおられるはず。
飴売爺々あめうりぢぢいと、仲よしになり、

608. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:29  ID:EzNDUxMDY このコメントへ返信

※3 うれひに沈み
在りし日の歌

農家の庭が欠伸あくびをし、
ゆきてかへらぬ
正午
誰にも、それは、語れない。
何をする!!くそ~、返したまえいい子だから!!さあ!!
うわっ!?
一瞬ちまよった俺を誰が責められよう

609. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:30  ID:E0MzU4MTE このコメントへ返信

※5 此処ここでは薪が燻くすぶつてゐる、

シータ、こっちへ!
犬のみ覚めたる冬の夜は
不意に火ひの粉こが目に飛入ろうとも、目の前に突然とつぜん灰神楽はいかぐらが立とうとも、彼は決して目をパチつかせない。
あかるい
坐つてゐたこともある、
――欧羅巴ヨーロッパは戦争を起すのか起さないのか
そのあたりで鳴つて、そしてそこから響いて来る。
冬の夜に

610. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:31  ID:Q3NDMyNTg このコメントへ返信

※5 木偶のごとき顔は更に表情を失い、語ることも稀まれとなり、ついには呼吸の有無さえ疑われるに至った。
相当ぶきみな、煙突でさへ
もはや、鋭利えいりな錐きりの先をもって瞼まぶたを突つかれても、まばたきをせぬまでになっていた。
ひかれひかれて、岬みさきの端に
シータ、こっちへ!
日課になりつつあった。
だめだ、ママ。真っ暗で何も分からないよ。
おゝチルシスとアマントが
名探偵みたいなやつもいないし!
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、

611. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:32  ID:c2MzQxOTQ このコメントへ返信

※1 遠くの民家に鶏とりは鳴いたが、
――薮かげの、小川か銀か小波さざなみか?
たしかに此処で待つてゐなければならない
負けるな~!
視ることに熟して、さて、小を視ること大のごとく、微びを見ること著ちょのごとくなったならば、来きたって我に告げるがよいと。
やがても密柑みかんの如き夕陽、
ラピュタ・・・それじゃあ・・・あ!軍隊だ!先行くんだ!
潜もぐりこみ
どこか面白そうな部があったら教えてくれよ。
はぁぁ!?

612. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:36  ID:A2MDM2OTA このコメントへ返信

※4 戸外そとはまことに賑やかなこと!
おれを憎んだためしはない。
!シータ!
僕たち、海賊に追われてるんだ。
ありがとう。おじいさんずっと地下で暮らしてるの?
火山灰掘れば氷のある如く
私は手荒なことはしたくないのだ。あの少年の運命は君が握っているのだよ。
見たりと
むなしさ
向ふの道を、走つてゆくのは

613. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:37  ID:I2MzEyMDA このコメントへ返信

※1 次の朝は霜が降つた。
長門峡に、水は流れてありにけり。
おーい、この子達を保護してやってくれ!海賊どもに追われてるんだ。
窓の硝子は陽をうけてゐた
みなさん今夜は静かです
入りたまえ。
秋は
彼はこの危険な弟子に向って言った。
立つて眺めてゐたつけが……
陽は今

614. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:38  ID:Y1MzQ4MDk このコメントへ返信

※8 とにかく、普通の人間でなければ、男だろうか女だろうが
なぜ?
脂あぶらぎる
ポムじいさん?
どうぞって。
水車の
萌えよ萌え!
僕は放ほかして
ん~!!へっへっへ・・・
うん!

615. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:40  ID:YxMjQ0ODY このコメントへ返信

※10 破壊しました。娘はあそこです。
紀昌が弓に触ふれなければ触れないほど、彼の無敵の評判はいよいよ喧伝けんでんされた。
疲れた胸の裡うちを
私は手荒なことはしたくないが、あの少年の運命は君が握っているんだよ
言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!
あんたも触ってみる?
しろじろと身に月光を浴び、
てっきり、うるさい!バカ!黙れ!どうでもいいでしょそんなこと!
おまけにスポーツ万能で
その断崖から半ば宙に乗出した危石の上につかつかと老人は駈上り、振返って紀昌に言う。

616. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:41  ID:g0MzgwNDk このコメントへ返信

※3 そこで地面や草木を見直す。
威張るな!お前達だってシータを狙ってるじゃないか。
葱ねぎの根のやうに仄ほのかに淡あはい
SOS団!
BGMうんざりだ
はい。
それから何年経つたことか
人ッ子一人ゐはしないグランドは
きみはありにし
その人の前に出ては我々の技のごとき児戯にひとしいと言った師の言葉が、彼の自尊心にこたえた。

617. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:41  ID:A3NjY1NzQ このコメントへ返信

※9 卵殻もどきの貴公子の微笑と
搾しぼる涙は
どうも思わん!
きみはありにし
へ、ラピュタの宝だ、無理もするさ。
珍しく残業かい?
けれども、それは、示あかせない……
ハハハ、やあ、気分はどう?・・・あっこら待て、待てったら。
僕はパズー、この小屋で独り暮らしをしているんだ。吹き終わったらあげる決まりなんだ。
甘ったれるんじゃないよ。そういうことは自分の力でやるもんだ。

618. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:42  ID:g2OTA0MTg このコメントへ返信

※2 ときどき銅鑼ごんぐが著物に触れて。
女王の冠さながらに
あわれげな
日も、
すげぇ~。
おまへはおれを愛してる、一度とて

結んで

坐つたまんまで、死んでゆくのだ。

619. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:42  ID:U4NzkxMzU このコメントへ返信

※5 でも、それは、一部の人間の{才覚さいかく}や
その石くれの
様々な噂うわさが人々の口から口へと伝わる。
それな汽笛を耳にすると
もちろん。私が政府の蜜命を受けていることもお忘れなく。
よ!
見てゐるのは僕?
こいつ金貨なんか持ってらぁ!
40秒でしたくしな!
空に揚りて漂へり

620. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:43  ID:czMzA0MzA このコメントへ返信

※7 一瞬ちまよった俺を誰が責められよう
どいつもこいつも、アホらしいほどまともな奴だったわ。
涼宮さんいつまでもクラスで孤立したままじゃ困るもんね?
君の一族はそんなことも忘れてしまったのかね!?
ゆくのだ。
いやにおとなび彳ちゐたり
動くな!
あぁーもう、本当に大きいなぁ。
はい!
!わぁ!?放せ!何をする!

621. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:44  ID:YwNTQ3NjA このコメントへ返信

※9 あの人たち海賊よ。
――赤ン坊を畑に置いて
ひときはつづく蝉しぐれ
いい加減にやめてもらいたいのだが・・・
午前の雨が
生きてゆくのであらうけど
晴れた日だとて、相当ぶきみ
非常な個体の粉末のやうで、
それでも相手は曖昧あいまいな笑を浮うかべて、客の心をはかりかねた様子である。
毎夜三更さんこうを過ぎる頃ころ、紀昌の家の屋上おくじょうで何者の立てるとも知れぬ弓弦の音がする。

622. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:45  ID:kwOTEyODU このコメントへ返信

※10 天は地を蓋おほひ、
占しめたと、紀昌は膝ひざを打ち、表へ出る。
頭は重く、肩は凝るのだ。
うわぁ!!
薮かげの小川か銀か小波か?
含羞はぢらひ
空は死児等の亡霊にみち
水車の
疲れの
どうしてそれが、捨てられようか?

623. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:45  ID:AzMTQ1NjY このコメントへ返信

※3 *
この尨大ぼうだいな、古強者ふるつはものが
あいつの鬼人ぶりはじょうきをいしてる。
それにしてもあれはとほいい彼方かなたで夕陽にけぶつてゐた
はたなびく小旗の如く涕かんかな
泥炭の
石鹸箱には風が吹き
閑寂
やー、なんか手伝・・・あ!ああ!
音はちつともしないのですし、

624. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:49  ID:EzODgyNDk このコメントへ返信

※7 逃がしゃしないよ!
うわぁー!
また今年こんねんも夏が来て、
隔つれ、
私の頭の中には、いつの頃からか、
安物くさいその眼鏡、
りて・あ?
おい、キョン!
その字板のペンキは
犬のみ覚めたる冬の夜は

625. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:50  ID:Q5MzQyNTY このコメントへ返信

※3 それでわたしはひとしきり
たしかにそれは、死んだのですから、
そりゃ、普通そうだろう。
お近きになっとくのもいいかなと、
その四十年の間、彼は絶えて射を口にすることが無かった。
日向ぼつこをしてあれば
思ふけれどもそれもそれ
どうしたの?じいさん。
女の
あたし、休み時間には校舎を隅々まで歩くようにしてるから、

626. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:51  ID:MzMjEzNjI このコメントへ返信

※2 やれやれと思つてゐると
この小児
窓際後方二番目というなかなかのポジションを獲得した!
星も降るよなその夜さ一と夜、
岩がざわめくの?
え?キャーーーー!!
私の心が悲しんでゐる
その声は、空より来り、
休み時間教室にいないと思ったらそんなことしてたのかぁー
ロボットは!?

627. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:54  ID:c0MTk0ODY このコメントへ返信

※7 方では
矢矢しし相属し、発発はつはつ相及んで、後矢の鏃は必ず前矢の括に喰入るが故に、
あぁ、待ってくれぇ!
客とてもなかりけり。
略してSOS団である。
破局してたなんてのもあったらしい。
あの図体づうたいが、
あ~?こりゃおったまげた、軍隊のお出ましだ。
浪はところどころ歯をむいて、
たしかに此処で待つてゐなければならない

628. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:36:56  ID:E3MzY1NTQ このコメントへ返信

※8 異れ、
素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!
波打際に、落ちてゐた。
言葉なき歌
2番のバルブを閉めろ!
私は手荒なことはしたくないが、あの少年の運命は君が握っているんだよ
彼女は
ほんにおまへもあの時は
・・・
いでなん

629. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:00  ID:gwODU5MTE このコメントへ返信

※10 {きょうし{教師?}?}が顔にはっつけているやつなぁ
小さなひびが沢山にあるのだつた
――※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ルレーヌの面影――
そこで地面や草木を見直す。
結局のところ人間はそこに在るもので満足しななければないのさぁ。
とって食いやしないよ。おいで。
忽たちまち暑い真昼ひるのグランド
うわっ!
まぁ今は落ち着け。
しかし、現実てのは意外と厳しい

630. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:01  ID:Q5ODg3MTQ このコメントへ返信

※1 意味不明なハルヒの一言により目出度くそのように決まった。
舞ひ入る
風白き日の山かげなりき
はい。
あれはきっと性格までいいに違いない!
覚えてないの?
結んで
親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
何しやがる?
そっち方が面白いじゃないの!

631. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:01  ID:c3MDI1NzQ このコメントへ返信

※10 記憶は浮かび
仮入部していたのだった。
愛するものが死んだ時には、
昨日来たかなぁ?親方のところのチビのマッジが!
パズー君、君を誤解していた、許してくれたまえ。君がこの方を海賊から守るために奮戦してくれたとは知らなかったのだ。
空のうへ?
ゴホッゴホッ!
その字板のペンキは
ぅーん
抜けさへ

632. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:01  ID:g5MzE1MTg このコメントへ返信

※5 雲の子だ、雲雀奴ひばりめだ
雲雀
はためくを
港の空に鳴り響いた
そのうち、追い出されるかもしれないぞ。
寒い夜の痩せた年増女としまの手のやうな
ところが紀昌は一向にその要望に応こたえようとしない。
参詣人等もぞろぞろ歩き、
何!?
煙よりよいものはないのです

633. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:02  ID:EyODg0OTM このコメントへ返信

※3 通商休館この部屋は文芸部。
「全然」のようだ。
俺は月曜は1って感じがするけどなぁ。

よ!
「全然」のようだ。
ゆいて西の方かた大行たいこうの嶮けんに攀よじ、霍山かくざんの頂を極めよ。
さっきまでただの岩だったのに。
ちゃんと探したんだろうね!しょうがない、明るくなってから出直しだ!
花瓣くわべんが通る。

634. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:03  ID:E2NzQ4OTg このコメントへ返信

※4 おまけにそれを嘆きもしない
うわぁ!
死んだか?
萎なえてゆく
相手が聾ろうかも知れぬと、大声に遽だしく紀昌は来意を告げる。
パズー!あ!放して!
これは私の機関の仕事です。閣下は兵隊を必要なときに動かしてくださればよいのです。
絶えて地に墜おちることがない。
的から一直線に続いたその最後の括はなお弦げんを銜ふくむがごとくに見える。
君も男なら聞き分けたまえ

635. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:37:04  ID:MA== このコメントへ返信

管理人の引っ越し代になぁれ

636. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:08  ID:A3MjgwMzk このコメントへ返信

※1 お前達はここで待て
シータがそうしろって言ったんだ。だから・・・
姉妹は眠つた、母親は紅殻色の格子を締めた!
紹介終わりかよ?
さて、飛衛の矢が尽つきた時、紀昌の方はなお一矢を余していた。
わあたしがいくら話しかけても
おお!みんな!飛行石の力だよ!
言葉なき歌
教師の息子の十三番目、
うわ~・・・!

637. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:10  ID:A3ODcxNzc このコメントへ返信

※10 それは
うわぁ!
いたら私のところに来なさい。
いやぁ!
六月の雨
きゃ!
眼で追ひかなしくなつてゐた
たまたま、席がまん前だったという地の利を活かして
やり直すしかないですねぇ。
実直なんぞと、心得まして。

638. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:11  ID:A5OTE2MzQ このコメントへ返信

※10 われのほか別に、

まぁ、そうかな?
ぁぁぁ
風も少しはあるでせう。
庭のベンチの上にゐる
憂愁にみちたものに、思へるのであつた。
沖の方では波が鳴らうと、
射し
あんじゃあ、そこやめて。

639. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:13  ID:I3OTQyMjU このコメントへ返信

※6 その棘とげの先端せんたんをもってハッシと鏃を叩たたき落した。
登る坂道なごめども
だからなぁ
そうして、直ちに射術の奥儀秘伝おうぎひでんを剰あますところなく紀昌に授け始めた。
今夜とちれてゐるけれど、
北の海
畠はたけの上に
あの雲の峰の向こうに見たことのない島が浮いてるんだ。やーるぞ!きっとラピュタを見つけてやる!
見てゐるのは、――僕?
私はたびたび処女むすめをみた……

640. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:16  ID:AzODY5NTc このコメントへ返信

※10 BGM不明調べます
パズー!
野原の
つながりました。
雲雀
これから王国の復活を祝って、諸君にラピュタの力を見せてやろうと思ってね
あゝ
散らかりて、
青い瞳は動かなかつた、
ロボットは北の塔の少女を狙っている、姿を現した瞬間を仕留めろ

641. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:19  ID:Q4NzY5MDY このコメントへ返信

※1 あ・・・
ん~
煉瓦工場は、その後廃すたれて、
壺の中には冒涜を迎へて。
確実に入るね
あゝ!
パズー、来おったぞ!
どへぇぇぇぇぇぇぇ~
まことに、人生、花嫁御寮。
今日一日また金の風……

642. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:19  ID:kyOTY4NzA このコメントへ返信

※6 今日はほんとに好いお天気で
SOS団!
ないぞ、
僕にも誰にも分らなかつた
すると尻から
啼ないてたけれど
ママ!
負けるな~!

本当に知らないんです。パズーに会わせて・・・

643. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:23  ID:A3MjgwMzk このコメントへ返信

※8 そんなこんなをしながらゴールデンウィークが明けた一日目
村の大きな時計は、
着替えは女が奇数クラス、男が偶数クラスに移動してすることに
たぶん、全部本当だから・・・
ながらの
早くこっちへ!
ヌックと出た、骨の尖さき。
でも、ちょっといてほしいみたいな
なぁーしょっぱなの自己紹介のあれってどのあたりまで
それ以外に思い当たる節が無い。

644. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:23  ID:Q3NDMyNTg このコメントへ返信

※4 お庭の隅の草叢くさむらに
校舎の屋上に星マークをペンキで描いたり、学校じゅうに変な
うおっ!?
はい!
ごめんなさい。いろいろ迷惑かけてありがとう。パズーのこと忘れない。
りて・あ?
BGMSOS団始動
ロボットは?
しょっぱなのあれって、何!?
ドーラ一家だよ。

645. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:25  ID:g5NjU2NTY このコメントへ返信

※4 ヒッヒッヒ・・・
どこ行った?
ぐずは嫌いだよ。
今は春でなくて、秋であつたか
シータがそうしろって言ったんだ。だから・・・
村の時計
パズー!
そらよっと!
雲の間に月はゐて
弓は?

646. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:27  ID:E3MDI0NzU このコメントへ返信

※10 片鱗その2
寒い寒い

高校に入れば少しはましかと思ったけど、


何だって?
誰にも、それは、語れない
-フラップター上
そして二人の魂は、不識しらずに温和に愛し合ふ

647. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:37:29  ID:I4NzQzNTg このコメントへ返信

有田大先生のお仲間はこんな事をする人達なんですね~
ドン引き~ ━━━Σヽ(`д´;)ノ━━━!!!
ますます国会での有田大先生へのコメントが荒れそうですね~ ( ̄▼ ̄ ahaha・・・・・・・・

648. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:37:31  ID:MA== このコメントへ返信

管理人の引っ越し代になぁれ

649. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:32  ID:UyNTc4NzE このコメントへ返信

※6 あ!ママ!パズーだよ!パズーが帰ってきた!
ムスカ!ロボットはどうした!
うん!
ついに非望の遂とげられないことを悟さとった紀昌の心に、
いやぁ!
{きょうし{教師?}?}が顔にはっつけているやつなぁ
稚厠おかはの上に
身に沁む
ポムじいさん?
雲と立罩たちこめる名声のただ中に、名人紀昌は次第に老いて行く。

650. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:35  ID:gyMjg1MDk このコメントへ返信

※6 僕はパズー、この小屋で独り暮らしをしているんだ。吹き終わったらあげる決まりなんだ。
校舎の屋上に星マークをペンキで描いたり、学校じゅうに変な
彼なら安心したまえ、あの石頭は私のより頑丈だよ
どけよ!
それでも相手は曖昧あいまいな笑を浮うかべて、客の心をはかりかねた様子である。
空気よりよいものはないのです
そんなことないよ!その石はもう二度もシータを助けてくれたじゃないか!すごいぞ、ラピュタは本当にあるんだ!
ふっふっふ、しかしこれが小さいのでな。
しみたれた
僕は此の世の果てにゐた。陽は温暖に降り洒そそぎ、風は花々揺ゆすつてゐた。

651. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:36  ID:gyNDY1MjA このコメントへ返信

※4 あ~あ~目がぁ~あ~あ~!!
月の光が照つてゐた
はやとほに死んだことさへ、
ニィ・・・
外国あつちに行つたら、たよりを下さい。
まだか、早くしろ!!
だいぶ年寄りだからなぁ。
あの人たち海賊よ。
波打際に、落ちてゐた。
軍隊にも追われてるんだ!

652. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:38  ID:A1MzEwNjk このコメントへ返信

※6 ひと泣き泣いて
月の光
はぁ~。
消えるやうな
でもこの石に不思議な力があるなんて、私ちっとも知らなかった。ずっと昔から家に伝わってきたもので母が死ぬとき、私にくれたの。
その二
村の大きな時計は、
仮入部していたのだった。
終点が玉座の間とは上出来じゃないか!!ここへ来い!!
空の

653. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:37:39  ID:UzMDkwMDI このコメントへ返信

コメント伸びてるwwwww

654. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:39  ID:U4ODczNTg このコメントへ返信

※10 曜日によって感じるイメージってそれぞれ異なるような気がするのよねぇ~
腹減ったなぁ・・・
女の子がこの辺に来なかったかい?
紀昌は慄然りつぜんとした。
ウヰンの市まちの郊外に、
BGMうんざりだ
姉らしき色
むかし私の胸摶うつた希望は今日を、
目覚ますことなき星を抱いて、
あ!

655. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:40  ID:gyMTkwMDA このコメントへ返信

※8 親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
額顰しかめし汝なが面おもぞ
そこでいちばん親しい二人が、
庭の地面も鹿のやうに睡い。
月夜の晩に、拾つたボタンは
軽く立ちたる埃ほこりかも
縁側に陽があたつてて、
そして私は、静かに死ぬる、
パズー!
ever(フォーエバー)

656. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:42  ID:AwMDkzNDY このコメントへ返信

※3 朝倉涼子
ふん、おもしれぇ。兄ちゃんやっちまえ!
ムッとした紀昌を導いて、老隠者は、そこから二百歩ばかり離はなれた絶壁の上まで連れて来る。
悔恨は、風と一緒に容赦なく
鳶色とびいろの土かをるれば
あ~?こりゃおったまげた、軍隊のお出ましだ。
すごい、欲しい~・・・
ロボットが・・・
ことして、一生、過ぎるんですねえ
あっはっは、私と戦うつもりか

657. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:50  ID:I3MDcwNw= このコメントへ返信

※9 一匹の獣の心は燻くすぶる。
麓までも?

青い瞳は動かなかつた、
雪の賦
あたしねぇ、結構、萌えって大切なことだと思うのよねぇ。
――盆地を繞めぐる山は巡るか?
ことして、一生、過ぎるんですねえ
処女むすめの眼めのやうに遥かを見遣みやつてはならない
パズー、仕事サボってデートか?

658. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:50  ID:gyMTEzMzU このコメントへ返信

※9 ところで話は、とかくないもの。
それで、でっかい島を空に浮かしたとな。
見てみたいような気もする。
都会の夕べはそのために十分悲しくあつたのだ。
参宿さんしゅくと天狼星てんろうせいとの間に消去ったと。
ときどき銅鑼ごんぐが著物に触れて。
啼ないてたけれど
死刑はいやだからな。
いのちだらうぢやないですか、
丸ビル風景

659. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:53  ID:Q5MzQyNTY このコメントへ返信

※6 地上に降りた時、二つに分かれたがね
――あれは、何を鳴いてるのであらう?
たちあらはれて
草の上には陽は照らぬのか
白薔薇しろばらの
発想で初めて生じたものであり、天才がそれを可能にしたわけだ。
おまへを抱いて動物園
たちあらはれて
嫁はいらねぇ、飛行石さ。
的から一直線に続いたその最後の括はなお弦げんを銜ふくむがごとくに見える。

660. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:37:56  ID:I4MTc5MDA このコメントへ返信

※4 やれやれ、娘を金で売ったのかい?
覚悟の上だね。
鳶色とびいろの土かをるれば

君も男なら聞き分けたまえ
そんなことはどうでもいいの!
なに読んでんだ?
これ?
BGMなし

661. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:00  ID:k2NTMxNg= このコメントへ返信

※8 女たちは、げに慕はしいのではあつたが、一度とて、会ひに行かうと思はなかつた。夢みるだけで沢山だつた。
お近きになっとくのもいいかなと、
だらだら
ゴホッゴホッ!
だが、それは所詮しょせん射之射しゃのしゃというもの、好漢いまだ不射之射を知らぬと見える。
すまんがその石をしまってくれんか?わしには強すぎる・・・
冷たくして、太いストローで飲まう
笛吹いて
撃つな捕らえろ!!これはこれは王女様ではないか
薄桃色の、風を切つて……

662. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:00  ID:MyOTc1MDU このコメントへ返信

※2 その断崖から半ば宙に乗出した危石の上につかつかと老人は駈上り、振返って紀昌に言う。
見てみたいような気もする。
ここどこですかぁ?
まことに人生、花嫁御寮。
空は悲しい衰弱。
ことして、一生、過ぎるんですねえ
草の上には陽は照らぬのか
何の話だ!?
その石くれの
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出。

663. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:02  ID:YxODg0ODk このコメントへ返信

※7 奥処をくがに
それ!
象を見せても猫にやあといひ
その調子で、涼宮さんをクラスに溶け込めるようにしてあげてね。
素晴らしい。古文書にあった通りだ。この光こそ、聖なる光だ。
含羞はぢらひ
シータ!
あ!
早春の風
とりあいずまず、作るのよ!

664. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:06  ID:k2NDQyMTI このコメントへ返信

※10 どけ!しまった!
啼ないてたけれど
その雪は、中世の、暗いお城の塀にも降り、
なんでも
海賊!?見るー!
何の話だ!?
ミステリー研修会っていうのがあったのよ。
あゝ
おじいさん、ありがとう。
もういいんだ。

665. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:38:07  ID:MA== このコメントへ返信

管理人の引っ越し代になぁれ

666. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:09  ID:kyOTc1ODc このコメントへ返信

※1 それでも心をポーッとさせる、
頭は重く、肩は凝るのだ。
・・・いた!ママ!いた、隠れてた!
みなさん、今夜は、春の宵よひ。

赤い蜻蛉とんぼが
思ひをさせるばつかりでした。
何!?
無線封鎖して行方をくらます気だね。
今にして始めて芸道の深淵しんえんを覗き得た心地であった。

667. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:09  ID:E2NzQ4OTg このコメントへ返信

※2 彼は極度の近眼であつた
やめとくも何もそんな気は無いんだが・・・
片鱗その3
北風は往還を白くしてゐた。
一年の女子全員をチェックでもしたのか?
その時子供は父母の膝下ひざもとで蕎麦そばを食うべ、
ゆくなるか?
しみじみと思う。偶然だと信じたいと。
酒場の
そのすべてを断って、毎日参加する部活動をきまぐれに変えたあげく

668. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:13  ID:k0MTc5Mzk このコメントへ返信

※3 長い校舎から合唱は空にあがる。
分りませんでした。
それで夕陽が当つてさへが、
霧の夜空は
いつはてるとも知れない呪。
櫺子れんじの外に
条網に絡からみ
飛ぶ気か!?
黄色くなつたと
ドーラ一家だよ。

669. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:15  ID:AwOTYwNjg このコメントへ返信

※10 ロボットは!?
石炭の匂ひがしたつて怖おぢけるには及ばぬ
ことして、一生、過ぎるんですねえ
つづきてきこゆ
洋行帰りのその洒落者しやれものは、
すべてそのような時代の話である。
何だぁそれ!?
それがどうした苦労であつたか、
海にゐるのは、
号笛フイトルの音ねのやうに太くて繊弱だつた

670. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:18  ID:M3NzA4MDM このコメントへ返信

※5 おまけにそれを嘆きもしない
BGMなし
古い日は放心してゐる。
いったい何を?
私の心が燻る……
宇宙人でも、未来人でも、超能力者でもないし
ビールのコップを傾けて、
音は
紀昌に新たな目標を与あたえてその気を転ずるにしくはないと考えた。
幾多あまた々々の孤児の手は、

671. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:19  ID:E0MzkyNzQ このコメントへ返信

※1 陽は今
煙草くらゐは喫つてもみたが、それとて匂ひを好んだばかり。おまけに僕としたことが、戸外でしか吹かさなかつた。
のぞみだ……
うるさい!
この日頃
静かに!よーく見てな。
夏の朝
出てけ!ここは僕の家だぞ!
あゝ十二時のサイレンだ、サイレンだサイレンだ
しかもすごく美少女だった。

672. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:25  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※1 いやにおとなび彳ちゐたり
動くので、私は吃驚びつくりしちまつた。
いや。
蛔虫むしが下がつた。
脚下きゃっかは文字通りの屏風びょうぶのごとき壁立千仭へきりつせんじん、
・・・ラピュタ・・・

などと考えつつ間がさしてしまったんだろう。
向ふの道を、走つてゆくのは
はい!

673. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:26  ID:E2Mzk4MjE このコメントへ返信

※6 不意に火ひの粉こが目に飛入ろうとも、目の前に突然とつぜん灰神楽はいかぐらが立とうとも、彼は決して目をパチつかせない。
きゃ!
犬のみ覚めたる冬の夜は
なにゆゑにかくは羞ぢらふ……
菜の花畑に、眠つてゐるのは
ヌックと出た、骨の尖さき。

うれひに沈み
えもいはれないカクテールです
程だ。

674. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:38:26  ID:MA== このコメントへ返信

管理人の引っ越し代になぁれ

675. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:31  ID:kxNzI0MTU このコメントへ返信

※1 竦然しようぜんとして身をすくめ
音さへ
BGMなし
ぅぇ?
ありがとう。助けてくれて。私シータって言うの。
雨を吸収する、
これ、笑うとこ?
煉瓦工場の、窓も硝子ガラスも、
いいなぁ。
言ってみろ。

676. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:40  ID:cxODAzNTA このコメントへ返信

※9 僕はそれを、袂に入れた。
その蛔虫が、稚厠の浅瀬で動くので
ポッカリ月が出ましたら、

さてわが親しき所有品もちものは、タオル一本。枕は持つてゐたとはいへ、布団ふとんときたらば影だになく、歯刷子はぶらしくらゐは持つてもゐたが、たつた一冊ある本は、中に何も書いてはなく、時々手にとりその目方、たのしむだけのものだつた。
鑢やすりの音よ、だみ声よ、
シーター!
さぁ・・・
こくられて、断るってことをしないんだよ。
うわっ!?

677. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:42  ID:IxODA4NTc このコメントへ返信

※2 み空に
いたはしいよなものですよ
柱は猶なほ、余りに乾いたものと感おもはれ、
僕は眠つてゐたのだ
笑ひを沢山湛たたへた者ほど
そいつと出会った。
ぅん
サンタクロースをいつまで信じていたかなんてことは
空吹く風にサイレンは、響き響きて消えてゆくかな
一時期はとっかえひっかえってやつだったなぁ

678. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:42  ID:Y3MDE0Njk このコメントへ返信

※9 窓の硝子は陽をうけてても
――盆地を繞めぐる山は巡るか?
BGMなし
ま、そういうことだから
覚めたのは
どう思う!?
おじさん、肉団子二つ入れて。
雲が、流れる、月かくす。
ある日ふと気が付くと、窓の虱が馬のような大きさに見えていた。
飴売爺々あめうりぢぢいと、仲よしになり、

679. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:46  ID:U4NzkxMzU このコメントへ返信

※5 着替えは女が奇数クラス、男が偶数クラスに移動してすることに
変ってると言えば変ってるわねぇ~
はためくを
ふふーん。見てー。
歩道に沿つて、立つてゐた。
なんだか自信が持てないよ
ちょいまて、どこなんだよここは?
岩がざわめくの?
都会の夕べはそのために十分悲しくあつたのだ。
笛吹いて

680. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:51  ID:k5MjYzMzY このコメントへ返信

※2 今日の放課後までに調べておいて。
ちゃんと探したんだろうね!しょうがない、明るくなってから出直しだ!
神社の日向を、ゆるゆる歩み、
みなさん、今夜は、春の宵。
間の
なんじがもしこれ以上この道の蘊奥うんのうを極めたいと望むならば、
女たちは、げに慕はしいのではあつたが、一度とて、会ひに行かうと思はなかつた。夢みるだけで沢山だつた。
昔の
ナインは各々守備位置にあり
ゆくのだ。

681. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:53  ID:QwNTc4NDc このコメントへ返信

※10 私のいた塔から日の出が見えました。今は最後の草刈の季節だから、日の出は真東よりちょっと南へ動いています。光は火の出た丘の左端を指したから・・・
ひねもす空で鳴りますは
ロボットは?
入る学校間違えたかしら?
そのあたりで鳴つて、そしてそこから響いて来る。
やっぱり、宇宙人か?
ポムじいさん!大丈夫、とってもいい人だよ!
この小児
・・・・・・・・・・・
程だ。

682. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:54  ID:AwOTQ4NjE このコメントへ返信

※2 弦に応じて、一箭たちまち五羽わの大鳥が鮮あざやかに碧空へきくうを切って落ちて来た。
私はムスカ大佐だ。ロボットにより通信回路が破壊された。緊急事態につき私が臨時に指揮を執る。ロボットは北の塔の少女を狙っている。姿をあらわした瞬間を仕留めろ。砲弾から信管を抜け。少女を傷つけるな。
僕は思つたわけでもないが
秋は
俺さ、ミース・ミートパイが好きなんだ!
Aランクの女はフルネームで覚えたぜぇ!
相手は武器を持ってるんだよ?
幼獣の歌
リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!
さりとて生きてゆく限り

683. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:56  ID:g1NDMyMDI このコメントへ返信

※4 雨が降る
ラピュタは本当にあったんだね!シータ、やっぱりあるんだよ!
紀昌が弓に触ふれなければ触れないほど、彼の無敵の評判はいよいよ喧伝けんでんされた。
初め、もちろんそれは一匹の虱に過ぎない。
いや。
動いてるぞ。
秋の日
変ってると言えば変ってるわねぇ~
十二の冬のあの夕べ
だから、ハルヒが翌日、長かった髪をバッサリ切って登場したときには

684. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:56  ID:QxOTkwOTQ このコメントへ返信

※4 でもこの石に不思議な力があるなんて、私ちっとも知らなかった。ずっと昔から家に伝わってきたもので母が死ぬとき、私にくれたの。
おまへを抱いて動物園
煙草吹かしてぼんやりしてると、
飛行機に残つたのは僕、
あゝ十二時のサイレンだ、サイレンだサイレンだ
ああ、弓という名も、その使い途みちも!」
号笛フイトルの音ねのやうに太くて繊弱だつた
裏口からとっくに逃げたよ!出しな!
ぇ?ぁ、じゃあこの人は上級生じゃないか?
いい加減にしな!まったくいつまで経っても子供なんだから。

685. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:57  ID:QyMDM2MTg このコメントへ返信

※7 遠慮しとく。
はてさて、宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や

なんか、腹立ってきたは。
うん、久しぶりに忙しいんだ。
色で言うと月曜日は黄色で、火曜日は赤で、水曜日は青で、
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
SOS団!
もういいんだ。
何だこれは!!木の根がこんな所まで、一段落したら全て焼き払ってやる

686. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:58  ID:QxOTkwOTQ このコメントへ返信

※9 野原は
狙ねらいに狂くるいの無いのはもとより、杯中の水も微動だにしない。
ふっふっふ、まさかな。夕べから妙に石達が騒ぎおってな。こういうときに下におるのは好きじゃがな。
親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
己おのれの師と頼たのむべき人物を物色するに、当今弓矢をとっては、名手・飛衛ひえいに及およぶ者があろうとは思われぬ。
理由を知らない妻は大いに驚おどろいた。
沖に出たらば暗いでせう、

任意同行よ。
ウルはラピュタ語で「王」、トエルは「真」、君はラピュタの正統な王位継承者リュシータ王女だ

687. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:38:59  ID:Q4MjE5MjQ このコメントへ返信

※6 お、落ちるぞー!?
BGM不明調べます
体育の授業は男女別に行われる。
はぁ~~
処女むすめの名前は、米子と云つた。
秋は
海峡岸
ほんにおまへもあの時は
陽は霧に光り、草葉の霜は解け、
沖の波は、今も鳴るけど

688. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:00  ID:U1NTc4Nzc このコメントへ返信

※5 今日はほんとに好いお天気で
お調子者のセカンドは
それともその大砲で私と勝負するかね!?
それも
なぜかしら、云はずじまひであつたのだ。
BGMおいおい
もはや、伝うべきほどのことはことごとく伝えた。
シータ!
何のクラブを作るつもりなんだ?
したが、

689. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:04  ID:E2NTMxMDM このコメントへ返信

※1 ――薮かげの、小川か銀か小波さざなみか?
その二
秋の消息
女は度胸だ!お前達援護しな!
ああ!
ええ。
なほもとほのき、沖で光つた。
長門峡に、水は流れてありにけり。
昨日来たかなぁ?親方のところのチビのマッジが!
おつぽり出してあるばかり

690. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:08  ID:gyMjIyNzU このコメントへ返信

※1 え?
うわっ!?
やっぱりシータを狙ってるんだ。
さてこの
じゃ、どんな男だったらよかったんだ?
信じられるか?あの子がママみたいになるんだぞ?
その犯人があいつだったってわけか?
これじゃ、義務教育時代と何も変わんないわねぇ~
ましてその石は人が作り出したもの。その・・・気になってな。
うわぁ!?

691. なな名無し   2014年02月13日 09:39:08  ID:AzODIxNzU このコメントへ返信

火病すごいね(~_~)
生火病は見たことあるけどネットで発狂しなくても。

692. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:39:10  ID:I3MDczMDc このコメントへ返信

潰す宣言してるのに逆に追い込まれるしばき隊www

693. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:10  ID:E0MzkyNzQ このコメントへ返信

※3 親方ー!
ああ、弓という名も、その使い途みちも!」
百歩を隔へだてて柳葉りゅうようを射るに百発百中するという達人だそうである。
ところが紀昌は一向にその要望に応こたえようとしない。
ひかれひかれて、岬みさきの端に
開いた瞳は
もはやどうにも、ならぬのですから、
心は錆びて、紫色をしてゐる。
{ごーぐる?}の缶に入れられたくじを引いた俺は
含羞はぢらひ

694. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:14  ID:U1Mjk0NQ= このコメントへ返信

※1 お調子者のセカンドは
此の先まだまだ何時までか
草の上には陽は照らぬのか
あゝ、『あの時』はあゝして過ぎつゝあつた!
庭の土には、陽が照るけれど
わたくしは、花瓣くわべんの夢をみながら目を覚ます。
薄桃色の、風を切つて……
ぅん、いや~ごめんごめん遅れちゃった。
小鳥は庭に啼ないてゐる。
遊んでゐれば

695. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:14  ID:EzNDAwNzY このコメントへ返信

※9 日曜日
あれは、浪ばかり。
寒い寒い
飛行機に残つたのは僕、
あれからどうなつたのかしらない……
あ~?こりゃおったまげた、軍隊のお出ましだ。
じゃあ文芸部なんだろ?
ん~!!へっへっへ・・・
君も男なら聞き分けたまえ
閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです

696. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:15  ID:EyMzY4MjA このコメントへ返信

※8 この石には不思議な力があるんです。
ないに
たしかにそれは、死んだのですから、
月曜日が0で日曜日が6なのか?
朝倉涼子
そっち方が面白いじゃないの!
聖なる光?
偶然だよなぁ~
ああっ!
新鮮なアホだこいつ。

697. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:15  ID:U1NTc4Nzc このコメントへ返信

※1 波打際に、落ちてゐた。
ポカポカポカポカ暖かだつた
自殺しなけあなりません。
冒険でしょでしょ?
靄もやはきれいだけれども、暑い!
澄み亙わたつたる夜の沈黙しじま
雨あがりの午後、ポプラのやうに。
彼は戸外に出て行つた。
二三日たっても、依然いぜんとして虱である。
なまあつたかい、風が吹く。

698. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:19  ID:gyMzI0ODE このコメントへ返信

※5 無形むぎやうの
海にゐるのは、
うわっ!いてて・・・
休み時間教室にいないと思ったらそんなことしてたのかぁー
おー泣かせるー・・・
どけ!!しまった!!
わからん。
シータ・・・
女は度胸だ!お前達援護しな!
撃てー!

699. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:39:22  ID:MA== このコメントへ返信

禿げた小さいオッサン可哀相す(´・ω・`)キノッピ

700. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:24  ID:Q5MzQ5NTA このコメントへ返信

※5 まことに、人生、花嫁御寮。
二三日たっても、依然いぜんとして虱である。
石鹸箱せつけんばこには秋風が吹き
絶えて地に墜おちることがない。
あれは人魚ではないのです。

このまま行くとあいつの弾幕に飛び込んじまう。出直しだ!
今はぶきみに、たゞ立つてゐる
ぁはははーー
扨さて、此の後どうなることか……それを思へば茫洋とする。

701. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:26  ID:g3MzgwNDk このコメントへ返信

※3 ふん、宝はいらないとか、ラピュタの正体を確かめるとか、海賊船に乗るには動機が不純だよ。
けれどもそれでも、業ごふ?が深くて、
烏が啼いて通る――
彼はよそゆきを普段に着てゐた
グランド繞めぐるポプラ竝木なみきは
その手の弾力のやうな
地上に落ちた物影でさへ、はや余りに淡あはい!
病院の、あはい匂ひに慕ひよる。
俺がお前の思いつきに協力しなければならないのか?
あの子が返つて来るぢやない

702. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:30  ID:ExNzY0MzM このコメントへ返信

※3 思ふけれどもそれもそれ
秋の日は、からだに暖か
月はその時空にゐた
幾多あまた々々の孤児の手は、
馬車も通れば、電車も通る。
父も母も兄弟はらからも友も、はた見知らざる人々をも忘れて
ひよんな眼付で見上げても、眼を落としても……
長いといへば長い、短いといへば短いその年月の間に、私の感じたこと考へたことは尠すくなくない。今その概略を述べてみようかと、一寸思つてみるだけでもゾッとする程だ。私は何にも、だから語らうとは思はない。たゞ私は、私の個性が詩に最も適することを、確実に確かめた日から詩を本職としたのであつたことだけを、ともかくも云つておきたい。
――赤ン坊を畑に置いて
彼はよそゆきを普段に着てゐた

703. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:30  ID:EzMDQ5NA= このコメントへ返信

※10 語らうなぞとはつゆさへ思はぬ。
うんざりする程ほど永遠で、
何してるんだ?あいつ?→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→↑
構うもんか!突っ込め~!
そうだわ。どうして私助かったんだろう?飛行船から落ちたのに・・・
青い瞳は動かなかつた、
やったー!掃除洗濯、しなくてすむぞ!
次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!小僧から石を取り戻せ!!
行くよ!
明るい廃墟を唯独りで讃美し廻つてゐる

704. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:32  ID:YxMzkxNTY このコメントへ返信

※9 やがてはそれがお分りなのです
新たに誰かが入部しないと廃部が決定していた唯一のクラブなのよ。
淡い、それでゐてくつきりとした
パズー、そのおんぼろに油差しとけよ。
白薔薇しろばらの
おーい、この子達を保護してやってくれ!海賊どもに追われてるんだ。
なんか、腹立ってきたは。
――ではまたそのうち、奥さんによろしく、
眠つてゐるのは赤ン坊だ?
――欧羅巴ヨーロッパは戦争を起すのか起さないのか

705. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:33  ID:M4NjE5MzA このコメントへ返信

※4 海峡岸
土は薔薇色ばらいろ、空には雲雀ひばり
どう思う!?
どうせヤツらは遠くへは逃げません、航海はきわめて順調ですよ
教師の息子の十三番目、
素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!
彼はほとんど恐怖きょうふに近い狼狽ろうばいを示して、吃どもりながら叫んだ。
でもこの石に不思議な力があるなんて、私ちっとも知らなかった。ずっと昔から家に伝わってきたもので母が死ぬとき、私にくれたの。
BGMなし
空を飛びたいと思ったから、飛行機作ったし、

706. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:39:33  ID:MA== このコメントへ返信

F5アタックみたいなのがいる(笑)

707. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:39  ID:U4ODk2Nzk このコメントへ返信

※5 亡き児文也の霊に捧ぐ
今では女房子供持ち
或あるはまた別れの言葉の、こだまし、雲に入り、野末にひびき
うん、久しぶりに忙しいんだ。
さて、飛衛の矢が尽つきた時、紀昌の方はなお一矢を余していた。
じっちゃん!欲しがってた助手!
まぁ、見ててご覧なさいよ!
けふ一日ひとひまた金の風
女が通る
けれどもそれでも、業ごふ?が深くて、

708. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:39  ID:gxMjc3ODA このコメントへ返信

※8 ああ、勿体無い。
今では女房子供持ち
月夜の晩に、拾つたボタンは
シータが降りてきたときもそうだったよ。入り口があんなに小さいや。
うれひに沈み
ポッカリ月が出ましたら、
覚えず外に顛落てんらくしたと白状した盗賊とうぞくもある。
さてわが親しき所有品もちものは、タオル一本。枕は持つてゐたとはいへ、布団ふとんときたらば影だになく、歯刷子はぶらしくらゐは持つてもゐたが、たつた一冊ある本は、中に何も書いてはなく、時々手にとりその目方、たのしむだけのものだつた。

なっているんだが、まだ男子が残っているにもかかわらず、

709. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:40  ID:A4MzMxMzM このコメントへ返信

※3 はぁ~~
-ティディス要塞
月に向つてそれは抛はふれず
はい。
あれ以来、ホームルーム前のわずかな時間にハルヒと話すのが
淡あはい夕陽を

あゝ!
風が鳴つて。
はるかな気持の、春の宵だ。

710. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:43  ID:UzMjM2MzA このコメントへ返信

※6 彼処かしこと
いけー、いけー!
彼女は
風が鳴つて。
はたはた
雪が降るとこのわたくしには、人生が
わかったよ。
ああ、待ってくれ。
今しも彼が湯屋から出て来る
初め、もちろんそれは一匹の虱に過ぎない。

711. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:45  ID:M0NDkwMjM このコメントへ返信

※3 私、あんたとどこかで会ったことある?
反歌
小僧!!娘の命と引き換えだ!!石のありかを言え!!
そを
確かに見憶みおぼえのある道具だが、どうしてもその名前が思出せぬし、その用途ようとも思い当らない。
われは戯女たはれめ
家々の腰板古い。
あの頃の俺はいまいづこ
略してSOS団である。
ちょっと借りてるよ、坊や。

712. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:45  ID:czMzA0MzA このコメントへ返信

※3 ん~!!へっへっへ・・・
それは日曜日の渡り廊下、
何の話だ!?
嬌羞けうしうよ、
お前の谷だ。まったくとんでもない無駄足だったよ。
夜になつて、急に死んだ。
高校に入れば少しはましかと思ったけど、
事を急ぐと元も子も無くしますよ閣下
みなさん、今夜は、春の宵よひ。
頬を裂きるやうな寒さが残つた。

713. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:46  ID:c1MDUyMDY このコメントへ返信

※8 なんぞに
最大公約数的なことを考えるくらいにまで俺は成長したのさ。
そんな!私何も知りません。石が欲しいならあげます。私たちを放っておいて・・・
壁の中へ這入はひつてしまつた。
なんのおのれが桜かな、桜かな桜かな
屡々しばしば
あ~あ~目がぁ~目がぁ~!!
あたりまで……
洩らさず私は聴くでせう、
くそ!ゴリアテ何をしている!・・・!煙幕!?

714. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:39:46  ID:U1MTE2OTM このコメントへ返信

2ちゃんねるでも荒らしてる奴らって在日や朝鮮、中国関係者なんだろうね。

しばき隊ってなんでわざわざ嫌われる行動とるんだろ。

715. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:48  ID:IxNTg3NDk このコメントへ返信

※4 海賊かよ、おい!
奥処をくがに
海にゐるのは、
神社の日向を、ゆるゆる歩み、
隣家となりは空に
姉らしき色
秘ひそかにその機会を窺うかがっている中に、一日たまたま郊野こうやにおいて、
私の家に古い秘密の名前があって。この遺石を受け継ぐとき、その名前も私継いだの。私の継いだ名はリュシータ。リュシータ・トエル・ウル・・・ラピュタ。
ふん~!!へっへっへ・・・
ふんっ!

716. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:52  ID:E4NzI1MzI このコメントへ返信

※3 再び弟子でしがかかる企たくらみを抱くようなことがあっては甚はなはだ危いと思った飛衛は、
芋の皮むきもな!いやっほーい!
おーい。
いい加減にしな!まったくいつまで経っても子供なんだから。
蝶々はどつちへとんでいつたか
あんた、宇宙人なの?
空気よりよいものはないのです
あゝ、遐とほい遐いい話。
処女むすめの名前は、米子と云つた。
瞬かざるのみではまだ射しゃを授けるに足りぬ。

717. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:53  ID:Q4MDQ3NDU このコメントへ返信

※7 どうにかやつてはゆくのでせう
あの石だ、早く隣の部屋へ!飛行石だよ!
見え匿かくれする雨の空。
ましてその石は人が作り出したもの。その・・・気になってな。
はい。
わからん。
教会堂の石段に
曜日が進むごとに髪を結ぶ場所が増えている。
みくるちゃんあなたなにかほかにクラブ活動やってる?
父親は、遠洋航海してゐた。

718. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:39:54  ID:g2NDA0MDU このコメントへ返信

※2 はて?パズーによく似た子鬼だ。おまけに女の子の子鬼までおるわい。
雀らの、声も硬うはなりました
ふんっ!
鳶色とびいろの古刀の鞘さやよ、
風とともにもう其処にはなかつた。
へぇぇ~!
見え匿かくれする雨の空。
なんでか知らねぇけど
くだらない男しかこの世には存在しないのかどうなのってことよ!
そりゃ、普通そうだろう。

719. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:04  ID:Q3NDE2MTA このコメントへ返信

※5 ぇ?ぁ、じゃあこの人は上級生じゃないか?
嘗かつて煙を、吐いてた煙突も、
ぅーん
立つてゐる
ラピュタへの道が開けた、来い!!
ポプラがヒラヒラヒラヒラしてゐて
※(始め二重括弧、1-2-54)まことに人生、一瞬の夢、
-フラップター上
渝かはらぬ
ぐおっ!

720. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:05  ID:U1Mjk0NQ= このコメントへ返信

※4 抜けさへ
ほーう。ホッホ、そりゃあ豪儀だなあ。
口にさえしなかった位だから、弓矢を執っての活動などあろうはずが無い。
おつぽり出してあるばかり
シータをさらいに行くの?
たちあらはれて
どうしてそれを・・・
けざやけき※(「景+頁」、第3水準1-94-5)気かうきの底に青空は
へ?
ラピュタ人・・・

721. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:07  ID:E2NTE0NTc このコメントへ返信

※4 お前はこっち!
庭・石段に腰掛けて、
急げ!
海の上への風にまじりてとことはに過ぎゆく如く……
みんな仲良くしていきたいじゃない?
あゝ
秋は
壊すんじゃないよ。
-フラップター上
キャー!

722. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:09  ID:cxMTI3MjY このコメントへ返信

※2 雲と立罩たちこめる名声のただ中に、名人紀昌は次第に老いて行く。
おいてきぼりだ、
そして、地には偶々たまたま池がある。
うわー
谷口
気づいたのは相当後になってからだった。
手真似につれては、唇くちも動かしてゐるのでしたが、
素晴らしい船だ!ムスカ!娘は白状したか?
まぁ、見ててご覧なさいよ!
私はムスカ大佐だ。ロボットにより通信回路が破壊された。緊急事態につき私が臨時に指揮を執る。ロボットは北の塔の少女を狙っている。姿をあらわした瞬間を仕留めろ。砲弾から信管を抜け。少女を傷つけるな。

723. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:13  ID:I3Njg2OA= このコメントへ返信

※5 それは僕には分らなかつた
何だって?
虱を吊つるした窓の外の風物は、次第に移り変る。
胡弓の音
パズー、来おったぞ!
その煙は、自分自らを
三郎の作曲によりて残りしものなり。〕
ああ、はいママ!
-ティディス要塞
煙のやうな

724. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:14  ID:Q0NDA2ODI このコメントへ返信

※5 あそこだ!シータがいる!
ところで話は、とかくないもの。
ううん、やらして。
あぁーこのクラスでの一押しはあいつだなぁ
しまった!飛行石が!
けふびは雀も啼いてはをらぬ
ああっ!
愛するものが死んだ時には、
打水が、樹々の下枝しづえの葉の尖さきに
近寄つてみると、

725. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:17  ID:E1NzkyOTE このコメントへ返信

※5 此の日頃、広告気球は新宿の
み空に
佳い香水のかをりより、
ママ!ゴリアテが動き始めた!
はい。
ん!?光ってる・・・
鑢やすりの音よ、だみ声よ、
動くな!
ふんっ!
そしてあとでは得態えたいの知れない

726. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:21  ID:cwNDkzMDU このコメントへ返信

※7 奉仕の気持になりはなつたが、
わかったよ。
シータ、シータまだ?
実際、老後の彼についてはただ無為にして化したとばかりで、次のような妙な話の外には何一つ伝わっていないのだから。
シータ本当?だって・・・
あとには残酷な砂礫されきだの、雑草だの
あれ以来、ホームルーム前のわずかな時間にハルヒと話すのが
これだけあれば、少しは変なクラブがあってもよさそうなのに。
嬉しいことも、あつたのですが、
岬の端の煉瓦工場よ!

727. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:23  ID:g5MTI0NjM このコメントへ返信

※10 こいつはよ?
なぜだかそれを捨てるに忍びず
おゝチルシスとアマントが
あーをい空の下
おー泣かせるー・・・
だったら団でいいじゃない。
え?
ほんにおまへもあの時は
矢は見事に虱の心の臓を貫つらぬいて、しかも虱を繋いだ毛さえ断きれぬ。
全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!

728. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:40:24  ID:I3MDczMDc このコメントへ返信

この無駄なアラシが効果あると思ってやってる所が在日の愚かな所やろうな

729. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:24  ID:M4MzcwODY このコメントへ返信

※1 今は毀こはれてゐようといふもの
{きょうし{教師?}?}が顔にはっつけているやつなぁ
ロリ顔で巨乳?
私の頭の中には、いつの頃からか、
涼宮さんいつまでもクラスで孤立したままじゃ困るもんね?
霧も光も霜も鶏も
蒼々として葉をひるがへし
眼玉よ、
じっちゃん!欲しがってた助手!
聞いた話だって!

730. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:24  ID:c2OTc4MDM このコメントへ返信

※3 ――彼は独身者どくしんものであつた
生きてゆくのであらうけど
老い疲れたる胃袋よ、
-回想~ゴンドア
岬の端の煉瓦工場よ!
雲の子だ、雲雀奴だ
とりあいずまず、作るのよ!
へぇ~どうだった?
破局してたなんてのもあったらしい。
気負い立つ紀昌を迎むかえたのは、羊のような柔和にゅうわな目をした、

731. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:26  ID:Q3MzczMzQ このコメントへ返信

※1 一月の後に彼はようやく目指す山顛さんてんに辿たどりつく。
反歌
それでも相手は曖昧あいまいな笑を浮うかべて、客の心をはかりかねた様子である。
風白き日の山かげなりき
あれは人魚ではないのです。
眼まなこうるめる
えもいはれない弾力の
おう!待ちな。
畳の上に、寝ころばう、
あれは、浪ばかり。

732. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:31  ID:A5OTE2MzQ このコメントへ返信

※7 水は、恰あたかも魂あるものの如く、
遐とほき空
おーい!
あかるい
桜色の
淡い、それでゐてくつきりとした
その紫の押花おしばなはもうにじまないのか
パズー、上を見て。
月夜の晩に、拾つたボタンは
そらよっと!

733. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:32  ID:kxODE0OTE このコメントへ返信

※4 う、うわっ。
それらみな
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
ここもか、あっ、くそ~、あった!!
ウヰンの市まちの郊外に、
流よ、冷たき
明るい廃墟を唯独りで讃美し廻つてゐる
月曜日にリセットされて以降は金曜日まで一つずつ
パズー!あ!離して!
姉らしき色

734. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:40  ID:A1NDI5OTk このコメントへ返信

※6 昔から、キョンは変な女が好きだからねぇ~
だから、宇宙人がどうとか
やっぱりシータを狙ってるんだ。
なにゆゑに
丸い背中もいぢらしく

それは日曜日の渡り廊下、
せっかく一緒のクラスになったんだから、
片鱗その2
空の国?

735. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:45  ID:MwNDE5ODY このコメントへ返信

※9 あゝ
なんだか自信が持てないよ
畳の上で
あ!
ぇへ
向うからただ一人歩み来る飛衛に出遇であった。
そうして、それを南向きの窓に懸かけ、終日睨にらみ暮くらすことにした。
相も変らぬお調子ぶりの
あ!
むなしさ

736. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:46  ID:M2ODU4OTk このコメントへ返信

※10 曜日が進むごとに髪を結ぶ場所が増えている。
云つて却かへつて、落胆させてはと思つたからでもない、
鉄製の、軋音あつおんさながら
狭くて手がはいらねぇ。
おー泣かせるー・・・
蛙声
あゝ十二時のサイレンだ、サイレンだサイレンだ
あの人たち海賊よ。
ぐおっ!
ゴム風船の、美しさかな。※(終わり二重括弧、1-2-55)

737. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:47  ID:g3MDY4NjY このコメントへ返信

※4 あぁ。
なまあつたかい、風が吹く。
すべてそのような時代の話である。
BGMなし
卓たくの前には腰を掛け
赤い蜻蛉とんぼが
今まで、一回も事件らしい事件に出くわさなかったって言うのだもん。
はぁー・・・そーれ!
教師の息子の十三番目、
東のほうへ掘ったほうがいいんじゃないかなぁ?

738. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:47  ID:ExMjY0ODk このコメントへ返信

※8 ホラホラ、これが僕の骨――
ぁっぁ!
ロボットは北の塔の少女を狙っている、姿を現した瞬間を仕留めろ
働きます。
BGMなし
うわっと!
バイ!
オートモービルだ!珍しいなぁ。
月の光が照つてゐた
彼がその時独りつくづくと考えるには、今や弓をもって己に敵すべき者は、師の飛衛をおいて外ほかに無い。

739. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:47  ID:I0ODA2OTU このコメントへ返信

※2 僕はパズー、この小屋で独り暮らしをしているんだ。吹き終わったらあげる決まりなんだ。
何回か見かけて覚えていたの。
時は
幹々は
よく眠れたかな。
たぶん、全部本当だから・・・
今しも彼が湯屋から出て来る
略してSOS団である。
BGM好調好調
すまんがその石をしまってくれんか?わしには強すぎる・・・

740. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:49  ID:AwMjE1MDE このコメントへ返信

※10 空はきれいな四月です。
――疲れた胸の裡を
けっこう、俺は動揺した。
砂は底だ、
うぉー!
動いてるぞ。
雨を吸収する、
来る日も来る日も彼かれはこの可笑おかしな恰好かっこうで、瞬きせざる修練を重ねる。
竝樹なみきの
こっの馬鹿どもさっさと仕事をしないか!

741. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:52  ID:Q0MzU0NDY このコメントへ返信

※2 一人くらい、まともに付き合おうと思ったやつはいなかったのか?
海にゐるのは、
BGM不明調べます!
素晴らしい。古文書にあった通りだ。この光こそ、聖なる光だ。
あっはっは、私と戦うつもりか
如く。
いい子じゃないか、守っておやり。
・・・
私も古い秘密の名前を持っているんだよ、リュシータ
一匹の獣けものが火消壺ひけしつぼの中で

742. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:53  ID:Y0NDYwNTU このコメントへ返信

※2 ロボットは北の塔の少女を狙っている、姿を現した瞬間を仕留めろ
得たりと勢込んで紀昌がその矢を放てば、飛衛はとっさに、傍なる野茨のいばらの枝えだを折り取り、
皆の衆お知らせしよう。
舞ひ去つてゐた!
年月
ママ!
雲の子だ、雲雀奴だ
海にゐるのは、
凄い!!
遠くの民家に鶏とりは鳴いたが、

743. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:53  ID:YyNTk5ODM このコメントへ返信

※9 正午
遠いい物音が、心地よく風に送られて来るとはいへ、
夢の
で、次の日
彼は我が目を疑った。
あぁーこのクラスでの一押しはあいつだなぁ
うおっ!?
こいつは地上で作られたものではない
俺にとっても心休まる月だった。
旗は

744. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:56  ID:YxMzkxNTY このコメントへ返信

※7 いでなん

シータ、一体?
ゆくか
この石の上で先刻の業を今一度見せてくれぬか。
ムスカ!わしがラピュタ探索の指揮官だと忘れるな!
結んで
ぁぁぁ
うれしい。おなかペコペコだったの。
クリスマスにしか仕事をしないじじぃの存在を疑っていた

745. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:57  ID:c4NjM4NTA このコメントへ返信

※10 疲れの
パズー、上を見て。
かの時
下の連中を待たせるんじゃねぇ!
黄色くなつたと
疲れたる我等が心のためには、
さよなら。
ドーラも変わったねぇ、ゴリアテなんぞに手を出すとはよ?勝ち目はねぇぜ。
――「空しき秋」第十二
月に向つてそれは抛はふれず

746. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:40:57  ID:UxMzg1MDY このコメントへ返信

※3 *
なにか可笑しな事件が起こるような物語には
ラピュタがどんな島だろうが、まっとうな海賊を慰めてくれるだけの財宝くらいあるはずだ。さあみんな!しっかり稼ぎな!
やめとけ
みえてゐる
私は今、此の詩集の原稿を纏め、友人小林秀雄に托し、東京十三年間の生活に別れて、郷里に引籠るのである。別に新しい計画があるのでもないが、いよいよ詩生活に沈潜しようと思つてゐる。
俺は確信をもって言えるが、
歩いてゆくのはあの山この山
お前はこっち!
肺病やみで、腓ひは細かつた。

747. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:00  ID:IwOTczOTk このコメントへ返信

※4 世界をS大いに盛り上げるO涼宮ハルヒのS団
春のはじめのお天気の日の
はたなびく小旗の如く涕かんかな
ひねもす動いてゐた
見てゐるのは僕?
なんとも情ないことに思はれるのだつたが
雀躍じゃくやくして家にとって返した紀昌は、再び窓際の虱に立向い、
パズー!あ!放して!
では射というものをお目にかけようかな、と言った。
それやこれやと

748. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:02  ID:czODY0OTQ このコメントへ返信

※3 くちびる
僕はそれを、袂に入れた。
やがて眼前に示されるに違いないその妙技への期待に湧返った。
けれども、それは、示あかせない……
全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!
どうぞ。
護謨合羽かつぱの
その蛔虫が、稚厠の浅瀬で動くので
空気に
私の心は悲しい……

749. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:03  ID:I2NzM0MDI このコメントへ返信

※6 えらい美人がここにいた。
うわぁ!?
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。

いつかう弾き出しさうもない
その石を大事に持ってろ!!小娘の命と引き換えだ!!
判屋奉公したこともあつた
やっぱりシータを狙ってるんだ。
かの時
ほんとは中学時代ずっとイライラしっぱなしだった。

750. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:04  ID:Q4MDQ3NDU このコメントへ返信

※4 すごいエンジンだね。
ん?もしもしもしもし?おい!どうした?
はぁー・・・そーれ!
別に。
テムポ正しく、握手をしませう。
我儕われらのごとき、足下あしもとにも及ぶものでないと。
この日頃
見てみたいような気もする。
老人と入代りに紀昌がその石を履ふんだ時、石は微かすかにグラリと揺ゆらいだ。
よろしくねぇ。

751. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:06  ID:Q3NDE2MTA このコメントへ返信

※6 で、次の日
丸ビル風景
今ぢやどうさへ、手出しも出来ず
うわぁ!?
あいつの鬼人ぶりはじょうきをいしてる。
はぁ~~
でも、めっちゃでかいのよ、マジよ!
なほもながらふことともなつたら、
素晴らしい!!最高のショーだとは思わんかね!?
やれやれ、娘を金で売ったのかい?

752. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:12  ID:U1NTc4Nzc このコメントへ返信

※5 澄み亙わたつたる夜の沈黙しじま
俺の記憶の錯覚が、
次には、視みることを学べ。
雲の子だ、雲雀奴だ
思ひをさせるばつかりでした。
その二
誰がそんなこと分るものか
いいわね!?
僕は
あるまい?

753. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:13  ID:c1OTQ4NjM このコメントへ返信

※1 適当なことしか聞いてないような気がするけど・・・
機影はもう永遠に消え去つてゐた。
問題はね。
はてしもなく涕なかんことこそ望ましけれ
岡部先生
つづきてきこゆ
親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
もしそれが本当だとすれば、天下第一を目指す彼の望も、まだまだ前途程遠い訳である。
ほとんど真東だね、飛行石の光が指したのは。間違いないだろうね。
月の光が照つてゐた

754. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:13  ID:c1OTQ4NjM このコメントへ返信

※1 相当ぶきみな、煙突でさへ
どうでもいい話だが
シータ、いい名前だね。驚いちゃった、空から降ってくるんだもん。
上に、
こころに呆ほうけ見ゐたりけむ
しかし、ハルヒがまともな返答を寄こしたことは驚きだ!
あそこだ!シータがいる!
僕は空手空拳だ
趣味は・・・→→→→→→→→→→→→→↑
彼はこの危険な弟子に向って言った。

755. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:15  ID:A0MzMwNzg このコメントへ返信

※8 あ!消えてく。
これから王国の復活を祝って、諸君にラピュタの力を見せてやろうと思ってね
その棘とげの先端せんたんをもってハッシと鏃を叩たたき落した。
-スラッグ渓谷
雨は
お嫁に行けば、その病気は
はたなびく小旗の如く涕かんかな
シータ・・・
ゴホッゴホッ!
ほのかな

756. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:15  ID:QyNzI4NzY このコメントへ返信

※3 はい!
あっはっは、私と戦うつもりか
絶対来なさいよ。
あゝあ、ほんとに怖かつた
だから、何を?
この小児。
紹介するわ。
と老人は笑う。
もはや、鋭利えいりな錐きりの先をもって瞼まぶたを突つかれても、まばたきをせぬまでになっていた。
ゆいて西の方かた大行たいこうの嶮けんに攀よじ、霍山かくざんの頂を極めよ。

757. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:15  ID:IzNTMwNzY このコメントへ返信

※2 あ・・・
目撃したわけではないのに、

なっ!?
飛行船を襲った人たちだもの。
丸い背中もいぢらしく
あれからどうなつたのかしらない……
淡あはい夕陽を
ん~!!へっへっへ・・・
萌えよ萌え!

758. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:17  ID:gzMDczMDY このコメントへ返信

※1 何でか、か、か、カギを締めるんですか?
黒雲空にすぢ引けば、
――いまは動いてゐるかもしれない……
ロボットは?
空の青も涙にうるんでゐる
吾等怯懦けふだのために長き間、いとも長き間
聖なる光?
それは
僕にも誰にも分らなかつた
一つついて

759. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:18  ID:U3MjQzMDY このコメントへ返信

※5 立て!!鬼ごっこは終わりだ!!
って言われるものばっかしおもっていたからなぁー
ぇぃ。
ムッとした紀昌を導いて、老隠者は、そこから二百歩ばかり離はなれた絶壁の上まで連れて来る。
これ?
やあ、今日は、御機嫌いかが。
お前はこっち!
あるまい?
ところで話は、とかくないもの。
こうした事を今日の道義観をもって見るのは当らない。

760. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:24  ID:ExNzY0MzM このコメントへ返信

※2 聖なる光を失わない、ラピュタの位置を示している
見掛けねぇな。
見てゐるのは僕?
めぐり来た、これが今年の私の春だ。
空に昇つて、光つて、消えて――
今はた
何を聞いたか知らないけど、まあいいわ。
こいつは地上で作られたものではない
あんまり晴れてる
もはや、伝うべきほどのことはことごとく伝えた。

761. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:25  ID:M5MjE0ODU このコメントへ返信

※10 家々の腰板古い。
立て!
ありがとう。助けてくれて。私シータって言うの。
頑是ない歌
連れだつ
はぁぁ!?
結局我がン張る僕の性質さが
さてその空には銀色に、蜘蛛くもの巣が光り輝いてゐた。
ドーラも黒眼鏡もその石を狙ってるんだね。
ぼんやり俯うつむき、案じてゐれば

762. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:25  ID:UwNzc5MTQ このコメントへ返信

※2 東明しののめの空の如く丘々をわたりゆく夕べの風の如く
中に、
日なりき。
デーデー屋さんの叩く鼓の音が
薄暮の中で舞ふ蛾の下で
よすがなき
めぐり来た、これが今年の私の春だ。
考へてみればそれはまあ
しかし私は辛いのだ
あの雲の峰の向こうに見たことのない島が浮いてるんだ。やーるぞ!きっとラピュタを見つけてやる!

763. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:28  ID:I4OTI2MzQ このコメントへ返信

※7 お前の持ち場だよ。
老いたる者をして静謐せいひつの裡うちにあらしめよ
曇つた北海の空の下、
どうぞって。
うん、久しぶりに忙しいんだ。
その女の情熱のやうな
空はひろびろ薄曇り、薄曇り、埃りも少々立つてゐる
立つてゐる
おーい。
――「空しき秋」第十二

764. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:28  ID:Q4NjAyMzQ このコメントへ返信

※7 陽といつても、まるで硅石けいせきか何かのやうで、
梃子摺らせたな。
手真似をするのでしたが、

理解してたし、おふくろがサンタにキスをしているところを
偶然だよなぁ~
決して急いではならない
さて、なんだろう?
だが、それは所詮しょせん射之射しゃのしゃというもの、好漢いまだ不射之射を知らぬと見える。
へけ?

765. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:41:32  ID:Y2Njc5ODk このコメントへ返信

・連合系労働組合専従
・NHK労働組合(日放労)
・韓国民潭
・電通
・日教組
・岡田克也民主党議員のご実家、ジャスコイオングループ
・自治労
・岡田克也民主党議員の実弟がやっている中日新聞社
・会社ぐるみでアンマン空港職員を殺害した毎日新聞社
・KYって誰だ?会社ぐるみで沖縄の珊瑚を破壊した朝日新聞社

民主党議員のお仲間が発狂中。

766. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:32  ID:E2Mzk4MjE このコメントへ返信

※8 ふっふっふ、まさかな。夕べから妙に石達が騒ぎおってな。こういうときに下におるのは好きじゃがな。
俺はそんながきな夢を見ることからも卒業して
一つの鈴を、ころばして見てゐる。
馬は山であった。
葱ねぎの根のやうに仄ほのかに淡あはい
くだらない男しかこの世には存在しないのかどうなのってことよ!
すこしは降りても来るでせう、
ゆくか
悪の組織やそれらと戦うアニメ的、特撮的、漫画的
僕は庭木に

767. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:33  ID:IxODA4NTc このコメントへ返信

※10 無いんだったら自分で作ればいいのよ!
死んだか?
その調子で、涼宮さんをクラスに溶け込めるようにしてあげてね。
それなのに其処そこでもまた
弦に応じて、一箭たちまち五羽わの大鳥が鮮あざやかに碧空へきくうを切って落ちて来た。
それで、でっかい島を空に浮かしたとな。
やがても密柑みかんの如き夕陽、
くだらない男しかこの世には存在しないのかどうなのってことよ!
きゃー!
蝿はへはブンブン

768. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:34  ID:k5MTk5Mzc このコメントへ返信

※4 だからなぁ
一、美少女高校生にしか見えなかった。
なるほどと、至極しごく物分ものわかりのいい邯鄲の都人士はすぐに合点がてんした。
相も変らぬお調子ぶりの
子供等は先刻せんこく昇天した
どうぞって。
――疲れた胸の裡を
それが真実ほんとを見えなくしちまふ。
脚あしはワナワナと顫ふるえ、汗あせは流れて踵かかとにまで至った。
きゃあ!

769. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:39  ID:A3NjY1NzQ このコメントへ返信

※9 そして私は呆気ほうけてしまふ、バカになつてしまふ
シータがそうしろって言ったんだ。だから・・・
よ~いしょ、よ~いしょ・・・
いのちだらうぢやないですか、
もういいんだ。
その棘とげの先端せんたんをもってハッシと鏃を叩たたき落した。

ムスカ!ロボットはどうした!
煙突の、煙は風に乱れ散り
冬の朝の六時

770. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:41  ID:kwNDM0MjI このコメントへ返信

※6 われら接唇くちづけする時に
はるかな気持の、春の宵だ。

お待ち!
-フラップター上
抱へられてた、
それなのに其処そこでもまた
しみたれた
さだまつていることのやう。
どうしてこんな簡単なことに気づかなかったのかしら?

771. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:41:47  ID:I3MDczMDc このコメントへ返信

結局のとこ、自分たちに正当性がないと自覚してるから脅迫やアラシ行為を行う訳で。

772. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:47  ID:g1NDMyMDI このコメントへ返信

※6 苦労して来たことであつた!
陽といつても、まるで硅石けいせきか何かのやうで、
上に。
高校に入れば少しはましかと思ったけど、
冬を混ぜる
朝鮮女をんなの服の紐
旗は
パズー!あ!放して!
あっはぁぁ~
さあ、何をためらうのです、中へお進み下さい、閣下

773. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:48  ID:cxNjYyNDI このコメントへ返信

※4 キャー!
しょっぱなのあれって、何!?
月の光が照つてゐた
覚えず外に顛落てんらくしたと白状した盗賊とうぞくもある。
ふんっ!
どうして、そんなに人間以外の存在にこだわるんだ?
向ふで
それでも、俺がいつまでサンタなんていう
そういう、大事なことは面と向かって言いなさいよ!
こいつはこの部屋をなんだかわからん部の

774. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:48  ID:k1Nzk5NA= このコメントへ返信

※2 それで校庭にでかでかとけったいな絵文字を
船長といいな。飛行石を持たないお前達を乗せて何の得があるんだい。
その日
桜色の
おばさん、僕も戦う!
したらと
陽といつても、まるで硅石けいせきか何かのやうで、
え?
これから、放課後この部屋に集合ね。
ここへ来る気か!

775. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:49  ID:k3NDQ3MDE このコメントへ返信

※9 おとなしい色をしてゐた
おとなしい色をしてゐた
鳩に豆なぞ、パラパラ撒いて、
何とも云はず
ほのかほのかに
言ってみろ。
水車の
どこ行っちゃったのかな?じっちゃん!じっちゃん!
このまま引き下がれるかい、すぐ出発だ!
ああ、弓という名も、その使い途みちも!」

776. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:52  ID:MyMjkyNTA このコメントへ返信

※2 黄色くなつたと
でも、ちょっといてほしいみたいな
月の光
――ではまたそのうち、奥さんによろしく、
雨の降る日は、殊にもぶきみ
時間だ!!答えを聞こう!!
今まで、一回も事件らしい事件に出くわさなかったって言うのだもん。
だめだ、ママ。真っ暗で何も分からないよ。
窓の硝子は陽をうけてゐた
気づいたのは相当後になってからだった。

777. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:58  ID:QyNDMzMzc このコメントへ返信

※2 その虱も何十匹となく取換とりかえられて行く中うちに、早くも三年の月日が流れた。
紹介終わりかよ?
月に向つてそれは抛はふれず
またしても少女だった。
その日昼みた野球のナインの
今まで、一回も事件らしい事件に出くわさなかったって言うのだもん。
そこだ。
ぁぁぅぅぅ。
それらみな
けだし、彼の至芸による矢の速度と狙いの精妙さとは、実にこの域にまで達していたのである。

778. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:58  ID:M1MDAxNTM このコメントへ返信

※6 卓たくの前には腰を掛け
でもなぁあいつもてるんだよなぁ
あんたは学校に提出する書類をそろえなさい。
我が部の活動に邪魔だから。
月は聴き耳立てるでせう、
此処で十分待つてゐなければならない
ぐおっ!
ん?
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、
紀昌は早速さっそく師の許もとに赴おもむいてこれを報ずる。

779. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:41:59  ID:g1NzcwMjY このコメントへ返信

※3 柿の木いつぽんある中庭にはは、
シュバちやんかベトちやんか、
烏号うごうの弓に衛きえいの矢をつがえきりりと引絞ひきしぼって妻の目を射た。
あゝあ、ほんとに怖かつた
彼処かしこと
よく眠れたかな?
-ティディス要塞
肺病やみで、腓ひは細かつた。
パズー・・・
おばさん、もっと寄せて!

780. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:03  ID:Q4MDQ3NDU このコメントへ返信

※8 地平の方へ、地平の方へ
地に落ちた矢が軽塵けいじんをも揚あげなかったのは、両人の技がいずれも神に入っていたからであろう。
正まさしくこれが、きっかけになったんだろうなぁ・・・
しろじろと身に月光を浴び、
名称不明の同好会ですよ。
-炭鉱
忽たちまち暑い真昼ひるのグランド
したらば、
蒼々として葉をひるがへし
お前が変な気を起こす前に言っておいてやる

781. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:03  ID:Y0NDYwNTU このコメントへ返信

※1 おや、チルシスとアマントが
ね、おばさん。僕達を船に乗せてください。
父親は、遠洋航海してゐた。
海賊が。
!シータ!
その石くれの
それは、突然やってきた。
薄命さうなピエロがひとり棲んでゐて、
われら接唇くちづけする時に
なまめかしい物語――

782. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:42:03  ID:c1NTUxNzQ このコメントへ返信

>在特会一派が表に出て行動して時に逮捕される等のリスクを負ってるのに対し、裏で煽ってるだけ何のリスクを負わず、ヘイトを金に変えている。

通名使って犯罪おかしまくりのお前らが言うな。罪特会は表、掲示板は裏。ゴキブリを駆除するのにゴキブリに都合悪いことするのは当然。

783. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:42:06  ID:E4MjE0MTk このコメントへ返信

こいつ、日がな一日張り付いて新しい記事立ちあがったら荒らすことしかしないの?
すんげえヒマ人なんだな

784. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:06  ID:c5MTc2MTQ このコメントへ返信

※10 賢かしこい渡り鳥共は彼の家の上空を通らなくなった。
[#改丁]
ごめんなさい。いろいろ迷惑かけてありがとう。パズーのこと忘れない。
ずっと前に
用事は
昔恋しい時もあり
はぁ~~
此処ここと
女の
幹々は

785. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:42:06  ID:I5MTg5MjQ このコメントへ返信

管理人さん、あらし削除できんの?

786. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:42:07  ID:MA== このコメントへ返信

有田ヨシフに凸したらいいの?
木野名を使って「どのようなご関係でしょうか?」
とか?

787. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:07  ID:kxMTczNjM このコメントへ返信

※2 でっけえ声出すな!聞こえとるわい。
そして片方は洋行すればいい、
何をかわれに思へとや
――薮かげの、小川か銀か小波さざなみか?
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、
待ちやがれー!
九年の間、紀昌はこの老名人の許に留とどまった。
今は春でなくて、秋であつたか
おまへはおれを愛してる、一度とて
かすかな音を立ててもゐるのでした。

788. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:09  ID:Q3NDE2MTA このコメントへ返信

※3 珍しく残業かい?
そんなことないよ!その石はもう二度もシータを助けてくれたじゃないか!すごいぞ、ラピュタは本当にあるんだ!
風とともにもう其処にはなかつた。
ギャーーーーー
BGMなし
夏の夜
その手の弾力のやうな
ん。
うわー
一人でも友達ができたことはいいことよね!?

789. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:13  ID:IwNjIzNDY このコメントへ返信

※8 奉仕の気持になりはなつたが、
冬だの秋には、きれいであつた。
吐き出すやうに弾いたのは、
忽たちまち暑い真昼ひるのグランド
港の空に鳴り響いた
それ以外に思い当たる節が無い。
遐とほくの
甍いらかの
伊達に女を50年やってるんじゃないよ。泣かせるじゃないか、男を助けるためのつれない仕草。私の若いころにそっくりだよ。お前達も嫁にするならああいう娘にしな。
俺はそんながきな夢を見ることからも卒業して

790. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:15  ID:Q3MzczMzQ このコメントへ返信

※1 あ!ママ!パズーだよ!パズーが帰ってきた!
けど、僕の父さんは嘘つきじゃないよ!今本物を作ってるんだ。きっと僕がラピュタを見つけてみせる。
ムスカ!ロボットはどうした!
何!?
たちあらはれて
う~ん、
お前、プディング作れるか?
分かった!釜焚き手伝え!
冬の朝
はい!

791. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:15  ID:AwMDkzNDY このコメントへ返信

※7 何がわかったんだろう。
秋の風にや縒よれたらん
はたなびく小旗の如く涕かんかな
老いたる者をして
冬の朝の六時
古い日は放心してゐる。
成功したならば決して生じなかったに違ちがいない道義的慚愧ざんきの念が、
全員退避!
う、うわっ。
ナインは各々守備位置にあり

792. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:17  ID:QyNTIwMzk このコメントへ返信

※9 うん。
騒ぐんじゃねえ。
我が部の活動に邪魔だから。
沖の方では波が鳴らうと、
そして私は呆気ほうけてしまふ、バカになつてしまふ
――あれは、何を鳴いてるのであらう?
奥儀伝授が始まってから十日の後、試みに紀昌が百歩を隔てて柳葉を射るに、既すでに百発百中である。
見たりと
俺ね、えーと、えーとね・・・何でも食う!
海にゐるのは、

793. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:17  ID:I4OTI2MzQ このコメントへ返信

※7 骨
あゝ
蛔虫むしが下がつた。
その黒眼鏡たちにさらわれてきたの?
結果から言うとそれはギャグでも
その蛔虫が、稚厠の浅瀬で動くので
そのうち、追い出されるかもしれないぞ。
ムスカ!ロボットはどうした!
君がこの方を海賊から守るために奮戦してくれたとは知らなかったんだ
この小児

794. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:20  ID:UxMTk4ODI このコメントへ返信

※9 炎もえるやうな
脚あしはワナワナと顫ふるえ、汗あせは流れて踵かかとにまで至った。
一通り出来るようじゃな、と老人が穏おだやかな微笑を含ふくんで言う。
彼は客の眼を凝乎じっと見詰める。
そのためにかじかんで、
わ!
あ!
全然無い!!
己が業が児戯に類するかどうか、とにもかくにも早くその人に会って腕を比べたいとあせりつつ
甘蠅師の許を辞してから四十年の後、紀昌は静かに、誠に煙けむりのごとく静かに世を去った。

795. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:21  ID:U2MTA0MjI このコメントへ返信

※6 そうか。
かびろき窓にむかひます
僕は空手空拳だ
誰にも、それは、語れない。
ことしか私は出来ないのだ。
食事は一日に5回だ。水は節約するんだよ。ん?
つるべの音が偶々たまたました時、
うわぁ!
はてしもしれず
そんなこと、いざ知らね、

796. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:23  ID:czMjI5MDI このコメントへ返信

※1 ひねもす、空で鳴るのは、あれは電線です
はい。
なんぞに
部屋で卓子テーブルを拭いてゐた。
名探偵みたいなやつもいないし!
シュバちやんかベトちやんか、
煙突が
まことに、人生、花嫁御寮。
と思へばなんとも可笑をかしい。
わかってる。

797. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:23  ID:A1Mjg0NQ= このコメントへ返信

※10 AAランク+だなぁ
秋の夜は、はるかの彼方かなたに、
BGM何かがおかしい
洋行帰りのその洒落者しやれものは、
また今年こんねんも夏が来て、
なんとも情ないことに思はれるのだつたが
シータ、シータまだ?
おうよ!
あかるい
蔭に

798. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:25  ID:M3NTkzOTE このコメントへ返信

※4 お太鼓叩いて
男子
鳩に豆なぞ、パラパラ撒いて、
普通の人間の相手をしている暇はないの!
絶えて地に墜おちることがない。
庭・石段に腰掛けて、
行っちまえ!
安物くさいその眼鏡、
とっさに意を決した紀昌が矢を取って狙いをつければ、その気配を察して飛衛もまた弓を執とって相応ずる。
朝倉涼子

799. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:42:26  ID:IzODI0MDg このコメントへ返信

脅迫までして言論弾圧しても、嫌韓や嫌韓サイトが増えるだけなのに。

そんな事より、在日といえども韓国人なんだから兵役の義務を果たしなさい。
米軍撤退しちゃうから、身元の割れてるしばき隊やホロン部には一年以内に帰国、徴兵の命令が来るんじゃないの?
今のうちに日本から出て行くべきだと思うな。

800. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:42:31  ID:U1ODI0MjE このコメントへ返信

ここの管理人さんは肝が据わってるからな、2~3日はおろか1週間でも1ヶ月でも付き合うだろうさ。
そしてその間にこうやって犯罪の証拠が積みあがっていく訳だ。続ければ続けるほどおまエラの逃げ道はなくなる。
おまけに管理人さんの収入も増えるって寸法よ。今の内に警察が来た時の言い訳でも考えておくんだな。

801. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:32  ID:k3Nzc2MzU このコメントへ返信

※3 残んの雪が瓦に少なく固く
ポムじいさん!大丈夫、とってもいい人だよ!
なぁーしょっぱなの自己紹介のあれってどのあたりまで
老師の技に比べれば、我々の射のごときはほとんど児戯じぎに類する。
ないに
世界の物理法則がよくできていることに感心しつつ
え?
着替えは女が奇数クラス、男が偶数クラスに移動してすることに
いやーしかし、たぶんものすごく迷惑かけると思うぞ。
冬の朝

802. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:33  ID:k2NDQyMTI このコメントへ返信

※2 軽く立ちたる埃ほこりかも
花瓣くわべんが通る。
※(「にんべん+爾」、第3水準1-14-45)の師と頼むべきは、今は甘蠅師の外にあるまいと。
今は春でなくて、秋であつたか
炎もえるやうな
覓もとめるでもなく、
我が部は文芸部じゃないわよ。
冷たい夜
あゝ、二人には浮気があつて、
何をする!

803. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:33  ID:UzNTU5Nzg このコメントへ返信

※7 君のアホづらには、心底うんざりさせられる
号笛フイトルの音ねのやうに太くて繊弱だつた
涕なくなるか
扨さて、此の後どうなることか……それを思へば茫洋とする。
ほのかほのかに
BGMなし
最大公約数的なことを考えるくらいにまで俺は成長したのさ。
窓の硝子は陽をうけてゐた
やりさへすればよいのだと
どうにかやつてはゆくのでせう

804. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:34  ID:UzNTU5Nzg このコメントへ返信

※5 -ティディス要塞
ながらに、
愉快なものもないのです
占しめたと、紀昌は膝ひざを打ち、表へ出る。
ぬくもると
傍で見ていた師の飛衛も思わず「善し!」と言った。
だから、ハルヒが翌日、長かった髪をバッサリ切って登場したときには
弓?
二十日の後、いっぱいに水を湛たたえた盃さかずきを右肱ひじの上に載のせて剛弓を引くに、
閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです

805. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:39  ID:gyMzI0ODE このコメントへ返信

※8 今は春でなくて、秋であつたか
もう長年の習慣だ。
冷たく沈み、しみじみと
ふ~ん。僕ら二人とも親無しなんだね。
親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
だめだ、ママ。真っ暗で何も分からないよ。
浪はところどころ歯をむいて、
どへぇぇぇぇぇぇぇ~
桜色の
そっち方が面白いじゃないの!

806. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:40  ID:M3NzA4MDM このコメントへ返信

※3 パズー!心配してたんだよ。あれっきり姿が見えなくなっちゃって。あの子はどうしたんだい?
ことだけれども、それこそが、
お庭の隅の草叢くさむらに
走つてゆくのは、自転車々々々
様々な噂うわさが人々の口から口へと伝わる。
己が技の程を見てもらいたいむねを述べると、あせり立った彼は相手の返辞をも待たず、
涼宮ハルヒは黙ってじっと座っている限りでは、
睦みし瞳
あんじゃあ、そこやめて。
消えゆけば

807. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:41  ID:EwNjM2MDI このコメントへ返信

※1 そのもののために、そのもののために、
休み時間教室にいないと思ったらそんなことしてたのかぁー
忽たちまち暑い真昼ひるのグランド
気負い立つ紀昌を迎むかえたのは、羊のような柔和にゅうわな目をした、
こつでもあるの?
うわっ!
語らうなぞとはつゆさへ思はぬ。
言ってみろ。
それともその大砲で私と勝負するかね!?
みなさん今夜は静かです

808. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:41  ID:gxMjI4NDI このコメントへ返信

※3 ぁはははーー
くそー、ボロエンジンめ!
碧あをい、噴き出す蒸気のやうに。
いはうやうなき、今日の麗日。
月はその時空にゐた
たわいもない世間話にもならないくらいの
まるでこれでは、毎日、日曜。
似たようなもんだ!
静かすぎる。こういうときは動かないほうがいい。
何!?

809. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:46  ID:Y2MjMwMDM このコメントへ返信

※9 破壊しました。娘はあそこです。
きこえぬ
脚あしはワナワナと顫ふるえ、汗あせは流れて踵かかとにまで至った。
わかったよ。
動いてるぞ。
大丈夫だ。行こう。
如く。
フフ・・・
心臓はも
ところが、十日余り過ぎると、気のせいか、どうやらそれがほんの少しながら大きく見えて来たように思われる。

810. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:49  ID:kzNTk5ODY このコメントへ返信

※3 ここへ来る気か!?
お待ち!
おや、チルシスとアマントが
邪魔だ!
ちょうど小耳に挟んだんだが、付き合う男全部振ったってほんとか?
おゝチルシスとアマントが
しかも工場は、音とてなかつた
全部。
ちょっと前。
済製場さいせいばの屋根にブラ下つた琵琶びはは鳴るとしも想へぬ

811. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:50  ID:EzODYwMzg このコメントへ返信

※9 わかりました。
ピーチクチクと啼きますは
そうか。
さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり、
初め、もちろんそれは一匹の虱に過ぎない。
で、いじけてのこのこ帰ってきたわけかい。それでもお前、男かい!?え!?
とほく
なほもながらふことともなつたら、
結局我がン張る僕の性質さが

812. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:50  ID:U5MjY3NTU このコメントへ返信

※5 名人の真に名人たるゆえんを明らかにしたいのは山々ながら、一方、
たちまよふ。
教会堂の石段に
古代の象の夢なりき
ロリ顔で巨乳?
それは困ったねぇ。そうか、シータ、いいことを教えてあげよう。困ったときのおまじない。
今宵星降る東京の夜よる、
僕はそれを、袂に入れた。
え?
木橋の、埃りは終日、沈黙し、ポストは終日赫々あかあかと、風車を付けた乳母車うばぐるま、いつも街上に停とまつてゐた。

813. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:50  ID:c4OTk4ODM このコメントへ返信

※1 月、火、水、木、金
盲目少女めくらむすめの手をとるやうに、
煉瓦工場は、その後廃すたれて、
本来なら、世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの同好会とでも、
煙草なんぞを、くさくさ吹かし、
すると尻から
かすかな姿態をゆるやかに動かしながら、
朝あしたを
その字板のペンキは
奉仕の気持に、ならなけあならない。

814. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:51  ID:AyODEwNjY このコメントへ返信

※8 案じる
何を云つてるのかは
煙よりよいものはないのです
波はヒタヒタ打つでせう、
働きます。
せつなきに
百歩を隔へだてて柳葉りゅうようを射るに百発百中するという達人だそうである。
彼は客の眼を凝乎じっと見詰める。
野に
こういう、マスコット的キャラも必要だと、思って

815. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:42:56  ID:g5ODI4MTA このコメントへ返信

これが在日のぶっ潰すって奴か?www
ただの嫌がらせやんけ
朝鮮人って頭の構造が人類とは別らしい

816. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:57  ID:YxODg0ODk このコメントへ返信

※8 しろじろと身に月光を浴び、
――まことやわれもうらぶれし
その手の弾力のやうな
パズー・・・
とても黒々してゐます
はい。
シャルルよもっと低く飛びな。
午前の雨が
――赤ン坊を畑に置いて
夢の

817. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:57  ID:k2NDQyMTI このコメントへ返信

※3 地平の方へ、地平の方へ
終点が玉座の間とは上出来じゃないか!!ここへ来い!!
煙よりよいものはないのです
花崗の巌いはほや
まぁ今は落ち着け。
雨後らしく思ひ出は一塊いつくわいとなつて
曜日で髪型変えるのは宇宙人対策か!?
少年の
不思議に
浜の空

818. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:42:58  ID:c2NjE0MzQ このコメントへ返信

コメント数やべぇwwwwww

819. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:42:59  ID:Q4NzY5MDY このコメントへ返信

※8 シータ、いい名前だね。驚いちゃった、空から降ってくるんだもん。
弓を執らざる弓の名人は彼等の誇ほこりとなった。
ありがとう。
村の大きな時計は、
骨はしらじらととんがつてゐる。
やめとけ
こくられて、断るってことをしないんだよ。
かくて夜は更ふけ夜は深まつて
それでも相手は曖昧あいまいな笑を浮うかべて、客の心をはかりかねた様子である。
またひとしきり

820. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:05  ID:c0MTk0ODY このコメントへ返信

※9 どう思う!?
はい。
ながれて
もうちょっとあんたも喜びなさいよこの発見を!
その虱も何十匹となく取換とりかえられて行く中うちに、早くも三年の月日が流れた。
面長き女ひと
私の新クラブ作りよ!
撃てー!
これからこの部屋が我々の部室よ!
でっけえ声出すな!聞こえとるわい。

821. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:06  ID:IzMzcyNTg このコメントへ返信

※5 なんか、腹立ってきたは。
私らやつらの風上にいるんだ。貿易風を捕まえれば・・・これはね東洋の計算機だよ。・・・何とかなりそうだ。」みんな!よくお聞き!ゴリアテはすでにラピュタへ出発した。本船はこれより追跡を開始する。風を捕まえれば明日には接触できるはずだ。やつは最初に見つけた者に金貨10枚を出すよ!
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……
じゃあ文芸部なんだろ?
僕は眠つてゐたのだ
歩道に沿つて立つてゐた、
さよなら!
なんでも
見てゐるのかしら?
席変えだそうだ。

822. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:07  ID:k5NDMxMjU このコメントへ返信

※5 或あるはまた別れの言葉の、こだまし、雲に入り、野末にひびき
大丈夫だ。行こう。
別に。
キャー!
あれは人魚ではないのです。
奉仕の気持に、ならなけあならない。
大原女が一人歩いてゐた
早くこっちへ!
あいつの鬼人ぶりはじょうきをいしてる。
ないてば

823. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:07  ID:E4MjUwNjQ このコメントへ返信

※4 冬の朝
あどけない子が
海の上への風にまじりてとことはに過ぎゆく如く……
もはや、鋭利えいりな錐きりの先をもって瞼まぶたを突つかれても、まばたきをせぬまでになっていた。
ラピュタの本当の姿を、この目で確かめたいんです。
BGMおいおい
窓の硝子は陽をうけてゐた
奉仕の気持に、なることなんです。
ポムじいさん?
どうも思わん!

824. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:08  ID:U3MjQzMDY このコメントへ返信

※7 ロシアの田舎の別荘の、
無線封鎖して行方をくらます気だね。
さて、飛衛の矢が尽つきた時、紀昌の方はなお一矢を余していた。
きみはありにし
おじさん!もっとスピード出ない!?
黒雲空にすぢ引けば、
シータ・・・!待ってシータ!
今にして始めて芸道の深淵しんえんを覗き得た心地であった。
われのほか別に、
癒なほるかに思はれた。と、さう思ひながら

825. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:10  ID:E1NzkyOTE このコメントへ返信

※4 薄暮の中で舞ふ蛾の下で
ホラホラ、これが僕の骨だ、
お前の谷だ。まったくとんでもない無駄足だったよ。
大原女が一人歩いてゐた
何をする!!くそ~、返したまえいい子だから!!さあ!!
いい加減にしな!まったくいつまで経っても子供なんだから。
よく眠れたかな?
締めの足りない水道の、
邪魔だ!
えらい美人がここにいた。

826. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:11  ID:Q2ODc4MjU このコメントへ返信

※1 いい。
何とも云はず
はい!
石灰で白線引く道具あるだろぉ?
ちょうど彼等らの真上、空の極めて高い所を一羽の鳶とびが悠々ゆうゆうと輪を画えがいていた。
虱を吊つるした窓の外の風物は、次第に移り変る。
花瓣くわべんが通る。
きっかけ、なんてのは、大抵どうってことないことなんだろうけども・・・
昵懇ちかしいものに聞こえませう、
僕にはもはや何もないのだ

827. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:12  ID:Q3OTEyODA このコメントへ返信

※7 こくられて、断るってことをしないんだよ。
浮かぶがまゝに
何だこれは!!木の根がこんな所まで、一段落したら全て焼き払ってやる
死んだと聞いてはいつそうあはれであつた。
シータ・・・!待ってシータ!
いつしか、俺はテレビのUFO特番や心霊特集を
別に、云ひ出しにくいからといふのでもない
パズー、そのおんぼろに油差しとけよ。
ぅーん
このあたりは大昔から鉱山があったんだよ。穴だらけなんだ。

828. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:14  ID:g1MzcwMjI このコメントへ返信

※2 心も
いい・・・
生きてゐた時の苦労にみちた
自殺しなけあなりません。
うおぉ!
見てゐるのは、――僕?
黒雲空にすぢ引けば、
煉瓦工場は音とてもなく
{きょうし{教師?}?}が顔にはっつけているやつなぁ
やっぱり、宇宙人か?

829. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:15  ID:Y2MjMwMDM このコメントへ返信

※1 名探偵みたいなやつもいないし!
それも寒い夜の室内の空気よりもよいものはないのです
ラピュタ・・・それじゃあ・・・あ!軍隊だ!先行くんだ!
やれやれ、娘を金で売ったのかい?
時間だ!!答えを聞こう!!
じっちゃん!欲しがってた助手!
ぐずは嫌いだよ。
動いてるぞ。

BGMなし

830. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:16  ID:EwNzc3ODU このコメントへ返信

※5 全体、整列!
あゝあ、ほんとに怖かつた
ここどこですかぁ?
登る坂道なごめども
全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!
ぅん、いや~ごめんごめん遅れちゃった。
久しぶりに旧師の飛衛を訪ねた時、しかし、飛衛はこの顔付を一見すると感嘆かんたんして叫さけんだ。
へけ?
あすとらかんのあはひ縫ふ
ほとんど真東だね、飛行石の光が指したのは。間違いないだろうね。

831. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:16  ID:EyMTMzNzc このコメントへ返信

※8 締めの足りない水道の、
大原女おほはらめが一人歩いてゐた
あーをい
親方ー!空から女の子が!
また、何としても古書に記された事実を曲げる訳には行かぬ。
谷口
このとおり、空気に触れるとすぐにただの石になってしまうがの。
気がついたわ。
僕は放ほかして
夕陽に霞かすんで

832. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:18  ID:E5ODMwNzI このコメントへ返信

※3 あゝ、二人には浮気があつて、
父も母も兄弟はらからも友も、はた見知らざる人々をも忘れて
矢は見事に虱の心の臓を貫つらぬいて、しかも虱を繋いだ毛さえ断きれぬ。
野原の
昔恋しい時もあり
霧も光も霜も鶏も
いやーしかし、たぶんものすごく迷惑かけると思うぞ。
冬を混ぜる
煉瓦工場は、廃れて枯れて、
え?キャーーーー!!

833. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:19  ID:g4NTA5OTM このコメントへ返信

※4 消えてゆく
テムポ正しく、握手をしませう。
そして蛙声は水面に走る。
どうぞって。
僕がやる。
雲の間に月はゐて
北風は往還を白くしてゐた。
えらそうな口を利くんじゃないよ。娘っ子一人守れない小僧っ子が。
ムスカ!わしがラピュタ探索の指揮官だと忘れるな!
ともすると、弱々しげな手付をして、

834. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:19  ID:IxMzIzNDY このコメントへ返信

※10 むなしさ
彼の瞼はもはやそれを閉じるべき筋肉の使用法を忘れ果て、夜、熟睡じゅくすいしている時でも、紀昌の目はカッと大きく見開かれたままである。
厭いやがる妻を紀昌は叱しかりつけて、無理に機を織り続けさせた。
そうよ。
眺めてた
はたはた
空の青も涙にうるんでゐる
僕は放ほかして
あとには残酷な砂礫されきだの、雑草だの
え?ママのようになるの?

835. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:23  ID:I0ODA2OTU このコメントへ返信

※9 ふん・・・ハッ!
シータ・・・
それは何と呼ぶ品物で、また何に用いるのかと。
じゃあ休部になってないじゃないか!
不射之射には、烏漆うしつの弓も粛慎しゅくしんの矢もいらぬ。
それから

かなしくもうつくしいものに――
でも、今年の春に三年生が卒業して部員0ゼロ
さらば東京!

836. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:23  ID:YxODg0ODk このコメントへ返信

※9 彼女は
夕陽に霞かすんで
趣味は・・・→→→→→→→→→→→→→↑
何!?
月の光が照つてゐた
素晴らしい!!700年もの間、王の帰りを待っていたのだ!!
まばたきもしないで亭主ていしゅを罵ののしり続けた。
いたら私のところに来なさい。
そこで地面や草木を見直す。
農家の庭が欠伸あくびをし、

837. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:25  ID:M5NDEzNzQ このコメントへ返信

※2 パズー君、君を誤解していた、許してくれたまえ
小石ばかりの、河原があつて、
一人くらい、まともに付き合おうと思ったやつはいなかったのか?
一道の殺気が森閑しんかんとした家の中から奔はしり出てまともに額ひたいを打ったので、
!わぁ!?放せ!何をする!
雲が、流れる、月かくす。
あたしも、聞きたいなぁー
判屋奉公したこともあつた
教師の息子の十三番目、
ばかり、

838. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:26  ID:Y5NTk0OTU このコメントへ返信

※9 ひねもす、空で鳴るのは、あれは電線です
かすかな姿態をゆるやかに動かしながら、
大丈夫だ。行こう。
まぁ今は落ち着け。
すごい、欲しい~・・・
鳶色とびいろの古刀の鞘さやよ、
今しも彼が湯屋から出て来る
ごめんなさい。いろいろ迷惑かけてありがとう。パズーのこと忘れない。
あんた、宇宙人なの?
花瓣くわべんが通る。

839. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:26  ID:E5OTM5MzU このコメントへ返信

※5 君の一族と私の一族は、もともと一つの王家だったのだ
君はラピュタを宝島か何かのように考えているのかね
どうして、そんなに人間以外の存在にこだわるんだ?
海にゐるのは、
うわっと!
朝、教室に行ったら、机が全部廊下に出されてたことがあったなぁ

さよなら。
あんた、宇宙人なの?
相違も

840. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:28  ID:U5MjY3NTU このコメントへ返信

※7 その二
煉瓦工場は、その後廃すたれて、
ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ、ラピュタの力こそ人類の夢だからだ!!
国道
撃つな捕らえろ!!これはこれは王女様ではないか
蒼白の
やり直すしかないですねぇ。
BGMコミカルハッスル
北風は往還を白くしてゐた。
物干竿は空に往き

841. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:28  ID:Q3NDMyNTg このコメントへ返信

※4 -タイガーモス号
睦みし瞳
麓までも?

それで夕陽が当つてさへが、
意味不明なハルヒの一言により目出度くそのように決まった。
来たまえ、こっちだ、くそ~、あった!!これだ!!
ん?
菜の花畑に、眠つてゐるのは
まだ仕事?

842. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:32  ID:g3NTg5ODY このコメントへ返信

※3 春宵感懐
月に向つてそれは抛はふれず
ほんとは中学時代ずっとイライラしっぱなしだった。
パス・・・わっ!?
BGMザ・強引
射し
だが、それは所詮しょせん射之射しゃのしゃというもの、好漢いまだ不射之射を知らぬと見える。
しかし私は辛いのだ
ラピュタの本当の姿を、この目で確かめたいんです。
日曜日

843. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:35  ID:UzNjA5NjM このコメントへ返信

※7 ――彼は独身者どくしんものであつた
沖の波は、今も鳴るけど
今は春でなくて、秋であつたか
問題はね。
ほう、あっはっは、見ろ人がゴミのようだ!!はっはっはっは・・・。
外そとでは今宵こよい、木の葉がそよぐ。
俺ね、えーと、えーとね・・・何でも食う!
あゝ
え?キャー!パ、パズーっ!
で、次の日

844. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:37  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※4 地に落ちた矢が軽塵けいじんをも揚あげなかったのは、両人の技がいずれも神に入っていたからであろう。
様々な噂うわさが人々の口から口へと伝わる。
聞いちゃいねぇ~
村の時計
曜日で髪型変えるのは宇宙人対策か!?
ううん。君が空から降りてきたときドキドキしたんだ。きっと素敵なことが始まったんだって!
けふ一日ひとひまた金の風
乙女の集つどひ
あぁ。
あっそう。

845. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:38  ID:QyNTIwMzk このコメントへ返信

※6 空に昇つて、光つて、消えて――
運動部からは例外なく熱心に入部を薦められ、
隣町まで乗せて!警察に行く。
・・・その石には強い力がある。わしは石ばかり相手にして生きてきたからよく分かるんじゃが、力のある石は人を幸せにもするが、不幸を招くこともあることなんじゃ。
うわぁ!!
似たようなもんよ。
丸い背中もいぢらしく
笛吹いて
僕はそれを、袂に入れた。
うわっ!?

846. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:39  ID:MxMjE5MTE このコメントへ返信

※8 お近きになっとくのもいいかなと、
その手の弾力のやうな
風が鳴つて。
今宵も
海の果て……
女を夢みてゐるのです
三月目みつきめの終りには、明らかに蚕かいこほどの大きさに見えて来た。
席変えだそうだ。
ながれて
倉庫の

847. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:40  ID:MyOTc1MDU このコメントへ返信

※7 空に昇つて、光つて、消えて――
花崗の巌いはほや
全然無い!!
相手が冗談を言っているのでもなく、気が狂っているのでもなく、また自分が聞き違えをしているのでもないことを確かめると、
「既に、我と彼との別、是と非との分を知らぬ。
吾は悔いんことを欲す
ポッカリ月が出ましたら、
以前の負けず嫌ぎらいな精悍せいかんな面魂つらだましいはどこかに影かげをひそめ、なんの表情も無い、
時間の無駄だから!
」というのが、老名人晩年の述懐じゅっかいである。

848. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:40  ID:gyNDY1MjA このコメントへ返信

※7 瞼まぶた
本さえ読めればいいらしわ。
あれは人魚ではないのです。
すまん、何だって?

行けよ。ママより怖いんだ。気をつけろ。
うわー
あんたの意見なんか、誰も聞いてない!
あれからどうなつたのかしらない……
なぁーしょっぱなの自己紹介のあれってどのあたりまで

849. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:42  ID:Y2ODM0MDU このコメントへ返信

※5 煉瓦工場に、僕も行かない
ユニーク。
地球が二つに割れゝばいい、
あゝ

笛吹いて
雲の中では無駄骨です、手は打ちます
風に吹かれる、
・・・
うわっ!・・・わぁぁぁ~・・・

850. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:43:43  ID:g1MTg3MDI このコメントへ返信

これが火病か〜
ほれほれ、みんな見てみなよ

851. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:48  ID:UzNTc3OTk このコメントへ返信

※3 空気よりよいものはないのです
全然無い!!
こつでもあるの?
ちゃんと探したんだろうね!しょうがない、明るくなってから出直しだ!
これから一年間よろしくお願いします。自己紹介↑
ながらの
心臓はも
閣下が不用意に打たれた暗号を、解読されたのです。
意味わかんねぇよ
一人くらい、まともに付き合おうと思ったやつはいなかったのか?

852. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:48  ID:Y5NDgwOTA このコメントへ返信

※2 それは何と呼ぶ品物で、また何に用いるのかと。
ぁぁぁ
なんだか、深い、溜息が、
オートモービルだ!珍しいなぁ。
しみじみと思う。偶然だと信じたいと。
あ!
あれはとほいい処にあるのだけれど
このパッキンだね。
姉妹は眠つた、母親は紅殻色べんがらいろの格子を締めた!
くそっ!

853. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:48  ID:M0NDkwMjM このコメントへ返信

※3 何だって?
話をさせたら、でもうんざりか?
あゝ
え?
破壊しました。娘はあそこです。
僕は女を想つてる
その女の情熱のやうな
空の
月の光が照つてゐた
気がついたわ。

854. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:48  ID:MyMzk1MjQ このコメントへ返信

※9 テムポ正しき散歩をなして
何を協力するって?
パズー!心配してたんだよ。あれっきり姿が見えなくなっちゃって。あの子はどうしたんだい?
その日
破局してたなんてのもあったらしい。
ドーラも黒眼鏡もその石を狙ってるんだね。
名称不明の同好会ですよ。
さらば東京!
脚下きゃっかは文字通りの屏風びょうぶのごとき壁立千仭へきりつせんじん、
ある日ふと気が付くと、窓の虱が馬のような大きさに見えていた。

855. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:55  ID:Q4NjAyMzQ このコメントへ返信

※3 あゝ、誰か来て僕を助けて呉れ
永訣の秋
まるで、金や、銀ではないか
その調子で、涼宮さんをクラスに溶け込めるようにしてあげてね。
しかし私は辛いのだ
・・・
薬鑵の音を聞きながら
――四方よもの山が沈み、
冬の日の記憶
朝倉涼子

856. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:43:58  ID:IwNzg4NzE このコメントへ返信

穀潰しには無理

857. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:58  ID:IyMTMyODA このコメントへ返信

※2 たしかにあすこまでゆけるに違ひない
やったー!
旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ
あ!
「既に、我と彼との別、是と非との分を知らぬ。
われは戯女たはれめ
これからです
僕は庭木に
をりしもかなた野のうへは
生きてゐた時の苦労にみちた

858. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:43:59  ID:MyOTc1MDU このコメントへ返信

※8 やがてピアノの部屋に入り、
天は地を蓋おほひ、
全然無い!!
ニッヒッヒッヒ・・・
いつまでも茜あかねの空にたなびいてゐた
地上に落ちた物影でさへ、はや余りに淡あはい!
一瞬ちまよった俺を誰が責められよう
私の心が悲しんでゐる
あゝ!
ほんに今夜は春の宵よひ

859. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:00  ID:cyNTY1MzY このコメントへ返信

※3 飛衛は新入の門人に、まず瞬またたきせざることを学べと命じた。
沖に出たらば暗いでせう、
土は薔薇色ばらいろ、空には雲雀ひばり
また、何としても古書に記された事実を曲げる訳には行かぬ。
なんとも情ないことに思はれるのだつたが
いや。
空気よりよいものはないのです
岡部先生
文化部の部室棟よ!
じゃあ休部になってないじゃないか!

860. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:00  ID:Y1MzQ4MDk このコメントへ返信

※1 賢かしこい渡り鳥共は彼の家の上空を通らなくなった。
二年の後のちには、遽あわただしく往返する牽挺まねきが睫毛まつげを掠かすめても、絶えて瞬くことがなくなった。
一つのメルヘン
君の気持ちはわかるが、どうか手を引いてほしい
月の光
うわぁ!?
あゝ
秋の夜は、はるかの彼方かなたに、
ゴホッゴホッ!
お道化うた

861. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:02  ID:YxODg0ODk このコメントへ返信

※4 なほの
きみはありにし
空の
吾等怯懦けふだのために長き間、いとも長き間
私もそれまでに部室を探しておくから。
はい!
男子
かなしくもうつくしいものに――
十六歳さいの少年、秦しんの始皇帝は父が死んだその晩に、父の愛妾を三度襲おそうた。
けふ一日また金の風

862. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:44:03  ID:MA== このコメントへ返信

火病ってコントロールできるとは知らなかった

とっさに起きるものだとも思ってたけど、そうでもないみたいだし

朝鮮人だけの特技だからどうでもいいけど

管理人サン頑張って下さい

1万は越えないでしょ

863. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:04  ID:Q5ODUxMTc このコメントへ返信

※4 えらい美人がここにいた。
教師の息子の十三番目、
テムポ正しく、握手をしませう。
抱へられてた、
九年の間、紀昌はこの老名人の許に留とどまった。
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出、
ゐるが
おまへはおれを愛してる、一度とて
参宿さんしゅくと天狼星てんろうせいとの間に消去ったと。
はたはた

864. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:06  ID:k2NzkwMjA このコメントへ返信

※6 世界の物理法則がよくできていることに感心しつつ
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出、
俺の記憶の錯覚が、
疲れた胸の裡を
美し
煕々ききとして照っていた春の陽ひはいつか烈はげしい夏の光に変り、澄すんだ秋空を高く雁がんが渡わたって行ったかと思うと、はや、寒々とした灰色の空から霙みぞれが落ちかかる。
眠らうとして目をば閉ぢると
じゃあ休部になってないじゃないか!
ために
はたはた

865. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:07  ID:E2NzQ4OTg このコメントへ返信

※5 その日
嘗かつて煙を、吐いてた煙突も、
うわぁ!?
{ごーぐる?}の缶に入れられたくじを引いた俺は
なんでか知らねぇけど
パズー!そこで何してやがる!飯はどうした?
外国あつちに行つたら、たよりを下さい。
いつしか
へ、ラピュタの宝だ、無理もするさ。
手繰り

866. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:07  ID:k2NzkwMjA このコメントへ返信

※9 今は春でなくて、秋であつたか
冷たく沈み、しみじみと
麦稈真田ばくかんさなだを敬虔けいけんに編み――
ましてその石は人が作り出したもの。その・・・気になってな。
BGM不明調べます
AAランク+だなぁ
煉瓦工場は、廃れて枯れて、
ところで話は、とかくないもの。
そうか。
あの子が返つて来るぢやない

867. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:10  ID:M3NzA4MDM このコメントへ返信

※4 地上に降りた時、二つに分かれたがね
雲の中では無駄骨です、手は打ちます
春は土と草とに新しい汗をかゝせる。
煉瓦工場は、その後廃すたれて、
霧の夜空は
ぅひゅん。
ママ!
よすがなき
空気よりよいものはないのです
雨を吸収する、

868. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:10  ID:c1NDU2NjU このコメントへ返信

※6 春と赤ン坊
何の話だ!?
青い瞳は動かなかつた、
遠いい物音が、心地よく風に送られて来るとはいへ、
ひどい目にあってないかしら、親方さんや機関士さんたち。
友達ねぇ~
ほんとは中学時代ずっとイライラしっぱなしだった。
かなしい心に夜が明けた、

ながらに、

869. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:13  ID:A4NzQwNjM このコメントへ返信

※10 ぇへ
BGMなし
もう少し時間が要ります
ひと泣き泣いて
うわー襲撃だー・・・ゴホッゴホッ!
角によつぽど惹かれてか
或あるはまた別れの言葉の、こだまし、雲に入り、野末にひびき
後記
私はムスカ大佐だ。ロボットにより通信回路が破壊された。緊急事態につき私が臨時に指揮を執る。ロボットは北の塔の少女を狙っている。姿をあらわした瞬間を仕留めろ。砲弾から信管を抜け。少女を傷つけるな。
蛇口の滴しづくは、つと光り!

870. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:16  ID:EwMTY3NjY このコメントへ返信

※9 それにも、なんかエピソードがあんの?
本当に知らないんです。パズーに会わせて・・・
砲弾から信管を抜け、少女を傷付けるな!!
同じ印が、君の家の古い暖炉にあった。・・・この石にも。こいつは君の手にあるときにしか働かない。石は持ち主を守り、いつの日にか天空のラピュタへ帰るときの道しるべとして君に受け継がれたのだ。
紀昌に新たな目標を与あたえてその気を転ずるにしくはないと考えた。
棲む人達は子供等は、街上に見えず、僕に一人の縁者みよりなく、風信機かざみの上の空の色、時々見るのが仕事であつた。
遠く経て来た日や夜よるの
可笑しなことだ。
終点が玉座の間とは上出来じゃないか!!ここへ来い!!
遠洋航海からはまだ帰れまい。

871. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:21  ID:M1NTk3MjI このコメントへ返信

※10 で、次の日
じつと手を出し眺めるほどの
地球が二つに割れゝばいい、

黒い
その黒眼鏡たちにさらわれてきたの?
楽に移動したいと思ったから、車や列車を生み出したんだ。
――さるにても田舎のお嬢さんは何処どこに去いつたか
街道を往くをりをりは
お札をペタペタ貼りまくられたこともあった。

872. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:22  ID:EwNjM2MDI このコメントへ返信

※2 うたつてる。
思へば遠く来たもんだ
俺ね、えーと、えーとね・・・何でも食う!
その金で手を引けって言われたんだろうが。
亡き児文也の霊に捧ぐ
あの人たち海賊よ。
星も降るよなその夜さ一と夜、
成績もどちらかと言えば優秀なんだ。
女を夢みてゐるのです
どういうとこが?

873. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:25  ID:A0MDI2MzQ このコメントへ返信

※10 そのすべてを断って、毎日参加する部活動をきまぐれに変えたあげく
盲目少女めくらむすめの手をとるやうに、
音は
どうやら、男子生徒のことはジャガイモぐらいにしか思ってないらしい。
追うんだ!
月の光を浴びながら、
趣味は・・・→→→→→→→→→→→→→↑
岬の端には煉瓦工場が、
フッハッハッハ・・・
覚えず外に顛落てんらくしたと白状した盗賊とうぞくもある。

874. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:29  ID:gwODU5MTE このコメントへ返信

※3 親方ー!空から女の子が!
そういう、大事なことは面と向かって言いなさいよ!
面長き女ひと
ああ、弓という名も、その使い途みちも!」
――※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ルレーヌの面影――
ちょうど小耳に挟んだんだが、付き合う男全部振ったってほんとか?
全然!
みなさん、今夜は、春の宵よひ。
黙りなさい。
ぅん、いや~ごめんごめん遅れちゃった。

875. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:31  ID:Y0NzI4OTk このコメントへ返信

※7 へぇ~どうだった?
来たまえ、ぜひ見てもらいたいものがあるんだ
霧の降つたる秋の夜に、

美術部や吹奏学部なら
ピアノの上に勢ひ込んだ、
それより他に、方法がない。
もしくは、それに準じるなにかね~
隔つれ、
このとおり、空気に触れるとすぐにただの石になってしまうがの。

876. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:32  ID:g2MzMxMTc このコメントへ返信

※8 りて・あ?
煙は空に身をすさび
こうして俺たちは出会ってしまたんだ。
いや、弓さえ絶えて手に取ろうとしない。
またかたい
誰がそんなこと分るものか
幾分空を反映する。
その犯人があいつだったってわけか?
すまんがその石をしまってくれんか?わしには強すぎる・・・
愛するものが死んだ時には、

877. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:33  ID:I3MDcwNw= このコメントへ返信

※8 一応同意しておこう!
最後のチャンスだ。すり抜けながら掻っ攫え!
奥儀伝授が始まってから十日の後、試みに紀昌が百歩を隔てて柳葉を射るに、既すでに百発百中である。
進路98、速力40!
言ってみろ。
また来ん春と人は云ふ
それでも、俺がいつまでサンタなんていう
制服さんの悪い癖だ。ことを急ぐと元も子もなくしますよ、閣下。
お庭の隅の草叢くさむらに
ポケットに入れたが気にかゝる、月は※(「くさかんむり/襄」、第3水準1-91-42)荷を食ひ過ぎてゐる

878. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:35  ID:I2MDY2NTM このコメントへ返信

※7 ここに連れてきたのか?
名探偵みたいなやつもいないし!
何!?
大きな溜息
納屋や、白の倉、
冬の夜
秋の日
此の日頃、広告気球は新宿の
上に、
老師の技に比べれば、我々の射のごときはほとんど児戯じぎに類する。

879. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:36  ID:kwNDM0MjI このコメントへ返信

※4 黒い夜草深い野の中で――
パズー君、君を誤解していた、許してくれたまえ
奥儀伝授が始まってから十日の後、試みに紀昌が百歩を隔てて柳葉を射るに、既すでに百発百中である。
君のアホづらには、心底うんざりさせられる
どうぞ。
ましてその石は人が作り出したもの。その・・・気になってな。
ベトちやんだとは思ふけど、
これでこそ初めて天下の名人だ。
とほる
趣味は・・・→→→→→→→→→→→→→↑

880. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:37  ID:c4NTIwNTU このコメントへ返信

※2 中学で涼宮と3年間同じクラスだったからよく知ってるんだがな
そりゃ、普通そうだろう。
私も古い秘密の名前を持っているんだよ、リュシータ
軽く立ちたる埃ほこりかも

今は春でなくて、秋であつたか
おーい!
おじさん!もっとスピード出ない!?
すさまじい破壊力を持つロボットの兵隊だよ。こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかった。
美術部や吹奏学部なら

881. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:40  ID:k0OTE2MDM このコメントへ返信

※9 For
私の新クラブ作りよ!
雲雀
ばかり、
冬だの秋には、きれいであつた。
残んの雪が瓦に少なく固く
庭に出て来て遊んでる
ママ、落ちる~!
空の国?
何をする集団なのかもわかっていないのである。

882. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:41  ID:E3MzY1NTQ このコメントへ返信

※9 それだけじゃないの。
流ながれよ、淡あはき
ほのかほのかに

来たまえ、ぜひ見てもらいたいものがあるんだ
後記
此処で十分待つてゐなければならない
煉瓦工場に、腰をば据ゑて、
いい答えだ。・・・そっちはどうだい?
この間←

883. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:45  ID:A0MTg1MzU このコメントへ返信

※4 はぁー、上がってくれ。
紀昌は早速さっそく師の許もとに赴おもむいてこれを報ずる。
遠慮しとく。
やめとけ
雨は
今日一日また金の風……
ぇぃ。
何にも、何にも、求めまい!……
泣きも
んーん、僕の頭は親方の拳骨より固いんだ。

884. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:46  ID:I4OTI2MzQ このコメントへ返信

※4 涙にくれて相擁あいようしながらも、
ないぞ、
更さらに間髪を入れず第三矢の鏃やじりが第二矢の括にガッシと喰くい込む。
親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
――赤ン坊を畑に置いて
変ってると言えば変ってるわねぇ~
え?キャー!パ、パズーっ!
ある日老いたる紀昌が知人の許に招かれて行ったところ、その家で一つの器具を見た。
昔から、キョンは変な女が好きだからねぇ~
落ち着いてりゃあ出来る!

885. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:46  ID:g1NzcwMjY このコメントへ返信

※5 雨を吸収する、
何がわかったんだろう。
あんたの意見なんか、誰も聞いてない!
卵殻もどきの貴公子の微笑と
えーん・・・
パズーしっかり、大丈夫?
それな獣を怖がらす。
昔の
俺は月曜は1って感じがするけどなぁ。
どうでもいい話だが

886. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:44:48  ID:g1MTg3MDI このコメントへ返信

火病ですね

887. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:49  ID:AzODY5NTc このコメントへ返信

※10 ひとり、
齢としをとつても髪に緑の油をつけてた。
ふふーん。見てー。
新鮮なアホだこいつ。
あれはとほいい処にあるのだけれど
次の朝は霜が降つた。
毎日々々霜が降つた。
来たまえ、こっちだ、くそ~、あった!!これだ!!
青空をばかり――
ことだけれども、それこそが、

888. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:53  ID:AyODkxOTA このコメントへ返信

※2 親方ー!空から女の子が!
虱を吊つるした窓の外の風物は、次第に移り変る。
ぐずぐずしてると夜が明けちまうよ!
うわぁ!?
お太鼓叩いて
私の心は閑寂だ。
薄暮の中で舞ふ蛾の下で
神社の日向を、ゆるゆる歩み、
奉仕の気持に、ならなけあならない。
もし、あいつに気があるんだったら、

889. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:55  ID:Y1MzQ4MDk このコメントへ返信

※10 岡に梢のとげとげし
見れば銅貨が落ちてゐる、いやメダルなのかア
鉄製の、軋音あつおんさながら
少年の
正午
うわっ!・・・わぁぁぁ~・・・
ムスカ!ロボットはどうした!
聞いちゃいねぇ~
水は、恰あたかも魂あるものの如く、
空の青も涙にうるんでゐる

890. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:58  ID:AwMDkzNDY このコメントへ返信

※4 うるさい!
春宵感懐
似たようなもんよ。
速ぇー
相も変らぬお調子ぶりの
この辺りだ、これだ!!
クリスマスにしか仕事をしないじじぃの存在を疑っていた
宇宙人でも、未来人でも、超能力者でもないし
いでなん
あっそう。

891. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:44:59  ID:QwNjc4MzU このコメントへ返信

※3 部屋で卓子テーブルを拭いてゐた。
シータがそうしろって言ったんだ。だから・・・
立て!!鬼ごっこは終わりだ!!
射し
ああ!

私のいた塔から日の出が見えました。今は最後の草刈の季節だから、日の出は真東よりちょっと南へ動いています。光は火の出た丘の左端を指したから・・・
泣きも
シータ・・・
立て!!鬼ごっこは終わりだ!!

892. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:04  ID:M4MTM0NzE このコメントへ返信

※5 おまけにスポーツ万能で
グランド繞めぐるポプラ竝木なみきは
薄桃色の、風を切つて
冒険でしょでしょ?
まるでこれでは、毎日、日曜。
世界をS大いに盛り上げるO涼宮ハルヒのS団
食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!
わからん。
なほもとほのき、沖で光つた。
眼めとすれすれに機躡まねきが忙しく上下往来するのをじっと瞬かずに見詰みつめていようという工夫くふうである。

893. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:45:05  ID:A4NTA2Njc このコメントへ返信

記事とは関係ないけどこんなの見つけたのでコピペ

折本和司
曲を鮮人演奏家に演奏させてる佐村河内守なる詐 欺師の弁護士

神原元
在日不逞鮮人集団(警視庁指定準暴力団)しばき隊の弁護士

どちらも在日鮮人や成り済まし帰化人に乗っ取られた横浜弁護士会人権擁護委員会の委員w 何故、こんな鮮人弁護士(通名)が出てきたかといえば、佐村河内が層化系 在日鮮人芸能事務所に所属して被曝・障害詐欺で 金儲けしてたから。

サモンプロモーション
所属
佐村河内守
尹徳元
金聖響
フジコ・ヘミング
ソン・ヨルム
金木兼一
ジェームス・パク
木下恵姫

個人筆頭株主 池田大作

894. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:12  ID:Y4MjUzOTY このコメントへ返信

※4 月曜日が0で日曜日が6なのか?
僕は此の世の果てにゐた。陽は温暖に降り洒そそぎ、風は花々揺ゆすつてゐた。
齢としをとつても髪に緑の油をつけてた。
流行の服は嫌いですか?彼なら安心したまえ、あの石頭は私のより頑丈だよ。来たまえ。ぜひ見てもらいたいものがある。
分りませんでした。
草の上には陽は照らぬのか
詩を作りさへすればそれで詩生活といふことが出来れば、私の詩生活も既すでに二十三年を経た。もし詩を以て本職とする覚悟をした日からを詩生活と称すべきなら、十五年間の詩生活である。
なんとかやるより仕方もない
生きてゐた時の苦労にみちた
彼の家の近くに住む一商人はある夜紀昌の家の上空で、雲に乗った紀昌が珍めずらしくも弓を手にして、

895. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:12  ID:AwODcxNDY このコメントへ返信

※10 パズー!あ・・・パズー!
はい!
空を指してる・・・
ママ、ゴリアテのほうが足が速いよ。どうするの?
たしかにそれは、死んだのですから、
たちあらはれて
風も少しはあるでせう。
お庭の隅の草叢くさむらに
ever(フォーエバー)
幾分空を反映する。

896. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:14  ID:c2ODk5MjQ このコメントへ返信

※6 その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出。
流行りの服は嫌いですか?
ために
あれは、シュバちやんではなかつたらうか?
誰にも、それは、語れない。
まあ、パズーの鞄って魔法の鞄みたいね。何でも出てくるもの。
一匹の獣けものが火消壺ひけしつぼの中で
岬の工場は春の陽をうけ、
半ばは枯れた草に立つて、
朝鮮女をんなの服の紐

897. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:15  ID:AwOTQ4NjE このコメントへ返信

※1 九年たって山を降りて来た時、人々は紀昌の顔付の変ったのに驚いた。
石を拾ふ
啼ないてたけれど
至為しいは為なす無く、至言は言を去り、至射は射ることなしと。
好きにしろよもう。
結んで
中学を卒業するころには
あゝ
お庭の隅の草叢くさむらに
結局我ン張るのだとして

898. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:17  ID:I2MzEyMDA このコメントへ返信

※8 下ろさうと
十二の冬のあの夕べ
ぬくもると
銀の液……
僕は何を云つてゐるのか
すべきなのだろうが。
吐き出すやうに弾いたのは、
あいつの鬼人ぶりはじょうきをいしてる。
散らかりて、
う~ん、

899. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:20  ID:gwODU5MTE このコメントへ返信

※2 来るのです
音はちつともしないのですし、
ゆゑに。
虫、草叢くさむらにすだく頃、
飛行機に残つたのは僕、
それは、突然やってきた。

ヒッヒッヒ・・・
くそ!ゴリアテ何をしている!・・・!煙幕!?
来る日も来る日も彼かれはこの可笑おかしな恰好かっこうで、瞬きせざる修練を重ねる。

900. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:21  ID:M0NDkwMjM このコメントへ返信

※3 夜になつて、急に死んだ。
またかたい
夕陽に霞かすんで
その調子で、涼宮さんをクラスに溶け込めるようにしてあげてね。
運動部からは例外なく熱心に入部を薦められ、
先に、行ってて!
ふぅん
シータ、シータまだ?
夢の
冬の明け方

901. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:22  ID:Q4NjAyMzQ このコメントへ返信

※7 九年の間、紀昌はこの老名人の許に留とどまった。
うわっ!・・・わぁぁぁ~・・・
やさしいやさしい唇を。
老い疲れたる胃袋よ、
普通の人間の相手をしている暇はないの!
やさしいやさしい唇を。
人々
ぐずぐずしねぇで、狭いんだから。
鳶色とびいろの古刀の鞘さやよ、
ぅん

902. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:45:23  ID:Y0OTI5MDA このコメントへ返信

キチガイが発狂してコメント増やすお陰でアクセス数増えるね!

903. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:27  ID:M1NDM3ODM このコメントへ返信

※2 愉快なものもないのです
最後のチャンスだ。すり抜けながら掻っ攫え!
空はひろびろ薄曇り、薄曇り、埃りも少々立つてゐる
こいつをベルトに繋ぎな!お前達は本船でお待ち!
ぇぃ。
ヒーローたちがこの世に存在しないと
なまめかしい物語――
あ!いやいや、暇だからなんか手伝おうかな、なんてな。
終点が玉座の間とは上出来じゃないか!!ここへ来い!!
雨が降る

904. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:27  ID:k5MTk5Mzc このコメントへ返信

※10 美術部や吹奏学部なら
ほら、セーラー服を脱ぎだしやがった。
その四十年の間、彼は絶えて射を口にすることが無かった。
鳥を見せても猫にやあだつた
やったー!掃除洗濯、しなくてすむぞ!
このパッキンだね。
なぜ?
なまめかしい物語――
飛行石?
ヒッヒッヒ・・・

905. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:27  ID:EzMzMyODI このコメントへ返信

※3 みえる
朝倉涼子
またかたい
蛇口の滴しづくは、つと光り!
ゴホッゴホッ!
瓦屋根今朝不平がない、
なんか、腹立ってきたは。
あ!いやいや、暇だからなんか手伝おうかな、なんてな。
絶えて地に墜おちることがない。
ラピュタの調査は、シータさんの協力で軍が極秘に行うことになったのだ。君の気持ちは分かるが、どうか手を引いて欲しい。

906. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:28  ID:c2MzQxOTQ このコメントへ返信

※7 もういいんだ。
甍いらかの
父親は、遠洋航海してゐた。
あ・・・
ふん~!!へっへっへ・・・
その手の弾力のやうな
さて、それなのに夜が来れば蛙は鳴き、
あぁぁーでは次
何をかわれに思へとや……
はいよ!

907. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:30  ID:AwNjE1MDA このコメントへ返信

※8 月曜日にリセットされて以降は金曜日まで一つずつ
早くこっちへ!
畳の上で
眼は耳のごとく、耳は鼻のごとく、鼻は口のごとく思われる。
デーデー屋さんの叩く鼓の音が
燕角えんかくの弧ゆみに朔蓬さくほうのやがらをつがえてこれを射れば、
あたしは部室と部員を確保するから、
三度紀昌が真面目まじめな顔をして同じ問を繰返くりかえした時、始めて主人の顔に驚愕きょうがくの色が現れた。
わたしは、なんにも腹が立たない。
それ!

908. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:33  ID:QyNTIwMzk このコメントへ返信

※6 ぜいぜいと鳴つた
ひひひ、暗号を変えたって無駄だよ。飛行戦艦を呼び寄せた?娘を乗せて出発する気だ!急がないと手が出せなくなる。出かけるよ、いつまで食べてるんだい!
うわぁ!?
あいつの鬼人ぶりはじょうきをいしてる。
すまん、何だって?

食い止めろ、君は床に伏せていたまえ。
このあたりの岩には飛行席が含まれているんだよ。
あぁ、待ってくれぇ!
赤ン坊ではないでせうか?

909. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:36  ID:c2OTc4MDM このコメントへ返信

※5 はい。
地上に落ちた物影でさへ、はや余りに淡あはい!
抜けさへ
雨あがりの午後、ポプラのやうに。
ついに、彼の目の睫毛と睫毛との間に小さな一匹ぴきの蜘蛛くもが巣すをかけるに及んで、彼はようやく自信を得て、師の飛衛にこれを告げた。
飛衛は高蹈こうとうして胸を打ち、初めて「出かしたぞ」と褒ほめた。
在りし日の歌
朝倉涼子
したらば、
東明しののめの空の如く丘々をわたりゆく夕べの風の如く

910. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:36  ID:AyODkxOTA このコメントへ返信

※10 歩道に沿つて立つてゐた、
ええ。
近寄つてみると、
こうして俺たちは出会ってしまたんだ。
やがて、見えざる矢を無形の弓につがえ、満月のごとくに引絞ってひょうと放てば、
空の青も涙にうるんでゐる
知らん!
軽く立ちたる埃ほこりかも
その後母親がどうしてゐるか……
ながれ

911. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:38  ID:YzOTM1MzA このコメントへ返信

※10 -スラッグ渓谷
蒼白の
可笑しなことだ。
条網に絡からみ
いいわね!?
だめだ、ママ。真っ暗で何も分からないよ。
ベトちやんだとは思ふけど、
水車の
参詣人等もぞろぞろ歩き、
さて、なんだろう?

912. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:39  ID:I3MDcwNw= このコメントへ返信

※2 己が業が児戯に類するかどうか、とにもかくにも早くその人に会って腕を比べたいとあせりつつ
角によつぽど惹かれてか
ヌックと出た、骨の尖さき。

――疲れた胸の裡を
はやとほに死んだことさへ、
いつ気づいたの?
僕は
-タイガーモス号
こころゆくまで悔ゆるは洵まことに魂を休むればなり

913. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:41  ID:A2ODIzNTc このコメントへ返信

※7 このなかに、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者が
これは今日昼落とした文子さんのだ
え?
この時期、涼宮ハルヒもまだおとなしいころあいで
何だぁそれ!?
きゃあ!
それにしても今日は好いお天気で
かくて、人間、ひとりびとり、
――林が逃げた農家が逃げた、
ああ、勿体無い。

914. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:44  ID:cwMzg1MzQ このコメントへ返信

※6 すごい。そうか・・・その光だ!聖なる光でロボットの封印が解けたんだ!ラピュタへの道が開けた。来い!
ここへ来る気か!
金や銀の沖の波に、
何!?
鑢やすりの音よ、だみ声よ、
得たりと勢込んで紀昌がその矢を放てば、飛衛はとっさに、傍なる野茨のいばらの枝えだを折り取り、
舞ひ入る
芝生のむかふは森でして
のぞみだ……
――あなたの言葉の杜切とぎれ間を。

915. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:44  ID:E4MjUwNjQ このコメントへ返信

※8 朝倉涼子
咽喉のんどの
秋の消息
冷たく沈み、しみじみと
眺めてた
秋の夜は、はるかの彼方かなたに、
落ちてゐる
秋の風にや縒よれたらん
本来なら、世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの同好会とでも、
悪いことは言わん

916. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:46  ID:YwMDg0OTg このコメントへ返信

※8 シータァァァ!!
なんのおのれが桜かな、桜かな桜かな
兄貴ぃ、立てるか!?
ああ、あああ、ああああああ
奉仕の気持に、なることなんです。
ために
しまった!飛行石が!
薮かげの小川か銀か小波か?
だらだら
夏には、顔が、汚れてみえたが、

917. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:48  ID:k2NzkwMjA このコメントへ返信

※8 うわあと
上に、
最後に見せた鹿だけは
苦労して来たことであつた!
そは彼等こころゆくまで悔いんためなり
九年たって山を降りて来た時、人々は紀昌の顔付の変ったのに驚いた。
蝿はへはブンブン
けふ一日また金の風
長の
弓?

918. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:51  ID:MzMDUzNjM このコメントへ返信

※4 うわっ!いてて・・・
ぐるぐるぐると
冬の夜
蜻蛉に寄す
碧あをい、噴き出す蒸気のやうに。
何が言いたいのさこのクソジジイ。
子供うながし去りゆけり……
するとなにか?
ママ!
それは、突然やってきた。

919. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:52  ID:IxMzU3MDc このコメントへ返信

※10 行くよ!
奉仕の気持に、ならなけあならない。
月曜日にリセットされて以降は金曜日まで一つずつ
読書も、しむみりした恋も、
俺の記憶の錯覚が、
これは僅かだが心ばかりのお礼だ、とっておきたまえ
だから、ハルヒが翌日、長かった髪をバッサリ切って登場したときには
部屋で卓子テーブルを拭いてゐた。
銀の液……
しまった!飛行石が!

920. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:53  ID:U1NDE5NTY このコメントへ返信

※9 あ~がぁ~!!
何のクラブを作るつもりなんだ?
土の上で
流れを
大きなビルの真ッ黒い、小ッちやな小ッちやな出入口
ええ。
私の頭の中には、いつの頃からか、
ごめんね。私の所為でパズーをひどい目にあわせて。
嫁はいらねぇ、飛行石さ。
お近きになっとくのもいいかなと、

921. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:45:55  ID:E4ODU2NTg このコメントへ返信

※4 萌えでロリっぽいキャラが一人はいるものなのよぉ。
うわ~・・・!
だいぶ年寄りだからなぁ。
あの雲の峰の向こうに見たことのない島が浮いてるんだ。やーるぞ!きっとラピュタを見つけてやる!
って言われるものばっかしおもっていたからなぁー
月の光を見てあれば、
機影はもう永遠に消え去つてゐた。
結んで
幼稚園のクリスマスイベントに現れたサンタはニセサンタだと
隠れてゐるのは死んだ児だ

922. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:00  ID:I2MzEyMDA このコメントへ返信

※9 その黒眼鏡たちにさらわれてきたの?
しかし、現実てのは意外と厳しい
入りたまえ
雲が、流れる、月かくす。
しとしとと
来るのです
高校に入れば少しはましかと思ったけど、
「全然」のようだ。
縁側に陽があたつてて、
僕は庭木に

923. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:01  ID:kxNzI0MTU このコメントへ返信

※6 BGMうんざりだ
うわぁ!
ん?
う~ん、
名前は?
これから王国の復活を祝って、諸君にラピュタの力を見せてやろうと思ってね
それなのに其処そこでもまた
沖の波は、今も鳴るけど
もうちょっとあんたも喜びなさいよこの発見を!
シータァァァ!!

924. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:01  ID:A5MDUyOTg このコメントへ返信

※9 あいつの鬼人ぶりはじょうきをいしてる。
むなしさ
ひねもす動いてゐた
あの光の指す方向に、ラピュタがあるのだ。まだか!早くしろ!
ながれて
ほとんど真東だね、飛行石の光が指したのは。間違いないだろうね。
名状しがたい何物かゞ、たえず僕をば促進し、目的もない僕ながら、希望は胸に高鳴つてゐた。
草を抜く
雪の賦
りて・あ?

925. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:02  ID:IxMzIzNDY このコメントへ返信

※2 太古むかしは、独語も美しかつた!……
紀昌は早速さっそく師の許もとに赴おもむいてこれを報ずる。
これからです

お札をペタペタ貼りまくられたこともあった。
裸足らそくはやさしく
やめとくも何もそんな気は無いんだが・・・
東中から来ました。谷口です。
彼なら安心したまえ、あの石頭は私のより頑丈だよ
朝倉涼子

926. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:05  ID:QyNTkzNjE このコメントへ返信

※1 実直なんぞと、心得まして。
青い瞳は動かなかつた、
結局我ン張るのだとして
行っちまえ!
ゆくか
屡々しばしば
こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう
ま、そういうことだから
腹減ったなぁ・・・
ギタアがそばにはあるけれど

927. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:09  ID:Y2NzQ5OTE このコメントへ返信

※5 いまも
日課になりつつあった。
静かすぎる。こういうときは動かないほうがいい。
朝あしたを
あやしくもあかるい霧の中で、
今ぢやどうさへ、手出しも出来ず
つるべの音が偶々たまたました時、
やっぱり、宇宙人か?
誘はれるでもなく

928. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:10  ID:A4MDM0MTg このコメントへ返信

※9 ムッとした紀昌を導いて、老隠者は、そこから二百歩ばかり離はなれた絶壁の上まで連れて来る。
パズー!あ!離して!
――いまは動いてゐるかもしれない……
・・・・・・・・・・・
子鬼じゃ、子鬼がおる。
名前ならたった今考えたから。
地下へ逃げろ!
友の
おまじない?
この尨大ぼうだいな、古強者ふるつはものが

929. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:14  ID:EwNDQwMTU このコメントへ返信

※5 私はたびたび処女むすめをみた……
ちつとも暖かさうではなかつた
名状しがたい何物かゞ、たえず僕をば促進し、目的もない僕ながら、希望は胸に高鳴つてゐた。
ここを見てくれ、脅えることはない、こいつは始めから死んでいる
影と煙草と僕と犬
じゃあ休部になってないじゃないか!
テムポ正しき散歩をなして
悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいたのだ。
舎密せいみも
海の果て……

930. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:46:16  ID:YyMTgwNTY このコメントへ返信

すごいぞ!!
朝鮮人って本当に火病るんだ!!
冗談だと思ってたのに…

931. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:46:16  ID:I5MTg5MjQ このコメントへ返信

コメ、シンシアリーさんのところみたいに
承認制でいいんじゃないか
保守速、別に2nd作って承認制にしようよ

932. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:17  ID:QyNTIwMzk このコメントへ返信

※7 おねがい。
あ!
けふ一日ひとひまた金の風
やめとけ。
そりゃ、普通そうだろう。
ひひひ、暗号を変えたって無駄だよ。飛行戦艦を呼び寄せた?娘を乗せて出発する気だ!急がないと手が出せなくなる。出かけるよ、いつまで食べてるんだい!
海賊が。
青き女をみなの顎あぎとかと
私もそれまでに部室を探しておくから。
どこ行っちゃったのかな?じっちゃん!じっちゃん!

933. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:20  ID:c2MzQxOTQ このコメントへ返信

※1 素晴らしい。古文書にあった通りだ。この光こそ、聖なる光だ。
しとしとと
ラピュタの本当の姿を、この目で確かめたいんです。
-フラップター上
本当に知らないんです。パズーに会わせて・・・
思ふけれどもそれもそれ
菜の花畑で吹かれてゐるのは……
見てゐるのかしら?
旗が
ユニホームばかりほのかに白く――

934. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:21  ID:E4NzI1MzI このコメントへ返信

※4 あゝあ、ほんとに怖かつた
飛行石?
軽く立ちたる埃かも
そうさ。僕が馬鹿じゃなくて力があれば守ってあげられたんだ。ラピュタの宝なんかいらない!お願いだ。
シータ・・・
今日の放課後までに調べておいて。
うれしい心に夜が明けた、
太古むかしは、独語も美しかつた!……
きゃー!
みなさん今夜は静かです

935. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:26  ID:kyODE4NjQ このコメントへ返信

※1 舟を浮べて出掛けませう、
そして、地には偶々たまたま池がある。
高校に入れば少しはましかと思ったけど、
ある朝
シータがそうしろって言ったんだ。だから・・・
でっけえ声出すな!聞こえとるわい。
山に入る時に携たずさえて行った楊幹麻筋の弓もどこかへ棄すてて来た様子である。
何してるんだ?あいつ?→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→↑
かなしくもうつくしいものに――
趙ちょうの邯鄲かんたんの都に住む紀昌きしょうという男が、天下第一の弓の名人になろうと志を立てた。

936. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:46:29  ID:AwMjczMDM このコメントへ返信

荒らし、いい仕事するな。
さすが迷惑メール主で慣れてるだけはある。

937. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:29  ID:k3NzE3NTc このコメントへ返信

※9 ヒーローたちがこの世に存在しないと
うんともすんとも言わねぇです。
そうして、石碣の矢をつがえると、折から空の高くを飛び過ぎて行く渡り鳥の群に向って狙いを定める。
うん、シータは?
それは、突然やってきた。
いやーしかし、たぶんものすごく迷惑かけると思うぞ。
まあ、いいや。
ちょうど崖がけの端はしから小石が一つ転がり落ちた。
いやにおとなび彳たちゐたり

938. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:30  ID:EzMzMyODI このコメントへ返信

※5 なんだか不思議に怖かつた、
月は頭上にあるでせう。
一瞬ちまよった俺を誰が責められよう
きゃー!
狡ずるさうなピッチャは相も変らず

矢矢しし相属し、発発はつはつ相及んで、後矢の鏃は必ず前矢の括に喰入るが故に、
煉瓦工場は、死んでしまつた
再び弟子でしがかかる企たくらみを抱くようなことがあっては甚はなはだ危いと思った飛衛は、
彼は極度の近眼であつた

939. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:30  ID:YxMzkxNTY このコメントへ返信

※6 あたたかいお茶も黄昏たそがれの空とともに
港の空に鳴り響いた
この辺りだ、これだ!!
どへぇぇぇぇぇぇぇ~
ギャーーーーー
愛するものは、死んだのですから、
とにかく私は苦労して来た。
幼年も、老年も、青年も壮年も、
そのもののために、そのもののために、
紀昌は根気よく、毛髪もうはつの先にぶら下った有吻類ゆうふんるい・催痒性さいようせいの小節足動物を見続けた。

940. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:36  ID:gyNDY1MjA このコメントへ返信

※8 秋の日は、からだに暖か
小鳥は庭に啼ないてゐる。
秘ひそかにその機会を窺うかがっている中に、一日たまたま郊野こうやにおいて、
何じゃこりゃ!
ぇ?ぁ、じゃあこの人は上級生じゃないか?
そして、月光を浴びてゐるのでした。
ひかれひかれて、岬みさきの端に
閣下は兵隊を必要な時に動かして下さればよい
秋日狂乱
春は土と草とに新しい汗をかゝせる。

941. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:45  ID:A0MzMwNzg このコメントへ返信

※9 ――京都――
其処そこの主人と話してゐる様さまはあはれげであつた。
その手の弾力のやうな
無線封鎖して行方をくらます気だね。
啼ないてたけれど
青き女をみなの顎あぎとかと
ちょいまて、どこなんだよここは?
抜かれた草は
おーい。
冬の日の記憶

942. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:46:48  ID:MA== このコメントへ返信

自分達がひとんちに土足で上がり込んで好き勝手してるからこういうことになってるのに(´-ω-`)

イヤなら自分の国に帰ればいいだけ。強制送還とか早く法律作って欲しい。

943. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:50  ID:I2MTI4Njk このコメントへ返信

※4 納屋や、白の倉、
さっきの男もその一人?何者だろう軍隊と一緒にいるなんて。
私をあまり怒らせない方がいいぞ!!当分二人きりでここに住むのだからな
ポッカリ月が出ましたら、
太古むかしは、独語も美しかつた!……
ここへ来る気か!?
何をかわれに思へとや……
きみはありにし
素晴らしい!必ず手に入れてやる!
う~ん、

944. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:46:52  ID:EwMjc5MDE このコメントへ返信

※4 憂愁にみちたものに、思へるのであつた。
岬の端には煉瓦工場が、
これから一年間よろしくお願いします。自己紹介↑
なんか、腹立ってきたは。
そうさ。僕が馬鹿じゃなくて力があれば守ってあげられたんだ。ラピュタの宝なんかいらない!お願いだ。
-スラッグ渓谷
ちょっと借りてるよ、坊や。
風に吹かれる、
冬だの秋には、きれいであつた。
此処ここでは薪が燻くすぶつてゐる、

945. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:46:59  ID:UzNDc2MDY このコメントへ返信

ここんとこ、トンスル人のキチガイさに益々拍車がかかってきてるなw
もう後がないんでかなり、お困りかな?

946. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:46:59  ID:E4MjE0MTk このコメントへ返信

※785
無理だと思う。荒らしてるやつは、複数のプロキシ使い分けてるか、他人のルーターを踏み台にして連続投稿するツール使ってる。
サイバー警察に数回通報したが、すぐ逮捕なりなんなりされるわけじゃないし。

947. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:08  ID:c1NDU2NjU このコメントへ返信

※10 あゝ、『あの時』はあゝして過ぎつゝあつた!
絶えて地に墜おちることがない。
へぇぇ~!
こいつをベルトに繋ぎな!お前達は本船でお待ち!
パズー。
父親は、遠洋航海してゐた。
線条に鳴る

ゴム風船の、美しさかな。※(終わり二重括弧、1-2-55)
紀昌に新たな目標を与あたえてその気を転ずるにしくはないと考えた。

948. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:22  ID:cxNjYyNDI このコメントへ返信

※3 本が好きなんだなぁ~
赤ン坊ではないでせうか?
あの子が返つて来るぢやない
ことだけれども、それこそが、
人々
大河おおかはの、その鉄橋の上方に、空はぼんやりと石盤色であるのです。
やったー!
それな汽笛を耳にすると
けど、僕の父さんは嘘つきじゃないよ!今本物を作ってるんだ。きっと僕がラピュタを見つけてみせる。
主人は、客が冗談じょうだんを言っているとのみ思って、ニヤリととぼけた笑い方をした。

949. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:23  ID:M5NDEzNzQ このコメントへ返信

※2 倉庫の
なぁ、女の子さん。その・・・
木偶でくのごとく愚者ぐしゃのごとき容貌ようぼうに変っている。
思ひをさせるばつかりでした。
溶け
雨の降る日は、殊にもぶきみ
シータ、いい名前だね。驚いちゃった、空から降ってくるんだもん。
蝿はへが唸なく。
しかし、現実てのは意外と厳しい
麦稈真田ばくかんさなだを敬虔けいけんに編み――

950. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:25  ID:Y5NDgwOTA このコメントへ返信

※7 40秒でしたくしな!
花瓣くわべんが通る。
どうしてそれが、捨てられようか?
なにゆゑに
樹々の梢は
卵殻もどきの貴公子の微笑と
風が鳴つて。
けれども、それは、示あかせない……
日曜日
線条に鳴る

951. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:29  ID:k3NDQ3MDE このコメントへ返信

※4 え?ママのようになるの?
風白き日の山かげなりき
でもなぁあいつもてるんだよなぁ
僕がやる。
空の
生きてゐた時に、
鳥が啼いても煉瓦工場の、
相手は武器を持ってるんだよ?
幼年も、老年も、青年も壮年も、
ロボットは!?

952. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:30  ID:EyMzY4MjA このコメントへ返信

※4 外吹く風は金の風
よろしくねぇ。
見てみたいような気もする。
何をする集団なのかもわかっていないのである。
煙草くらゐは喫つてもみたが、それとて匂ひを好んだばかり。おまけに僕としたことが、戸外でしか吹かさなかつた。
私の心が燻る……
流れを
ドーラ一家だ。
ひとり、
矢矢しし相属し、発発はつはつ相及んで、後矢の鏃は必ず前矢の括に喰入るが故に、

953. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:37  ID:czMzA0MzA このコメントへ返信

※3 えーん・・・
ううん。君が空から降りてきたときドキドキしたんだ。きっと素敵なことが始まったんだって!
親方ー!空から女の子が!
撃てー!
パズー、パズー・・・パズー、パズー!
やれーダッフィ!見せてやれ!
お静かに!!
僕の頭に
そのうち、追い出されるかもしれないぞ。
――幻滅は鋼はがねのいろ。

954. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:43  ID:E5OTM4Nzg このコメントへ返信

※6 病院の、あはい匂ひに慕ひよる。
私の家に古い秘密の名前があって。この遺石を受け継ぐとき、その名前も私継いだの。私の継いだ名はリュシータ。リュシータ・トエル・ウル・・・ラピュタ。
フッハッハッハ・・・
髪毛の艶つやと、ラムプの金との夕まぐれ
さあ、おあがり。
そうだわ。どうして私助かったんだろう?飛行船から落ちたのに・・・
でも、文芸部ってなにをするところなのかよくわからなくて・・・
月の光が照つてゐた
俺ね、えーと、えーとね・・・何でも食う!
気ぃつけてなぁ。

955. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:46  ID:IyNTY4MDI このコメントへ返信

※8 はたはた
わりと。
何だぁそれ!?
協力しなさい!
あんじゃあ、そこやめて。
名状しがたい何物かゞ、たえず僕をば促進し、目的もない僕ながら、希望は胸に高鳴つてゐた。
じゃあ文芸部なんだろ?
北の海
それは光沢もない、
フフ・・・

956. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:49  ID:Q3OTU2NTE このコメントへ返信

※1 洩らさず私は聴くでせう、
結局どこにも入部することはなかった。
そうして、それを南向きの窓に懸かけ、終日睨にらみ暮くらすことにした。
なければ
なんだかはるかな、幻想が、
今迄流れてもゐなかつた川床に、水は

占しめたと、紀昌は膝ひざを打ち、表へ出る。
菜の花畑で吹かれてゐるのは……
ゆいて西の方かた大行たいこうの嶮けんに攀よじ、霍山かくざんの頂を極めよ。

957. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:56  ID:k4MjUzMzg このコメントへ返信

※7 ロシアの田舎の別荘の、
ポムじいさん?
雲の子だ、雲雀奴だ
ヂオゲネスの頃には小鳥くらゐ啼いたらうが
ヌックと出た、骨の尖さき。
長い校舎から合唱は空にあがる。
ぁーまぁいい。
月夜の晩に、拾つたボタンは
はい!
捕まえるのに手間取っちゃって。

958. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:57  ID:MwNjM0NjU このコメントへ返信

※3 したらと
程だ。
もしくは、それに準じるなにかね~
そうして、直ちに射術の奥儀秘伝おうぎひでんを剰あますところなく紀昌に授け始めた。
それっ!
ママ、ゴリアテのほうが足が速いよ。どうするの?
俺は大した考えも無く高校生になり、
夢の
名人の真に名人たるゆえんを明らかにしたいのは山々ながら、一方、
パズーしっかり、大丈夫?

959. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:57  ID:I4NjEwMzk このコメントへ返信

※2 野原の
沖の方では波が鳴つてた。
ルイ!女の子の服だ!
かくて夜は更ふけ夜は深まつて
ママ!ゴリアテが動き始めた!
お調子者のセカンドは
名前ならたった今考えたから。

なければ
嫁はいらねぇ、飛行石さ。

960. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:58  ID:U5MTc1NjM このコメントへ返信

※8 だから、ハルヒが翌日、長かった髪をバッサリ切って登場したときには
蛙声
これから、放課後この部屋に集合ね。
あれはきっと性格までいいに違いない!
なんぞに
あれはきっと性格までいいに違いない!
うわー、ママ落ちる。
ちょうど彼等らの真上、空の極めて高い所を一羽の鳶とびが悠々ゆうゆうと輪を画えがいていた。
2番のバルブを閉めろ!
・・・その石には強い力がある。わしは石ばかり相手にして生きてきたからよく分かるんじゃが、力のある石は人を幸せにもするが、不幸を招くこともあることなんじゃ。

961. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:47:58  ID:IzNTMwNzY このコメントへ返信

※2 飴売爺々あめうりぢぢいと、仲よしになり、
うわー、ママ落ちる。
高校に入れば少しはましかと思ったけど、
この小児。
つまり、我等に欠けてるものは、
軍隊にも追われてるんだ!
軍隊にも追われてるんだ!
お前はこっち!
ああっ!
進路98、速力40!

962. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:47:58  ID:Q5OTQyMDM このコメントへ返信

只今トンスラー怒りのスクリプト投下中w

コメ欄をご覧の皆様、お手数ですが今しばらくお待ちください

ていうか、書きたい人、まともなコメ読みたい人はどんどん過去記事へと潜っていく事をお勧めします

あいつらアホなので追いきれませんw

963. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:03  ID:AyODY0NDI このコメントへ返信

※6 抜けさへ
大きい猫が頸ふりむけてぶきつちよに
一、美少女高校生にしか見えなかった。
美術部や吹奏学部なら
みんな人々の心には沁しまず、
覚めたのは
私の家に古い秘密の名前があって。この遺石を受け継ぐとき、その名前も私継いだの。私の継いだ名はリュシータ。リュシータ・トエル・ウル・・・ラピュタ。
庭に出て来て遊んでる
今は授業中だ!
いつしか

964. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:04  ID:YwOTExNjc このコメントへ返信

※3 帰っていいかな俺?
笑わせるわ。
反歌
黒い夜草深い野にあつて、
パズー、お願いがあるの。ラピュタのこと忘れて。
野に
そんなことはどうでもいいの!
よくわかるねぇ、ママ。
おれは此処ここで待つてゐなくてはならない
矢は妻の睫毛三本を射切ってかなたへ飛び去ったが、射られた本人は一向に気づかず、

965. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:08  ID:g2NDQ3MDY このコメントへ返信

※1 じっちゃん!欲しがってた助手!
卵殻もどきの貴公子の微笑と
ユニーク。
あれ、なんちゅんだって!?
漸く手中しゆちゆうで
隔つれ、
潤うるみ
鳶色とびいろの土かをるれば
ハハハ・・・あ、そうだ!ポットかけっぱなしだった。
覚悟の上だね。

966. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:09  ID:YxNzQxNDg このコメントへ返信

※4 月の光
薄暮の中で舞ふ蛾の下で
一応同意しておこう!
消えちゃった。
長いといへば長い、短いといへば短いその年月の間に、私の感じたこと考へたことは尠すくなくない。今その概略を述べてみようかと、一寸思つてみるだけでもゾッとする程だ。私は何にも、だから語らうとは思はない。たゞ私は、私の個性が詩に最も適することを、確実に確かめた日から詩を本職としたのであつたことだけを、ともかくも云つておきたい。
雪の賦
For
矢は見事に虱の心の臓を貫つらぬいて、しかも虱を繋いだ毛さえ断きれぬ。
うわぁ!?
風も少しはあるでせう。

967. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:11  ID:YxNzc4Mzk このコメントへ返信

※3 なぁーしょっぱなの自己紹介のあれってどのあたりまで
文明を発展させてきたんだ。
へっへっへっへっへ!そーれ突っ走れー!
その子の兄が電報打ちに行つた。
その間いかなる修業を積んだものやらそれは誰だれにも判わからぬ。
弓を執らざる弓の名人は彼等の誇ほこりとなった。
それは日曜日の渡り廊下、
十六歳さいの少年、秦しんの始皇帝は父が死んだその晩に、父の愛妾を三度襲おそうた。
朝比奈みくるちゃんよ。
思ひ出

968. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:17  ID:k0OTE2MDM このコメントへ返信

※1 さて、なんだろう?
幼獣の歌
ふん、始めから部隊が出動すればドーラごときに出し抜かれずにすんだのだ。
へぇぇ~!
トウッ!
月はその時空にゐた
ん!?光ってる・・・
あ~がぁ~!!
俺の記憶の錯覚が、
語らうなぞとはつゆさへ思はぬ。

969. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:17  ID:kyODE4NjQ このコメントへ返信

※4 海の上への風にまじりてとことはに過ぎゆく如く……
独身者
パズーは?パズーに会わせて。
けれどもその方へ駆け出してはならない
ポプラのやうに、人も通らぬ
そう。
おじさん!もっとスピード出ない!?
筏いかだは
――林が逃げた農家が逃げた、
みくるちゃんあなたなにかほかにクラブ活動やってる?

970. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:18  ID:kxMTczNjM このコメントへ返信

※3 うわっ!
言ってみろ。
入る学校間違えたかしら?
私の心が悲しんでゐる
やがて、見えざる矢を無形の弓につがえ、満月のごとくに引絞ってひょうと放てば、
土の上で
静かすぎる。こういうときは動かないほうがいい。
アホかお前は?
さらさらと射してゐるのでありました。
ぇぃ。

971. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:20  ID:I2MzEyMDA このコメントへ返信

※9 BGMSOS団始動
黄色い
陽といつても、まるで硅石けいせきか何かのやうで、
変ってると言えば変ってるわねぇ~
あっちは昔の穴だらけだよ。
わたしは、なんにも腹が立たない。
絶対来なさいよ。
はい。
どこ行った?
そのままじゃ何もできやしないねぇ。これを着な!

972. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:21  ID:c4NTIwNTU このコメントへ返信

※9 ぜいぜいと鳴つた
それは?
やつたんだ。
ラピュタ人・・・
大丈夫。鉱山の男はそんなに軟じゃないよ。さあ行こう、出口を探さなきゃ。
名状しがたい何物かゞ、たえず僕をば促進し、目的もない僕ながら、希望は胸に高鳴つてゐた。
で、この子が一年生の新入部員。
もうちょっとあんたも喜びなさいよこの発見を!
矢矢しし相属し、発発はつはつ相及んで、後矢の鏃は必ず前矢の括に喰入るが故に、
あの自己紹介?

973. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:48:36  ID:c1NTUxNzQ このコメントへ返信

これは削除して悪菌にするべき

974. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:40  ID:c1NDU2NjU このコメントへ返信

※5 そこ、笑っていいぞ。
ええ。私、父も母も死んじゃったけど、家と畑を遺してくれので何とか一人でやっていたの。決して人に渡したり、見せたりしちゃいけないって。
来たまえ、ぜひ見てもらいたいものがあるんだ
世界はまだみな眠つてゐた、
飛ぶ気か!?
近寄つてみると、
喜び過ぎず悲しみ過ぎず、
ぼんやりしてると頭も胸も
静かすぎる。こういうときは動かないほうがいい。
親方ー!空から女の子が!

975. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:56  ID:YyNjUyMDc このコメントへ返信

※1 外吹く風は金の風
へ?
ウヰンの市まちの郊外に、
僕がやる。
それだけじゃないの。
時間の無駄だから!
過ぎし日の
泣かんばかりに弾き出した、
何をぼやぼやしている!早く火を消せ!追跡隊を組織しろ!
え?キャーーーー!!

976. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:56  ID:cxMTI3MjY このコメントへ返信

※2 ミステリー研修会っていうのがあったのよ。
弓?
歩いてゆくのはあの山この山
眼まなこうるめる
すげぇ~。
別に。
あばずれ女の亭主が歌つた
海の果て……
老人が笑いながら手を差し伸のべて彼を石から下し、自ら代ってこれに乗ると、
けふ一日また金の風

977. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:57  ID:k0MTUwOTc このコメントへ返信

※3 それで校庭にでかでかとけったいな絵文字を
海賊が。
甍いらかの
薄暮の中で舞ふ蛾の下で
菜の花畑に眠つてゐるのは、赤ン坊ですけど
ぁぁぁ
その話というのは、彼の死ぬ一二年前のことらしい。
案じる
おまへを抱いて動物園
誰もが冗談だろうと思っただろう

978. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:48:58  ID:Y3MjA1NTI このコメントへ返信

※2 やめとけ
それから
そんなことないよ!その石はもう二度もシータを助けてくれたじゃないか!すごいぞ、ラピュタは本当にあるんだ!
はい。
はい。
しまった!飛行石が!
あのぉー書道部に。
至為しいは為なす無く、至言は言を去り、至射は射ることなしと。
僕たち、海賊に追われてるんだ。
何!?

979. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:04  ID:c2MzM1NjE このコメントへ返信

※2 全然だめ。
あの自己紹介?
空の
それも
もしかしたら、この会話がネタ振りだったのかもしれん
ほんに今夜は春の宵よひ
二十日の後、いっぱいに水を湛たたえた盃さかずきを右肱ひじの上に載のせて剛弓を引くに、
いたいたしくて美しかつた!
いゆけば
煕々ききとして照っていた春の陽ひはいつか烈はげしい夏の光に変り、澄すんだ秋空を高く雁がんが渡わたって行ったかと思うと、はや、寒々とした灰色の空から霙みぞれが落ちかかる。

980. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:08  ID:E2NTMxMDM このコメントへ返信

※5 薮かげの小川か銀か小波か?
おばさん、もっと寄せて!
外国あつちに行つたら、たよりを下さい。
扨さて、待つてゐるヒットは出なく
今まで、一回も事件らしい事件に出くわさなかったって言うのだもん。
みくるちゃんあなたなにかほかにクラブ活動やってる?
かなしくもうつくしいものに――
すれば私はもう片方に腰掛けて
ドーラも変わったねぇ、ゴリアテなんぞに手を出すとはよ?勝ち目はねぇぜ。
枯草の音のかなしくて

981. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:10  ID:A5MjczOTQ このコメントへ返信

※3 指先に沁しみ、心に沁みた。
俺ね、えーと、えーとね・・・何でも食う!
煙草くらゐは喫つてもみたが、それとて匂ひを好んだばかり。おまけに僕としたことが、戸外でしか吹かさなかつた。
高校に入れば少しはましかと思ったけど、
樹脂きやにが五彩に眠る時、
なんなんですかぁ?
なぜかしら、云はずじまひであつたのだ。
ひどく浮気な心があつて、
降りな。
あ!

982. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:15  ID:M2ODA4MTM このコメントへ返信

※1 怨恨は気が遐とほくなる
搾しぼる涙は
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……
月給取の妻君とデーデー屋さん以外にゐない
こいつ金貨なんか持ってらぁ!
驚天動地だ。
皆の衆お知らせしよう。
僕は蹲しやがんで
此処で十分待つてゐなければならない
板は冷たい光沢つやをもち、

983. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:15  ID:c2OTA4OTQ このコメントへ返信

※10 目覚ますことなき星を抱いて、
仮入部していたのだった。
顔の
無いもんはしょうがないだろう?
通りに雨は降りしきり、
お前、プディング作れるか?
ムスカ!わしがラピュタ探索の指揮官だと忘れるな!
あの子?
お前、プディング作れるか?
月給取の妻君とデーデー屋さん以外にゐない

984. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:49:16  ID:Q3OTMwOTA このコメントへ返信

この呼びかけ前も見たと思うんだが
いつになったら実行されるのかww

というか「潰さない?」という呼びかけにわろた

985. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:19  ID:A1NDI5OTk このコメントへ返信

※8 捕まえるのに手間取っちゃって。
いやにおとなび彳たちゐたり
舞ひ去つてゐた!
一匹の獣けものが火消壺ひけしつぼの中で
たぶん、全部本当だから・・・
お前の谷だ。まったくとんでもない無駄足だったよ。
雨の降る日は、殊にもぶきみ
シータ、こっちへ!
しょっぱなのあれって、何!?
あーをい

986. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:20  ID:A5MDUyOTg このコメントへ返信

※4 行っちまえ!
畳の上で

髪毛の艶つやと、ラムプの金との夕まぐれ
おう!待ちな。
縁側に陽があたつてて、
てこずらせたな
涼宮ハルヒは黙ってじっと座っている限りでは、
下ろさうと
煙のやうな

987. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:24  ID:Y5NTk0OTU このコメントへ返信

※10 素晴らしい!!700年もの間、王の帰りを待っていたのだ!!
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、
或る男の肖像
さてこの
来たまえ、ぜひ見てもらいたいものがあるんだ
どけよ!
進路98、速力40!
上に、
うわー、すごい雲。
別に。

988. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:24  ID:A2MDM2OTA このコメントへ返信

※8 今日一日また金の風……
告白がほとんど電話だったのは何!?
-ティディス要塞
なにゆゑに
ぐずぐずしねぇで、狭いんだから。
姉らしき色
あゝ
この間←
小僧!!娘の命と引き換えだ!!石のありかを言え!!
萌えでロリっぽいキャラが一人はいるものなのよぉ。

989. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:29  ID:kwMDE4Mzk このコメントへ返信

※5 ふん、始めから部隊が出動すればドーラごときに出し抜かれずにすんだのだ。
浪に向つてそれは抛れず
気を失っているだけだ。
ん。
紹介終わりかよ?
冒険でしょでしょ?
木曜は緑、金曜が金色で、土曜は茶色、日曜は白よね?
ドーラ一家だよ。
わが心

990. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:30  ID:c3NTM0NTg このコメントへ返信

※7 それでも心をポーッとさせる、
私をあまり怒らせない方がいいぞ!!当分二人きりでここに住むのだからな
隣家は空に
汽笛の湯気を茫然と
おいてきぼりだ、
これ?
ああ、勿体無い。
ぼんやりしてると頭も胸も
空はひろびろ薄曇り、薄曇り、埃りも少々立つてゐる
後記

991. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:31  ID:I5MTkwMjc このコメントへ返信

※2 ながれ
全員退避!
日も、
天下第一の名人となるためには、どうあっても飛衛を除かねばならぬと。
シータを狙ってるの?
程だ。
そして片方は洋行すればいい、
新たに誰かが入部しないと廃部が決定していた唯一のクラブなのよ。
永訣の秋
へへ、お安い御・・・あ!お前!さっき腹が痛いって!

992. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:32  ID:I2MjU0NzI このコメントへ返信

※4 閣下は兵隊を必要な時に動かして下さればよい
鳩に豆なぞ、パラパラ撒いて、
竝樹なみきの
どうしてもどかねぇか!
生きてゐた時の苦労にみちた
なに読んでんだ?
たわいもない世間話にもならないくらいの
何が?
冬を混ぜる
こいつは地上で作られたものではない。この体が金属なのか粘土なのか、それすら我々の科学力ではわからないのだ。ここを見てくれ。脅えることはない。こいつははじめから死んでいる。

993. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:49:33  ID:MA== このコメントへ返信

トンスルwww

994. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:35  ID:QzMDgwNzg このコメントへ返信

※5 空の
僕には女がないのです
もはや、伝うべきほどのことはことごとく伝えた。
ここに連れてきたのか?
雲と立罩たちこめる名声のただ中に、名人紀昌は次第に老いて行く。
最後のチャンスだ。すり抜けながら掻っ攫え!
角によつぽど惹かれてか
あの子はどうするんだよ!
というわけで片鱗その1
よく眠れたかな?

995. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:38  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※1 へぇ~どうだった?
奉仕の気持になりはなつたが、
笑ひを沢山湛たたへた者ほど
畢竟ひつきやう意志の問題だ

食事は一日に5回だ。水は節約するんだよ。ん?
いたはしいよなものですよ
おはよう!
変な真似したらすぐに海に叩き込むからね!
ほら、セーラー服を脱ぎだしやがった。

996. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:45  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※5 あるまい?
ニッヒッヒッヒ・・・
教師の息子の十三番目、
あれからどうなつたのかしらない……
老紀昌は真剣しんけんになって再び尋ねる。
想像上の赤服おじいさんを信じていたかというと
いい・・・
ゆくか
キャー!
なんか、腹立ってきたは。

997. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:45  ID:A2Nzk3NTQ このコメントへ返信

※1 なにか可笑しな事件が起こるような物語には
今はぶきみに、たゞ立つてゐる
ああ、勿体無い。
矢は妻の睫毛三本を射切ってかなたへ飛び去ったが、射られた本人は一向に気づかず、
冬の明け方
きみはありにし
きれいな石だね。ちょっと・・・ん?あれ?
お天気の日の、海の沖は
おかわり!?
そこで地面や草木を見直す。

998. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:47  ID:c2ODk5MjQ このコメントへ返信

※4 それが真実ほんとを見えなくしちまふ。
朝倉涼子
手や足に、ひえびえとして
さっきの男もその一人?何者だろう軍隊と一緒にいるなんて。
安心した。どうやら人間みたいだ。さっきまでひょっとすると天使じゃないかって心配してたんだ。
どこ行っちゃったのかな?じっちゃん!じっちゃん!
考へてみれば簡単だ
雨が、あがつて、風が吹く。
厭いやがる妻を紀昌は叱しかりつけて、無理に機を織り続けさせた。
最後のチャンスだ。すり抜けながら掻っ攫え!

999. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:48  ID:k0MTc5Mzk このコメントへ返信

※7 へふぅ
主人は、客が冗談じょうだんを言っているとのみ思って、ニヤリととぼけた笑い方をした。
もちろん、寓話ぐうわ作者としてはここで老名人に掉尾ちょうびの大活躍だいかつやくをさせて、
その女の情熱のやうな
読書も、しむみりした恋も、
木立の前に、今もぼんやり
火を消せ!
どうやらこいつの口癖は
絶対来なさいよ。
うわっ!?

1000. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:51  ID:E0MzU4MTE このコメントへ返信

※4 すまん、何だって?
何を云つてるのかは
何してるんだ?あいつ?→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→↑
というわけで片鱗その1
――欧羅巴ヨーロッパは戦争を起すのか起さないのか
そうか。
君の一族はそんなことも忘れてしまったのかね!?
こいつをベルトに繋ぎな!お前達は本船でお待ち!
このまままっすぐ飛んで!小さな塔の上にいる。
夏の夜

1001. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:53  ID:YyNTk5ODM このコメントへ返信

※4 久しぶりだね、その後どうです。
処女むすめの眼めのやうに遥かを見遣みやつてはならない
砂は底だ、
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出。
・・・いてて・・・開けろ、開けろ!
棲む人達は子供等は、街上に見えず、僕に一人の縁者みよりなく、風信機かざみの上の空の色、時々見るのが仕事であつた。
明るい廃墟を唯独りで讃美し廻つてゐる
はたして、日曜日はどんな髪型になっているんだ?
うん。
相当ぶきみな、煙突でさへ

1002. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:56  ID:E4NzI1MzI このコメントへ返信

※10 ロボットは!?
十二の冬のあの夕べ
うわっ!いてて・・・
水は、恰あたかも魂あるものの如く、
きゃ!
みんな人々の心には沁しまず、
私の心が燻る……
三郎の作曲によりて残りしものなり。〕
畳の上で
わたしは、なんにも腹が立たない。

1003. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:49:58  ID:MzMDg0Nzc このコメントへ返信

※1 シータ!今行く!
ああ、あああ、ああああああ
追えー!
パズー、上を見て。
そうして、石碣の矢をつがえると、折から空の高くを飛び過ぎて行く渡り鳥の群に向って狙いを定める。
パズー・・・
我が部は文芸部じゃないわよ。
聖なる光を失わない。ラピュタの位置を示している。将軍に伝えろ。予定通りラピュタへ出発すると。
ミステリー研修会っていうのがあったのよ。
愛するものが死んだ時には、

1004. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:50:05  ID:Q4NzM1NzA このコメントへ返信

在特会には敵わないとみて個人ブログ荒らしか 
どこまでもやることが小せえなあ しこり隊って

1005. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:50:05  ID:Y4NTk1NjE このコメントへ返信

※6 空の
中学時代にも訳のわからんことを散々やり倒していたなぁ~
私もそれまでに部室を探しておくから。
――林が逃げた農家が逃げた、
・・・その石には強い力がある。わしは石ばかり相手にして生きてきたからよく分かるんじゃが、力のある石は人を幸せにもするが、不幸を招くこともあることなんじゃ。
ぞろぞろぞろぞろ出てくるわ、出てくるわ出てくるわ
いや、本当は築いていたのだ。
わあたしがいくら話しかけても
海賊の残りだ、もう一匹その足元に隠れているぞ
あんたは学校に提出する書類をそろえなさい。

1006. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:50:13  ID:E2NzQ4OTg このコメントへ返信

※2 ポムじいさん!大丈夫、とってもいい人だよ!
音さへ
ないぞ、
紹介するわ。
おとなしい色をしてゐた
薄日の射してる午後の三時
制服さんの悪いクセだ
人ッ子一人ゐはしないグランドは
夜になつて、急に死んだ。
夕陽に霞かすんで

1007. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:50:22  ID:c4MTcyMjY このコメントへ返信

※1 親方、空から女・・・
菖蒲しやうぶのいろの
親方!海賊だ!この子を狙ってるんだ!
黄色い
お道化うた
僕は思つたわけでもないが
パズーしっかり、大丈夫?
窓の硝子は陽をうけてゐた
みんな元気で。
あ!

1008. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:50:26  ID:kxODE0OTE このコメントへ返信

※5 美術部や吹奏学部なら
いつ気づいたの?
汽笛の湯気や今いづこ
うわぁ!!
お黙り!
馬は山であった。
2番のバルブを閉めろ!
はたはた
月の光が照つてゐた
厨宰ちゅうさいの易牙えきがは己が息子むすこを蒸焼むしやきにしてこれをすすめた。

1009. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:50:31  ID:kyODE4NjQ このコメントへ返信

※2 素晴らしい船だ!ムスカ!娘は白状したか?
ベートー※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ンか、シューバート?
ちなみに、あっちで座って本を読んでいるのが、
彼は我が目を疑った。
成績もどちらかと言えば優秀なんだ。
しかしあれは煙突の煙のやうに
よく眠れたかな。
嬌羞けうしうよ、
ありがとう。助けてくれて。私シータって言うの。
その紫の押花おしばなはもうにじまないのか

1010. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:50:44  ID:IyNTY4MDI このコメントへ返信

※7 一つのメルヘン
蒼々として葉をひるがへし
ところで話は、とかくないもの。
ほーう。
獣はもはや、なんにも見なかつた。
雀躍じゃくやくして家にとって返した紀昌は、再び窓際の虱に立向い、
だらだら
娘を捕らえろ!
しかも、夜中の学校に忍び込んで
ぞろぞろぞろぞろ出てくるわ、出てくるわ出てくるわ

1011. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:50:49  ID:AwMjE1MDE このコメントへ返信

※7 あ!
でも、安心した。
シータ!うおっ!おばさん!?
汽笛の湯気や今いづこ
もう少し時間が要ります。
このパッキンだね。
やっぱりシータを狙ってるんだ。
そして
働きます。
――かぼそい声をもう一度、聞いてみたいと思ふのだ……

1012. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:50:53  ID:M5OTEwNjU このコメントへ返信

※1 その子の兄が電報打ちに行つた。
素晴らしい!!最高のショーだとは思わんかね!?
新鮮なアホだこいつ。
きゃあ!
ひとり、
あなたはなほも、語るでせう、
吹込んでゐた。
曜日が進むごとに髪を結ぶ場所が増えている。
この日頃
それは寺院の森の霧きらつた空……

1013. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:50:56  ID:M0Njg1NTU このコメントへ返信

※3 珍しく残業かい?
卵殻もどきの貴公子の微笑と
此処ここと
カスタニェットと月光のほか
疲れたる我等が心のためには、
それいけ~!
涼宮ハルヒに話しかけていた。
ヘヘヘ・・・
こつでもあるの?
眼玉よ、

1014. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:50:59  ID:M0NTk3NzM このコメントへ返信

※2 それいけ~!
でも、それは、一部の人間の{才覚さいかく}や
大きい風には銀の鈴
うわぁ!?
雨の日
人々は家に帰つて食卓についた。
二年の教室でぼんやりしてるところを捕まえたの。
-ティディス要塞
肺病やみで、腓ひは細かつた。
おじさん!もっとスピード出ない!?

1015. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:01  ID:U1NTIwMTM このコメントへ返信

※7 どこから拉致ってきたんだ?
再び弟子でしがかかる企たくらみを抱くようなことがあっては甚はなはだ危いと思った飛衛は、
つながりました。
月はその時空にゐた
さっきまでただの岩だったのに。
俺は心の底から宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や
浮かべてゐるうち
あっはっはっは、どこへ行こうというのかね!?
お前、プディング作れるか?
――「空しき秋」第十二

1016. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:51:01  ID:A2NjAzMTY このコメントへ返信

IP公開してアク禁でいいんじゃないの?w
ってかアクセス数増えたねw

1017. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:03  ID:Y2NzQ5OTE このコメントへ返信

※8 こころゆくまで悔ゆるは洵まことに魂を休むればなり
葱ねぎの根のやうに仄ほのかに淡あはい
いたいたしくて美しかつた!
その女の情熱のやうな
空に昇つて、光つて、消えて――
女を描いてみてゐるのです
あっはっはっは・・・。
あたたかいお茶も黄昏たそがれの空とともに
ムッとした紀昌を導いて、老隠者は、そこから二百歩ばかり離はなれた絶壁の上まで連れて来る。
だらだら

1018. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:09  ID:AxMTkwNDI このコメントへ返信

※7 *
同感なさる時が
基本的にねぇ。
如く。
空気よりよいものはないのです
そこの、涼宮がこれから作る活動内容未定で
字板が鳴るのか中の機械が鳴るのか
何してるんだ?あいつ?→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→↑
まことに、人生、花嫁御寮。
此処ここでは薪が燻くすぶつてゐる、

1019. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:12  ID:UxMzg1MDY このコメントへ返信

※7 空に揚りて漂へり
抜けさへ
手真似につれては、唇くちも動かしてゐるのでしたが、
それが真実ほんとを見えなくしちまふ。
仮入部していたのだった。
え?キャー!パ、パズーっ!
俺は月曜は1って感じがするけどなぁ。
子供の手をば無理に引き

それは、紗しやの服なんかを着込んで、

1020. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:13  ID:k3NzAyNTg このコメントへ返信

※8 ちょうどあのくらいの年頃でさ。
晴れた日だとて、相当ぶきみ
今は春でなくて、秋であつたか
老いたる者をして
部活よ!
手ぬるい!あんな小娘締め上げればすぐに口を割ろうわい。
をりしもかなた野のうへは
ぁーまぁいい。
ほぇ?
頑是ない歌

1021. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:51:13  ID:QyMzY3MDI このコメントへ返信

バカッターというやつだな。因みにこのサイトと名誉毀損の裁判やっても勝てないよ。

これで名誉棄損なら全ての報道機関の行動は名誉棄損の該当になる。
また、メディアの場合、嘘と知りつつ、他人の名誉を貶める目的で報道したら名誉棄損になる。だが、
そんなもん、どうやって立証するの?
知らんかった。事実だと思っていた。と言われたらアウト。むしろ、おまいらが記事内容が嘘であると証明しなきゃいけないな。となるとジバキ隊が虚偽告訴罪になるな。
むしろ、バカッターでほざくシバキ隊が脅迫罪で捕まるわ。
シバキ隊、マジで馬鹿だわ。

1022. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:16  ID:Q4MjA5MzA このコメントへ返信

※1 喝あげされているような気分だぜ。
ま、そういうことだから
何!?
髪型が毎日変わる。
憂ひ秘め、
線条に鳴る
まぁ、そうかな?
上に。
読める!!読めるぞ!!
あんたの意見なんか、誰も聞いてない!

1023. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:18  ID:EwNjM2MDI このコメントへ返信

※9 遠く経て来た日や夜よるの
あっちは昔の穴だらけだよ。
青空が開あく。
おれは此処ここで待つてゐなくてはならない
僕は蹲しやがんで
あの光の差す方向にラピュタがあるのだ!!
ギタアがそばにはあるけれど
夜毎喫茶店にあらはれて、
今ぢやどうさへ、手出しも出来ず

1024. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:19  ID:c2MzM1NjE このコメントへ返信

※8 みなさん、今夜は、春の宵。
無いんだったら自分で作ればいいのよ!
あのけがらはしい肉を破つて、
大きい猫が頸ふりむけてぶきつちよに
此の世の光のたゞ中に
いきなり背に負うた楊幹麻筋ようかんまきんの弓を外して手に執とった。
瞬かざるのみではまだ射しゃを授けるに足りぬ。
雨を吸収する、
雀はどうなつたか、誰も知らなかつた。
ロボットは?

1025. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:51:24  ID:QyMDY2NDk このコメントへ返信

・・・これ潰すことになってんのか?
純粋に疑問だわ・・・まあこれくらいしか思いつかないんだろうな・・・かわいそうに

1026. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:25  ID:Y5NTk0OTU このコメントへ返信

※7 縁側に陽があたつてて、
おーい、この子達を保護してやってくれ!海賊どもに追われてるんだ。
二三日たっても、依然いぜんとして虱である。
胡弓の音
弓?
覚えず外に顛落てんらくしたと白状した盗賊とうぞくもある。
綱も
老いたる者をして静謐せいひつの裡うちにあらしめよ
菖蒲しやうぶのいろの
そいつと出会った。

1027. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:51:30  ID:M4MzkxMDA このコメントへ返信

保守速さんにはいつもお世話になってるし申し訳ないけど、
これほどアクセス数が伸びることが約束されているサイトが減るんだから
その隙を狙って「第二の保守速報」になろうとする輩がわんさか出てくるだろうね。
1つ潰れれば50は増える。

1028. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:32  ID:IxODA4NTc このコメントへ返信

※9 明けき日の
ひときはつづく蝉しぐれ
OP
すさまじい破壊力を持つロボットの兵隊だよ。こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかった。
大原女おほはらめが一人歩いてゐた
そうよ。
家々の腰板古い。
ではみなさん、
父親は、遠洋航海してゐた。
SOS団!

1029. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:38  ID:EzMzMyODI このコメントへ返信

※7 お前達はここで待て
やめとくも何もそんな気は無いんだが・・・
この小児
麦稈真田ばくかんさなだを敬虔けいけんに編み――
老紀昌は真剣しんけんになって再び尋ねる。
この石の上で先刻の業を今一度見せてくれぬか。
しかも工場は、音とてなかつた
とほる
奥儀伝授が始まってから十日の後、試みに紀昌が百歩を隔てて柳葉を射るに、既すでに百発百中である。
下の連中を待たせるんじゃねぇ!

1030. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:42  ID:M1NDM3ODM このコメントへ返信

※5 -フラップター上
沖の波は、今も鳴るけど
それ!
夜は、蒸気で出来た白熊が、
ぁぁ~
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
危ない誘拐犯のようなことを言いだした。
この小児
なんにも訪おとなふことのない、
おーい!

1031. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:51:44  ID:I5MTg5MjQ このコメントへ返信

946
この連投は組織的にやってるね
保守速はどうしても守りたいから
コメント承認制にしてほしい

1032. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:48  ID:g0NTI4OTk このコメントへ返信

※1 一、美少女高校生にしか見えなかった。
あんまりこんなにこひしゆては
憂愁にみちたものに、思へるのであつた。
ヒッヒッヒ・・・
海賊かよ、おい!
けっこう、俺は動揺した。
まあ、いいや。
あ~?こりゃおったまげた、軍隊のお出ましだ。
ついに、彼の目の睫毛と睫毛との間に小さな一匹ぴきの蜘蛛くもが巣すをかけるに及んで、彼はようやく自信を得て、師の飛衛にこれを告げた。
なんでも

1033. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:49  ID:gxMjI4NDI このコメントへ返信

※3 悲しんでゐる、わけもなく……
彼女は
判屋奉公したこともあつた
壁の中へ這入はひつてしまつた。
壺の中には冒涜を迎へて。

青空をばかり――
涙にくれて相擁あいようしながらも、
舞ひ去つてゐた!
うん。

1034. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:50  ID:k0OTE2MDM このコメントへ返信

※5 シータ!
やっぱりその石の力なんだ!すごいや!
ポッカリ月が出ましたら、
・・・・・・・・・・・
ラピュタへの道が開けた、来い!!
枯木の小枝が鹿のやうに睡ねむい、
こころで感じて、顔見合せれば
様々な噂うわさが人々の口から口へと伝わる。
とほく
夏の朝

1035. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:51  ID:U5MTc1NjM このコメントへ返信

※6 趙ちょうの邯鄲かんたんの都に住む紀昌きしょうという男が、天下第一の弓の名人になろうと志を立てた。
今宵星降る東京の夜よる、
通りに雨は降りしきり、
この馬鹿息子ども!さっさとお乗り!
砂は底だ、
ある日老いたる紀昌が知人の許に招かれて行ったところ、その家で一つの器具を見た。
午睡の
庭に向つて、開け放たれた戸口から、
――「空しき秋」第十二
――在りし日の歌――

1036. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:51  ID:g3MDY4NjY このコメントへ返信

※6 もはや、鋭利えいりな錐きりの先をもって瞼まぶたを突つかれても、まばたきをせぬまでになっていた。
全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!
私は今、此の詩集の原稿を纏め、友人小林秀雄に托し、東京十三年間の生活に別れて、郷里に引籠るのである。別に新しい計画があるのでもないが、いよいよ詩生活に沈潜しようと思つてゐる。
一つのメルヘン
男なら拳骨で通れ。
ただ、築きたくなかっただけなのだ。
おじさん!もっとスピード出ない!?
素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!
己が業が児戯に類するかどうか、とにもかくにも早くその人に会って腕を比べたいとあせりつつ
落ちてゐる

1037. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:51:58  ID:I3Njg2OA= このコメントへ返信

※4 瞼まぶた
ともすると、弱々しげな手付をして、
3分間待ってやる!!
紀昌は再び家に戻もどり、肌着はだぎの縫目ぬいめから虱しらみを一匹探し出して、これを己おのが髪かみの毛をもって繋つないだ。
夜になつて、急に死んだ。
遊びに来たんじゃないんだからな。
姉妹は眠つた、母親は紅殻色の格子を締めた!
気がついたわ。
あれは、浪ばかり。
世界はまだみな眠つてゐた、

1038. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:08  ID:I4MjY5MTE このコメントへ返信

※6 坐つてゐたこともある、
別に。
毎夜三更さんこうを過ぎる頃ころ、紀昌の家の屋上おくじょうで何者の立てるとも知れぬ弓弦の音がする。
-フラップター上
旗が
あゝ
近寄つてみると、
飛んでゐる
まだみぬ
どうも思わん!

1039. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:52:11  ID:MA== このコメントへ返信

バイト君一米幾らでやってるか知らんが民譚破産しちゃわないかな?(´・ω・`)

1040. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:19  ID:I4NzE0Nzk このコメントへ返信

※7 すると尻から
涼宮ハルヒは黙ってじっと座っている限りでは、
ほんにおまへもあの時は
燧石ひうちいしを打つて、星を作つた。
あの子?
追うんだ!
薄桃色の、風を切つて……
この部室棟
あの子が返つて来るぢやない
ハハハ、やあ、気分はどう?・・・あっこら待て、待てったら。

1041. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:21  ID:I3MzQ2MTI このコメントへ返信

※1 Aランクの女はフルネームで覚えたぜぇ!
このまま進め、光は常に雲の渦の中心をさしている
こそこそ話してゐる間
なにを思へるその顔ぞ
For
秋の日は、からだに暖か
いい答えだ。・・・そっちはどうだい?
年齢は百歳をも超こえていよう。
それは
僕は此の世の果てにゐた。陽は温暖に降り洒そそぎ、風は花々揺ゆすつてゐた。

1042. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:22  ID:Q5MjUyOTQ このコメントへ返信

※6 もう長年の習慣だ。
え?キャー!パ、パズーっ!
上の上の空でジュピター神の砲ひづつが鳴る。
毎夜三更さんこうを過ぎる頃ころ、紀昌の家の屋上おくじょうで何者の立てるとも知れぬ弓弦の音がする。
お待ち!
まぶしくなつたら、日蔭に這入はひり、
任意同行よ。
ぼんやり俯うつむき、案じてゐれば
来ないと、死刑だから。
うわっと!

1043. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:25  ID:U2NjUzNjk このコメントへ返信

※8 君が協力してくれるんなら、あの少年を自由の身にしてやれるんだ
理由を知らない妻は大いに驚おどろいた。
ラピュタ人・・・
そうして、石碣の矢をつがえると、折から空の高くを飛び過ぎて行く渡り鳥の群に向って狙いを定める。
軽く立ちたる埃ほこりかも
開いた瞳は
お前、何言ったんだ?
あ!やめて!もうやめて!お願い!!
月の光のそのことを、
バットの空箱からを蹴つてみる

1044. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:32  ID:Q0MzU0NDY このコメントへ返信

※1 シータが降りてきたときもそうだったよ。入り口があんなに小さいや。
雀躍じゃくやくして家にとって返した紀昌は、再び窓際の虱に立向い、
これは私の機関の仕事です
てっきり、うるさい!バカ!黙れ!どうでもいいでしょそんなこと!
大河おおかはの、その鉄橋の上方に、空はぼんやりと石盤色であるのです。
意味不明なハルヒの一言により目出度くそのように決まった。
東中から来ました。谷口です。
さて、それなのに夜が来れば蛙は鳴き、
まだみぬ
澄み亙わたつたる夜の沈黙しじま

1045. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:34  ID:YxMzkxNTY このコメントへ返信

※8 あんまりこんなにこひしゆては
ひときはつづく蝉しぐれ
パズーしっかり、大丈夫?
いやはや
協力しなさい!
これが食堂の雑踏の中に、
!・・・これは?
朝あしたを
彼はようやく機の下から匍出はいだす。
また来ん春……

1046. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:34  ID:AxMTkwNDI このコメントへ返信

※10 ボイラーの火を落とせ、残業は無しだ。
だめです、金属どころか錫もでねぇ。
きれいな石だね。ちょっと・・・ん?あれ?
変な真似したらすぐに海に叩き込むからね!
わっ!?
壊すんじゃないよ。
あぁぁーでは次
銀の液……
威張るな!お前達だってシータを狙ってるじゃないか。
北風は往還を白くしてゐた。

1047. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:52:42  ID:MA== このコメントへ返信

まともに読めねーwww

1048. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:49  ID:E3OTgyNzA このコメントへ返信

※8 ここへ来る気か!?
九年たって山を降りて来た時、人々は紀昌の顔付の変ったのに驚いた。
これは僅かだが心ばかりのお礼だ、とっておきたまえ

ヘヘヘ・・・
ほのかほのかに
急げー!
ぁーぉーん
共々に余りに可憐な声をばあげて、
見掛けねぇな。

1049. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:50  ID:Q3NDMyNTg このコメントへ返信

※5 老人はその家の主人に尋たずねた。
シータァァァ!!
私はいまは此処ここにゐる、黄色い灯影に。
パズーしっかり、大丈夫?
部室ね部室ね
慈父の首かうべと懐かしい……
ピーチクチクと啼きますは
リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!
軒燈あかりの
冷たく沈み、しみじみと

1050. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:51  ID:gyMzI0ODE このコメントへ返信

※7 サンタクロースをいつまで信じていたかなんてことは
軒燈あかりの
九年たって山を降りて来た時、人々は紀昌の顔付の変ったのに驚いた。
幻影
ん?
あゝ、誰か来て僕を助けて呉れ
リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!
おまへを抱いて動物園
君も男なら聞き分けたまえ
思い出したまえ、この石を働かせる言葉を、約束さえ果たせば君も自由になれる

1051. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:51  ID:AzMTQ1NjY このコメントへ返信

※4 昔恋しい時もあり
その黒眼鏡たちにさらわれてきたの?
おまけにスポーツ万能で
どうやらこいつの口癖は
陽を受けてたけど、
奥儀伝授が始まってから十日の後、試みに紀昌が百歩を隔てて柳葉を射るに、既すでに百発百中である。
と老人は笑う。
急げ!
時を打つ前には、
おれを憎んだためしはない。

1052. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:53  ID:g3NTg5ODY このコメントへ返信

※10 へい!
顔の
既に早く射を離れた彼の心は、ますます枯淡虚静こたんきょせいの域にはいって行ったようである。
BGMなし
何の話だ!?
かくて夜は更ふけ夜は深まつて
ヂオゲネスの頃には小鳥くらゐ啼いたらうが
春は土と草とに新しい汗をかゝせる。
朝倉涼子
秋は

1053. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:52:56  ID:YzOTM1MzA このコメントへ返信

※2 自分を見出すばつかりだ。
その人の前に出ては我々の技のごとき児戯にひとしいと言った師の言葉が、彼の自尊心にこたえた。
谷口
朝鮮女
なまあつたかい靄もやもある
見れば銅貨が落ちてゐる、いやメダルなのかア
ピーチクチクと啼きますは
ぁぁ~
-ティディス要塞
線条に鳴る

1054. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:02  ID:I2MjU0NzI このコメントへ返信

※6 かすかな姿態をゆるやかに動かしながら、

日課になりつつあった。
のぞみにや
ちなみに、あっちで座って本を読んでいるのが、
火を消せ!
まだみぬ
BGMなし
漸く手中しゆちゆうで
ながれ

1055. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:03  ID:I2Nzk1NTI このコメントへ返信

※5 いやにおとなび彳たちゐたり
海にゐるのは、
親方、空から女・・・
捕まえるのに手間取っちゃって。
外燈ひなぞは
おつぽり出してあるばかり
あゝ!
ゆくか
はぁぁ!?
死んだか?

1056. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:53:03  ID:c1NTUxNzQ このコメントへ返信

これなんかソフト使って荒らしてるんじゃないか?









IDも次々変えてる。











1057. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:03  ID:I3NTY4NzY このコメントへ返信

※8 菖蒲しやうぶのいろの
此の世の光のたゞ中に

まだ仕事?
あそこだ!シータがいる!
おうっ・・・
幼獣の歌
一通り出来るようじゃな、と老人が穏おだやかな微笑を含ふくんで言う。
相手が冗談を言っているのでもなく、気が狂っているのでもなく、また自分が聞き違えをしているのでもないことを確かめると、
うわぁ!?動いてる!?

1058. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:09  ID:EzNDUxMDY このコメントへ返信

※4 ラピュタの本当の姿を、この目で確かめたいんです。
眠らうとして目をば閉ぢると
消えゆけば
笑ひを沢山湛たたへた者ほど
遥か真下に糸のような細さに見える渓流をちょっと覗いただけでたちまち眩暈を感ずるほどの高さである。
方では
BGMコミカルハッスル
太古むかしは、独語も美しかつた!……
その金で手を引けって言われたんだろうが。
動くな!

1059. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:11  ID:A1Mjg0NQ= このコメントへ返信

※7 働きます。
今ぢやどうさへ、手出しも出来ず
月に向つてそれは抛はふれず
我儕われらのごとき、足下あしもとにも及ぶものでないと。
素晴らしい船だ!ムスカ!娘は白状したか?
不思議に
たぶん、全部本当だから・・・
だが、待てよ!
素晴らしい船だ!ムスカ!娘は白状したか?
そを

1060. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:12  ID:c2NTcwNTM このコメントへ返信

※7 シュバちやんかベトちやんか、
見てみたいような気もする。
確かに見憶みおぼえのある道具だが、どうしてもその名前が思出せぬし、その用途ようとも思い当らない。
我が部の活動に邪魔だから。
いいわね!?
またその苦労が果して価値の
水は、恰あたかも魂あるものの如く、
小僧!!娘の命と引き換えだ!!石のありかを言え!!
港の空に鳴り響いた
非常な個体の粉末のやうで、

1061. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:12  ID:M2ODA4MTM このコメントへ返信

※6 こいつは地上で作られたものではない。この体が金属なのか粘土なのか、それすら我々の科学力ではわからないのだ。ここを見てくれ。脅えることはない。こいつははじめから死んでいる。
ああっ!
めっちゃめちゃ可愛いでしょう?
工場の庭には煉瓦干されて、
煙は空に身をすさび
ことだけれども、それこそが、
聞いちゃいねぇ~
けふびは雀も啼いてはをらぬ
構わん。空中でたっぷり締め上げてやれ。夜明けとともに娘を乗せて出発だ。
ホラホラ、これが僕の骨――

1062. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:14  ID:E2NzQ4OTg このコメントへ返信

※9 古い影絵でも見てゐるやう――
今はた
世界はまだみな眠つてゐた、
はるかな気持の、春の宵だ。
俺は大した考えも無く高校生になり、
子供の手をば無理に引き
蹄ひづめの
舞ひ入る
!?
それは、紗しやの服なんかを着込んで、

1063. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:19  ID:YxMjM0ODY このコメントへ返信

※10 遠いい物音が、心地よく風に送られて来るとはいへ、
岬の端には煉瓦工場が、
とほる
都会の夕べはそのために十分悲しくあつたのだ。
雲と立罩たちこめる名声のただ中に、名人紀昌は次第に老いて行く。
お前の谷だ。まったくとんでもない無駄足だったよ。
片鱗その2
薄日の射してる午後の三時
日課になりつつあった。
僕は女を想つてる

1064. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:20  ID:EzMzMyODI このコメントへ返信

※8 畢竟ひつきやう意志の問題だ
愛するものが死んだ時には、
あれは人魚ではないのです。
デーデー屋さんの叩く鼓の音が
あたたかいお茶も黄昏たそがれの空とともに
ぇへ
風に吹かれる、
空気に
ぁはははーー
またひとしきり

1065. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:21  ID:QxNzc5NTE このコメントへ返信

※5 え?
けだし、彼の至芸による矢の速度と狙いの精妙さとは、実にこの域にまで達していたのである。
嘗かつて煙を、吐いてた煙突も、
意味不明なハルヒの一言により目出度くそのように決まった。
そんなことなぞ考へてもみぬ。
今では女房子供持ち
知らん!
立て!
へい!
しかしあれは煙突の煙のやうに

1066. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:24  ID:AyODE4OTY このコメントへ返信

※2 森の中では死んだ子が
上に。
月は頭上にあるでせう。
あの石だ、早く隣の部屋へ!飛行石だよ!

このパッキンだね。
隣家となりは空に
あなたから伝えてもらうことにするから。
汗の出さうなその額、
さりとて生きてゆく限り

1067. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:24  ID:E4Njk4ODM このコメントへ返信

※4 弓は?
煉瓦工場に、腰をば据ゑて、
もはや、伝うべきほどのことはことごとく伝えた。
けれども、それは、示あかせない……
最後に見せた鹿だけは
で、いじけてのこのこ帰ってきたわけかい。それでもお前、男かい!?え!?
蛇口の滴しづくは、つと光り!
動いてるぞ。
昔恋しい時もあり
波打際に、落ちてゐた。

1068. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:53:28  ID:MA== このコメントへ返信

ご苦労なこったぁー(笑)

1069. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:28  ID:Y1Nzc5MTk このコメントへ返信

※2 ホラホラ、これが僕の骨――
ながれて
ロボットが、ロボットが生きています!もしもし!・・・うわぁ!!
風とともにもう其処にはなかつた。
読書も、しむみりした恋も、
ん?・・・えいっ!
喝あげされているような気分だぜ。
いつしか
遊びに来たんじゃないんだからな。
ベートー※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ンか、シューバート?

1070. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:29  ID:kzNTk5ODY このコメントへ返信

※4 お前の持ち場だよ。
これからこの部屋が我々の部室よ!
名前ならたった今考えたから。
けふ一日ひとひまた金の風
もう少し時間が要ります。
また、何としても古書に記された事実を曲げる訳には行かぬ。
ために
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
お、落ちるぞー!?
――ではまたそのうち、奥さんによろしく、

1071. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:30  ID:IzMzcyNTg このコメントへ返信

※9 ヒーローたちがこの世に存在しないと
うわぁ!
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出、
見てみたいような気もする。
構わん。空中でたっぷり締め上げてやれ。夜明けとともに娘を乗せて出発だ。
なまあつたかい、風が吹く。
久しぶりだね、その後どうです。
かすかな音を立ててもゐるのでした。
――けれど漕ぐ手はやめないで。
潜もぐりこみ

1072. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:30  ID:M0MzI5NTM このコメントへ返信

※3 ふふーん。見てー。
大高源吾おほたかげんごの頃にも降つた……
私に協力してほしい、飛行石にラピュタの位置を示させる呪文か何かを君は知っているハズだ
誰知らうことわりもない……
ポムじいさん!大丈夫、とってもいい人だよ!
強しいて気を励はげまして矢をつがえようとすると、
春宵感懐
おーい!
雪の降る日は高貴の夫人も、
飛ぶ気か!?

1073. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:37  ID:g2NDQ3MDY このコメントへ返信

※7 BGM不明調べます!
凄い!!
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
おい、キョン!
姉らしき色
安物くさいその眼鏡、
お待ち!
ながれて
しかし一度も、さうと口には出さなかつた。
シータ、いい名前だね。驚いちゃった、空から降ってくるんだもん。

1074. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:37  ID:E4MjUwNjQ このコメントへ返信

※1 人ッ子一人ゐはしないグランドは
男子
反射ひかりだ。
ほのかな
二人互たがいに射れば、矢はその度に中道にして相当り、共に地に墜ちた。
煙草吹かしてぼんやりしてると、
石灰で白線引く道具あるだろぉ?
彼は客の眼を凝乎じっと見詰める。

だいぶ年寄りだからなぁ。

1075. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:38  ID:cwMzg1MzQ このコメントへ返信

※8 ――けれど漕ぐ手はやめないで。
同感なさる時が
晴れた日だとて、相当ぶきみ
姉妹は眠つた、母親は紅殻色べんがらいろの格子を締めた!
あゝ十二時のサイレンだ、サイレンだサイレンだ
しみたれた
愉快なものもないのです
ん!?光ってる・・・
煉瓦工場の、窓も硝子ガラスも、
弓を執らざる弓の名人は彼等の誇ほこりとなった。

1076. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:41  ID:QyNTIwMzk このコメントへ返信

※5 親方、空から女・・・
そりゃ、普通そうだろう。
お~、見たまえ、この巨大な飛行石を、これこそラピュタの力の根源なのだ!!
やがてピアノの部屋に入り、
知つてでもゐるやうにのぼる。
あの人たち海賊よ。
お近きになっとくのもいいかなと、
うれしい心に夜が明けた、
人々は家に帰つて食卓についた。
骨はしらじらととんがつてゐる。

1077. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:53:41  ID:k3NjI2NzY このコメントへ返信

ちょいと時間が取れたら

コメントは承認制にするのも検討してねん

もしくはもうひとつのブログ作るとか

あと寄付が必要ならいつでもいってくださいね

1078. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:42  ID:A1NDI5OTk このコメントへ返信

※5 ここに連れてきたのか?
いたら私のところに来なさい。
シータァァァ!!
月夜の晩に、ボタンが一つ
シーター!
フフ・・・
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
時にいちばん憎みあふ。
制服さんの悪いクセだ
ぇ?ぁ、じゃあこの人は上級生じゃないか?

1079. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:53:42  ID:g1MTg3MDI このコメントへ返信

これやって勝った気分になってるのかな?

1080. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:42  ID:U1NTA4MDQ このコメントへ返信

※9 陽を受けてたけど、
パズー、上を見て。
親方ー!
大きな溜息
瓦屋根今朝不平がない、
ウルはラピュタ語で「王」、トエルは「真」、君はラピュタの正統な王位継承者リュシータ王女だ
冬の長門峡

何!?
日課になりつつあった。

1081. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:43  ID:U3MjQzMDY このコメントへ返信

※4 閣下は兵隊を必要な時に動かして下さればよい
-ティディス要塞
でもなぁあいつもてるんだよなぁ
賢さかしい俺なのだが、
木偶のごとき顔は更に表情を失い、語ることも稀まれとなり、ついには呼吸の有無さえ疑われるに至った。
あの子が返つて来るぢやない
今はた
以上。
BGMなし
ママ、落ちる~!

1082. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:43  ID:IwMjI4Njg このコメントへ返信

※2 夜毎喫茶店にあらはれて、
秋の消息
ポムじいさん?
偶然だよなぁ~
このころから、徐々に{片鱗へんりん?}を見せていたと言うべきだろう。
知らん!
客とてもなかりけり。
厳いかめしい紺青こあをとなつて空から私に降りかゝる。
ほんにおまへもあの時は
考へてみればそれはまあ

1083. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:50  ID:cxNDE0MTI このコメントへ返信

※10 あ~がぁ~!!
えらい美人がここにいた。
部室ね部室ね
冬の暁風
今日はほんとに好いお天気で
僕にはもはや何もないのだ
本が好きなんだなぁ~
雨が降る
睦みし瞳
ちなみにキョンっていうのは俺のあだ名だ

1084. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:52  ID:A5MjczOTQ このコメントへ返信

※7 ヱヂプト煙草
どんな呪文だ、教えろその言葉を!!
BGMコミカルハッスル
パズー!あ・・・パズー!
お前が変な気を起こす前に言っておいてやる
けふ一日また金の風
冷たい夜
どうぞって。
陽光ひかりに廻めぐる花々や
ハハハ・・・あ、そうだ!ポットかけっぱなしだった。

1085. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:54  ID:U5MjY3NTU このコメントへ返信

※1 ちょっと借りてるよ、坊や。
※(「にんべん+爾」、第3水準1-14-45)の師と頼むべきは、今は甘蠅師の外にあるまいと。
ゆゑに。
昼、寒い風の中で雀を手にとつて愛してゐた子供が、
昼、寒い風の中で雀を手にとつて愛してゐた子供が、
3分間待ってやる!!
それをまず、教えてくれ!
老いたる者をして
ぅーん
親方ー!空から女の子が!

1086. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:54  ID:g1MzcwMjI このコメントへ返信

※6 波はヒタヒタ打つでせう、
凄い!!
青い瞳は動かなかつた、
確実に入るね
椎の枯葉の落窪に
青い瞳
誤解を招くようなことを言うな!
俺はそんながきな夢を見ることからも卒業して
今宵も
何がわかったんだろう。

1087. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:57  ID:Q5OTM3MzA このコメントへ返信

※1 沖の方では波が鳴つてた。
木偶のごとき顔は更に表情を失い、語ることも稀まれとなり、ついには呼吸の有無さえ疑われるに至った。
シータ!
やー、なんか手伝・・・あ!ああ!
なにしろまだ同好会の{定てい}
ムスカ!わしがラピュタ探索の指揮官だと忘れるな!
みんな元気で。
欄干らんかんにこぼれたり。
相当ぶきみな、煙突でさへ

1088. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:58  ID:kxMTczNjM このコメントへ返信

※7 あすとらかんのあはひ縫ふ
それらみな
千万年も、古びた夜よるの空気を顫ふるはし、
くちびる
無いんだったら自分で作ればいいのよ!
ばかり、
いつしか
ラピュタの調査は、シータさんの協力で軍が極秘に行うことになったのだ。君の気持ちは分かるが、どうか手を引いて欲しい。
九年の間、紀昌はこの老名人の許に留とどまった。
臘祭らふさいの夜の

1089. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:53:59  ID:M0ODcwNzU このコメントへ返信

※9 いや、弓さえ絶えて手に取ろうとしない。
紀昌は慄然りつぜんとした。
己が業が児戯に類するかどうか、とにもかくにも早くその人に会って腕を比べたいとあせりつつ
ゆくか
これ、笑うとこ?
賢かしこい渡り鳥共は彼の家の上空を通らなくなった。
トウッ!
裏の木立で鳥が啼ないてた
-炭鉱
渝かはらぬ

1090. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:08  ID:A1NDEwOTc このコメントへ返信

※1 飛ぶ気か!?
菜の花畑で吹かれてゐるのは……
時にいちばん憎みあふ。
花瓣くわべんが通る。
うたつてる。
目撃したわけではないのに、
では射というものをお目にかけようかな、と言った。
・・・・・・・・・・・
あんたの意見なんか、誰も聞いてない!
黒い

1091. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:09  ID:M3NTkzOTE このコメントへ返信

※1 思い出したまえ、この石を働かせる言葉を、約束さえ果たせば君も自由になれる
あの人たち海賊よ。
もしそれが本当だとすれば、天下第一を目指す彼の望も、まだまだ前途程遠い訳である。
甘蠅師の許を辞してから四十年の後、紀昌は静かに、誠に煙けむりのごとく静かに世を去った。
最初から信じてなどいなかった。
BGMうんざりだ
私の家に古い秘密の名前があって。この遺石を受け継ぐとき、その名前も私継いだの。私の継いだ名はリュシータ。リュシータ・トエル・ウル・・・ラピュタ。
僕は何を云つてゐるのか
いや、弓さえ絶えて手に取ろうとしない。
青い瞳は動かなかつた、

1092. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:13  ID:czMTQxOTY このコメントへ返信

※6 みえる
小さなひびが沢山にあるのだつた
・・・・・・・・・・・
野原は
さてこの
煉瓦干されて赫々あかあかしてゐた
・・・ラピュタ・・・
そこ、笑っていいぞ。
雨を吸収する、
ちょっとばかし変人でも黙って立っていたらんなことわかんねぇ~し

1093. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:16  ID:M3NzA4MDM このコメントへ返信

※9 素晴らしい!!最高のショーだとは思わんかね!?
やあ、今日は、御機嫌いかが。
えもいはれない弾力の
来る日も来る日も彼かれはこの可笑おかしな恰好かっこうで、瞬きせざる修練を重ねる。
きゃー!

悪いことは言わん
そっち方が面白いじゃないの!
俺、涼宮があんなに長い間しゃべってるの初めて見るぞ!
あゝ

1094. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:18  ID:AzNzE4Nzc このコメントへ返信

※5 狡ずるさうなピッチャは相も変らず
しみたれた
あんたは学校に提出する書類をそろえなさい。
紹介するわ。
薄日の射してる午後の三時
3分間待ってやる!!
麻は朝、人の肌はだへに追い縋すがり
奉仕の気持に、なることなんです。
奥処をくがに
反歌

1095. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:24  ID:EwNDM3Njg このコメントへ返信

※3 夜になつて、急に死んだ。
名状しがたい何物かゞ、たえず僕をば促進し、目的もない僕ながら、希望は胸に高鳴つてゐた。
あっそう。
ほーう。
え?ママのようになるの?
時にうるさく思ふのだ。
ぅん、いや~ごめんごめん遅れちゃった。
事を急ぐと元も子も無くしますよ閣下
時にいちばん憎みあふ。
パズー!心配してたんだよ。あれっきり姿が見えなくなっちゃって。あの子はどうしたんだい?

1096. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:26  ID:cyNTc3NTQ このコメントへ返信

※6 入りたまえ。
僕は思つたわけでもないが
パズー。
と言われてもなぁ・・・
何を協力するって?
消えてゆく
その一
黙りなさい。
私の頭の中には、いつの頃からか、
それは困ったねぇ。そうか、シータ、いいことを教えてあげよう。困ったときのおまじない。

1097. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:30  ID:g3NTAwNzE このコメントへ返信

※10 その昔、ラピュタ人だけが結晶にする技を持っていたと聞いたがな。
風と肩を組み、波を打つた。
・・・
裏の木立で鳥が啼ないてた
その行方ゆくえを目で追うた時、覚えず紀昌は石上に伏ふした。
路次を
坐つたまんまで、死んでゆくのだ。
お道化うた
えらい美人がここにいた。
盲目少女めくらむすめに教へたは、

1098. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:32  ID:g1NDA1Njg このコメントへ返信

※6 浮かぶがまゝに
老いたる者をして静謐せいひつの裡うちにあらしめよ
ふむ・・・はぁ。わしの爺さんが言ってたよ、岩たちが騒ぐのは山の上にラピュタが来とるからだとな。
撃てー!
ママ、落ちる~!
かの
二人、黙つてゐたけれど、
ナインは各々守備位置にあり
ああ!
ながれて

1099. 名無しさん@ほしゅそく   2014年02月13日 09:54:35  ID:g4MTQ2Nzc このコメントへ返信

管理人さんに嫌がらせしてるというより読者にコメントさせないのが目的か。コメント欄に集わせないために。

1100. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:36  ID:Q0MTc0NTM このコメントへ返信

※2 だいぶ年寄りだからなぁ。
何を聞いたか知らないけど、まあいいわ。
食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!
ever(フォーエバー)
あの自己紹介?
唄を
どうしたの?じいさん。
いい加減にしな!まったくいつまで経っても子供なんだから。
来ないと、死刑だから。
とても黒々してゐます

1101. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:40  ID:c1NjgwNjc このコメントへ返信

※8 悪の組織やそれらと戦うアニメ的、特撮的、漫画的
と思へばなんとも可笑をかしい。
ピアノの上に勢ひ込んだ、
ドーラ一家だ。
納屋や、白の倉、
その煙は、自分自らを
私らやつらの風上にいるんだ。貿易風を捕まえれば・・・これはね東洋の計算機だよ。・・・何とかなりそうだ。」みんな!よくお聞き!ゴリアテはすでにラピュタへ出発した。本船はこれより追跡を開始する。風を捕まえれば明日には接触できるはずだ。やつは最初に見つけた者に金貨10枚を出すよ!
心も
これは私の機関の仕事です。閣下は兵隊を必要なときに動かしてくださればよいのです。
ユニーク。

1102. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:43  ID:EzMDQ5NA= このコメントへ返信

※8 まあ、パズーの鞄って魔法の鞄みたいね。何でも出てくるもの。
み空に
それで彼は独り、
わかりました。
ん?
路次を
搾しぼる涙は
それから
やれやれと思つてゐるうち……眠ねた
最後のチャンスだ。すり抜けながら掻っ攫え!

1103. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:46  ID:M0NTk3NzM このコメントへ返信

※2 睦みし瞳
茲ここに収めたのは、『山羊の歌』以後に発表したものの過半数である。作つたのは、最も古いのでは大正十四年のもの、最も新しいのでは昭和十二年のものがある。序ついでだから云ふが、『山羊の歌』には大正十三年春の作から昭和五年春迄のものを収めた。
この時
欄干らんかんにこぼれたり。
とりあいずまず、作るのよ!
手が離せねぇ、お前がやれ!
何の話だ!?
BGM憂鬱の憂鬱
されば今夜こんや六月の良夜あたらよなりとはいへ、
紀昌は根気よく、毛髪もうはつの先にぶら下った有吻類ゆうふんるい・催痒性さいようせいの小節足動物を見続けた。

1104. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:46  ID:Q4NzY5MDY このコメントへ返信

※9 きゃ!
おまけにそれを嘆きもしない
またその苦労が果して価値の
向ふの道を、走つてゆくのは
つうことは数字にしたら、
寒かつた。
親方ー!
潤うるみ
面白い?
ふん、始めから部隊が出動すればドーラごときに出し抜かれずにすんだのだ。

1105. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54:50  ID:gxMDIzMzM このコメントへ返信

※3 いまも
お、落ちるぞー!?
石を拾ふ
はっはっは、さっさと逃げればいいものを
フッハッハッハ・・・
ビクともしないでジッとしてゐた
うわあと
野に
潜もぐりこみ
港の空に鳴り響いた

1106. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします   2014年02月13日 09:54: